Fcastドラマ視聴率まとめ

国内ドラマ視聴率·キャスト情報·感想·ネタバレなど。個別スポーツ、バラエティ視聴率も速報更新。コメント大歓迎!検索は『fcast』
視聴率記事更新日:放送日時 番組タイトル

【木22視聴率】営業部長 吉良奈津子  

営業部長 吉良奈津子
フジテレビ系毎週木曜 22:00~22:54
松嶋菜々子3年ぶりの連続ドラマ主演!産後復帰した働く女性の奮闘物語
【スタッフ】
脚本:井上由美子
演出:河毛俊作
プロデューサー:牧野正 三竿玲子 金城綾香
【キャスト】
松嶋菜々子 吉良奈津子 業界大手の広告代理店「東邦広告」の元売れっ子クリエイティブディレクター。
松田龍平 高木啓介 「東邦広告」クリエイティブ局勤務の、優秀なクリエイティブディレクター。
DAIGO  一条達哉 「東邦広告」に中途採用された営業開発部所属の優秀な営業マン。
伊藤歩 坂部深雪 奈津子が雇ったベビーシッター。円満だった奈津子と浩太郎の夫婦仲を壊していく。
板尾創路 米田利雄 「東邦広告」営業開発部の副部長。
石丸幹二  斎藤良一 「東邦広告」営業局の常務。
原田泰造 小山浩太郎 奈津子の夫。「拝島建設」の都市開発部に勤務するサラリーマン。
【視聴率】
01 7/21【10.2】 仕事に育児に…周りは敵ばかり。でも私…負けるのが嫌いです
脚本:井上由美子 演出:河毛俊作
02 7/28【*7.7】敵は身内!?部長として母としての戦い
脚本:井上由美子 演出:河毛俊作
03 8/04【*6.8】
脚本:井上由美子 演出:河毛俊作
04 8/11【*6.4】
脚本:井上由美子 演出:石居祐介

