Fcastドラマ視聴率まとめ

国内ドラマ視聴率·キャスト情報·感想·ネタバレなど。個別スポーツ、バラエティ視聴率も速報更新。コメント大歓迎!検索は『視聴率』
視聴率記事更新日:放送日時 番組タイトル

【日21視聴率】IQ246~華麗なる事件簿~7話微増8話に稲垣吾郎 

2016年10月クール 日曜よる9時
日曜劇場『IQ246~華麗なる事件簿~』

やんごとなき人物の末裔であり、IQ246(超遺伝頭脳)の叡智をそなえた貴族・法門寺沙羅駆(ほうもんじしゃらく)を演じる!!
【キャスト】
法門寺沙羅駆・・・織田裕二 やんごとなき貴族のご落胤の末裔の末裔の末裔…。法門寺家の長男で89代目当主。」
和藤奏子・・土屋太鳳 正義感が強く、人の役に立つ仕事がしたくて警察官を目指す。
89代目賢正・・ディーン・フジオカ 沙羅駆の育ての親の息子で法門寺家に代々執事として仕える。
森本朋美・・中谷美紀 一見とても地味な法医学専門医 監察医。
【スタッフ】
脚本:泉澤陽子 栗本志津香 原 涼子
プロデュース:植田博樹
演出:木村ひさし 坪井敏雄 韓哲
製作著作:TBS
【視聴率】
01 10/16【13.1】
脚本 泉澤陽子 演出 木村ひさし
石黒賢 
02 10/23【12.4】
脚本 泉澤陽子 演出 木村ひさし
<2話ゲスト>佐藤隆太
03 10/30【10.1】
脚本 泉澤陽子 演出 坪井敏雄 
<3話ゲスト>観月ありさ 岡田浩暉 占部房子 高木渉
04 11/06【11.7】
脚本:栗本志津香 演出 坪井敏雄
<4話ゲスト> 国仲涼子 金田明夫
05 11/13【10.1】
脚本 木村涼子 演出 韓哲
<5話ゲスト> 成宮寛貴 矢本悠馬
06 11/20【10.4】
脚本:栗本志津香 演出  木村ひさし
<6話ゲスト> 平岳大 和田聰宏 MEGUMI 今野浩喜
07 11/27【】
脚本:
<7話ゲスト>山口紗弥加 佐野ひなこ

