Fcastドラマ視聴率

PC、スマホ、タブレットで国内ドラマ視聴率速報!独自感想も掲載。ジャニーズバラエティ視聴率も素早く更新。コメント大歓迎!検索『fcast』
視聴率記事更新日:放送日時 番組タイトル

【日21視聴率】キャリア~掟破りの警察署長~ 

キャリア~掟破りの警察署長~
玉木宏演じるキャリアの警察署長が悪を成敗する“平成版・遠山の金さん”
フジテレビ系 毎週日曜 21:00~21:54
スタッフ
脚本:小山正太 関えり香
演出:石川淳一 山内大典
プロデューサー:永井麗子
主題歌:暁の君に/GReeeeN
【キャスト】
玉木宏 遠山金志郎 北町署の署長。キャリアのエリート警察官でありながらも、声を上げることのできない被害者の心に寄り添い、悪を成敗するのがモットー。
高嶋政宏 南洋三 北町署の刑事課・係長。ノンキャリアで現場第一のベテラン刑事。
瀧本美織 相川実里 北町署刑事課の新人刑事。熱意が空回りしている。
柳沢慎吾 半田順二:北町署・副署長。権力に弱く、八方美人。
近藤正臣 長下部晋介:キャリア。警視庁の警務部長(警視監)。
松本秀樹: 白洲迅  元山照夫: 半海一晃  加納理香: 知花くらら 
水口琢郎: 平山祐介  花岡市太郎: 勝矢  南めぐみ: 駒井蓮 
青木忍: 松本岳  南みどり: 田中美奈子
【視聴率】
01 10/09【7.9】「新たなるヒーロー誕生!!署長が事件を解決!!」
脚本:小山正太  関えり香  演出:石川淳一
02 10/16【6.2】DV夫を華麗に成敗!!
脚本:小山正太  演出:石川淳一
03 10/23【7.4】命がけの悪女の秘密!!
脚本: 関えり香 演出: 山内大典
04 10/30【6.9】隠された驚愕の真相!!
脚本:小山正太  演出: 山内大典
05 11/06【】24時間一発勝負 小さな奇跡が起きた1日のお話
脚本: 関えり香 演出: 石川淳一


