Fcastドラマ視聴率感想

PC、スマホ、タブレットで国内ドラマ視聴率速報!独自感想も掲載。ジャニーズバラエティ視聴率も素早く更新。コメント大歓迎!検索『fcast』

【月21視聴率】カインとアベル 【6話】最高値更新 

『カインとアベル』
フジ月9「カインとアベル」平幹二朗さん代役に寺尾聰
放送日時 2016年10月スタート 毎週(月)21時
“運命的な兄弟”の姿を描く伝説の神話「カインとアベル」が2016年秋、“月9”でよみがえる!
月9ドラマ『カインとアベル』は、旧約聖書「創世記」第4章に登場する兄弟の名前をタイトルにした作品。旧約聖書の「カインとアベル」とは、アダムとイヴの息子たちの神話で、兄のカインが、神・ヤハウェ(=すべての父)から寵愛を受ける弟のアベルに嫉妬し、“愛への渇望”、“父に認められたい”という普遍的なテーマが描かれている物語だ。
【出演者】
山田涼介 高田優 デベロッパー会社「高田総合地所」の社員。
桐谷健太 高田隆一 文武両道の優の兄。高田総合地所の副社長で、自他共に認める次期社長。
倉科カナ 矢作梓 高田総合地所の社員。天真らんまんで、誰とでも仲良くなってしまう性格。
高嶋政伸 高田貴行 高田総合地所の社長で、優と隆一の父。完璧主義者で、目的達成のためには手段を選ばない。
【スタッフ】
【 脚本】 金沢達也 阿相クミコ 山崎宇子
【プロデュース】 羽鳥健一 池田拓也
【演出】 武内英樹 葉山浩樹
【視聴率】
01 10/17【8.8】「僕とアニキの2つの三角関係」
【 脚本】 阿相クミコ 【演出】 武内英樹
02 10/24【8.6】「ハートを掴め!!恋も仕事も驚きの大逆転」
【 脚本】 阿相クミコ 【演出】 葉山浩樹
03 10/31【6.9 】
【 脚本】 阿相クミコ 【演出】 谷村政樹 
イッセー尾形
04 11/07【7.0】【奇跡の大逆転!運命を変えたひらめきと怒涛のラスト!】
【 脚本】 阿相クミコ 【演出】 武内英樹
05 11/14【7.6】【山田涼介主演!絡み合った運命の糸、あっ!と驚く展開】
【 脚本】 山崎宇子 【演出】洞功二 
06 11/21【9.0】【山田涼介主演!止められない恋心、キュンとする展開に】 #06
【 脚本】 阿相クミコ 【演出】 葉山浩樹


