Fcastドラマ視聴率

PC、スマホ、タブレットで国内ドラマ視聴率速報!独自感想も掲載。ジャニーズバラエティ視聴率も素早く更新。コメント大歓迎!検索『fcast』
視聴率記事更新日:放送日時 番組タイトル

【火22視聴率】ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子 最終回 

ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子
波瑠が民放連続ドラマ初主演で、心に闇を抱える新人刑事役に挑戦
フジテレビ系毎週火曜 22:00~22:54
【スタッフ】
原作:内藤了「ON 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子」シリーズ(角川ホラー文庫)
脚本:古家和尚
演出:白木啓一郎
プロデューサー:河西秀幸:萩原崇:石田麻衣
【キャスト】
波瑠 藤堂比奈子 警視庁刑事部捜査第一課の新人刑事。。イラストに描きとめれば決して忘れないという、驚異的な記憶力を持つ。
横山裕 東海林泰久 比奈子の先輩刑事。刑事としては優秀。
要潤 倉島敬一郎 比奈子の先輩刑事。藤堂比奈子に対して淡い恋心を抱く。
林遣都 中島保 ハヤサカ・メンタルクリニックに勤める心療内科医。
原田美枝子 石上妙子 監察医。変死体に目がない変人で、“死神”の異名を持つ。
渡部篤郎 厚田巌夫 警視庁刑事部捜査第一課・班長で、比奈子の上司の警部補。通称・ガンさん。
【視聴率】
01 7/12【9.6】関西13.4%【殺人者への探求心…危ないヒロイン誕生】
脚本:古家和尚 演出:白木啓一郎
02 7/19【9.3】【凍結遺体事件の驚愕真相】
脚本:古家和尚 演出:白木啓一郎
03 7/26【8.2】【洋館女性連続殺人…奪われた完全美】 
脚本:古家和尚 演出:宝来忠昭
04 8/02【8.8】VS女殺人鬼…自死事件に急展開
脚本:古家和尚 演出:白木啓一郎
05 8/09【6.6】猟奇自殺事件の謎が遂に…首謀者は
脚本:古家和尚 演出:白木啓一郎
06 8/16【6.4】【リッチマン殺人事件…比奈子の過去】
脚本:古家和尚 演出:宝来忠昭
07 8/23【7.4】【毒物死へ誘うAID…比奈子の殺意】
脚本:古家和尚 演出:大内隆弘
08 8/30【8.5】【女殺人鬼が脱走…比奈子へ壮絶復讐】 
脚本:古家和尚 演出:白木啓一郎
09 9/06【7.1】最終回…因縁の女殺人鬼と決戦
脚本:古家和尚 演出:白木啓一郎


