Fcastドラマ視聴率まとめ

国内ドラマ視聴率·キャスト情報·感想·ネタバレなど。個別スポーツ、バラエティ視聴率も速報更新。コメント大歓迎!検索は『視聴率』
視聴率記事更新日:放送日時 番組タイトル

【日21視聴率】HOPE~期待ゼロの新入社員~6話 諦めるな 微増 

『HOPE~期待ゼロの新入社員~』
囲碁のプロ棋士の夢に挫折した主人公が、訳あって総合商社で働くこととなり、満足な社会経験も学歴も無い中、組織の一員として認めてもらえるよう、ひたむきに仕事に向き合う姿を描いた感動のヒューマンドラマだ。
2016年7月スタート 毎週日曜午後9時放送 全国フジテレビ系
【出演者】
中島裕翔、一ノ瀬歩 幼い頃からの夢だった囲碁のプロ棋士に挫折し、訳あって総合商社の営業3課で働くことに
遠藤憲一 織田勇仁 営業3課長 部下思いな仕事中毒者
瀬戸康史 桐明真司 一ノ瀬の同期の一人、プライドが高く上昇志向が強いエリート
山本美月 香月あかね 一ノ瀬の唯一の女性同期
桐山照史 人見 将吾 ノ瀬の同期、お調子者で愛想が良く、同期のムードメーカー
山内圭哉  安芸公介 営業3課主任
【スタッフ】
原作:脚本チョン・ユンジョン、演出キム・ウォンソク『ミセン-未生-』(ドラマ)およびユン・テホ「ミセン-未生-」
脚本:徳永友一
編成企画:渡辺恒也
プロデュース:高丸雅隆
演出:河野圭太、城宝秀則
【視聴率】
01 7/17【6.5】会社の現実に立ち向かえ!コネ入社の最弱ヒーロー
脚本:徳永友一 演出:河野圭太
02 7/24【7.1】大逆転!?運命のプレゼン試験
脚本:徳永友一 演出:城宝秀則 第2話ゲスト 温水洋一
03 7/31【6.0】社内事件勃発!上司の危機を救え!
脚本:徳永友一 演出:河野圭太
04 8/07【6.4】僕が会社を辞めなかった理由
脚本:徳永友一 演出:城宝秀則
05 8/14【6.0】負けたくない、お前にだけは
脚本:徳永友一 演出:河野圭太
06 8/28【6.5】
脚本:徳永友一 演出:城宝秀則
07 9/04【4.8】同期の絆…俺たちがそばにいる
脚本:徳永友一 演出:
08 9/11【】
脚本:徳永友一 演出:
09 9/18【】
脚本:徳永友一 演出:

8月14日放送分(第5話)
 企画を営業2課と争う織田(遠藤憲一)は、部長の宇野(松澤一之)が推すバイオマスではなく、リスクが高いイランの原油に懸けるが、宇野を接待する席で却下される。一方、難しい案件を桧山(松田賢二)に任されたあかね(山本美月)は、一ノ瀬(中島裕翔)の助言を聞いて対応し、仕事に不満を抱く桐明(瀬戸康史)はいら立つ。そんな中、織田はバイオマス企画に方向転換し、それが、部下を出世させるためだと知った一ノ瀬は心を打たれる。
感想
まさかとは思ったが、会社社会の現実を見せつけられる思いがした。積み上げられたものが、一瞬にして目の前から消えていく時の虚脱感を目の当たりにして、僕もつい目頭が熱くなった。営業3課は、一度は断念しそうになった部長のアイデアを、具現化した案を一ノ瀬が資料の中に提示したていた書き込みを、籾殻と結びつけることによって、織田があらたなる現実的な案に導いた。徹夜で作り上げた至宝のプレゼンを、専務の一言で自らの手から、こぼれ落ちた。これが会社というものではあるのかもしれないが、そこで見せつけられるドラマは辛いものだった。ただ営業3課が巻き返して欲しいと思わずに入られない。そんな中、あかねは四面楚歌の資源課内での立場の中でも、腐らず邁進する。作り上げられた現実化できないと思われていたプランを、周りの人の言葉をキーワードに、相手の気持を考え、現実可能なものに作り上げていく姿は美しかった。そんな二人がとは違い、桐明と人見は上司に悩まされていたが、その姿は、大きく違っていたが、まさか、思うようにならないからといって、桐明が転職しようと思うとは。4人の新人たちは、互いに関わりあいながら、どんな未来をつかむのか?かなり気になるドラマだ。

