Fcastドラマ視聴率感想

PC、スマホ、タブレットで国内ドラマ視聴率速報!独自感想も掲載。ジャニーズバラエティ視聴率も素早く更新。コメント大歓迎!検索『fcast』

【木24視聴率】黒い十人の女 【最終回】 

黒い十人の女
【スタッフ】
原作:和田夏十(映画「黒い十人の女」/監督:市川崑)
脚本:バカリズム
演出:渡部亮平
プロデューサー:汐口武史 河野美里
主題歌:愛/憎/CIVILIAN
【キャスト】
船越英一郎 風松吉 テレビ局に勤務するドラマプロデューサー。妻の他に9人の愛人がいる。
成海璃子 神田久未 テレビ局の受付嬢。風とは付き合って半年という9人目の愛人。
トリンドル玲奈 相葉志乃 若手女優。風の愛人は自分だけだと思っている。
佐藤仁美 弥上美羽 テレビ局に勤務する松吉の部下。バツイチ。
水野美紀 如野佳代 舞台女優。風とは付き合って8年になる。他の愛人を調査し始める。
佐野ひなこ 文坂彩乃 久未の友人。愛人。
MEGUMI 皐山夏希 脚本家。愛人。
平山あや 
ちすん
新田祐里子
若村麻由美 風睦 風本妻

【視聴率】
01 9/29【*3.1】関西【7.0】「愛と狂乱のカフェラテ」
【演出】渡部亮平
02 10/06【*3.9】「クズ女ども、嵐の一夜」
【演出】渡部亮平
03 10/13【*3.8】「本妻VSクズ女~顔合わせは崩壊の始まり」
演出 瑠東東一郎
04 10/20【*2.5】「愛人たちの晩餐会」
演出 瑠東東一郎
05 10/27【*3.6】「十人の女、全員、現る」
演出 山本大輔
06 11/03【3.7】おんなの肉弾戦
演出 豊島圭介
07 11/10【3.4】「不倫女が奇跡の集結!あと視聴率って何?」
【演出】瑠東東一郎
08 11/17【3.0】「黒い十人のティーパーティ」
【演出】豊島圭介 
09 11/24【4.4】「さよなら風松吉」
演出 山本大輔
10 12/01【4.1】 【最終回】「さよなら黒い十人の女」
【演出】山本大輔


11月3日放送(第6話)
 久未(成海璃子)は佳代(水野美紀)に呼び出されてバーへ。そこに現れた風(船越英一郎)の愛人を見て絶句。佳代の前で、2人は文字通り体を張ったバトルを繰り広げる。一方、志乃(トリンドル玲奈)は夢(平山あや)から、美羽(佐藤仁美)がマネジャー・沙英(ちすん)に接近していると聞かされ、先手を打つことに。そんな中、真衣(白羽ゆり)は火山(山田純大)から離婚を言い渡され、自分と風の関係を告げ口したのが美羽だと知る。
11月10日放送分(第5話)
 志乃(トリンドル玲奈)が出演するドラマは、初回から低視聴率。風(船越英一郎)は夏希(MEGUMI)に脚本のテコ入れを要請し、志乃は浦上(水上剣星)が担当するバラエティー番組に出て、番宣をすることに。一方、‘愛人みな仲良く’をモットーにする佳代(水野美紀)は、初対面の真衣(白羽ゆり)をカフェに誘い、風には9人の愛人がいると明かす。そこに久未(成海璃子)、続いて久未と約束していた彩乃(佐野ひなこ)がやって来る。

5話までは見ていたが、6話は見ずに、7話を視聴したら愛人9人衆一の暴れん坊、美羽が策士策に溺れて、真衣に膝蹴りをいられれるという展開になって、美羽はおとなしくなったんだな。暴行で訴えればとか思ってしまうが、場外乱闘、不法地帯で反則ありのこの黒い十人の女の世界では、そんな正式は関係ないらしい。風はいないところで、乱闘があったりしたのも、全く知らずに、のんきだな~。1人1人が口々に、風なんて死ねばいいと言われてるのを想像ダニしないで、よく真衣にあんなこと言えるもんだ。ここまでバレたら、もうバランスも何もなく、彼が消えることだけが幸せの第一歩とか考え始めてる人々に、同対処するつもりなのかな?9人と別れるのも地獄!続けるのも地獄のアナザーランドに突入しそうだ。
11月17日放送分(第8話)
 佳代(水野美紀)の呼び掛けに応じ、風(船越英一郎)の愛人9人がついに集合。しかも、会場は風の妻・睦(若村麻由美)が営むカフェだった。自己紹介を提案した佳代は、自ら先陣を切り、やむなく他のメンバーもそれに従う。さらに「10人は運命共同体だ」と断言する佳代は、いら立つ美羽(佐藤仁美)から早く用件を話せと促され、誰もが耳を疑う計画を口にする。そして、久未(成海璃子)たちが混乱する中、突然、風が顔を出す。

