Fcastドラマ視聴率

PC、スマホ、タブレットで国内ドラマ視聴率速報!独自感想も掲載。ジャニーズバラエティ視聴率も素早く更新。コメント大歓迎!検索『fcast』
視聴率記事更新日:放送日時 番組タイトル

【金23視聴率】グ・ラ・メ!~総理の料理番~【1-4話】 

グ・ラ・メ!~総理の料理番~
テレビ朝日系毎週金曜 23:15~24:15
剛力彩芽が“総理大臣の料理番”に抜てきされた女性シェフ役に初挑戦!
【スタッフ】
原作:西村ミツル「グ・ラ・メ!~大宰相の料理人~」(新潮社)
脚本:菱田シンヤ
演出:常廣丈太:落合正幸:小松隆志
プロデューサー:内山聖子:中川慎子:浅井千瑞:神通勉
主題歌:カラーバリエーション/ケツメイシ
【キャスト】
剛力彩芽 一木くるみ フランス帰りの25歳。官邸料理人”として総理官邸に入る。料理の才覚、直観力、創造力は天才的。
滝藤賢一 古賀征二 阿藤総理の政務担当総理大臣秘書官。
高橋一生 清沢晴樹 元ワシントン日本大使館公邸料理人という輝かしい経歴を持つ料理人。
新川優愛 立花優子 東陽テレビ政治部の記者。阿藤政権には批判的な立場を取っている。
内藤理沙 阿藤理子 阿藤の娘。両親が離婚して以来、父と2人暮らし。
松尾幸実 桜井あすか 理大臣官邸事務所で働く古賀の部下。才色兼備で強い上昇志向の持ち主。
三宅弘城 田村友和 官邸食堂の料理人。
小日向文世 阿藤一郎 内閣総理大臣。アメリカからも「冷めたスープ」とやゆされている。
【視聴率】
01 7/22【7.2】「1億2千万…のスープ!?」
脚本:菱田シンヤ 演出:常廣丈太
02 7/29【6.7】10万人のランチを作る男!!
脚本:菱田シンヤ 演出:落合正幸
03 8/05【4.1】官邸(秘)デザートvs食わず嫌いグルメ!!
脚本:山岡潤平 演出:常廣丈太
04 8/12【4.3】
脚本:菱田シンヤ 演出:小松隆志


