Fcastドラマ視聴率まとめ

PC、スマホ、タブレットで国内ドラマ視聴率速報!独自感想も掲載。ジャニーズバラエティ視聴率も素早く更新。コメント大歓迎!検索『fcast』

【金22視聴率】砂の塔~知りすぎた隣人最終回有終の美 

2016年10月期 金曜よる10時スタート
金曜ドラマ『砂の塔~知りすぎた隣人』
菅野美穂が4年ぶりにドラマ主演!!10月スタート金曜ドラマ『砂の塔~知りすぎた隣人』4年ぶりの主演作で菅野美穂が挑むのは…最凶の隣人から家族を守る母親“プライド”“虚栄心”“嫉妬”が交錯する煌びやかなタワーマンションで繰り広げられる女たちの闇…
【キャスト】
菅野美穂 高野亜紀 穏やかな夫・健一、高校生の息子・和樹、幼稚園児の娘・そらとの4人暮らし。
岩田剛典 生方航平 亜紀の娘・そらが通う子供教室の体操コーチ。亜紀とは同じ下町の商店街育ち。
光石研 荒又秀実 警視庁捜査一課の名物刑事。超が付くほどの愛妻家。
田中直樹 高野健一 亜紀の夫。中堅食品会社のケータリング事業部に勤務。
佐々木弓子 松嶋菜々子 高級タワーマンションに巣食う女たちの“闇"を巧みに利用し、主人公を不気味に監視する謎の女
【スタッフ】
製作:ドリマックス・テレビジョン TBS
演出: 塚原あゆ子
脚本:池田奈津子
プロデューサー:高橋正尚 浅野敦也
【視聴率】
01 10/14【9.8】華やかなタワーマンション妻達を襲う幼児失踪事件…美しき最凶の隣
演出: 塚原あゆ子 脚本:池田奈津子
02 10/21【9.6】狙われた家族!監視する女の本当の目的とはー
演出: 塚原あゆ子 脚本:池田奈津子
03 10/28【8.6】ハロウィンの悲劇…仮面の男が我が子を奪う!
演出: 塚原あゆ子 脚本:池田奈津子
04 11/04【9.5】最愛の娘を救え!! ついに暴かれる秘密とは…!?
演出: 平野俊一 脚本:池田奈津子
05 11/11【10.1】隣人は殺人犯!母との直接対決で全てを暴く!
演出: 棚澤孝義  脚本:池田奈津子
06 11/18【10.1】隣人は夫の元恋人!夫婦の信頼を崩す完璧計画
演出:塚原あゆ子 脚本:池田奈津子
07 11/25【*9.9】隣人の真相!本当の目的と壮絶な過去…すべての謎が明らかに!
演出: 平野俊一 脚本:池田奈津子
08 12/02【*9.8】『二人の母親』が激突!家族崩壊計画…最後にして最大の秘策!
演出:塚原あゆ子 脚本:池田奈津子
09 12/09【11.3】ついに犯人現る!連続誘拐の真相…そして隣人が犯した罪の全貌
演出: 平野俊一 脚本:池田奈津子
10 12/16【13.2】最終回 誰も予想できなかった結末…謎の誘拐事件、衝撃の真相!



