Fcastドラマ視聴率まとめ

FC2ブログから視聴率·キャスト情報·感想·ネタバレなど。個別スポーツ、バラエティ視聴率も速報更新。コメント大歓迎!検索『視聴率』で!

【木22視聴率】Chef~三ツ星の給食~10話 最高値 

木曜劇場『Chef~三ツ星の給食~』
フレンチの三ツ星シェフがオーナーの陰謀で店を追いだされて給食の調理師に!予算、栄養素、調理時間、全てが違う環境を不屈の精神で乗り切り三ツ星を取り戻せるか
10月スタート 毎週木曜夜10時~10時54分
【キャスト】
天海祐希 星野光子 日本だけでなく世界中から注目される天才女性シェフ。テレビ番組の企画で学校給食を作ることになる。
小泉孝太郎 篠田章吾 東京・銀座の有名フレンチレストランオーナー。光子の料理が話題を呼んで、三ツ星を獲得する。
川口春奈 高山晴子 三つ葉小学校給食室で、給食調理師補助として働いている。現場のアイドル的存在。
友近 矢口早紀 視聴率至上主義のテレビ局プロデューサー。
遠藤憲一 荒木平介 三つ葉小学校で働く給食栄養士。元居酒屋の店主で、料理人としての腕はあったが、経営センスがなかったため、店を潰してしまった。
【スタッフ】
脚本 浜田 秀哉
演出 平野 眞 田中 亮 森脇智延
プロデュース 長部 聡介 高田 雄貴
【視聴率】
01 10/13【*8.0】天才シェフが挑む予算240円の最高の給食!
脚本 浜田 秀哉 演出 平野 眞 
02 10/20【*7.0】【天才シェフvs給食鬼ルール】 
脚本 浜田 秀哉 演出 平野 眞
03 10/27【*6.2】最高に美味しいナポリタン
脚本 浜田 秀哉 演出 田中亮
04 11/03【*4.9】三ツ星フレンチ屋台の逆襲
脚本 浜田 秀哉 演出 森脇智延
05 11/10【*8.0】給食中止!?サメが救世主!
脚本 浜田 秀哉 演出 平野 眞 
06 11/17【*7.3】【大切な人に作る奇跡のスープ】 
脚本 浜田 秀哉 演出 
07 11/24【*6.6】豪華屋台を倒す奇跡の新作
脚本 浜田 秀哉 演出 森脇智延
08 12/01【*8.0】【水が使えない!大逆転給食!】 
脚本 浜田 秀哉 演出 平野 眞 
09 12/08【*6.2】【給食室消滅?セロリで大逆転】
脚本 浜田 秀哉 演出 田中亮
10 12/15【*8.0】最終回【奇跡起こせ!三ツ星の給食】
脚本 浜田 秀哉 演出 平野 眞 

10月13日放送分(第1話)
 3年連続で‘三つ星’を獲得している有名レストランの天才シェフ・光子(天海祐希)は、採算度外視で料理を作るため店のオーナー・篠田(小泉孝太郎)に嫌われ、食中毒を出したという疑惑を掛けられて店を追われる。さらに噂は世界中に広まり、新しい職場が見つからない光子。そんな中、テレビ番組の企画で三つ葉小学校の給食を作ることになった光子は、栄養士・荒木(遠藤憲一)らと衝突しながらも、最高の給食を作り上げるが…。
10月20日放送分(第2話)
 三つ葉小学校で‘最高の給食’作りに挑むと決めた光子(天海祐希)だが、衛生管理など厳格かつ細かい給食のルールに阻まれる。その頃、光子を追い出した篠田(小泉孝太郎)は、店の利益率アップを進めていた。そんな中、新しく調理補助に加わった大学生・晴子(川口春奈)は、なぜか光子を敵視する様子。一方、給食作りが評価されればある新店舗のシェフに迎えるという話をもらった光子は、手間暇かけて給食をおいしくしようとする。

10月27日放送分(第3話)
 自分の給食がコンビニ商品‘ウマチキ’に負けたと知り、再び給食作りに燃える光子(天海祐希)。一方、光子の番組をもっと続けたい早紀(友近)は、給食を親子で一緒に食べる会を学校で開いてもらうことに。メニューは大人と子どもで好きな味付けがはっきり分かれるナポリタン。荒木(遠藤憲一)らは2通り作るというが、光子は早紀の思惑通り、誰が食べてもおいしいナポリタンを作ると豪語し、最高の食材探しへと猛進する。