11月7日放送分(第4話)
 隆一(桐谷健太)が会社を無断で休み、姿を消した。貴行(高嶋政伸)は、隆一が特命事項で動いていると役員たちにうそをつく。心配する優(山田涼介)は、隆一を捜して梓(倉科カナ)と神奈川・葉山の別荘に行き、彼の服とかばんを見つける。安心した梓は、隆一を傷つけたくないと言い、2人は彼に会わずに帰ることに。一方、優は隆一がタイ・バンコクの都市開発の件で銀行に追加融資を断られ、100億円用意できず苦しんでいたと知る。
【感想】
なんだか、子供の頃に見た昭和なドラマの再放送を見てる感じさえしたが、主人公は完全に現代だし、なんだか、不思議なドラマだな。よくこんなドラマを今の時代に作ろうと思ったプロデューサーがいるもんだ。今回は追い詰められた兄と一つの小さいながらも成功を手にした弟が対比されて、描かれてるが、兄は成功体験しかなかっただけに、一つの困難に直面して、どうにも立ち直れず、別荘に身を隠したが、そんな兄を気遣い弟は、バンコクの事業で追い詰めらていることを社長である父に隠して、乗り切ろうとするところから浅はか?それに、これだけの損失が出てるのに、副社長案件だとしても、報告が行かない会社って!こういう展開も昔なら通用したんだよね。社長の姉桃子の夫になろうとしてる男黒沢がその窮地を、優を見ただけで、インスピレーションの一言で問答無用で100億貸すと言う展開もどうなんだろうな~。あの黒沢が、裏で会社の乗っ取りを考えてるくらいのほうがわかりやすい。このドラマの中で100億が子供銀行券でやり取りしてるようにさえ感じる。社長貴行も、あれだけ怪しい人物と黒沢を警戒してたのに、融資してもらえば何でもありなのか?先週、かなり愕然とする脚本だったが、今回はかなり呆れた。
11月14日放送分(第5話)
 梓(倉科カナ)が隆一(桐谷健太)に100億円の出資は優(山田涼介)のおかげだと告げた。それは、隆一だけでなく頑張った優のためでもあったと言われた優の心は浮き立つ。一方、問題を解決したという隆一の言葉を頼もしく聞いた貴行(高嶋政伸)だが、日系ファンド社長・黒沢(竹中直人)の出資を取り付けたのが優だと桃子(南果歩)から聞く。そんな中、優は貴行の指名でリゾート会社社長との会食に列席。隆一は梓との結婚を急ぎ始める。
【感想】
正直、あっと驚くような展開はなく、ほとんど予測通りではあるけど、前回までよりも、遥かに僕の中では、心地よい展開になたのだけはよかった。3話4話と、見てる人を馬鹿にしたかのような話に愕然としたが、5話からは、毎回、口癖のように言っていた兄貴は間違わないというのが、ついに、リスクを恐れない弟優の口からでなくなったのは、物語の進展と優の成長を感じさせる。父親に、100億の融資獲得という実績で、一段レベルアップした舞台に引き上げられた優は、会食の席でも、自分を見事に売って、相手に興味を持たれただけじゃなく、更に自信を深めていく感じは出ていた。彼の中での自信は、自覚へと変わり、見た目もみだしなみも激変していく過程は、わかっちゃいるけど、わかりやすい上に、楽しい。今まで、父から認められることもなかった男が、大きな仕事を任されると変わる姿は端的に見えていた。主人公が躍動しだすとドラマも楽しくなっていく。それに対して、今回のことでメンタルの弱さを露呈した兄隆一の優が認められてからの嫉妬がどう変化していくのか?ドラマは大きく動きそうだ。
話は変わるが、二人が取り合うのには、梓は魅力が足りないという感じはするが、ちょっとドラマの流れ自体は、二人が同じ土俵煮立つことでで楽しくなってきたので気楽に楽しんで、見ていきたい。
11月21日放送分(第6話)
 何か悩んでいる様子の梓(倉科カナ)と、対照的に結婚の準備で充実していると言う隆一(桐谷健太)の姿に戸惑う優(山田涼介)。そんな中、リゾート会社CEOへのプレゼンが2週間後に迫り、梓らプロジェクトメンバーとその準備に奔走する優は、働くことの楽しさを全身で感じる。そして梓も優と一緒に生き生きと働く。そんな2人の姿を目にした隆一は、改めて自分と結婚したら仕事を辞め、高田家に入ってほしいと梓に告げる。
【感想】
今回はもっと話が急展開するのかなと思ったら、意外と停滞してるのは残念。いつも思うけど、隆一はもっとタイバンコクのしごとに真剣に向き合えよとは思うかな。なんで現地に飛ばないで、じっと日本にいて、婚約の準備とか悠長にやってるのかな?優もあのバンコクの事業が高田の足を引っ張るというのが、黒沢や桃子の言動から見てているんだから、父に伝えてやればいいのに。なにしろみんなさんがぼ~としすぎて、見ている方がイライラしてしまう、隆一は、偉そうなことを言うのは、バンコクの現状を把握してからだと言いたくなるのを解消してくれ!もっと、フィールドワークしてくれよということかな。会社の中で、イチャイチャしても、ちっとも盛り上がらない。けど、弟優は独り立ちできそうな雰囲気はかなり出してきて、仕事ぶりはよく見えた。けど、兄とガツンとぶち当たってほしい。
関連記事


>
2016/11/22 10:30 :Category:【山田涼介】カインとアベル コメント(3)
ハッピーエンドでよかった!
神話みたいに悲しい結末もあり?かなと思ってましたが、誰も傷つくことなく、それより家族愛でのラストで良かったです。
現在は、良きも悪きも思いもよらない出来事も多い中で、こんなベタなラストで爽やかでした。
ただ黒沢社長に土下座するお父さんの後ろでやっぱり両手後ろ組みしている山田くん気になった、お兄ちゃんちゃんとしてたよ(苦笑)。
梓さん、期待通りお兄ちゃんのもとへ!
投稿者: [ 2016/12/20 19:07 ]
気になりますドロドロストーリー
読んではいないですが、最後は悲しい結末?になるのでしょうか神話みたいに。
韓ドラの「赤と黒」みたいに兄とは知らずに妹にさされたドラマを思い出しました。

あのバック曲はあってない感じ、他になかったのかな。
山田くん黒髪になりましたが、欲をいえば、前髪上げて両サイドの髪は横に流し筋感あれば雰囲気もっと変わったかも。

お兄さんの婚約者さん、落ちた人生にやっぱり着いて行ってあげる気持ちもするけど違うかな?

ドロドロ好みです(笑)、このドラマもタワーマンションドラマも、結果楽しみ!
投稿者: [ 2016/11/22 15:59 ]
梓は心変わりするのかな?
兄の隆一は周りに認められていく弟にかなり焦っている様子。
兄より出来が悪いと思われていた優の秘めた力を一番わかっていたのかも。
優等生で頑張ってきたのに、父も梓も優に心が動いてしまうのは怖いでしょうね。
隆一と対照的に変わっていく優。
隆一と梓との結婚はどうなるのか。
兄の嫉妬心マックス?
6話がとても楽しみです。
投稿者: [ 2016/11/21 17:10 ]
みなさんの感想や情報





名前の複数利用不可。コメントの掲載が制限されます。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
人気記事ランキング30
【全アクセス順位】
Amazon

スマホ、タブレット QR
QR
アクセス
アクセスランキング アクセスランキングブログパーツ アクセスランキング