10月14日放送分(第1話)
 主婦の亜紀(菅野美穂)は家族全員で憧れのタワーマンションに引っ越す。新たな生活に心が躍る亜紀だが、そこで暮らす主婦たちが、住む階層などで住人を厳しく差別する様子を目撃し、あぜんとする。そんな中、亜紀は1カ月前に引っ越してきたという弓子(松嶋菜々子)と知り合う。そして、セレブながら偉ぶった様子のない弓子にひかれる。その一方で、亜紀は年下の幼なじみで体操教室のコーチ・生方(岩田剛典)と再会するが…。
感想
僕は田舎の一軒家に住んでいるので、実生活では今の東京のタワマン事情など知る由もないが、あんなに密接に人と人が関わることがあるのか?僕が都会に住んでいた過去でも、周りの住人のことなど、知るすべさえなかった事を考えると、非現実の光景のようには見えるし生方と亜紀で探した都会の河川に、いろんな番組で見た様子からも、あんなゴミが落ちてるとも思えないんだよな~。なんだか変な演出だな~という気はする。舞台設定に、かなりのいやらしさというか、センスの無さは感じるが、普通の主婦亜紀が、タワマンの女の戦いに巻き込まれている様と、それを監視する気高くもあり、一桁違ったステージにいることを感じさせる佐々木弓子の二人の様子は、興味深い。弓子は、どう回りの人々を監視しながら、人を操っていくのかと思ったが、花束に仕込まれたマイクですべて会話まで盗聴してるんだな。個人情報を使い巧みに操っていくのか?それにしてもあの露骨な監視カメラはすぐ問題になりそうだけど、もう少しどうにかならなかったのかな?菅野美穂、松嶋菜々子の共演なんだから、もう少し作り込んでほしい気するけど、もう少し見ていこうとは思う。
10月21日放送分(第2話)
 亜紀(菅野美穂)の部屋に、寛子(横山めぐみ)がマンションの住人を引き連れてやって来る。禁止されているたばこの吸い殻が敷地内で見つかったため、住人にルールの徹底を促しているという。その行き過ぎた様子に亜紀は不安を覚える。その一方で、亜紀は弓子(松嶋菜々子)が連続幼児失踪事件の犯人に理解を示したことに驚きを隠せない。そんな中、亜紀は健一(田中直樹)の失態もあり、寛子から面倒な役目を押し付けられる。
10月28日放送分(第3話)
 寛子(横山めぐみ)は生方(岩田剛典)との関係を隠していた亜紀(菅野美穂)に激しい嫉妬と憎悪を抱く。そして亜紀に恥をかかせるため、町内会主催のハロウィーンイベントの手伝いを無理やり押し付ける。嫌がらせで大量の買い出しを任され途方に暮れる亜紀は、出先で会った生方に助けてもらう。一方、健一(田中直樹)は寛子の夫・阿相(津田寛治)との仕事を円滑に進めたいばかりに、寛子と仲直りするよう亜紀を頭ごなしに叱り…。
11月4日放送分(第4話)
 バーベキュー会場からそら(稲垣来泉)がいなくなった。必死に行方を捜す亜紀(菅野美穂)は、弓子(松嶋菜々子)と一緒にいるそらを見つけてほっとする。だが、2人の親密な様子に、かすかな違和感を覚える。一方、荒又(光石研)たち警察は、行方不明になった子どもが、自ら自宅マンションを出ていたことを突き止める。そんな中、生方(岩田剛典)は、自分の行動が原因で亜紀がいじめに遭っていることに気付き、亜紀の自宅へ向かう。
11月18日放送分(第6話)
 マンションで弓子(松嶋菜々子)と鉢合わせした健一(田中直樹)は、同級生だった弓子が同じマンションに住んでいたことに驚き、再会を喜ぶ彼女を警戒する。後日、亜紀(菅野美穂)は帰宅した健一のシャツに口紅が付いていることに気付き、不審に思う。そんな中、体操教室で企画された紅葉狩りの案内を受け取った亜紀は、家族で参加し和樹(佐野勇斗)と向き合おうと考える。一方、生方(岩田剛典)は、亜紀と弓子の関係を心配していた。
11月25日放送分(第7話)
 亜紀(菅野美穂)は、弓子(松嶋菜々子)が健一(田中直樹)にキスをする場面を目撃。怒りに震える亜紀は、和樹(佐野勇斗)の問題に自分一人で対処しようと決意する。同じ頃、湾岸エリアでは新たに小学6年生の少年が行方不明になり、荒又(光石研)ら警察が捜査を開始。少年はノートに「ハーメルンについて行きます」と書き残して姿を消したという。一方、生方(岩田剛典)は弓子から渡された写真を見て驚き、そのことで健一を問い詰める。
12月2日放送分(第8話)
 亜紀(菅野美穂)は和樹(佐野勇斗)の冷たい態度に不安を覚え、彼が自身の出生に関する秘密を知っているのではないかと健一(田中直樹)に訴える。そんな中、生方(岩田剛典)の好きな相手が亜紀だと知った寛子(横山めぐみ)が、マンションのロビーで亜紀を責め立てる。その騒ぎの中、亜紀は頭を強く打ち入院することに。亜紀のいない間、健一が料理を担当するがうまくいかない。そこへ、弓子(松嶋菜々子)が料理を持って訪ねてくる。
12月9日放送分(第9話)
 健一(田中直樹)が明かした元妻・弓子(松嶋菜々子)の秘密に、亜紀(菅野美穂)は驚きを隠せない。その時、阿相(津田寛治)の副業の件で警察が訪ねてきて、健一に同行を求める。不安なままそら(稲垣来泉)と2人で朝を迎えた亜紀の元に、連絡が取れなかった和樹(佐野勇斗)から電話が。和樹は、弓子の「本当の母親に会わせてあげる」という言葉を受け、彼女と一緒に札幌にいた。亜紀は、弓子を知る警視庁の荒又(光石研)を訪ねる。
12月16日放送分(第10話)
「ハーメルンの犯人を見た」と亜紀(菅野美穂)に言い残し、突如姿を消した息子・和樹(佐野勇斗)。夫・健一(田中直樹)は和樹の産みの母である隣人・弓子(松嶋菜々子)が強硬手段に出て、連れ去ったのではと焦る。そんな矢先、遂に彼らが住むマンションで黄色いカーネーションが発見された!さらわれたのは和樹かー?住民に緊張が走る中、生方(岩田剛典)は犯人らしき人物と遭遇!誰も予想できなかった連続誘拐の真相とは…?犯人の手掛かりを掴んだ刑事荒又(光石研)と津久井(上杉柊平)は山梨県へ急行!しかし辿りついたのは誰も住んでいない廃村…あらたなる謎に振り回される刑事達はそこで、悲劇と愛に満ちた衝撃の事実を目撃する!
関連記事