11月24日放送分(第9話)
 風(船越英一郎)の想定外の一言により久未(成海璃子)も賛成に回り、佳代(水野美紀)の計画を全員が受け入れた。その方法は、10錠で致死量に至る錠剤を各自1錠ずつ飲ませるというものだ。タイムリミットは最初の任務完了から12時間。まず、真衣(白羽ゆり)がマッサージの後、飲み物に入れて渡した。スタジオでは美羽(佐藤仁美)や志乃(トリンドル玲奈)らが待っていて…。
12月1日放送分(第10話)
風(船越英一郎)の死から2週間。久未(成海璃子)や佳代(水野美紀)たちはやっと風を諦めることができ、平穏な日々を取り戻していた。しかし夏希(MEGUMI)は、テレビ局から訃報が届かないことを不審に思う。美羽(佐藤仁美)に確認すると、あの日の翌日、局には睦(若村麻由美)から「過労で倒れたので休ませる」と電話があり、混乱を避けての配慮だろうという。それでも納得がいかない夏希は、睦の店を訪ねてみることにする。
関連記事


>
2016/12/02 16:06 :Category:【日テレドラマ 映画】 コメント(4)
10話最終回
後半の追い込みが面白くて、前半をもっと短くしたらスピード感があったような気がします。自分たちの事は棚に上げて…と事あるごとに愛人たちに不満を持っていたので、最後の正妻睦の褐にスッキリしました。これがあったから岩村さんだったのねと納得。みんなの「たしかに」「だよね」に笑った。
今回の収穫は何といっても水野さんでした。最後も、殺人犯云々よりも佳代の芝居いじりが面白かった。ほんと凄い女優さんです。最後はまさかの浦上さんが?な展開に。満足な終わりです。コメディというよりコントを見ているような滑稽さ満載のドラマでした。
投稿者: [ 2016/12/02 12:51 ]
8話
やっと話しが進んだ…

「風の会」に10人が一堂に会して、風を殺害するかどうかの意識を確認する佳代。やはり10人揃うと、本妻の若村さんの存在が際立ちます。最初殺害をためらう愛人たちが、佳代や睦の意見を聞き、徐々に決心していく心の流れが面白かった。それにしても10錠飲まないと死なない薬なんて随分と都合のいい設定。でも、それならやれるかもと思えるような殺害方法なのは確かなわけで、刺殺や銃殺と同じ罪だけどみんながやる気になる所がうまいなと思った。
最後は、油に水、火に風とばかりに、風が10人全員に別れを告げ、みんなの決心が固まりました。自分の事は棚にあげ、結局はムカついたから殺す!みたいな感じがなんだかな… バカリズムさんには女性がそんな風に見えているのかなと思うと複雑です。

次回は、作戦決行かな。10人のキャラがそれぞれあるので、それぞれの心の動きが楽しみです。
投稿者: [ 2016/11/18 10:25 ]
7話
今回はこれと言って話しは進まず… 愛人たちが各々風の事を話していく中で、自分たちにもよく分からない憎しみを高めていった感じなのかな。なんだか佳代が9人の愛人の総取締役みたいになっているけど、良くも悪くも愛人たちの争いを治めたのは佳代だからね。
次回、ようやく一同が集結。次週に期待!
投稿者: [ 2016/11/11 11:05 ]
6話
4話ほどの地獄絵図ではなく、ほっとしたような物足りなかったような(笑)

今回はAP美羽の蒔いた種が全部美羽に返って来ました。学校のいじめみたい。佳代は、不倫している全員がクズで、自分たちをクズにした風を恨むのが正しいとその場を収めます。まるで教師が喧嘩する生徒たちを仲直りさせるみたいで佳代が頼もしかったです。相変わらずうざい女優の芝居には爆笑でしたが。

早く風の成敗されるところが見たい。その前に、来週は一同が会して作戦会議でしょうか…
投稿者: [ 2016/11/04 11:22 ]
みなさんの感想や情報





名前の複数利用不可。コメントの掲載が制限されます。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
人気記事ランキング30
【全アクセス順位】
Amazon

スマホ、タブレット QR
QR
アクセス
アクセスランキング アクセスランキングブログパーツ アクセスランキング