8月30日放送分(第8話)
 比奈子(波瑠)は中島(林遣都)に会い、自らの決意を語る。一方、連続猟奇殺人事件の犯人・都夜(佐々木希)が勾留中の施設を脱走。比奈子が再び標的になることを心配した厚田(渡部篤郎)は、東海林(横山裕)を警護につける。そんな中、各所で惨殺された動物と人体の一部が見つかる異常犯罪が発生したという連絡が。臨場した比奈子は妙子(原田美枝子)から、一連の事件の最初の犯行が、長野の自分の元実家近辺で起きていたことを知らされる。
【感想】
最終回に向かって、東海林が比奈子の中に去来する衝動、あのナイフの存在を知ったことにより、彼女に警察をやめることを直言して、彼女が決意するという展開がメインだったが、連続猟奇殺人事件の犯人・都夜が男をたらしこんで逃走、そして、職業が殺人鬼と名乗る高校生の頃、比奈子にあのナイフを渡したオンナ、そして、「自分らしく殺せばいい」言い放った真壁というオンナも登場して最終回の舞台の設定を整える話だった。この真壁は各地で、犯罪を起こしながら、比奈子に、手の込んだ殺人シグナルを送り、彼女に本性をさらけ出すように迫っていた。あの動物の内臓にといういうのは、どんな法則で、ドラマを見ながら解くのかわからなかったが、絶対彼女の名前だろうと言うのは分かったし、中島がそれを解くのも想像ができた。しかし、回りくどい解説風の展開が続き、今ひとつ、物語という感じがなく、話としては面白くなかったかな。人が無残に殺人鬼によって死んでいっているというのは伝わっていくが、ドラマがあるわけでもなし、今ひとつ退屈な展開だったかな。ここまで来たら、最終回まで見るけど、いきなり、真壁も現れるし、高校生時代の比奈子がもっと前から登場していても良かったんじゃないの?
9月6日放送分(第9話) 【最終回】
殺された情報屋・藤川の携帯電話の電源が入った。片岡(高橋努)らが動き出した都夜(佐々木希)を追うと、比奈子(波瑠)がかくまわれているホテルにたどり着く。部屋を訪ね、比奈子の無事を確認した片岡は、背後から首を切られる。驚く比奈子の前に現れたのは都夜ではなく、比奈子の昔の知人で因縁のある女性・永久(芦名星)だった。都夜と手を組んだ永久は、拉致した東海林(横山裕)を人質に、比奈子がやって来るのを待つ。
【感想】
この物語での永久の存在は、怪物になる要素を含んで生きてきた比奈子が、どうして、警察官となり、人殺しもしない人間になれたのかという謎を彼女自身が解き明かすために用意されたもう一人の比奈子的な存在だったのかな。彼女は親の愛も受けることもなく、父に虐待され、母はその暴力の前に、どうすることもなかった。そして永久は運命を受け入れながら、怪物に変化し、次々と殺しを実行していく。彼女は、そして出会った。自分の分身とも仲間になれる一人の少女の存在に期待をかけてのかもしれない。けど、それが実現してない時に、今回の事件は起きた。彼女に、永久にとって、一番の希望とも言える自分の分身に自分を殺させるということを実行させようとするが、彼女は反応しない。彼女の中には、母の尽きることのない愛情が、彼女を守っていた。最終的には、この母の愛が彼女を守ったということだった。
それにしても、まさかあっさりと都夜が比奈子の昔、因縁のある女性永久によって殺害されるとは思いもしなかった。これほどあっさりと人殺しを実行する彼女なら、東海林も一巻の終わりだなとか思ってみていると、彼女は彼に対しては、異様にやさしい。アレほど撒いたガソリンも、何故か彼には火がつかなかったりしてたのは、まあお約束かな。比奈子が見せる所々に見せる冷たいような美しさは、この作品にマッチしていたのかもしれないが、物語が謎解きではなく、ホラーで、今ひとつ作品として跳ねる感じはしなかった。次は180度違う笑顔の波留を見せる作品になるといいけど。
ON 異常犯罪捜査官 藤堂比奈子 ブルーレイBOX [Blu-ray]
ポニーキャニオン (2017-02-22)
売り上げランキング: 551
関連記事


>
2016/09/07 10:16 :Category:【波瑠】あなたのことはそれほど コメント(2)
残酷過ぎた死体
毎回殺された死体が気持ち悪かったかも。
最終回のガソリンで焼かれるシーンはあそこまで観たく無かったですね、過去の受けた不運が、多くの殺人動機?なんて思ってしまう。
恵まれた環境あり、不幸な環境であり犯罪者になってしまう運命的な事もあるけど、地震や台風で孤立した人を救ってくれる方達も色々人生あるだろうに。
でも最後に抱きつかれた青目の犯人の優しくなった顔で救われました。
キャストさん達も頑張っておられましたが、賛否両論はあるかも。
ベテランの上司さんの滑舌が流れるようで聞き辛かった台詞、どうしたのかな?気になりました。
波留さんは管理人様言われるように、次回は全く違った役観てみたい。
ヘァーもメイクもめっちゃ変身して♪
投稿者: [ 2016/09/07 21:24 ]
メインが違った
嫌いな話しじゃなかったんだけど、普通に厚田班が猟奇犯罪事件に奮闘する物語が見たかったかな。
情報量が多すぎて事件の内容も人物像も薄くなった印象です。猟奇的な部分だけでなく、犯罪者たちの哀しさや捜査官たちのやるせない想いももっと深く描いて欲しかったです。
でも各回の事件は本当に興味深いので、原作読んでみようと思います。

投稿者: [ 2016/09/07 11:25 ]
みなさんの感想や情報





名前の複数利用不可。コメントの掲載が制限されます。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
人気記事ランキング30
【全アクセス順位】
Amazon

スマホ、タブレット QR
QR
アクセス
アクセスランキング アクセスランキングブログパーツ アクセスランキング