稲垣吾郎19年ぶりに織田裕二と共演 「IQ246」第8話出演


11月6日放送分(第4話)
 大学病院の医師・土門(金田明夫)が自宅の高層マンションで殺される。この‘天空の密室殺人’の現場を勝手に見に来た沙羅駆(織田裕二)は、面白い事件に出くわしたと上機嫌だ。沙羅駆は、土門の部屋で見つけたCDから有名ピアニスト・由里(国仲涼子)に着目。由里は患者として土門と1年前から接触があった。土門は女性患者と言い争っている姿を何度か目撃されていたが、それを聞いた由里は自分ではないと否定する。
感想
有名ピアニスト・由里が仕掛けたアリバイ工作は、とんでもなく立証するのが困難なものに仕上がっていた。そこには、被害者と加害者の間に存在する人間ドラマを解明しないと見えてこない真実があったんだな。このドラマは、ブラフというか沙羅駆がかますハッタリで、事件を解決に導くけど、それを解明するにも、今までと違って、警察側も彼の能力を有効利用しようという流れに変わったのは意外だった。けど、難事件を次々解決したらどうなってもおかしくないか?という気には3話まででなっていたので、悪くないかも。しかし、土門と由里の関係だったが、沙羅駆は、あの由里のCDを未開封にしてるところに着目していたというのは興味深い。極端な例なら、僕の娘がグラドルをやっていたら、未開封のまま、持ってる感じかも。開けられんもんな~。恋人ではない二人の関係と睨んだがゆえに、二人の関係を秋元朋美に冠石するように依頼したのか?これがわからないと、アリバイの謎は、絶対に超えることができない。それに、2度刺され、強く突き刺した理由も、そこにあったのか。この謎解き何処かで見たことがある記憶があるけど、気づかなかった。個人的には、焼き直し感はあるけど、親子のドラマが有ったところはきらいじゃない。‘天空の密室殺人’の謎ははグレープフルーツの香りとともに、解かれた!
5
ギャラリーのオープニングパーティで人気アーティスト『バナナ&チョコ』の新作が発表される。アーティストの千代能(成宮寛貴)とともに沙羅駆(織田裕二)、奏子(土屋太鳳)、賢正(ディーン・フジオカ)らが見守るなか、千代能の相方・番田(矢本悠馬)が上空から映像作品の中に落下して、死亡する。高校時代からの親友である千代能と番田は、その頃の夢を叶えて売れっ子アーティストとなっていたが、友情はいつしかスレ違い…
【感想】
今回は何と言っても、沙羅駆VSアーティストの千代能の対決が単純に見どころだったかも。それにしても、織田さんと五分にやりあう成宮さんは、さすが右京さんの相棒していただけのことはある。そのやり合ってる中で、オチャメに織田さんが右京さんをおどけてみせたり、単純に楽しい!それにしても、今回の脚本は、二人の魅力は存分に発揮されていたし、あの女が仕掛けたトリック云々よりも、二人の対決に引き寄せられた。沙羅駆にとっても、この戦いがかなり楽しそうで、心地いい戦いだったんじゃないのか?それに、今回は和藤奏子が、眠らされることなく、そこそこ活躍していたような気さえする。沙羅駆が、あの破られた名刺のことに気づいたとしても、彼女の目撃情報は、事件として見るためには重要な要素だったかもしれない。しかし、あのスピーカーが謎解きにとて重要だったのか!ああいうスピーカーが有るのは知っていたが、僕ごときではそこまで頭がまわらないものだ。今回は、役者はかなり場面ごとに生かされていて、ドラマという面では、少し弱さはあったが、そこそこ謎解きも楽しめる内容だった。総合すると、今までで、一番好きな内容だったかもしれない。しかし、最後に姿を表したあの女は、単純に考えたら〇〇なのだろうが、どうなんだろうか?次回も楽しみだ。
11月20日放送分(第6話)
 沙羅駆(織田裕二)、奏子(土屋太鳳)らは東京都内の地下道で殺された弁当工場従業員・鈴木(今野浩喜)のアパートを訪問。彼の年収では買うのが難しい高価な限定フィギュア6体と、証券会社の株購入予定の資料およびその担当者・亮次(和田聰宏)の名刺を見つける。ところが、その亮次が自宅で死亡。警察が事故死と判断する中、沙羅駆は、突然羽振りがよくなった亮次の兄で、売れない画家・壮一(平岳大)に疑いの目を向ける。
【感想】
毎回、脚本家が変わる推理系のドラマはあっても、女性ばかりというのは珍しいとは思う。このドラマは、そのトリックが何処かで見た感じというのがあったが、今回は意外な連続殺人事件で、興味深く見ることができた。沙羅駆曰く、殺す価値のない男鈴木が、殺されたのには、どんな動機があったのか?というのは、単純に宝くじの高額6億円が当たったからで、馬鹿みたいに、当たりくじを見せびらかす鈴木もどうかとは思うが、金に汚い兄弟は、どうにもゲスだった。その狙われた宝くじをめぐり、ゲス兄弟が犯罪の連鎖を引き起こすし、最後に手にした兄が掴んだ金による幸せは、陽炎のように漂う実態がないものだったが、自分が描いた絵が、認められたのは、最高の喜びだったはずなのに、それを見落とす醜態!には、なんとも言えない人間臭さを感じれた。欲望の連鎖の興奮の中で、目に見えた幸福が見えなくなっていたんだな。それにしても、今回の事件の醜悪至極度は、マックスだったから、更に沙羅駆の鮮やかに決め台詞も決まった。今回の沙羅駆の活躍は、テンポよく解かれていくし、奏子と賢正の活躍もかなりいい感じだった。しかし、6話の時点で、あのハイヒールの女が森本朋美と明かされるのか?まだ早い気もしたが、ここから、彼女と沙羅駆の対決色は強くなるのかな?しかし、あの状況をどうやって向けでたのか気になる。
11月27日放送分(第7話)
 沙羅駆(織田裕二)は、一連の事件の黒幕で法医学専門医監察医に成り済ましていたマリアT(中谷美紀)と接触するが、取り逃がす。沙羅駆はマリアTのパソコンに残されていたメッセージを解読し、次の犯罪が起きると思われるテレビ局のスタジオへ。一方、警察に「女優の美園麗子(山口紗弥加)を殺した」という電話が入る。警察が現場へ向かうと、そこには麗子ではなく、女優・あやめ(佐野ひなこ)の他殺体が横たわっていた。
関連記事

>
2016/11/21 23:51 :Category:【織田裕二】IQ246 コメント(1)
4話
個人的な好みですが、やはり最初に犯人も殺害方法も分かってしまうと入り込めないみたいです。その後の犯人追及が面白ければそれも良しなんですが、沙羅駆の明かす裏付けも簡単というか、馬鹿な自分にも分かってしまうような展開でいまいち面白味を感じません。

ただ今回は、事件のその後がありました。父親が死をもってわが子をかばう姿は切なかったです。まさか親子だったとは思いませんでした。父を殺したい程憎んだことはありませんが、憎みきっているとあんなに淡々とやれるものなんですかね。父親が自分をかばったことを知った後も特に反省した様子もない演出に違和感がありました。なんか父親の方が可哀想になってしまいました。
投稿者: [ 2016/11/07 11:07 ]
みなさんの感想や情報





名前の複数利用不可。コメントの掲載が制限されます。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
最近のコメント★歓迎!
データ取得中...
人気記事ランキング30
【全アクセス順位】
スマホ、タブレット QR
QR
カテゴリ Category
アクセス
アクセスランキング アクセスランキングブログパーツ アクセスランキング