Fcastドラマ視聴率まとめ

PC、スマホ、タブレットで国内ドラマ視聴率速報!独自感想も掲載。ジャニーズバラエティ視聴率も素早く更新。コメント大歓迎!検索『fcast』
視聴率記事更新日:放送日時 番組タイトル

【木21視聴率】はじめまして、愛しています。最終回は有終の美【見逃し配信】 

はじめまして、愛しています。
江口洋介との夫婦役初共演で、 家族のあり方を問う、 いまだかつてないホームドラマを送る!!
【スタッフ】
(脚本)遊川和彦
(監督)片山修/日暮謙
(音楽)平井真美子
(ゼネラルプロデューサー)黒田徹也(テレビ朝日)
(プロデューサー)山田兼司(テレビ朝日)太田雅晴(5年D組)
(制作協力)5年D組
(制作著作)テレビ朝日
【キャスト】
梅田美奈(35)尾野真千子 世界的に有名な指揮者を父に持つピアニスト。
梅田信次(45)江口洋介 美奈の夫。近所の不動産管理会社勤務。
男の子(5)親に捨てられた子ども。突如、美奈と信次の前に姿を現す。
梅田巧(37)速水もこみち 信次の弟。定職に就かずフラフラしている。
不破春代(40)坂井真紀 信次の妹。8歳の娘に対し過干渉な親。
堂本真知(57)余貴美子 児童福祉士の資格を持つ児童相談所のベテラン職員。
追川真美(68)藤竜也 美奈の父。世界的に有名な指揮者。
【視聴率】
01 7/14【10.0】夫婦は捨てられた子の本当の家族になろうと思った
(脚本)遊川和彦(監督)片山修
02 7/21【11.4】「あなたの手は、離さない」
(脚本)遊川和彦(監督)片山修
03 7/28【*8.4】あなたの、あいを、ためします
(脚本)遊川和彦(監督)日暮謙
04 8/04【*9.8】5才の産声初めてしゃべった日
(脚本)遊川和彦(監督)日暮謙
05 8/11【*8.8】生まれて初めて書いた手紙
(脚本)遊川和彦(監督)片山修
06 8/18【*9.1】実母の影
(脚本)遊川和彦(監督)日暮謙
07 8/25【*9.6】
(脚本)遊川和彦(監督)伊藤彰紀
08 9/08【10.0】
(脚本)遊川和彦(監督)日暮謙
09 9/15【11.6】最終回
(脚本)遊川和彦(監督)片山修