11月3日放送分(第4話)
 光子(天海祐希)の料理を喜んで食べる児童らの姿を目にした荒木(遠藤憲一)は、不人気の豆料理のレシピに迷いを感じる。一方、手作り屋台でフレンチを出すことにした光子は市場へ食材を仕入れに行き、腕によりをかけたフルコース料理を作る。だが客が来ず、ようやく来たと思ったら酔っぱらいの上、食い逃げされる始末。その模様がテレビに流れると、三つ星シェフのフルコースがお手頃価格で食べられると人気を呼ぶが…。

11月10日放送分(第5話)
 篠田(小泉孝太郎)の妨害でカモが手に入らず、屋台の再開ができない光子(天海祐希)。荒木(遠藤憲一)は食材の高騰で仕入額を予算内に収められず、給食の維持が困難な状況に。給食を1日も休まないと決意する荒木に、光子も諦めず屋台を続けると宣言する。新店舗を出す篠田が高級なカモを買い占める中、光子は卸売業者の鈴木(山本龍二)から、二流のカモを卸した店を教えてもらう。一方、荒木は一番安値のサメを使った献立に挑む。

11月10日放送分(第5話)
篠田(小泉孝太郎)の妨害でカモが手に入らず、屋台の再開ができない光子(天海祐希)。荒木(遠藤憲一)は食材の高騰で仕入額を予算内に収められず、給食の維持が困難な状況に。給食を1日も休まないと決意する荒木に、光子も諦めず屋台を続けると宣言する。新店舗を出す篠田が高級なカモを買い占める中、光子は卸売業者の鈴木(山本龍二)から、二流のカモを卸した店を教えてもらう。一方、荒木は一番安値のサメを使った献立に挑む。

11月17日放送分(第6話)
 光子(天海祐希)の屋台が大好評で、対抗策を練る篠田(小泉孝太郎)。一方、翌日の給食の献立がオニオングラタンスープだと知った光子は、以前店で特別な日に出していた最高のスープを作るという。が、晴子(川口春奈)は自分も最高のオニオングラタンスープを知っていると反発。そのスープは晴子の父が作ってくれた思い出の味だった。翌日、光子のスープのレシピを聞いた晴子は、父のものを盗んだと怒り、自分の正体を明かす。

11月24日放送分(第7話)
 光子(天海祐希)のフレンチ屋台や篠田(小泉孝太郎)の新店舗はカジュアルな雰囲気で‘最高においしい料理’が味わえると大繁盛。一方、荒木(遠藤憲一)は児童に人気の「魚と野菜のハンバーグ」の残食率が上がっているとして改良を提案する。光子の影響で、荒木は工夫により喜んでもらえる給食メニューを考え始めていた。そんなある日、屋台の開店準備をする光子の前に、巨大なキッチンカーが止まる。中から現れたのは篠田で…。

12月1日放送分(第8話)
 全校児童のアンケートで上位のメニューを、荒木(遠藤憲一)が栄養面を計算した献立で作る「リクエスト給食」の日がやって来た。子どもたちに大人気のイベントで、光子(天海祐希)らも張り切る。ところが朝、水道の蛇口から茶色い水が流れてきた。保健所の検査の結果、古い水道管にさびが見つかり、水の使用が禁止に。代わりにタンク車の水が運ばれるが、飲料と手洗いに優先され、大量の水が必要な給食は中止の危機に陥る。

12月8日放送分(第9話)
 光子(天海祐希)が辞めた後の「ラ・キュイジーヌ・ドゥ・ラ・レーヌ」が‘三つ星’を維持できるかが話題を呼ぶ年末、奥寺(豊原功補)が光子を訪ねてくる。奥寺は、光子の残したレシピで作る新作料理の出来栄えに不安を感じていたのだが、そんな彼に光子は作り方のこつを教える。一方、地産地消の給食を市から要請された荒木(遠藤憲一)や光子らは地元の農家が作った児童に不人気の野菜をおいしく料理しようと奮闘する。
12月15日放送分(第10話) 【最終回】
近隣の小学校の給食調理室が老朽化し、市は給食センターへの移行を検討する。センターは一括で大量に給食を作り、それを複数の学校に届けることで効率化と人件費削減を図るシステム。三つ葉小学校も給食センターに組み込まれる可能性があり、荒木(遠藤憲一)らは独自の給食作りができなくなると猛反対。児童や保護者たちも反対する中、荒木や光子(天海祐希)らは地産地消の給食イベントを開き、移行を阻止しようとする。
関連記事