7月22日放送分(第1話)
 高級料亭の奥座敷で向き合う内閣総理大臣の阿藤(小日向文世)と政界の実力者・大口(団時朗)。大口は料理に全く手を付けず、場には最悪の空気が漂っていた。そんな中、仲居のくるみ(剛力彩芽)がある料理を大口に給仕。それを食べた大口の機嫌が一気に良くなり、会合は円満に終わる。その料理が、板長の用意した物ではないと知った総理の政務秘書官・古賀(滝藤賢一)は、給仕していたくるみのことを調査。総理官邸に呼び出す。
感想
予想していたよりも、遥かに面白かったグラメ。そりゃ、ほとんど期待したなかったから、そうなったとも言えるのだが、何しろ、くりみを演じる剛力彩芽にとっては、主人公が料理人で、彼女の短髪と役柄がマッチしていて、今までにない適役かもしれない。それでいてなかなかかわいいし、あの古書店の店主との絡みも楽しかった。付け加えて、どこか「信長のシャフ」にも通ずるテーマで、くるみがつくる見事な料理で、相手の舌を満足させて、交渉をうまく持っていく話ではあるけど、今回のくるみが、フルコースにこだわらず、ただ一杯のスープの演出にこだわった作品を繰り出したところは、なるほどと思わせる展開に持っていくためか。食べたものの内容は全然違うけど、納得させた政治家の様子は、元総理だった森喜朗氏が、小泉首相とのあの時の光景を、このドラマなりに、再現したのかな?あの時とダブって、記憶に残るワンシーンは思い出された。それにしても、くるみのライバルになるのが清沢晴樹で、彼を演じるのは、高橋一生というのも気になる。次回からはさらに戦いが激化して面白くなりそうだ。けど、原作がかなり面白いのかな?一巻はタダで読めるので、読んでみたい。
7月29日放送分(第2話)
 阿藤(小日向文世)と仏駐日大使との昼食会が開かれた。くるみ(剛力彩芽)は‘初めての日本の夏’を意識してアユを使い、総料理長・清沢(高橋一生)はハトを使った料理を出す。大使の口に合ったのは清沢の方だった。清沢は、料理にメッセージを込めるくるみのやり方を小ざかしいと一蹴する。そんな中、くるみと清沢は、阿藤と巨大企業会長・リー(ジュディ・オング)の昼食会で、それぞれ最高の料理を用意するよう要請される。
感想
今回から、総料理長・清沢が登場。駐日フランス大使が官邸に来たくらいで、イチイチ報道することなんてないとは思うが、まあ演出だからね。フランス大使をめぐる清沢とくるみの戦いは、軽い戦いだったが、未だ経験不足のくるみは、清沢の前に失点を犯してしまう。基本、くるみは記憶力という麺では、長けているけど、人間としてはまだまだという感じなのかな?それにしても、ただ美味しいものを頂きたいという相手には、清沢流が、威力を発揮するが、巨大企業会長・リーが相手となると、料理に込めたメッセージが必要となり、清沢流は通用しないことに。この窮地を、動かすために素直に、自分の意図を料理に表してくれるくるみという存在が、阿藤には必要だから、くるみに自分の思いを明かし、勝負させているというのはわかった。彼の意を汲んだくるみは見事に、今回も見事に料理を作り上げていくところに、面白さはあった。それにしても、一企業のリーがあそこまで、一刻の指導者に対して横暴に振る舞うとは、到底考えられないけど、それでも、まあいいいかなと思わせる奇想天外な料理だからいいかな。これぞ、漫画原作という感じで、気落ちがいい結末だった。
8月5日放送分(第3話)
阿藤(小日向文世)は将棋棋士・辰巳(和田聰宏)への国民栄誉賞の授与を考える。だが、辰巳は人気取りに利用されたくないと公言していた。そんな中、小学生の総理官邸見学を引率する教師・志崎(矢柴俊博)がくるみ(剛力彩芽)を脅して阿藤と面会させるよう要求。元大学准教授だという志崎は、国の大学への予算削減に関する不満を阿藤にぶつける。興奮する志崎に、くるみは失敗から生まれたというある菓子を作って差し出す。
【感想】
今のところ、阿藤総理の思惑通り動いてくれるくるみという存在は、彼にとっては、何人にも代えがたい存在となりつつあるのはわかってきた。ひたすら、最高に美味しいものを作ればいいという考え方の清沢晴樹と相容れない考えの阿藤は、くるみを使って、自分の意志を通してる。だから、彼はくるみに自分の意思を、柔らかだが間接的に、キーワードを伝えていくだが、それは物語の核になっているので、気持ちよく良く、ドラマを見ることができる気がしてきた。そんな言葉を素直に、くるみは見事に汲み取り、そして知識を取り入れながら、創作し作り上げていく料理は、交渉対象者の心を動かしていく。その光景を見ながら、清沢はどう変わっていくのか?それとも、自分流を貫くのか?料理は誰のためにあるのだろうと、考えさせるドラマにはなってるとは思った。今回の将棋棋士・辰巳は天才騎士と言われながらも、彼の心のなかは、彼の周囲と全く違う感覚が支配していた。しかしそれを、阿藤とくるみコンビは見事に見抜いて、辰巳を新たなる世界に開放したからこそ、総理の申し出を後々は受けようと心を変えた。それが、多少強引の用に感じれないことはないが、それでもスキっと見れる物語なんだよね。くるみの快進撃に期待!
8月12日放送分(第4話)
 外務大臣・竹山(大和田伸也)がイタリア人女性を侮辱する発言をし、同国大使館から日本政府に抗議が来る。その件で阿藤(小日向文世)が竹山を更迭するとのデマが広がり、真に受けた竹山が総理官邸に乗り込んで来た。阿藤は竹山に謝罪を促し事態の収束を図るが、竹山は拒否。そこへ、くるみ(剛力彩芽)が昼食にと竹山が公務時に必ず食するカレーライスを配膳する。だが、具材の干し野菜を見た竹山は不愉快だと怒りだす。
【感想】
正直、外務大臣・竹山の人物設定が昭和過ぎるかな。過去に確かに酒に溺れた大臣もいたとは思うけど、外務大臣にこんな人物な注意深さを欠く人は見ることは、そう見たことはないが、ほかの国なら、あるかもねとは思ったくらいかな。故にどうしても違和感アリアリで見ていたが、この大臣は、カレー好きというので、意外な手法で、一度目の真意を食べること無く、理解されないままのくるみの料理を食べさせたのはい面白かった。なるほど、彼の故郷の味噌を振りかければ、けして、首相側に敵対心があるわけではないというのは伝わるのかもしれない。引き寄せた彼に、何者にもかえがたい妻を同伴させることで、出された料理は、彼の琴線に訴えかける料理を出すことに成功し、首相の本心を伝えることに成功する話は中々巧みだった。官邸料理人の存在を脅かされる事態だったのもあるだろうが、官邸食堂の料理人が、くるみたちに協力して、彼らの必要性を訴えかけたのも、面白い展開だった。けど、このドラマで一つ引っかかるのは、立花優子を新川優愛が演じてることかな。演技がどうこれというよりも、彼女が演じるには、イメージと違いすぎる執念深さなんだよな~。

関連記事


>
2016/08/15 15:20 :Category:【剛力彩芽】レンタルの恋 コメント(2)
ほっとします
この枠のドラマには、おもしろいものが多いね。今回、脇の方々の絶妙な演技で剛力さんの魅力をうまく引き出しているが、話も(今のところ)予想を裏切らない展開で安心感がある。また、「民王」もそうだったが、エンディングの歌と踊りで和やかな気持ちになれるのがたまらない。
投稿者: [ 2016/08/08 13:39 ]
予想外
テンポがいい
剛力さんのセンスかな
料理にたいする基本をちりばめながら
ヒロインのカリスマ性を知らしめている
そして、秘書官の人間観察力も小気味いい
あの三宅氏の役どころはこの人にしか任せられない
来週は高橋一生との対決か
へ理屈と実力の戦いになろうとおもしろいに間違いない、はは
投稿者: [ 2016/07/24 13:06 ]
みなさんの感想や情報





名前の複数利用不可。コメントの掲載が制限されます。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
人気記事ランキング30
【全アクセス順位】
Amazon

スマホ、タブレット QR
QR
アクセス
アクセスランキング アクセスランキングブログパーツ アクセスランキング