Fcastドラマ視聴率まとめ

FC2ブログから視聴率·キャスト情報·感想·ネタバレなど。個別スポーツ、バラエティ視聴率も速報更新。コメント大歓迎!検索『視聴率』で!

【月21視聴率】好きな人がいること7話ほとんど横ばい【見逃し配信】  

好きな人がいること - フジテレビ
フジテレビ7月スタートの月9ドラマは、海辺のレストランを舞台に、ケーキ作りに人生を捧げてきたパティシエのヒロインがイケメン三兄弟とシェアハウスしながら恋愛模様を繰り広げるロマンチック・ラブ・コメディー。
放送日時 2016年7月スタート 毎週(月)21時~21時54分
【キャスト】
桐谷美玲 櫻井美咲 27歳のパティシエ。海辺のレストランで住み込みで働くことに。
山崎賢人 柴崎夏向 柴崎家の次男。レストランを支えるクールな天才シェフ。
三浦翔平 柴崎千秋 柴崎家の長男で、レストランの経営者。
野村周平 柴崎冬真 柴崎家の三男。おしゃべりでお調子者のプレーボーイ。
菜々緒 高月楓 ボストン帰りのピアニストで、千秋の大学時代の同級生。
吉田鋼太郎 東村了 飲食業界のカリスマ的存在。全国展開の巨大外食チェーン企業を経営している。
【スタッフ】
脚本 桑村さや香
音楽 世武裕子
プロデュース 藤野良太
演出 金井紘 田中亮 森脇智延
制作 フジテレビドラマ制作センター
【視聴率】
01 07/11【10.1】最高の再会、最低の出会い
演出 金井紘 脚本 桑村さや香
02 07/18【10.4】最高のご褒美
演出 金井紘 脚本 桑村さや香
03 07/25【*8.7】好きです
演出 金井紘 脚本 桑村さや香
04 08/01【*9.5】つのる想い
演出 金井紘 脚本 桑村さや香
05 08/08【*8.4】告白
演出 金井紘 脚本 桑村さや香
06 08/15【*8.3】彼の真実
演出 田中亮 脚本 桑村さや香
07 08/29【*8.2】君の傍にいたい
演出 森脇智延 脚本 大北はるか