10月9日放送分(第1話)
 北町署の新米刑事・実里(瀧本美織)が乗ろうとしたバス内でバスジャックが起きていた。乗客にバスから蹴り出された実里は、タクシーで後を追うが、なぜかバスは署に直行。乗客に説得された犯人(相島一之)が自首してくる。実里は自分を蹴った乗客を公務執行妨害で逮捕。ところが、手錠をかけたその乗客は新任の署長・金志郎(玉木宏)だった。刑事の南(高嶋政宏)らは、着任早々落書きの捜査をするよう言い出した金志郎に反発する。
【感想】
遠山の金さんにしては、好青年すぎる 遠山金志郎!日頃から、遊び人に見えるくらいでいい感じだとは思うが、まさかの落書き消しをやっちゃいかんだろうとは思ったりもしたが、現代の金さんは、こういう人と思えばいいのかも。それにしても、今回はバスジャック犯も一人で解決したし活躍は気持ちいい。そんな彼に、手柄に焦る相川が相棒として、落書きの手伝いをするが、それにしても、刑事たちが「ブロークンウインドーズ理論」を知らないなんてありえるの?犯罪抑止のこの理論は、広く知られていると思うけど、南洋はそういうキャラと印象づけるためかな。本題の事件の方は、落書きに隠された救助メッセージと犯人の手がかりというドラマらしい展開。そして、事件はクライマックスだが、落書き犯をいじめていた有力者のガキどもに正義で対抗するのはいいが、金士郎の殺陣がもっとかっこよかったらな~。悪代官ならぬ有力者とそのチンピラ息子が、金士郎の正体を知って、驚いていたところは痛快かな。まああり得ない設定で時代劇的な作品だと頭を切り替えて、気楽に楽しめる作品だと思ったので、ちょっと見ていこうかなとは思う。
10月16日放送分(第2話)
 金志郎(玉木宏)は南(高嶋政宏)と手錠でつながれてしまう。署内見学中の男児・友樹の仕業だ。友樹が鍵を飲み込んでしまったため、金志郎と南はやむなくそのまま業務に当たることに。そんな中、金志郎が女性の悲鳴が聞こえたと通報があった家を突き止めると、そこは友樹の家だった。友樹の父親から母親への家庭内暴力が疑われたが、弁護士の父親は、南が捜査中の殺人事件で容疑者のアリバイを崩す重要な証人でもあり…。
【感想】
僕の家では、子供の頃、早い時間に寝なくてはいけなかったので、少年時代の時代劇といえば、夕方の再放送の時間帯しか見ていない。本当に遊び人だったんだよな~。そんな彼がどんどん悪党を捕まえ、裁く姿が懐かしいが、このドラマでも、キャリアが故に、若くして署長になったので、DV弁護士が署長と思わず金志郎に関わっていくところが、魅力かもね。今回の金志郎が署長だと気づいたときのあの弁護士の驚き方が、ちょっと楽しかった。まさかこんな若造が警視正!ってところが、人は見かけによらないという金さんのイメージを受け継いでいるんだな。それとともに、相川実里 の刑事としての成長も絡めて、岡っ引き的な南と絡んでいくが、本当に反抗的なんだな。けど、金志郎の洞察力には、少し一目置きだしたような気はした。事件では、金志郎が愛川に信じる正義を貫き通せと言うのが、金さんテーストかも。温かい目で、彼女を見守り、DV被害の奥さんと相川の正義を守った澱むことない姿勢をは気持ちよかった。やっぱり、気楽に見たらなかなか楽しめる作品という気が更にしてきた。
10月23日放送分(第3話)
 高齢の城山(柴田義之)が意識不明に。南(高嶋政宏)らは、城山が世話になっていた介護士・百合子(奥菜恵)の犯行を疑う。城山は百合子に遺産を譲ると遺言書を書き直したばかりだった。前日、2人の姿を街中で見掛けていた金志郎(玉木宏)には、百合子の犯行とは思えない。彼女の身の潔白を証明するため、金志郎は施設で仕事を手伝いながら独自に捜査。そんな中、実里(瀧本美織)は百合子に関する黒い噂を耳にする。
感想
遠山金志郎は、何しろぶれないので、自分の目で見た介護士・百合子に対する思いを貫き通し、どこまでも信じて、神増世に接し、その心に寄り添うことで見えてきた真実は、見事なものだった。事件は、ある老人のガスの元栓が開いていて、殺人未遂とおもえる事件が発生するが、その介護員が疑われるが、遠山にはどうしても、彼女がそれを実行したとは思えない。物語の中でも、いちいちやらしい雰囲気を出しているので、まあ犯人ではないな~。そうなると、あの介護施設で怪しいと思える人物は一人しかいないので、犯人の推定は、簡単だったが、百合子が、顔色が悪く、不気味な雰囲気を出す訳はなんだろうと思ったら、彼女自身の死期が間近だったとは、さすがに、分からなかった。よく調べずに、勝手なストーリーを組み立て、疑いまくる南たちを牽制しつつ、何故真実を話さないのか?遠山は、考えるのだが、答えは、彼が芽にしていたものに隠されていたという流れだった。気楽に見れて、意外と楽しめる内容なんだよね。こんな所長はいないとは思うけど、娯楽時代劇感覚で、楽しんでいきたい。
10月30日放送分(第4話)
 出勤途中、刑事の水口(平山祐介)の頭上に花瓶が落下してきた。刑事課のごみ箱に捨てられた南(高嶋政宏)宛ての脅迫状を見つけた金志郎(玉木宏)は、犯人が間違えて水口を襲ったのではと疑う。水口は南のお古のジャケットを着ていたのだ。しかし、南は脅迫状を無視して、別の捜査を優先。金志郎が脅迫状の送り主の特定を進める中、署に新たな封筒が届く。中には、南の娘・めぐみ(駒井蓮)のスマートフォンが入っていた。
感想
おいおい!犯人は、なんで、最後に金志郎の葵の紋どころではなく、警察章を見て驚くのか?彼もどうして出してしまうのか?今回ばかりは意味不明だったが、彼のあまりの迫力で、犯人がのけぞるところは、楽しいし、一種の儀式だな。まあ、今の警察でも、いきなりあんな高圧的な南洋三みたいな警官は少ないとは思うが、それが招いた悲劇とも言える娘の誘拐事件。犯人の目的が金品の受け渡しがないだけに、逮捕が難しいと思ったが、金志郎のプレゼントが逮捕の決め手とは、本当にわかりやすくできてる。しかし、本当に金さんは、みんなの味方だね。もう一人の高圧的なキャリアも、本当なら初めの判断ミスで、あの現場を更迭されていてもおかしくないな~とは思ったが、やっぱり、最後はあの指揮に、現場が反発しないとね!それが副署長というのも良かったな。本当に気楽に楽しめるよ!
関連記事