8月28日放送分(第6話)
 あかね(山本美月)は、せっかく通った企画を寺崎(矢柴俊博)に取り下げられ、雑用だけやっていろと言われる。一方、桐明(瀬戸康史)は、鉄鋼2課のトラブルに口を挟んで結城(丸山智己)に評価された一ノ瀬(中島裕翔)にいら立つ。そんな中、一ノ瀬は織田(遠藤憲一)から営業課恒例の研修を命じられる。それは、1万円で商品を仕入れ、利益を出すというもの。結城の指示を受け一ノ瀬に同行する桐明は、手っ取り早く終わらせようとする。
感想
真夏の昼間、一ノ瀬と桐明はひたすらその中をさまよっていた。目に見えぬ顧客をさがして、タオルを抱え、ひたすら街を漂流していた。桐明は先輩に頼めばスグ売れると思っていたが、数万おごってくれる先輩もビジネスの世界と先輩後輩の中は、きっちり分けているところが気持ちいい。全くあてが外れた二人は、ひたすら無駄に、歩きまわったが売れない中で、桐明が一ノ瀬の過去を知り、一の瀬も師匠に、ビジネスの厳しさを直言される。見えない未来の中で、彼らは気づく。必要な人に必要な物を売らないとビジネスは成立しないということを!それを気づいた時、初めて、この仕事の面白さに桐明は気づき、もう一度、この仕事にチャレンジする事を、基本から学ぶことの大切さを知った。モヤッとしていた桐明に対する思いが、全て晴れた気がした。
そして、新規の企画にチャレンジした一の瀬は3課の人を巻き込みながら、新しい製品開発を目指したが、頓挫しても、新しい製品を直接顧客に売ろうと発想する。もがく中で、見えてきた未来に向かって、営業3課が邁進する姿がいい。3人のコンビネーションは最高だが、インパクトがないプレゼンに対して、定石を裏切る一手を考えだすところがダイナミックで好きだ。紛糾するプレゼンの序盤を乗り越えると流れが一気に変わる局面は引き込まれる。そして未来が見えたかに思えたが、またも。不可解な人間が登場する。3人で、最高のチームだったが、その人物の登場は、物語をどう導くのか?期待しながら見ていきたい。

9月4日放送分(第7話)
一ノ瀬(中島裕翔)が企画した小売事業の準備に忙しい営業3課だが、異動してきた江部(宮川一朗太)は仕事をしない。宇野(松澤一之)に異動の理由を問うた織田(遠藤憲一)は、来年契約終了になる一ノ瀬の代わりだと言われ苦悩する。一方、双菱商事の元上司・高瀬(長谷川朝晴)と社内で再会したあかね(山本美月)は、彼との仲を寺崎(矢柴俊博)に勘繰られる。そんな中、一ノ瀬は江部から「来年にはおまえはいない」と言われて…。
【感想】
何しろ来週の展開が気になるドラマは、今期はこれが一番かな。ところどころ、今の日本のトップグループの商社のコンプライアンスの基準からすると、とんでもない発言が満載なのは、どうしても元が韓国原作だからしょうがないとは思いながらも、あかねに対する寺崎の決めつけたような威圧的な言動は許しがたい。それに、江部の言動も、出向先での行動も、問題ありきだとは思ったりもするが、どうも、専務に守られてる?そんなことを思いながら見ていたが、それを忘れさせてくれるような、同期たちの結束のドラマがたまらない。白石課長のピンチを救うために、織田を中心に、新人たちを集めて、各自が自由闊達に意見をだしあい一つの成果を上げていく姿は、このドラマの最大の見所だったかも。しかし、それとは別に、一ノ瀬の一年限りの契約を悲しみながら、同期の前で泣き崩れる安芸はいいな~。けど、彼の同期4人組が、意外だったな。あの4人は、いままで、一の瀬たちを見ながら、どんな話をしていたのかな。それに、怪しいファイルが有る鳴海は、本当にキックバックを受けていたのか?あの鳴海と江部が関わる赤城プランニングは、どんな会社なのか・今までの流れからすると....。そして、中国の事業に関わることを決めた織田は、一の瀬の未来にどう関わるのか?次週が気になってしょうがない!

9月11日放送分(第8話)
 織田(遠藤憲一)は営業3課を指名した鷹野(風間杜夫)の真意を怪しみながらも、一ノ瀬(中島裕翔)を正社員に引き上げるため、中国の会社と組む大事業の案件を引き受ける。中国側の窓口を務める江部(宮川一朗太)をサポートする一ノ瀬は、織田が信念を曲げて袖の下が必要な中国との事業を受けたと知り、不思議に思う。そんな中、契約上の重大な問題が発生。それでも案件をやり通そうとする織田に一ノ瀬は疑問を募らせ…。
関連記事

>
2016/09/05 15:37 :Category:【中島裕翔】HOPE コメント(1)
浴びるようにお酒を飲んで帰ってくる旦那の気持ちは…なかなかわからないけれど…
感謝してますよ!(><) 上司には逆らえない会社勤めの悲哀が…思わず私まで悔しくなってしまいましたが(涙)…営業3課、頑張れ‼
また香月さんの女性上司に食い付いて行くところがいいですねー♪
しなやかで賢い香月さん、男だらけの部署配属もまた意味があるんでしょうね~負けないでね♪
桐明くんも先輩に食らい付いて行ってほしいな‼辞めないでね~
新入社員4人の成長と営業3課の躍進 願ってます♪
投稿者: [ 2016/08/20 23:16 ]
みなさんの感想や情報





名前の複数利用不可。コメントの掲載が制限されます。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
最近のコメント★歓迎!
データ取得中...
人気記事ランキング30
【全アクセス順位】
スマホ、タブレット QR
QR
カテゴリ Category
アクセス
アクセスランキング アクセスランキングブログパーツ アクセスランキング