Fcastドラマ視聴率まとめ

PC、スマホ、タブレットで国内ドラマ視聴率速報!独自感想も掲載。ジャニーズバラエティ視聴率も素早く更新。コメント大歓迎!検索『fcast』
視聴率記事更新日:放送日時 番組タイトル

【木21視聴率】はじめまして、愛しています。7話UP【見逃し配信】 

はじめまして、愛しています。
江口洋介との夫婦役初共演で、 家族のあり方を問う、 いまだかつてないホームドラマを送る!!
【スタッフ】
(脚本)遊川和彦
(監督)片山修/日暮謙
(音楽)平井真美子
(ゼネラルプロデューサー)黒田徹也(テレビ朝日)
(プロデューサー)山田兼司(テレビ朝日)太田雅晴(5年D組)
(制作協力)5年D組
(制作著作)テレビ朝日
【キャスト】
梅田美奈(35)尾野真千子 世界的に有名な指揮者を父に持つピアニスト。
梅田信次(45)江口洋介 美奈の夫。近所の不動産管理会社勤務。
男の子(5)親に捨てられた子ども。突如、美奈と信次の前に姿を現す。
梅田巧(37)速水もこみち 信次の弟。定職に就かずフラフラしている。
不破春代(40)坂井真紀 信次の妹。8歳の娘に対し過干渉な親。
堂本真知(57)余貴美子 児童福祉士の資格を持つ児童相談所のベテラン職員。
追川真美(68)藤竜也 美奈の父。世界的に有名な指揮者。
【視聴率】
01 7/14【10.0】夫婦は捨てられた子の本当の家族になろうと思った
(脚本)遊川和彦(監督)片山修
02 7/21【11.4】「あなたの手は、離さない」
(脚本)遊川和彦(監督)片山修
03 7/28【8.4】あなたの、あいを、ためします
(脚本)遊川和彦(監督)日暮謙
04 8/04【9.8】5才の産声初めてしゃべった日
(脚本)遊川和彦(監督)日暮謙
05 8/11【8.8】生まれて初めて書いた手紙
(脚本)遊川和彦(監督)片山修
06 8/18【9.1】実母の影
(脚本)遊川和彦(監督)日暮謙
07 8/25【9.6】
(脚本)遊川和彦(監督)伊藤彰紀
08 9/08【】
(脚本)遊川和彦(監督)日暮謙


