Fcastドラマ視聴率

PC、スマホ、タブレットで国内ドラマ視聴率速報!独自感想も掲載。ジャニーズバラエティ視聴率も素早く更新。コメント大歓迎!検索『fcast』
視聴率記事更新日:放送日時 番組タイトル

【木22視聴率】営業部長 吉良奈津子6話【見逃し配信】 

営業部長 吉良奈津子
フジテレビ系毎週木曜 22:00~22:54
松嶋菜々子3年ぶりの連続ドラマ主演!産後復帰した働く女性の奮闘物語
【スタッフ】
脚本:井上由美子
演出:河毛俊作
プロデューサー:牧野正 三竿玲子 金城綾香
【キャスト】
松嶋菜々子 吉良奈津子 業界大手の広告代理店「東邦広告」の元売れっ子クリエイティブディレクター。
松田龍平 高木啓介 「東邦広告」クリエイティブ局勤務の、優秀なクリエイティブディレクター。
DAIGO  一条達哉 「東邦広告」に中途採用された営業開発部所属の優秀な営業マン。
伊藤歩 坂部深雪 奈津子が雇ったベビーシッター。円満だった奈津子と浩太郎の夫婦仲を壊していく。
板尾創路 米田利雄 「東邦広告」営業開発部の副部長。
石丸幹二  斎藤良一 「東邦広告」営業局の常務。
原田泰造 小山浩太郎 奈津子の夫。「拝島建設」の都市開発部に勤務するサラリーマン。
【視聴率】
01 7/21【10.2】 仕事に育児に…周りは敵ばかり。でも私…負けるのが嫌いです
脚本:井上由美子 演出:河毛俊作
02 7/28【*7.7】敵は身内!?部長として母としての戦い
脚本:井上由美子 演出:河毛俊作
03 8/04【*6.8】偽りのキス…崖っぷち女部長、決意の時
脚本:井上由美子 演出:河毛俊作
04 8/11【*6.4】一発逆転か!?掴んだチャンスと涙の対決
脚本:井上由美子 演出:石井祐介
05 8/18【*5.2】因縁の女との対決!迫るタイムリミット
脚本:井上由美子 演出:河毛俊作
06 8/25【*6.7】
脚本:井上由美子 演出:石井祐介
07 9/01【*5.9】
脚本:井上由美子 演出:西浦正記
08 9/08【】
脚本:井上由美子 演出:石井祐介
09 9/15【】
10 9/22【】最終回