>
2016/12/19 10:03 :Category:【菅野美穂】砂の塔 コメント(10)
キャストが勿体ない...
もっと話しを整理して欲しいです。犯人が分かっても、「そうだったのか!」と思えなかったのが残念です。
投稿者: [ 2016/12/18 16:04 ]
終わり良ければすべて良し?かな
望んだ通り、亜紀ちゃんが幸せで、家族を取り戻せたから、まぁいっか!

先週と今週、泣かされた場面がありました。
和樹くんは、弓子さんが本当の母だとわかりましたね。
後ろ姿の弓子に呼び掛けた「僕は幸せです。産んでくれてありがとうと伝えて」このセリフは、泣けた。母親冥利に尽きる。
亜紀ちゃんにも弓子さんにも、このうえない喜びとなったはず。

犯人は、やっぱりそうだったか!でしたが、亜紀ちゃんと同じく、なんか、犯人を恨めない。
やったことは犯罪で断罪すべきだけど。
子供たちが、怖い思いをしていたようにも思えず、大切に面倒みていたようだし。

よくわからない部分も多くあったサスペンスでしたが、うまく纏めて終わった気がしました。

菅野美穂さん、松嶋菜々子さんの演技は、もちろんのことながら、和樹くん役の俳優さん、将来楽しみな逸材かも。
いわずもがな、空ちゃんも、可愛かった。
愛くるしい空ちゃんを、来週から、見ることできないのは寂しいかな。


投稿者: [ 2016/12/17 00:22 ]
最終回まであと2回
亜紀ママがやってきたことが報われて、家族四人の幸せを見届けたい。
もう、犯人なんかどうでもいいや。 

恐らく、この犯人は、子供をどこかに隠しているのではないかな?
子供をしっかり育てていない親への警鐘といえばカッコいいけど、あてつけ。

ただ、弓子がなぜあそこまで、亜紀を憎むのか理解できない。
イジメを見落としていたから?

いや~
制服が破られたり、教科書に落書きされていたなら、まだしも、男の子がイジメられていても、気づかない親、いると思う。 
24時間母でいろとか、無理。
気づかないこと学校での出来事など、わかってない親たくさんいます。

和樹は、いつになったら本当のこと、話してくれるか待っていた✨と言ったけど、中学生の一番微妙な時期に、大事な告白はできない。
大切に想ってるからこそ、言えない。
もっと大きくなってから、話す。

亜紀ちゃんが、恨まれる要素がない。

だから、弓子にも和樹にも共感できない。

サスペンスになってきたかと思えば逆戻り。冒頭の「女は時々嘘をつく」も、いらない。
投稿者: [ 2016/12/03 00:00 ]
やっとミステリーらしくなってきたのに
ママ達のイジメやイビりがなくなり、やっと物語の本髄に入ってきた。
おもしろくなったと思いきや、う~ん
なんだろな~亜紀ちゃん、やっぱり、鈍すぎるかな。

やっと盗聴器見つけたのに、警察に言えないなら、マンション内のコンシェルジュにでも伝えようよ。

旦那さんも、2度と会わないと決めた矢先に、待ち合わせ場所寸前で、弓子て喫茶店入っちゃうとか。ない、ない!
あとにすればいいでしょ~面談優先すべし。

ツッコミどころ満載で、ミステリー色は破綻している。
本来なら手に汗にぎる展開なのに、あれれ?と、トーンダウン  

唯一、体操のお兄さんがいい働きしてるけど、弓子と互角に戦えてない。

たくさんの伏線散りばめて、最後に納得できるラストを心から望みたい。

菅野美穂さん演じる亜紀ちゃん、応援しているので。
投稿者: [ 2016/11/19 15:24 ]
亜紀ちゃん頑張って!
なんだか、気の毒になってきました。
亜紀ちゃん、頑張ってるし、一生懸命なのに、空回りして、悲劇に陥って。
早く幸せに、穏やかに暮らせること願います。

いよいよサスペンスの中核に入ってきました。
次はパパさんが不幸のターゲット。

自分なりに展開を想像して、このドラマを楽しむ?ことにしました。

お兄ちゃんは、やはり、亜紀ちゃんの実子ではないのかな。
弓子さんとパパの子供なのかな?