8月8日放送分(第5話)
 翌日の花火大会に千秋(三浦翔平)と行く約束をした美咲(桐谷美玲)は、冬真(野村周平)から浴衣を着るよう勧められ迷う。一方、千秋は店に現れた愛海(大原櫻子)に、俺たち兄弟に関わるなと言い、追い返す。そんな中、日村(浜野謙太)の見立てで浴衣一式を買った美咲は、男(阿部進之介)に金を渡す楓(菜々緒)と遭遇し、彼女から明晩この街を出ると言われる。それを千秋に告げるかどうか悩む美咲は夏向(山崎賢人)に相談するが…。
【感想】
花火大会。昔、僕も誰かといった記憶があるけど、今なドラマチックなことなんか起こるわけでもなく、なんとなく見ていたな。話自体は、花火大会前日から、当日の恋愛展開だけだったけど、その二日間で、美咲の前には、ある男が現れた。楓はその男の正体を隠したけど、その男の正体を知って、美咲は勝負に出た。本当の千秋とカップルになりたいという気持ちが強かった貯めもあるけど、正々堂々と楓と戦いたいうという思いが強かったのは間違いないのかな。その男の正体のことも言わず、楓がなぜに嘘を言って働いてたのか?ずるい事もできたのだけど、正直に言ってしまうところが、美咲なんだろうな~。素直な展開で、これぞラブストーリーなんだけど、気持ちいい別れのシーンだ。なぜに、あれだけ人出が出てたのに、夏向がいきなり現れたのか?ストーカーかよとは突っ込みたくなるけど、こういうの嫌いじゃない。もうこういう経験できないがゆえに、楽しみたい気持ちもある。けど、このまま、夏向と進んでいくのかな?もう一人くらい、美咲を巡って、バトルしてほしいとは思うかも。それに、もっと仕事の話がほしいかな。
8月15日放送分(第6話)
 千秋(三浦翔平)への失恋でショックを受けている時、さらに夏向(山崎賢人)から思いがけないことを告げられた美咲(桐谷美玲)は、動揺のあまり逃げてしまう。そんなある日、美咲は夏向と気まずい雰囲気のまま、仕事で一緒に東京へ行くことに。そこで美咲は、仕事相手の有名レストランプロデューサー・大橋が、夏向の腕を評価して今回指名してきたことを知り、感心する。その後、夏向から一方的に待ち合わせを指定されて戸惑う美咲は、若葉(阿部純子)に相談し、彼の思いから逃げたら失礼だと言われる。
【感想】
物語がいろいろと動き出したけど、夏向の秘密を店を売るという決断をしてまでして、千秋は隠さないといけないのかという思いがどうしても、僕の頭の中にありながらドラマを見ていたが、最終的には、兄貴に相談もなく、冬真が全てをさらけ出してしまうのか!それも、その秘密が、バレたのは西島愛海の告白から。彼女は何をしようとしてるんのかは気になるけど、なにか困った状況であるということはわかった。それで、血のつながりのある兄にという流れだとは思うが、そっちの展開も気にならないではない。しかし、今回の物語は、千秋にフラれたことで、美咲に告白する夏向との恋の始まりかな。仕事で東京に行った二人の関係は、夏向のひたむきな思いから、まさか、彼女の家で、朝飯まで食べる関係になってしまうとは、ドラマだね。あの雨が結びつけた二人の関係は、半信半疑の美咲に対して、夏向は一途なオーラを発していたが、二人の思いの温度差が、男女の微妙な関係を演出する。しかし、敢えての東京タワーは、父との時間を感じさせたな。もういなくなって久しい彼との時期が見え隠れしてしまう。そして、あの兄弟3人の火水土がついに暴かれることに。3人の運命はどうなるのか?そして、今まで行動を起こさなかった冬真が、ついに、学校を退学し、兄と思っていた人が兄ではないと知った時に、彼はどう動くのか?3兄弟の中で落ちこぼれ気味な彼だけに、兄弟の運命を左右しそうな感じはした。
8月29日放送分(第7話)
 家族に関する衝撃の事実を知った夏向(山崎賢人)が姿を消し、彼に屈折した感情を抱く冬真(野村周平)も家出してしまう。店を臨時休業にした千秋(三浦翔平)は、美咲(桐谷美玲)に兄貴失格だと吐露する。そんな中、夏向が部屋のごみ箱に捨てていった戸籍謄本を見つけた美咲は、千秋から夏向が広島・尾道へ向かったかもと聞き、迎えに行くことに。千秋も同行しようとするが、楓(菜々緒)から、冬真が見つかったという連絡が入る。
【感想】
「世界で一番暖かい嘘」
それは、千秋たち柴崎家の人々が、暖かく夏向を家族として迎えたやさしさだった。ある日、夏向が弟になると言われた時に、千秋は、あっさりと彼を迎え入れた。そして彼が家族の中にいることはふつうのコトだったが、後から生まれた冬真に取っては複雑な思いが、あったのかもしれない。父のそばで、優秀なシェフになっていく兄を見ながら、その弟のコンプレッスクは、僕にはよくわからないが、相当なものだったのかもしれない。そんな中で生まれた劣等感が、お前は偽物の兄だと冬真に言わせた。それを受け止めながらも、迷い苦しみながら、彼は尾道に行き、自分の進むべき道を模索した。出会った母は自分の記憶など欠片もないと彼は感じたのかもしれないが、彼女の中では、何かを感じたいたのかもしれないが、そのことを愛海に正すことは出来なかったのかも。そして、夏向は美咲と出会った。そこから二人の暫しの尾道の休日は、二人を更に近づけていく。そして、兄千秋は、亡き父や夏向の思いを冬真にぶつけて、もう一度家族が再生された。その中に、絶妙に溶けこんでいく美咲。二人がどんな形になっていくのか?兄弟3人とともに、ちょっと期待したくなってきた。
関連記事


>
2016/08/30 08:32 :Category:【桐谷美玲】 好きな人がいること コメント(0)
みなさんの感想や情報





名前の複数利用不可。コメントの掲載が制限されます。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
最近のコメント★歓迎!
データ取得中...
人気記事ランキング30
【全アクセス順位】
スマホ、タブレット QR
QR
カテゴリ Category
アクセス
アクセスランキング アクセスランキングブログパーツ アクセスランキング