01
広告代理店の売れっ子クリエイティブディレクターでバリバリのキャリアウーマンだった吉良奈津子(松嶋菜々子)は、40歳手前で結婚し出産、育児休暇で職場を離れていた。3年を経て職場復帰したものの、会社の業績悪化や人の入れ替わりなどで状況は一変。あらたに配属されたのも、クリエイティブではなく営業の部署だった。
かつて自分が活躍していたクリエイティブ局に戻りたいと要望を出すも、「3年も現場を離れた人間を受け入れる土壌はない」と冷たく返され、渋々営業開発部に配属された奈津子だったが、そこにいたのは全く奈津子を信頼していないくせ者の部下たちだった。
【感想】
いろんな人間の思惑が、初回からいやと思えるほど、描かれていたけど、物語の構造自体は、よくあるものかな。常務が裏で、潰そうと試みている営業開発部に、畑違いの売れっ子クリエイティブディレクターだった奈津子が、放り込まれる。その部下たちは、あまりの成績の悪さに、諦めかけている面々。それを立てなおそうと、奮闘する会社での奈津子と幸せに暮らしていた家庭生活を、壊そうとするベビーシッター坂部深雪。この構図が描かれていた。会社での奈津子は、早くも現状を変えようと昔のつてを使って、営業をかけていくがうまくいかないながらも、一つの光明を見るが、そこからが戦いの始まりという感じかな。けど、意外に簡単には成功体験を得られなないで、CMのコンペに負けてしまうところが、好きだな。初回から、成功したらつまらないドラマだったかも。本番はこれからという空気が感じれたし、奈津子に悪魔の牙をむく、常務と坂部深雪 に、どう彼女が対抗していくのか?どんな成功を収めていくのか期待したいと思えた。
02
 奈津子(松嶋菜々子)は常務・斎藤(石丸幹二)から、今月中に新規の契約を取るよう命じられる。ランチからの帰途、人だかりがする化粧品コーナーに注目した奈津子は、居合わせたメーカーの宣伝販売担当・サキ(高橋メアリージュン)からある条件をクリアしたら出稿を考えるとの約束を取り付ける。その夜、義母・周子(松原智恵子)が来訪。奈津子の復職が気に入らない周子は、ベビーシッターなどもっての外だと言うが…。
【感想】
このドラマは、吉良奈津子の単純に、産休から職場奮起した女性の奮闘記でいいような気もする。だが、話自体はそれがあくまでメインではあるけど、他に、姑の嫁いびりどころか、家族の間に紛れ込もうとするベビーシーターが、彼女の夫である浩太郎に恋愛感情を抱いたり、ここまで必要なの?という気もする。それにしても、浩太郎は食事の後に皿も洗わないし、子育ても大したこともしてないのに、やってたった感をフルに出してるところが、僕から見たら、アホかと思ってしまうが、あの義母・周子の息子なら、しょうがないのか?やっぱり、結婚するにしても、母親は見ないといけないんだな。それにしても深雪の写真に僅かに写った浩太郎を見る目が怖い。本題は、新規の契約を取ることを命じられる奈津子と営業開発部の奮闘が描かれていく。金がないなら、頭を使えという本にアイデアを振り絞り、気持よく、仕事をゲットしたのは悪くないけど、やっぱり、企画の進め方は問題かな?勧誘のやり方は問題ありで、ペナルティーを食らうけど、一つの成功モデルができたのは気持ちよかった。正直、ここまで複雑な物語にしないでもいいような物語で、なんとか、奈津子が仕事も家庭もやり切る姿が見たい気もするけど、今の時代それだけじゃダメなのかな。
03
 川原(岡田義徳)が航空会社から、年間30億円の大型キャンペーンを発注され、部内は色めき立つ。しかし、奈津子(松嶋菜々子)は副部長の米田(板尾創路)から、口を挟まないでほしいと言われてしまう。早速、先方を訪ねた米田たちは、宣伝課長の節子(加藤貴子)と面会し、意気揚々と引き上げる。だが一転、節子がある理由で川原を訴えると言い出した。奈津子は、節子の上司の部長・小林(神尾佑)を訪ねて謝罪するが…。
【感想】
今回こそ、スキっとみんなで盛大に喜べる展開がほしいなとか思ったが、どうもそんなに単純には、奈津子は成功できないらしい。そして、今回は営業の中でも、ドロドロな男女間の感情を掴んだ枕営業というもの。僕はほどんど接待というものをやったこともされたこともので、よくわからないが、今もあるのか?しかし、それを仕掛けた川原が、接待側の宣伝課長の節子に、感情を利用されて、訴えられるという何とも言えない展開だったが、それをなんとか逆転しようと試みる。けど、イキナリ30億といえる案件を、課長や部長の裁量だけでなんとかなるものなの?とは思うが、僕もこういう世界のことは知らないで、なんとも言えない。
それにしても、相手の部長も奈津子に枕をしろという何とも言えない展開。正直なんじゃこりゃ~、昭和の香りだな~。前回みたいに、営業だけじゃなく、コンペしろよ!そこで、奈津子と高木が、ぶつかり合いながら仕事を獲得するほうがおもしろい。米田流は、なんだかな~としか思えないんだよね。それに、本当に、もっと小さな仕事でいいから、あの常務が苦虫を噛んだ姿を見てみたいんだよな。それにやっぱり、あくまで個人的だが、夫浩太郎と深雪の展開は邪魔だな。夫浩太郎は、つべこべ言わずもっと子育てに協力的になれよ!それじゃないと面白くとは思えないし、夏だし、スカッとさせてほしいだよね。テーマを、残された話で、流れを激変させないと厳しいだろうな~。このドラマのPは、何を考えて、いらぬ設定を加えたのだろうか?
04
 あすか(足立梨花)に、大学時代の先輩で、老舗高級フルーツ店の御曹司・英輝(吉村界人)から仕事が入る。同社は第二営業の担当だが、奈津子(松嶋菜々子)は英輝が本社ではなく子会社の代表だと知り、ゴーサインを出した。だが、第二営業部長・宇野(俵木藤汰)が抗議してくる。本社社長で英輝の母・鏡子(荻野目慶子)は息子の商売を認めていないという。高木(松田龍平)からも、親子の不仲を理由に見送るべきだと忠告され…。
【感想】
産後復帰した働く女性の奮闘物語で、スカッと成功して、進撃を続けるドラマでいいと思うけど、何しろ、夫とベビーシッターが浮気したり、裏で奈津子をスケープゴートに画策したりと面倒くさい要素が満載。その上、副部長は、全く大した実力もないのに、ヘッドハンティングされたりしてる。失敗してもいいから、どんどん突き進んで、小さいながらも仕事を獲得する奈津子を応援したいのに、無駄に変な要素をどんどん詰め込んでいくのはどうにかして欲しいけど、このまま突っ走るのかな?
今回は大塚家具のお家騒動みたいな構図を老舗高級フルーツ店に当てはめ、このままの経営ではまずいと思った御曹司・英輝が反乱を起こしたことに、母親が押さえつけるという渦の中に、巻き込まれていく営業開発部だったが、それを跳ね返すように、奈津子はその渦の中に飛び込み、親子の間に、型破りな提案で、二人の関係を修復した。母鏡子も、どこかで、伝統だけではまずいとは思っていながら、同じやり方を繰り返すしかなかったのかな?そこを、息子に突かれて、高木啓介が自画自賛していた作品を、見直すことにした。この本編の流れは、なかなかいいとは思うけど、最初にも書いた部分は余計のような気がする。営業開発部も、まとまりかけてるんだから、このまま奈津子とともに、突き進んでもらいたい。奈津子も子育てで、苦心しながらも、両立してもらいたいんだよな~。

