Fcastドラマ視聴率感想

PC、スマホ、タブレットで国内ドラマ視聴率速報!独自感想も掲載。ジャニーズバラエティ視聴率も素早く更新。コメント大歓迎!検索『fcast』

【視聴率】湊かなえ×TBS ドラマ特別企画・往復書簡~十五年後の補習 

6湊かなえ×TBS ドラマ特別企画・往復書簡~十五年後の補習
2016年9月30日(金) 20時57分-22時54分
松下奈緒主演・湊かなえの名作「夜行観覧車」に並ぶ衝撃作完全映像化。「お前も犯人だ!!」魂の叫びが響く逆転の真相劇。犯人は愛する人と昔愛し、死んだはずの男だった?
【スタッフ】
原作・湊かなえ「十五年後の補習」(『往復書簡』所収・幻冬舎文庫)
脚本・旺季志ずか
プロデューサー・森川真行、清家優輝(ファインエンターテイメント)
監督・七高剛
【配役】
岡野万里子・・・松下奈緒
永田純一・・・・・市原隼人
亀山隆三・・・・・鹿賀丈史
大島百合・・・・・多岐川裕美
坪井由美・・・・・朝倉あき
【視聴率】
【7.6】往復書簡~十五年後の補習



OLの万里子(松下奈緒)は、恋人の純一(市原隼人)が突然、辺境の国へ旅立ってしまったことに 戸惑っていた。国際ボランティアに志願し、発展途上国の子どもたちに勉強を教える任に就いた純一は、 あと2年は帰ってこない。そんな大事なことを、純一は自分にも家族にも相談せずに決めてしまった…その理由は何なのか。電話も通じず、万里子は純一に宛てた手紙に不安な思いをつづることしかできない。あくる日の朝、材木倉庫で女性の焼死体が発見される。現場を訪れた刑事の亀山(鹿賀丈史)の脳裏によぎったのは、15年前に同じ倉庫で起きた放火殺人だった。
15年前--。出火した材木倉庫の中に、当時中学生の万里子(西畑澪花)と、同級生の一樹(篠田諒)が閉じ込められた。万里子は駆けつけた純一(福山康平)に救出されたが、一樹は死亡。倉庫に外からかんぬきがかけられていたことから、放火殺人の線で捜査され、万里子たちの同級生である康孝(今井悠貴)に疑いがかけられた。だが、康孝は事件翌日に自殺。真相は解明されないまま、捜査は打ち切られたのだった。担当刑事だった亀山は、その結末をとても悔やんでいた。
死んだ女性の身元は、康孝の母親・綾子(大沢逸美)だと判明。その報道に驚く万里子のもとに、亀山が訪ねてくる。「15年ぶりですね。万里子さん、記憶は?」…実は万里子は、15年前の事件の直後、ショックで事件の記憶を失っていた。そして記憶の扉は、いまでも開かれていなかった。
数日後。綾子の告別式に、15年前の事件に関与した子どもたちの親が揃った。一樹の母親・百合(多岐川裕美)は、息子の死の真相を知りたいがあまり、記憶を取り戻そうとしない万里子を責める。
「純一君は万里子さんが思い出したら困ることでもあるのかしら?」
そんな中、海外の純一から手紙の返事が届く。そこには万里子の知らなかった、純一のある告白が書かれていた。次第に不安に押しつぶされていく万里子は、15年前の記憶が断片的に蘇るようになる…。
往復書簡 (幻冬舎文庫)
湊 かなえ
幻冬舎
売り上げランキング: 3,815
関連記事


>
2016/10/03 21:44 :Category:【松下奈緒】 コメント(2)
う~ん私も期待はずれかも
鹿賀さんが白髪だからかな?老けてみえました。市原さんも声はいいなぁ~と思いましたが、全体がかたくみえ残念。
ストーリーとしてはこちらも優しさはあったのですが、心を動かすもの不足でした。
でも秋の夜長ドラマで楽しんでいます。
投稿者: [ 2016/10/01 13:20 ]
期待していましたが...
往復書簡の3本の短編の中では、「十五年後の補習」が一番好きだったので期待していたんですが、やはり短編を2時間ドラマにしたためスピード感も激しさも半減してしまって、間延び感が否めなかったです。
3本の短編はそれぞれ手紙のやり取りで進む物語ですが、そのやり取りもなんだかインパクトが薄くなってしまった印象です。2時間が長く感じました。残念です。





投稿者: [ 2016/10/01 11:29 ]
みなさんの感想や情報





名前の複数利用不可。コメントの掲載が制限されます。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
人気記事ランキング30
【全アクセス順位】
Amazon

スマホ、タブレット QR
QR
アクセス
アクセスランキング アクセスランキングブログパーツ アクセスランキング