毎回、壮絶なイジメに、亜紀ちゃんを守りたくなりますが、いささか、母として、鈍い気はします。

お兄ちゃんが、母を迎えに行ってから、機嫌悪くなれば、何を目撃されたか、わかりそうだけどな。
でも、和樹って、名前を呼んでいて、ホッとしたり。

パパさんも人身売買の片棒かついだこと、わかっただろうに、汚ない金で営業成績あげたって、自責の念にかられるだけ。
みずから、不幸を招いてますね。

犯人は誰なのか?
これくらいしか、興味ないドラマだけど、母ならではの、強さ、賢さを亜紀ちゃんに期待するので、最後まで見続けよう。
投稿者: [ 2016/11/12 22:08 ]
あり得ないが多いから、ストレスになるし、亜紀ママの気持ち痛いくらいわかるけど、鈍すぎて呆れちゃう。

ドラマ見ているお母さん達から反感買われたら終わりだよ。

そもそも、幼稚園から黙って連れ出した人がお兄ちゃん?
お母さんがどれ程心配するか、わかるだろうに。
お兄ちゃん、まさか、母に罰を与えているの?
赤の他人にお金借りるとか、どうみても、ないでしょ~なんです。

動物園のドタキャンだって、いくらなんでも、庶民的な幼稚園行かせてるママが、
付き合いもないセレブママと行くわけない。会話も服装も気を使うだけ。
ママ友は、身の丈にあった人と付き合います。

花に隠したカメラだって、そろそろだれか、気がつきませんか?
埃はらう位しますからね。  

言い出したらキリがないくらい、ないわ~って展開が多い。 

やっぱりドラマだって、整合性は必要だ。視聴者、特に母親を敵に回すようなドラマになっています。
投稿者: [ 2016/11/05 01:01 ]
一番納得のできないこと
これは変だな思うことが満載で、毎回消化しきれないものがたくさん残るドラマです

一番気になっているのは亜紀演じる管野美穂さんが
「お兄ちゃん!お兄ちゃん!」と高いトーン叫ぶところです
息子ではなくまるで自分の兄を呼ぶような言い方で
とても気になります

和樹という名前を亜紀の口から一度も出た事がなくて
一度でいいから呼んであげてと一人の親として思うのです
投稿者: [ 2016/11/02 05:22 ]
やっぱりストレスが溜まるドラマ
ママ友のイジメは、ストレスにしかならない。
やってる方も、見て見ぬふりをしている方も、どちらにも腹がたつ。
今回は、子供の前でよく出来たねと、皮肉さえ。
あり得ないよ。

お父さんも、大阪転勤、妻に話せばいいのに。

共感できず不満が残る。

このドラマ、すでに、犯人が気になるというだけ。
こういう場合は、録画して見るに限る。

投稿者: [ 2016/10/23 09:42 ]
いろんな映画やサスペンスの寄せ集め
見たことあるなぁという印象。
おもしろければ、それもよしだけど、これは、どうなんだろう?
コンシェルジュつきの高層マンションなら、隣人と深くかかわらない。
幼稚園が違うのだから、セレブママと付き合わなくても済むだろう。

ある程度のリアリティがないと、共感できずに、イライラするだけ。
この手のストレスがたまりそうなドラマは、3か月見続けるのは厳しい。

今はとにかく、スッキリするドラマが人気のようだからね。

ただ、菅野美穂さん、松嶋菜々子さんの二代女優は、さすが!
演技もうまいし、ゾッとした。

川の落とし物発見には、管理人さん同様に、あり得ないだろと想いながらも、泣けた。

投稿者: [ 2016/10/15 18:27 ]
盛りだくさん
セレブママたちのヒエラルキー、航平と亜紀の関係、亜紀の母親論、弓子の異常行動、誘拐事件と盛りだくさんな初回でした。

その中でも弓子の異常行動と誘拐事件に興味をそそられました。そこだけ、松嶋さん主演の別ドラマを見ているようでした。今のところ、100%弓子が怪しいので犯人は違う人だと思いますが、弓子の行動の目的が気になります。

あと、セレブママたちの妬みひがみ、男遊びのシーンがイライラして見てられなかったです。もっとあの時間を短くしても、立派にダメな母、ダメな妻たちを演出できると思うんですが。来週以降もそれがあると思うだけで気が重いです。

裏も見ているので悩みます。
投稿者: [ 2016/10/15 11:50 ]
みなさんの感想や情報





名前の複数利用不可。コメントの掲載が制限されます。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
人気記事ランキング30
【全アクセス順位】
Amazon

スマホ、タブレット QR
QR
アクセス
アクセスランキング アクセスランキングブログパーツ アクセスランキング