Fcastドラマ視聴率まとめ

PC、スマホ、タブレットで国内ドラマ視聴率速報!独自感想も掲載。ジャニーズバラエティ視聴率も素早く更新。コメント大歓迎!検索『fcast』
視聴率記事更新日:放送日時 番組タイトル

【視聴率】特命指揮官 郷間彩香 10/22松下奈緒 鈴木亮平 稲垣吾郎 

土曜プレミアム・特命指揮官 郷間彩香
2016年10月22日(土) 21時00分-23時10分
女子力の高い電卓女・ニューヒロイン、敏腕警部補・郷間彩香誕生。松下奈緒が熱演!スケール感と豪華キャストでお送りする!
【キャスト】
郷間彩香(警視庁捜査二課知能犯第二係 主任警部補): 松下奈緒 
吉田透(警察庁刑事局国際捜査管理官 警視正): 鈴木亮平 
後藤剛(警視庁特殊犯捜査第一係(SIT)係長 警部): 高嶋政伸 
竹下聖史(新宿中央署刑事課主任・警部補): 大友康平 
ソニア(シンナバル王朝の末えい): 知英
鈴木達也(彩香の部下・巡査部長): 真剣佑 
宗像陽平(郷間彩香の父): 神田正輝(特別出演)
伊藤重太郎(救民党元代表): 内田裕也 
野呂和彦(警視庁刑事部部長 警視長): 竹中直人 
國井哲也(立てこもり事件の主犯): 稲垣吾郎
【スタッフ】
原作 梶永正史「警視庁捜査二課・郷間彩香 特命指揮官」(宝島社文庫) 
脚本 福島治子 
編成企画 村瀬健 
プロデューサー 森川真行  石塚清和 
演出 神徳幸治 
音楽 吉川清之
【視聴率】6.1%
 


 警視庁捜査二課知能犯第二係の敏腕警部補、郷間彩香が挑む難事件とは。  ある日、新世界ファイナンスに人質を取った立てこもり事件が起きる。しかも名も名乗らない電話が警視庁110番に入る。その声は、今後の交渉および現場指揮は捜査二課、郷間彩香(松下奈緒)に執らせるようにという指示が入る。いったい犯人の要求とは?  現場に向かう郷間。そこで待っていたのは國井と名乗る男(稲垣吾郎)だったことがわかる。彼は何者なのか。國井は政財界をも根底から揺るがす大事件の真相を探っていた刑事だった。が、その捜査のために家族も犠牲にしてしまったという悲しい過去があった。人質を解放の条件として國井が出した要求とは、驚くことに、政界のドンと言われる与党、救民党元代表、伊藤重太郎(内田裕也)との直接会談だった。
感想
途中から、これは続編を作る気満々なスペシャルだなと思ったら、各キャラがどうなるのか?かなりわかりやすく解けてきた。途中、国井は、撃たれ銃弾の前に倒れるように見えて、こりゃ生きてるな~と言うのはもろわかり。彼はブラッドユニットの重要人物だし、どう考えても、序盤は彼がどちら側の人間なんだろうとは思ったが、ふるまいと主人公の父親に対する思いからブラッドユニットだなという思いは感じれたので国井に付き添うというのも理解できた。それにしても、国井は宣言通りに、平然とあの空間から抜け出し、最後に復活した姿を見せるというのは、楽しかったな。吉田が現れるのも、どう考えても、おそすぎるほどのタイミングというのも、好きだな。すごい話はでかくなってるし、現実味には乏しい!救民党って、裏であんなとんでもないことしたたら、こんなことしなくても、現実だったらその一端でも報道したら潰れてしまうだろうけど、まあ物語の中だから、都合がいいような世界になってるのは、しょうがないのかも。しかし、竹下があのような人物だったというのは、最後に、郷間に近づいてくるまでは、分からなかった。ほとんど、なんじゃコレという世界だが、話の流れは嫌いじゃない。第二弾があるのなら、郷間彩香の計算キャラを有効にもっと魅力的に描いてほしいかな。国井と吉田も好きかな~。けど、このドラマは、原作とはかなり違ったものになってるんだろうか?
関連記事


>
2016/10/24 15:33 :Category:【松下奈緒】 コメント(0)
みなさんの感想や情報





名前の複数利用不可。コメントの掲載が制限されます。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
最近のコメント★歓迎!
データ取得中...
Amazon

スマホ、タブレット QR
QR
アクセス
アクセスランキング アクセスランキングブログパーツ アクセスランキング