Fcastドラマ視聴率まとめ

国内ドラマ視聴率·キャスト情報·感想·ネタバレなど。個別スポーツ、バラエティ視聴率も速報更新。コメント大歓迎!検索は『視聴率』

【視聴率】ドラマスペシャル『瀬戸内少年野球団』 9/17 

瀬戸内少年野球団
2016年9月17日(土) 21時00分~23時16分
阿久悠の自伝的小説が待望のスペシャルドラマ化!敗戦の喪失感から、白球に夢を託し立ち上がろうとする子供たちと、それを笑顔で支える女性教師の姿を、鮮やかに描きます。
【スタッフ】
原作阿久悠『瀬戸内少年野球団』(岩波現代文庫刊)
脚本 寺田敏雄
監督 松田礼人
企画 古賀誠一
プロデューサー 大川武宏(テレビ朝日)、池田邦晃(テレビ朝日)、森田光則(オスカープロモーション)
【キャスト】
中井駒子… 武井咲 江坂町国民学校初等科の先生。明るく楽天的な性格で、野球を通して夢と希望を与えていく。
中井正夫……… 三浦貴大新婚早々出征して、戦地で戦死したと思われていた駒子の夫。
穴吹トメ………友近 戦後をたくましく生きた女性の象徴的存在。
波多野武女……… 本田望結 大人びた雰囲気のある美少女で、頭脳明晰。江坂タイガースの紅一点。
正木耕作……… 田中健 駒子の教え子、正木三郎の父。
正木二郎……… えなりかずき 戦後を狡猾に生きた若者の象徴的存在。
足柄忠勇… 平泉成竜太の祖父。江坂町駐在所の巡査で、島で起こる騒動や事件を精力的に解決していく。
中井豊乃……… 高橋惠子 正夫、鉄夫の母。
中井銀造……… 大杉漣 正夫、鉄夫の父。駒子にとっては、とてもいい義父。
【視聴率】
2016/09/17【6.9】

【あらすじ】
 昭和19年、春。駒子(武井咲)は数日後に出征を控えた網元の長男、中井正夫(三浦貴大)とささやかな結婚式を挙げる。駒子の願いは、婚約者ではなく妻として夫の帰りを待つこと。甲子園球児だった正夫は、駒子から生きて帰るためのお守りにするようにと言われた野球のボールを手に、戦地へと旅立っていく…。

 駒子が務める江坂町国民学校の校庭はイモ畑へと変わっていた。子供たちは常に空腹を抱えていたが、それでもまだ笑顔でふざけ合う元気を蓄えていた。そんな中、足柄竜太(坂田湧唯)に父の戦死が伝えられる。届いた骨箱には、父が使っていたとされる歯ブラシだけがぽつんと入っていた。「お父ちゃんは名誉の戦死して、歯ブラシになってもうたんか?」。子供らしい疑問を抱く竜太。時をおかず、駒子には紙切れ一枚で正夫の戦死が伝えられる。そして、戦争が終わる——。

 その夏、海軍提督の娘、波多野武女(本田望結)が江坂町国民学校に転校してくる。終戦を機に学校の教育方針は一変。男女が同じ教室で勉強することになり、竜太と武女は席を隣同士にする。大人びた雰囲気のある武女に竜太はドギマギしながらも、駒子の指導のもと教科書に掲載された軍事色の強い内容を墨で塗りつぶしていく。その従順な姿に、駒子は胸を痛める。正夫の弟、鉄夫(栗山航)は駒子の胸中を深く理解。正夫亡き今、両親の銀造(大杉漣)と豊乃(高橋惠子)は、そんな鉄夫の嫁に駒子を改めて迎えたいと思い始める。

 そんな中、淡路島には進駐軍が上陸。島はたちまちアメリカ文化に感化されていく。床屋の『猫屋』はアメリカ軍人目当てのキャバレーへと商売替えを決め、竜太と同級生の三郎(山下真人)の兄、二郎(えなりかずき)は大阪で一発当てると島を出て行く。半ベソの三郎と一緒に二郎を見送る竜太。その前に、謎の三本足の男が現れる。それは、戦地で片足を失い松葉杖をついた正夫だった! 約束通り野球のボールとともに戻ってきた正夫は、大人の都合に左右されない確かなルールのある野球を子供たちにやらせてはどうかと提案。駒子は監督となり教え子たちと少年野球団を結成する!
関連記事

>
2016/09/20 19:28 :Category:【武井咲】忠臣蔵の恋 コメント(0)
みなさんの感想や情報





名前の複数利用不可。コメントの掲載が制限されます。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
最近のコメント★歓迎!
データ取得中...
人気記事ランキング30
【全アクセス順位】
スマホ、タブレット QR
QR
カテゴリ Category
アクセス
アクセスランキング アクセスランキングブログパーツ アクセスランキング