>
2016/10/31 18:36 :Category:【玉木宏】キャリア コメント(3)
2話
遠山と南の洞察力と威圧感コンビが面白かったです!

今回の事件は、良心に従うか事件解決を優先させるかという問題がありました。こういうケースは難しいと思います。暴力を受けている妻は心配ですが、どちらかと言えば南の気持ちの方が分かります。コツコツ捜査をしてきて追い詰めてきた証言者を逃すわけにはいかない。

どうするのかなと思ったけど、運よく子供が見つかり、証拠も出てきてあっけなく両方の事件が解決しました。南が言った通り、今回は運が良かったと思います。

もっと遠山のキャリアならではの話しが欲しいですね。今のところ、ただ正反対の捜査官がそれぞれの方法で事件を解決しているようにしか見えません。これから出てくるかな。
投稿者: [ 2016/10/17 10:50 ]
遠山の金さん!
平成の金さんですね玉木さん!
遠山の金さんはかなり古~~い昔の片岡さんからファンで、その後の俳優さんから達のも全て楽しんでいます。
玉木さん、まさか桜吹雪の刺青はないでしょう(笑)
スピードと早口が多くなってきた最近のドラマですが、気楽に観ています。
柳沢慎吾さん、バラエティー的な演技で私的には気になりますが、時代劇で言うと岡っ引き役?のような感じかも?
レンタル救世さん共々、やはり秋の夜長リラックスです♪
投稿者: [ 2016/10/10 22:52 ]
正義のヒーロー
遠山の金さんというより、水戸黄門を連想しました。

遠山は、爽やかで正義感があり、町民想いで、現場の仕事もしたいキャリアの署長。
型破りの署長とあったため、署長の仕事が型破りなのかと思っていましたが、署長だけど現場に出て捜査をするということでした。その間、署長の仕事はどうするのか気になるところ…

得意の観察眼で、落書き犯をたどれば強盗殺人犯逮捕の糸口になると思った遠山。もはや超能力者レベルの読み。運よく犯人にも出くわすし、独りで突っ込むし、怪我するし(笑)
色々気になる所はありましたが、決め台詞のある往年の時代劇のように家族で気軽に楽しむにはいいですね。
遠山と南が見ていた警察官もどういう関係なのか気になるところ。

来週は裏も始まるので、どうするか…悩むところです。
投稿者: [ 2016/10/10 18:39 ]
みなさんの感想や情報





名前の複数利用不可。コメントの掲載が制限されます。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
人気記事ランキング30
【全アクセス順位】
Amazon

スマホ、タブレット QR
QR
アクセス
アクセスランキング アクセスランキングブログパーツ アクセスランキング