Fcastドラマ視聴率感想

スマートフォン対応のドラマ視聴率速報サイトです。感想も掲載。コメント大歓迎です!検索は『fcast』

【西郷どん視聴率冬】7話安定 

西郷どん 前編 (NHK大河ドラマ・ガイド)2018年NHK大河ドラマ「西郷どん」完全読本 (NIKKO MOOK)

「西郷どん」
再来年(平成30年)に放送されるNHKの大河ドラマは、鹿児島の下級武士の家に生まれ明治維新で大きな役割を果たした西郷隆盛の生涯を描く、「西郷どん」(せごどん)に決まりました。
【放送予定】2018年1月から(全50回)
【収録スケジュール】2017年夏 クランクイン予定
【原作】林真理子
【脚本】中園ミホ
【制作統括】櫻井賢
【プロデューサー】小西千栄子
【演出】野田雄介 梶原登城 盆子原誠
【キャスト】
西郷吉之助…鈴木亮平 薩摩の下級武士の家に生まれた、貧しい大家族の長男。
大久保一蔵…瑛太 近所の幼なじみ。郷中一(ごじゅういち/町内一)の秀才とうたわれた。
岩山糸…黒木華 西郷と同じ城下に住む武家の娘。好奇心旺盛で、芯の強いおてんば娘。
西郷琴…桜庭ななみ 西郷家の長女、吉之助の妹。兄を慕い、支え続ける。
西郷吉二郎…渡部豪太 西郷家の次男。西郷の熱い思いを理解し、家族を守る優しく実直な弟。
熊吉…塚地武雅西郷家に親子代々仕える下男。義理人情に厚い男で、生涯、西郷に尽くす。
西郷吉兵衛…風間杜夫 西郷の父。どちらかと言えば、ダメ親父。
大久保次右衛門…平田満 大久保一蔵の父。海外の情報にも通じている開明的で有能な人物。
西郷満佐子…松坂慶子 男だったら家老になったと言われる肝っ玉母さん。
篤姫…北川景子 薩摩・島津家の分家に生まれた姫。
幾島…南野陽子 島津斉彬の命を受け将軍家に嫁ぐ於一の女中頭として大いに奮闘。
島津斉興…鹿賀丈史 島津家第27代当主で薩摩藩主。嫡男・斉彬を疎んじて、藩主の座を譲らない
大山格之助…北村有起哉 西郷たちより年長で情は深く豪快な親分肌。
有村俊斎…高橋光臣11歳で島津斉興の茶坊主として出仕
赤山靱負…沢村一樹 名門の家の出で、島津斉彬を次期藩主にと尽力。
出演者発表!【薩摩のキーパーソン】
【視聴率】
01 1/07【15.4】BS【4.9】「薩摩のやっせんぼ~少年西郷の勇気と涙の大冒険」
脚本:中園ミホ 【演出】野田雄介
関西【19.8】北部九州【18.7】鹿児島【34.9】
02 1/14【15.4】BS【5.6】「立派なお侍」
脚本:中園ミホ 【演出】野田雄介
03 1/21【14.2】関西【17.3】「子どもは国の宝」
脚本:中園ミホ 【演出】野田雄介
04 1/28【14.8】BS【】新しき藩主
脚本:中園ミホ 【演出】野田雄介
05 2/04【15.5】関西【18.3】相撲じゃ!相撲じゃ!
脚本:中園ミホ 【演出】盆子原誠
06 2/11【15.1】BS【】謎の漂流者
脚本:中園ミホ 【演出】盆子原誠
07 2/18【14.3】BS【】母の背中
脚本:中園ミホ 【演出】
08 2/25【】BS【】不吉な嫁