>
2016/12/16 10:12 :Category:【天海祐希】緊急取調室 コメント(10)
光子の試練
天海さんの料理をする姿がかっこ良かったです。

フランス料理のChefとしても実力があり自信満々で学校給食を馬鹿にしていた光子が、給食を通して成長していくお話しになるのかな。でも、荒木栄養士も光子の作った料理や美味しさを追及する姿に何かしらの感情を抱いていた様子なので、お互いが影響し合っていく流れの方が好きですね。

そして、いつか最高な給食を作って、あの最低なレストランを負かして欲しい。食中毒なんて保健所に頼めば一発で白黒分かるのにね。

今後、どんな料理が出てくるのかも楽しみだし、光子が何に気づいていくのかも気になるのでしばらく見てみようと思います。

投稿者: [ 2016/10/14 12:19 ]
2話
予想以上に面白かったです!料理に興味があるからかもしれませんが、給食のお仕事ドラマみたい。

そもそも給食のルールがこんなに雁字搦めなのも初めて知りました。その制限はまるで病院の治療食レベル。その上、一流Chefの光子も驚くくらいの徹底した衛生管理。調理関係の仕事をした事がないので全てが驚きでした。

荒木に、そんなに美味しい物を作りたいなら給食のルール上で作れと言われた光子。光子の試行錯誤している姿にワクワクします。中でも、少ない調味料で味を出す工夫が興味深かったです。子供の苦手な味を考えられるようになったのは成長でしたね。
朝早くから仕込みをし、見事生徒たちに「美味しい」と言わしめた時は爽快でした。

実際問題、光子の方法で給食を作るのは不可能に近いし、決して給食の人が手を抜いているわけではないですが、美味しい料理を追及する光子の熱意に惹かれます。今後も給食チームが残食率を下げるため、不可能を可能にしていく様が楽しみです。
投稿者: [ 2016/10/21 11:29 ]
3話
今回は親子給食。前回同様、光子が絶妙な味を追求する姿はもはや執念のようだけどかっこよく、最後には親も子供も「最高に美味しい」と絶賛。気持ち良かったです。

しかし、三ツ星Chefとして給食調理師を負かした感じが強くて少し後味が悪かったです。もっと給食調理師とやり合うのかと思っていたので、給食側が手も足も出ない状況が物足りない感じです。後々の伏線なのかもしれませんが。
光子としては自分のやり方を押し通した結果で、特に何かを学んだ様子も見られず。

来週はなにやら光子が屋台を作って理想のレストランを始めるらしいですが、給食から離れすぎないことを祈ります。
投稿者: [ 2016/10/28 10:43 ]
4話
好きな遠憲さんが、いつも光子のやり方を見ているだけの役で物足りないと思っていたらやっと出番。まさかの屋台の助言とは(笑)光子にはヒントになったけど、来週に持ち越し… 一皿で五感を刺激するフレンチが楽しみです。

このドラマは光子が楽しそうに料理をしている姿を見るのが楽しい。追及する姿も作っている姿もユーミンのBGMもみんな素敵です。

でも何かにつけて光子の行く手を阻む篠田オーナーが嫌らしいですね。やり方もワンパターンだし。ただ、篠田と組んで光子を陥れた柿谷が、かつて荒木も陥れていた人だということが分かり、面白くなりそう!光子と荒木、タッグを組んで見返して欲しいです。
投稿者: [ 2016/11/04 11:16 ]
5話
食材高騰で給食の危機。安価な食材を一流の味にするために奮闘する一同。それは、荒木のアレンジに合わせ光子がソースを考えたスペシャルメニューだった。今までの光子だけの力量ではなく、二人のコラボ作品だったのが嬉しい。荒木が光子の影響で徐々に料理人としてのプライドを取り戻してきたのも見ていて気持ちがいいです。それにしても元々フランス料理のソースは、鮮度の落ちた食材の味をカバーするためのものだったのは初耳だった。

篠田のせいで、二流の鴨しか手に入らなくなった光子は、逆に荒木の給食代案メニューのレシピからヒントを貰い、二流の鴨の欠点を補うソースを完成させる。光子と篠田どちらが勝利を掴むのか。結果は予想つくけど楽しい。

あと、光子の親子問題。なんだか光子は、晴子が娘って知っていたような感じ。次回は、光子の過去に迫る感じかな。
投稿者: [ 2016/11/11 10:57 ]
元気を貰えるドラマです♪
毎回ボールがぶつかってちょっと心配してしまいますが
天海祐希さん扮する光子の前向きで自信たっぷりな姿に
惚れ惚れしています♪