08
美奈(尾野真千子)と信次(江口洋介)は、実母・泉(志田未来)の元に引き取られたハジメ(横山歩)のことが諦めきれない。しかし、真知(余貴美子)によると、家裁に自分たちの方が養育にふさわしいと「監護者指定」を申し立てることはできるが、それが通るのは奇跡に近いという。2人はハジメに会おうと長野へ。入院中の泉がいない自宅でハジメと再会を果たすが、帰宅した泉の母・月子(富田靖子)に誘拐だと通報されてしまう。
【感想】
今週は、美奈もハジメを取り戻すために、あまりにも感情に任せて、ハチャメチャな行動をやっちゃうんだな。塀を乗り越え、実母の母・月子の家に乗り込もうとまでする美奈の感情。そして、迎えに来たとはじめに伝え、抱きかかえて、逃走しようとする思いは、完全にはハジメの母となったは故に、自然に動いてしまったとは思う。けど、その彼女の暴走を、信次は冷静に静止する。彼の今までの人生をところどころ語ってきたけど、いつもこんな損な役回りを繰り返しやってきたんだろうということは、同じ男としていたいほど僕にも伝わってきた。ここで止めないと美奈は、単に誘拐犯になるだけだ。強い気持ちで止めてたけど、彼の母の暴走する場面でも同じように耐えていたんだろう。信次は愚痴を語っていたけど、それに、家族は耳をもっと傾けてほしいよ!とついつい、信次になりきった気持ちで考えてしまう。けど、彼は孤独だったんだな。最終的には、グレそうになりながらも、美奈が戻ってくることで、再び生き返ったが、ここからどうするのか?最終回の物語はかなり大きなことが起きそうな感じだが、もう一度、3人は家族になれるのか?そして、3人を見ながらm梅田巧は生まれてくるこの父親になることを決意するけど、父親になることを認められるのかな?どうしても、男たhしの気持ちでこのドラマを見てしまうけど、みんな父親になってほしい!
09
美奈(尾野真千子)と信次(江口洋介)は、ハジメ(横山歩)を取り戻すため、「監護者指定」を家裁に申し立てるが、却下される。一方、真知(余貴美子)は、ハジメの暮らしぶりを見るため、長野の黒川家へ。ところが、実母・泉(志田未来)とハジメには、いまだ会話もスキンシップもないことが分かる。美奈たちが帰京した真知にハジメの様子を聞いていると、泉の母・月子(富田靖子)から、泉が遺書を残していなくなったという連絡が入る。
【感想】
美奈と信次は、ハジメを取り戻せることができるのか?その一点は始まるまでの物語の注目点だったが、ハジメの実母である泉が、どうして、可愛いはずの息子、ハジメを虐待してしまったのか?という、謎が今回の話のメインだった。彼女が言えなかった過去は、その父親との関係に、原因があったのだが、全く母に話すことも出来ない過去があった。もう、ハジメの父親はなくなってるだろうとは思ってはいたが、それがよりにもよって、彼女の父親だったとは!そりゃ逃げるしか選択肢はなかったのは、男の僕でも想像はできないことはない。彼女にとっては、ハジメは、呪われた子供であたのかも。それがすべての行動に、理由付けとしては十分なのもだった。そんな傷ついた誰にも話せない秘密を持つ泉を優しく美奈は抱きしめ、彼女の呪縛を、自分が引き受けると彼女に語りかける。二人にとって、それが裁量と感じれたのだけは確かだった。最終回は感動的な話というわけではないが、泉も新しい一歩を歩き始めることができるし、美奈と信次、そして、まじめにとっても、幸せな結末になったのだけは確かだった。
はじめまして、愛しています。 DVD-BOX
ポニーキャニオン (2017-01-18)
売り上げランキング: 389
関連記事


>
2016/09/16 10:11 :Category:【尾野真千子】 コメント(1)
「愛しています」
遊川脚本にしては拍子抜けするくらいのハッピーエンドでした。

最終回でやたらと登場した「愛しています」の言葉。面と向かって誰かに言ったこともないし、言われたことも(多分)無いので、どこか違和感のある言葉でした。

美奈親子然り、信次親子然り、泉親子然り、伝えなければ伝わらない、言って欲しい、言いたい、だけではいけないんだということをこのドラマは教えてくれたような気がします。最後の美奈の「もしかしたら私たちは自分の想いを誰かに伝えるために生れてきた存在かもしれないのだから」という言葉、なるほどなと思いました。

愛を伝える決心をした梅田夫婦に育てられ、ハジメはきっと愛を受け取り、与えられる人に成長するんだろうな。自分の出生がどうであれ、乗り越えて欲しい。
愛は連鎖するのか、美奈家族も信次家族も愛で溢れた終わりでした。きっとハジメを含む泉家族にも連鎖しますね。

毎回、タイトル前の真っ白い服を来た3人の関係性を表す映像が素敵でした。そして歩くんはやっぱり笑顔が似合う。
投稿者: [ 2016/09/16 14:31 ]
みなさんの感想や情報





名前の複数利用不可。コメントの掲載が制限されます。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
人気記事ランキング30
【全アクセス順位】
Amazon

スマホ、タブレット QR
QR
アクセス
アクセスランキング アクセスランキングブログパーツ アクセスランキング