01
天保11年(1840年)薩摩の国。西郷小吉(渡邉蒼)は、大久保正助(石川樹)ら町内の仲間と学問や剣術を切磋琢磨する日々を過ごしていた。「妙円寺詣り」という藩最大の行事で小吉たちは一番乗りで寺に到着。褒美をもらい薩摩藩の世継ぎである島津斉彬(渡辺謙)と運命的な出会いをするが、小吉らに恨みを持った他の町の少年から刀で肩口を切られ、小吉は二度と剣が振れなくなってしまう。
02
青年となった西郷は、吉之助(鈴木亮平)と名乗り年貢を司る役人の補佐役をつとめていた。年貢が払えず困窮する百姓たちを助けようと奮闘する吉之助は、斉彬(渡辺謙)が藩主になれば悪しき農政の仕組みを変えてくれると願うが、斉彬の父・斉興(鹿賀丈史)とその側室・由羅(小柳ルミ子)が実権を握っていた。藩の悪政に怒った吉之助は家老・調所広郷(竜雷太)に直訴しに行く。
03
西郷家は四男が生まれ暮らしは益々苦しくなり、吉之助(鈴木亮平)は父・吉兵衛(風間杜夫)と商家から大借金をするが、その道中武士の身分にありながら、貧しさのため一家で夜逃げする少年に出会う。吉之助は斉彬(渡辺謙)に意見書を書き人々の窮状を訴える。その思いに突き動かされ斉彬は意を決し父・斉輿(鹿賀丈史)を隠居に追い込むが、斉輿と由羅(小柳ルミ子)は大逆襲に転じる。
04
斉彬(渡辺謙)を藩主に担ごうとする者たちを父・斉興(鹿賀丈史)が一気に粛清する「お由羅騒動」が起こり、吉之助(鈴木亮平)が先生と慕う赤山(沢村一樹)に切腹の沙汰が下る。処罰は大久保家にもおよび、大久保正助(瑛太)の父・次右衛門(平田満)は島流し、正助も謹慎処分を受ける。赤山の介錯は父・吉兵衛(風間杜夫)が行い、吉之助は、赤山の無念の最期に立ち会うことに。
05
斉彬(渡辺謙)は、父・斉興(鹿賀丈史)派の重鎮たちを罰せず重用すると宣言。父は流罪でまだ謹慎中の大久保正助(瑛太)は憤る。西郷吉之助(鈴木亮平)は、御前相撲で勝ち上がり殿に直訴すると息巻く。さらに岩山糸(黒木華)に縁談話があり、相手は相撲大会にも出場する。糸に恋焦がれる正助の無念を晴らすためにも、吉之助は於一(北川景子)が見守る中、絶対負けられない試合に臨む。
06
 ある事件により、吉之助(鈴木亮平)が牢屋(ろうや)に入れられる。そこには、衰弱した謎の漂流者(劇団ひとり)がいた。その男性は吉之助を警戒し、何を聞いても口を閉ざす。そんな中、男性を襲う刺客が現れた。間一髪で男性を助けた吉之助は、牢から逃亡し、男性を西郷家にかくまう。一方、吉之助への思いを抱いたまま嫁入りの日が迫る糸(黒木華)は、厳格な父親に外出を禁じられていた。そんな糸を連れ出した正助(瑛太)は、漂流者から聞いたメリケンの話を聞かせる。
07
祖父龍右衛門(大村崑)が亡くなり、母満佐(松坂慶子)は吉之助(鈴木亮平)の結婚を急(せ)かす。斉彬(渡辺謙)に従い江戸に行きたい吉之助は結婚を拒むが、母は倒れ寝込んでしまう。母のために何ができるか…吉之助は伊集院家の須賀(橋本愛)と結婚するが、実に不器用で無愛想な嫁だった。そんな時大山(北村有起哉)と俊斎(高橋光臣)の「江戸行き」が決まり吉之助は人選から外れる。
関連記事


>
2018/02/19 10:22 :Category:【大河】おんな城主直虎 西郷どん コメント(2)
キャストさん達が皆さん上手い
今のところ決して高いとは言えない視聴率、幕末ものは難しいです。
西郷どんの鈴木さん、熱演ではまり役です。
瑛太さんも演技幅広くこの役柄も良いですね。
黒木華さんは当たり前位のはまり役、今度は化粧変えての悪やくも観たくなる程。
鹿賀さん、渡辺謙さんは流石がの存在感とえんていの演技で画面がしまります。
ただ親子って感じが無理かな?

カメラの切り替えが自然で観やすい、以前の2つ前?の大河では切り替えが、紙芝居のように思えて残念だったのと、現代的な台詞回しと所作で観るの停止。
今回は鹿児島方言で色々いわれるけど、それが物語、歴史だからこれも自然でいいと個人的は思うけど。
篤姫の旦那様、家定様?をあの芸人さんえんじるの?あの時の堺雅人さん凄く素敵で一番好きな役柄でした。
ちょと心配、頑張って最終回まで観てみようとは思ってます。
投稿者: [ 2018/02/04 11:38 ]
作品発表会された時から
西郷隆盛さんならイメージから一番に、鈴木亮平さんと思いました!
きっと体型も西郷隆盛に近くされてくるでしょうね。
時代的には好みではありませんが、鈴木さんの演技観てみたいかも。
投稿者: [ 2016/10/31 18:23 ]
みなさんの感想





ハンドルネーム複数不可。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
コメント!大歓迎です
データ取得中...
Amazon

スマホ、タブレット QR
QR
アクセス
アクセスランキング アクセスランキングブログパーツ アクセスランキング