高級フレンチの世界だけかと思いきや、給食の世界のルール、今度は屋台のルール学ばせてもらってます。
スタート地点よりも身近な話題で親近感が持てます。

どんな状況でも光子が楽しそうに、情熱をもって
料理を作る姿に元気を貰ってます♪

給食のメンバーがちょっとづつ変わってきましたね。
オーナーも変わってくれるといいのに☆彡

投稿者: [ 2016/11/12 12:59 ]
6話
母娘の話しは泣けると思っていたけど、やっぱり泣けました。でもそれだけではなく、必ず笑わせてくれるのがこのドラマの好きな所です。

オニオングラタンスープを作っている時の光子は、今までの一流Chefの顔ではなく、完全に優しい母親の顔をしていました。演出と天海さんの演技でこうも変わるものかと驚きました。

結局、料理を諦めきれなかった光子は、娘を捨てたと言えば捨てたことになるのかもしれないけど、だからこそ半端な気持ちで料理人をしてはいけない、光子の料理に対する執念にはそういう気持ちも含まれていたんですね。誤解が溶けて良かった。

娘の誕生日に毎年必ずオニオングラタンスープを作っていた光子。最後の屋台のシーン、素敵でした。母は居なくとも、母の想いは父を介して届いていたわけですね。娘にも「最高」を求める所はなんとも光子らしい(笑)失われた時間じゃなくて、加えられた時間か。いいね。とても温かい気持ちになれました。
投稿者: [ 2016/11/18 10:43 ]
前向きに・・と思えるドラマ
初回で酷評が多い感じでしたね。
視聴率が振るわないのが残念!!
現実離れしているところがあっても、私は楽しんでいます。

篠田が執拗につぶしにかかっても、文句を言い続けるのではなく、自分のできることをやる逞しい主人公。
光子に対する悔しさに、毎回電動でサンドバッグを出して殴る篠田は小泉さんだから面白い。クレヨンしんちゃんのネネちゃんかい。

そして光子が、経済的な理由でサッカーを続けられないかもと落ち込む少年にかけた言葉、「ペレやマラドーナも子供の頃は貧しかった。スーパースターは環境のせいにしない。環境を変えるのは知恵と努力。何たってそれはタダだから」というようなことなのだけど、私は素直に、環境に負けず前向きに工夫して生きていくのは確かに大切だと受け止めました。
5話中心の感想です。
投稿者: [ 2016/11/18 17:03 ]
楽しかった
面白かったです。
天海さん演じる光子の料理を作っている姿を見るだけでも毎回ワクワクしていました。天海さんは役の気持ちを表現するのが本当にうまいなと改めて思いました。自然で嫌みがないから余計にストレートに伝わります。光子の愛のある料理バカっぷり、最高でした。

エンケンさん演じる荒木の一喜一憂する姿も可愛かったし、他の調理補助さん達との気の抜けた掛け合いも年齢層の高さが自然に出ていて面白かったです(笑)

何気に一番の被害者だった奥寺シェフが最後楽しそうに料理をしている姿が見られて嬉しかったです。

今期観ていた中で、一番心が温まるドラマでした。
投稿者: [ 2016/12/16 11:51 ]
安定感のある面白さでした^^
結局、最後までボールが・・・汗

毎回光子が楽しそうに情熱的に料理をする姿が
とても絵になっていて綺麗でとても素敵でした♪

また、料理もまあどれも美味しそうで
コラボ企画でコンフィやれば良かったのに・・と
思ったりも(絶対売れたでしょう・・・食べてみたかった・・)

サッカー少年や給食スタッフ
ラ・レーヌのお店の人達も感化されて前向きになってゆく姿や
給食を食べた子供たちの「サイコーに美味しい」という言葉も
毎回見るものを元気にしてくれて安定感のある面白さでした。

最後にはお互いを理解しあえてスッキリしましたし
奥寺さんも笑顔でさらには「☆」な~るほどという終わり方。

緊張感のあるオーナー・篠田と給食スタッフさんとの気の許せる
シーンとの対比のクド過ぎないバランスとか
三ツ星シェフがテレビの企画で給食を作る・・という設定がなにより面白かったし、個性的なキャストの皆さん やっぱりオーラのある天海さんに拍手です^^



投稿者: [ 2016/12/16 17:57 ]
みなさんの感想や情報





名前の複数利用不可。コメントの掲載が制限されます。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
最近のコメント★歓迎!
データ取得中...
人気記事ランキング30
【全アクセス順位】
スマホ、タブレット QR
QR
カテゴリ Category
アクセス
アクセスランキング アクセスランキングブログパーツ アクセスランキング