05
親に捨てられた男の子・ハジメ(横山歩)と特別養子縁組をすると決めた梅田美奈(尾野真千子)と信次(江口洋介)は、子育てと向き合うことになった。堂本真知(余貴美子)の助言に従い「どんな人間になってほしいか」を考えるが、子育ての悩みは深まるばかり。自分の親にも聞いてみるが、解決策は見つからない。次第に美奈たちとハジメの想いは、すれ違うように…。そんな中、ついに感情が爆発!梅田家に危機と奇跡がおとずれる!?
【感想】
はじめまして、愛しています。といえる子供か。ぼくも低学年の頃、よく夜中に家から出されていたことを思い出したけど、ハジメと違って他に行くところなんかないので、そとでぼ~としていたな。
「親には2種類いて、自分がやられたことをしちゃう親と、して欲しかったことをする親がいる」と堂本は言っていたが、万が一、ぼくが親になったら、自分がやられたことはしたくないかな。いい思い出がないし、今でも確実に覚えているけど、僕の弟も同じことを言っていたんだよね。何しろ気性が激しい母親だったので、ハチャメチャだったし、不破春代みたいで、明確な意図はなかった人だもんな。彼女にとっては、父がなくなり、3人の子供を抱えて、必死に生きていたのでしょうがない。とはその時も思っていたのを思い出した。「どんな人間になってほしいか」本を読みながら必死に考え、そして自分の父親に、その答えを聞こうとしたが、聞けなかった美奈。信次もどうしても母に会うと、悪態をついてしまい彼女の思いを聞けない。この二人は、信次と美奈にどんな思いを抱いていたのだろうか?親になって、悩む中で、ハジメは、自分の思いを素直に伝えられなかったが、堂本に字を習いながら、小さな紙に思いを綴った。彼がくれたその手紙は、二人に対する思いとともに、3人での未来を感じた。成長するハジメは、どんな道を進むのか?そこに、美奈のピアノがどう絡んでくるのか?3人のこれからを感じさせる大切な話のように思えた。
06
 美奈(尾野真千子)と信次(江口洋介)は、ハジメ(横山歩)を幼稚園に通わせる。そんな中、ハジメが遊戯会の練習中に他の子を押し倒してしまった。マリ先生(大西礼芳)によると、いじめを止めようとしてもみ合いになったらしい。信次は先方に謝罪の電話をするが、納得できないハジメから、同じことがあったらどうすればいいかと尋ねられ、2人は言葉に詰まる。真知(余貴美子)に相談した美奈は、虐待された子はいじめに対する怒りが強く、見て見ぬふりを強要すればトラブルを起こしかねないと聞かされる。
【感想】
このドラマを見ると、ハジメを自分に置き換えてドラマを見てしまう。ぼくは、今だに信次的な立場になることもできないので、うちの母を美奈に置き換え見ている。子供の頃、ぼくはどう考えて行動していたんだろうとか考えながら見てしまうが、ハジメが間接的に接した陰湿ないじめを初めは、感情のまま、暴力で解決しようとしたが、表沙汰になって、信次と美奈はどう対処すべきなのか?ひたすら考える。考えに考え続けて、一つのルールは提示するが、後はハジメの考えるままに行動して、責任は自分たちが取るという結論を伝えて、彼を信頼していたところは、納得させられた、ぼくも意外と母に何も言われること無く、肝心なときは彼女は言葉に出さなかったが、ぼくを守ってくれたような記憶がある。ハチャメチャな叱り方をした母だったが、子供のことは信じていたような気がする。その言葉を聞いて、ハジメは驚異的な成長をするが、ぼくにはあんなアイデアは浮かばなかっただろうな。ドラマの中とはいえど、敢えて、自分の意志を示し、敵対するわけではなく、仲間に引き入れる展開は見事だった。それにしても、美奈と信次はハジメを育てる中で、真知という先生のもと成長していくが、不破春代や梅田巧も巻き込んで、多くの人のが成長を感じがとても気持ちいいドラマだと思う。
07
突然現れた黒川月子(富田靖子)は、美奈(尾野真千子)や信次(江口洋介)に断りもなく、ハジメ(横山歩)を連れて帰ろうとする。美奈はハジメをかばいながら抗議。堂本真知(余貴美子)も手続き上の問題があるとして、月子を押しとどめる。しかし、特別養子縁組制度では、実の親が子どもを手放すことを拒否した場合、申請中の里親に抵抗するすべはない…。親として成長を見届けたいと願う美奈と信次、そしてハジメの運命は…!?
【感想】
個人的に、勝手に勘違いしてしまっていたが、突然現れた黒川月子はハジメの祖母という役柄だったとは、思いもしなかった。けどよく考えなくても、彼女の年齢くらいなら、娘の年齢次第でが、余裕で祖母ということになるんだな、けど現役感はある。そして、その娘であるハジメの母親泉は、志田未来が演じているとなると、更に興味が湧く。そして、今まででは、すっきりとした養子縁組で親子となった家族の成長期のような目線で、僕自身の思いと重ねながら見ていたが、ここから、遊川和彦の世界が強くなりそうな展開に期待したくなる色がついてきた。だって、黒川月子も孫を取り返すべく、堂本を尾行して、美奈の家に来たかと思うと、彼女も黒川月子の病院に、堂本を尾行して、突き止めようとするとは!遊川脚本ならではかも。そして、普通なら、ハジメとの最後の別れとなる方の審判が下った結果を伝えた後も、堂本はどうにもならない二人の想いに応えるべく、尾行を呼びこむとは!なんとも言えない混乱の先に、遊川ドラマが見えてきた!ここからが、彼の描く本当のドラマの役者が揃った感じがした。そして、ハジメがいる長野の地を目指す二人はどんなドラマがあるのか?そして、美奈の追求に顔を歪める月子はどんな人がんなのか?それが泉という人間が何者なのかを知るすべなのかも。
関連記事


>
2016/08/26 10:41 :Category:【尾野真千子】 コメント(1)
切ない...
「二度とこの子を傷つけないで!」って美奈の叫びに号泣。完全に美奈の気持ちとリンクしてました。

本来ならきっと、両親が行方不明なだけで養子縁組を進めたりはしないんでしょうね。こんなこと現実にあったらたまりませんよ。それこそ子供の精神が破綻します。

勝手な想像ですが泉もまた、月子から十分な愛情を与えられずに育ったのかなと。美奈が月子に「虐待は犯罪です」と言った時、あの鉄仮面の月子が唯一顔をゆがめたので、もしかしたら月子自身も虐待をしていたのかもと思いました。遊川ワールドなので。

3人には一緒になって欲しいけどどうなるのかな。気になるけど次週お休み。気長に待ちます!
投稿者: [ 2016/08/26 10:41 ]
みなさんの感想や情報





名前の複数利用不可。コメントの掲載が制限されます。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
人気記事ランキング30
【全アクセス順位】
Amazon

スマホ、タブレット QR
QR
アクセス
アクセスランキング アクセスランキングブログパーツ アクセスランキング