8月18日放送分(第5話)
常務の斎藤(石丸幹二)が奈津子(松嶋菜々子)と高木(松田龍平)にファストファッションブランドの仕事を打診。他社の扱いだったが、CM撮影中にタレントを怒らせ、契約が白紙になったという。タレントとは人気キャスターの冴子(芦名星)で、4年前、奈津子はフリーになったばかりの冴子を「ワールド水泳」に推薦し、番組は成功を収めていた。一方、浩太郎(原田泰造)が奈津子に、ベビーシッターに頼むのはやめようと言う。
【感想】
しかし、今回の冴子という人物は、よくわからない人だな。まあ彼女のキャスターをやってるような人間は、CMに出るべきではないというのは、納得だし、筋が通った話だとは思う。そのまま、押し通すのが筋だが、いくら世話になった奈津子とは言えど、さほどインパクトがあると思えない説得の前に、意見を変えて、納得できるものならCMに出ると言う。そして、納得できるものが出来て、CMに出ると決意したかと思うと、裏で政治家と不倫疑惑って、こいつなんなんだ!とツッコみたくなる。それやったら終わりでしょ!なんだか、いろんな芸能ニュースがいりまじたような展開で、この女性は周りの人をどれだけ振り回すんだと思うけど、ここから、奈津子は巻き返すことができるんかな?奈津子も奈津子で、夫が家族のために自分の感情を抑制するために、坂部深雪を遠ざけようとしてるのに、自らのために、また呼びこむとは!これが女王奈津子というものなのか!今回は2話完結なので、次回に主な感想は持ち越すけど、やっぱり、いろいろと編い話を複雑にしすぎだな。やっぱり夏は単純に、スカッと奈津子は、ハンデを跳ね返し成功してほしい。
8月25日放送分(第6話)
 高木(松田龍平)の運転で帰宅した奈津子(松嶋菜々子)は下車直前、一条(DAIGO)からの電話で、CM契約にこぎつけたキャスター・冴子(芦名星)にトラブルが発生したと知る。そこで、会社に戻る前に壮太(高橋幸之介)の寝顔を一目見たいと高木に告げる。家にはまだ深雪(伊藤歩)がいたが、浩太郎(原田泰造)との仲を疑うことなど奈津子は思いもしなかった。そんな中、会社に向かうという奈津子に、浩太郎の怒りが爆発する。
【感想】
今までの回に比べると遥かにわかりやすい展開で、吉良奈津子という人が、博打をしてるようで計算しながら人をプロヂュースしているのが分かる内容だった。やはりこの人は、元は売れっ子クリエイティブディレクターだなと分かる描かれ方をしている。CM契約を結んだと思ったら、まさかの不倫報道で、かなり窮地に追い込まれた奈津子は、冴子と落ち着いて二人で話し合う。彼女の本音、そして彼女がどうして、あれ程まで、CMキャラクターになることを断っていたのか?そこには、不倫をしながらも、義を尽くそうとする姿があった。働くオンナとして、余裕を見せてるようで、ギリギリの綱渡り状態で、日々過ごしている現実を聞き、スポンサーが用意した嘘で塗り固めた言葉でなく、真実の言葉を素直に語ることを、彼女は選択するとことが、気持ちいい。そして本番で出てきた言葉は、嘘偽りない彼女の言葉だと、多くの視聴者が、形勢は逆転する。ここまでうまくいくかどうかは判らないが、真実を話したほうが確かにうまくいくとは思う。まあ相手の議員は、地獄に叩き落とされるとは思うが....。
今回は、奈津子を置いこのうとしたが痛快なほどの見事なプロデュースで、難を逃れたところは気持ちよく見れたので、スカッと出来た。追い込まれて罠にはめようとする常務たちの思惑の前に、次回は果敢に立ち向かう奈津子な展開だが、思わぬ逆転劇を演出しそうな勢いが感じれてで、チョイ期待したくなった。
9月1日放送分(第7話)
奈津子(松嶋菜々子)は、深雪(伊藤歩)の電話についての浩太郎(原田泰造)の受け答えに引っ掛かりを覚える。そんな中、社長・貝塚(山田明郷)が営業開発部の解散を宣告。納得できない奈津子は高木(松田龍平)から、一条(DAIGO)が常務・斎藤(石丸幹二)とよく会っていたこと、米田(板尾創路)が高木に引き抜き話を持ち掛けたことなどを聞き出す。さらに、自分の前任だった平河(成島敏晴)の退職理由を知ろうと自宅を訪ね…。
【感想】
「もっとシンプルに」
このドラマの中で、奈津子は仕事に息詰まる高木に対して、広告に答えはないけど、自分を信じてやるしかない。あまり複雑に考えすぎないで、シンプルに物事を考え、答えを出したほうがいいんじゃないかと言ってるけど、本当にこのドラマに対して、脚本家自身が言ってるのかと思った。法やって企画されたのかは知らないが、このドラマ余計なところが多すぎる。奈津子の夫のベビーシッターとの不倫なんて、本当にどうでもいいんだよな。けど、それは薄くしか描かれなくなったし、潰されそうになる営業開発部が、再び羽ばたけるように、調べ出す展開は悪く無い。けど、この部に会社の恥部を全部背負わせて、奈津子ごと切り捨てるようなこと言ってなかったかな?とは思ったが、思い違いだったかな。それぞれが得意分野で、会社の不正を洗い出し、なんでこの部は潰されることになったかの原因を追求する時、見えてきた現実は、ゴミ箱としてのこの部の存在価値だった。ここから、奈津子はどう巻き返すのか?ゴミ箱と言われた営業開発部の社員たちの反乱が始まる!という感じかな。けど、一条に懐いた丸尾が、裏で会社の企みを暴こうとしてるのを、最後の最後までわからないようにして欲しかったな。なにしろ、奈津子にはしたたかに、最終局面を乗り切り、気持よく勝ち進んでほしい。
関連記事


>
2016/09/03 13:12 :Category:【松嶋菜々子】吉良奈津子 コメント(0)
みなさんの感想や情報





名前の複数利用不可。コメントの掲載が制限されます。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
人気記事ランキング30
【全アクセス順位】
Amazon

スマホ、タブレット QR
QR
アクセス
アクセスランキング アクセスランキングブログパーツ アクセスランキング