関連記事

>
2016/08/13 21:21 :Category:【松嶋菜々子】吉良奈津子 コメント(2)
いいね!と思ったら、げっ!と言いたくなる
松嶋菜々子さん主演のドラマだから楽しみに見てるけど、なんで?が多すぎるストーリー。
あっちにぶつかり、こっちにぶつかり、たくさん傷を作りながら、それに負けないで、這い上がって頑張ってる人、好きだから、応援してるのに、いらない展開が多すぎる。

この期に及んで枕営業をいれてくるとは。
脚本家、勉強しろ!と言いたいね。
コンプライアンスもうるさく、世の中、不倫に手厳しくなってる昨今、仕事とるために、要求するか?
リスクでかいだろ。

ベビーシッターの展開は、ほんと、いらない。

今の時代、共働きに理解ある、ご主人たくさんいます。

女王さまのイスを狙ってる人がたくさんいると言いたくて、こんなふうに、いざこざを作りたいのだろうけど、見てる方は、興ざめ。

カラオケ接待、懐かしさと、あるある!で、楽しんでたら、ベビーシッター登場で不愉快に。
最後の営業部長の、あらたな宣言に、感動したけど、深みにはまるシッターとご主人の不倫話に、またまた、ガッカリ。

このドラマはこれの繰り返し。
いい役者さんが揃ってるのに、脱落したくなるドラマ。
投稿者: [ 2016/08/06 09:42 ]
松嶋菜々子さんお帰り!
なかなか面白いストーリーで、松嶋菜々子さんは、負けず嫌いキャラが似合うと思った。
おかざりであっても、会社のパフォーマンスてあっても、仕事ができる女って、期待以上の仕事しちゃうんだよね。
ウォーキングママ、なかなか、楽しみなドラマになりそう。

ただ、シッターさんの嫌がらせ?な展開、いらないんじゃないかな?
これ、シッターさん見たら、憤慨しちゃうよね。やってること悪質だし、職業を侮辱してません?

松田龍平さんや、原田泰造さん、菜々子さんとの絡み、なかなかいいのに。


投稿者: [ 2016/07/22 21:14 ]
みなさんの感想や情報





名前の複数利用不可。コメントの掲載が制限されます。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
最近のコメント★歓迎!
データ取得中...
アクセスサイトランキング
人気記事ランキング30
【全アクセス順位】
スマホ、タブレット QR
QR
カテゴリ Category
アクセス
アクセスランキング アクセスランキングブログパーツ アクセスランキング