Fcastドラマ視聴率まとめ

PC、スマホ、タブレットで国内ドラマ視聴率速報!独自感想も掲載。ジャニーズバラエティ視聴率も素早く更新。コメント大歓迎!検索『fcast』
視聴率記事更新日:放送日時 番組タイトル

【火22視聴率】ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子 UP 

ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子
波瑠が民放連続ドラマ初主演で、心に闇を抱える新人刑事役に挑戦
フジテレビ系毎週火曜 22:00~22:54
【スタッフ】
原作:内藤了「ON 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子」シリーズ(角川ホラー文庫)
脚本:古家和尚
演出:白木啓一郎
プロデューサー:河西秀幸:萩原崇:石田麻衣
【キャスト】
波瑠 藤堂比奈子 警視庁刑事部捜査第一課の新人刑事。。イラストに描きとめれば決して忘れないという、驚異的な記憶力を持つ。
横山裕 東海林泰久 比奈子の先輩刑事。刑事としては優秀。
要潤 倉島敬一郎 比奈子の先輩刑事。藤堂比奈子に対して淡い恋心を抱く。
林遣都 中島保 ハヤサカ・メンタルクリニックに勤める心療内科医。
原田美枝子 石上妙子 監察医。変死体に目がない変人で、“死神”の異名を持つ。
渡部篤郎 厚田巌夫 警視庁刑事部捜査第一課・班長で、比奈子の上司の警部補。通称・ガンさん。
【視聴率】
01 7/12【9.6】関西13.4%【殺人者への探求心…危ないヒロイン誕生】
脚本:古家和尚 演出:白木啓一郎
02 7/19【9.3】【凍結遺体事件の驚愕真相】
脚本:古家和尚 演出:白木啓一郎
03 7/26【8.2】【洋館女性連続殺人…奪われた完全美】 
脚本:古家和尚 演出:宝来忠昭
04 8/02【8.8】VS女殺人鬼…自死事件に急展開
脚本:古家和尚 演出:白木啓一郎


01
警視庁刑事部捜査第一課に配属された藤堂比奈子(波瑠)は、事件の情報をイラストに描きとめれば決して忘れないという特技を持つ新人刑事。その驚異的な記憶力を買われた比奈子がある変死体発見現場に向かうと、そこには、かつて起きた未解決殺人事件の容疑者だった男の変わり果てた姿があった。
現場の状況から男は自殺したと推測されるが、それは到底自ら行ったとは考えられないほど凄惨な死に方で、しかも男が容疑をかけられていた殺人事件と同じ方法だった。
【感想】
猟奇殺人事件を扱った作品だが、しっかりとした原作付きの作品で、話の内容は面白いとは思った。藤堂比奈子は強過ぎる探求心から時に単独で殺人犯という無謀を犯したりするのはどうかと思うが、意外と魅力的なキャラではあったような。時々、身の毛もよだつ猟奇的な話お聞いたりしてる時に、ほほ笑みを漏らして、気味悪がられたり、簡略化されたイラストで、恐るべき記憶力を有し、一つの点を意外な点と結んで、操作をしだす。そして、そんな彼女に対抗してるかもしれないキャラの中島保。どう考えても、彼女にヒントを出してるようにしか見えないあの心療内科医は、犯人たちと何処かでつながり、スマホの画面で、彼女の行動を検証していた姿は、彼の職業心としての一端を見ることができたが、それとは違う彼の心理も隠されているのか?この二人が、僕には興味を引いた。今回解決された藤堂の友人でもあり同僚の鈴木仁美及び3人の女性を殺した小林翔太は、彼女にとっては、鈴木と最後の電話をしていたこともあり、どうしてあれほど回りくどく犯人にたどり着いたのか?もう一つだな.。ほかの刑事もあまり地道な捜査で、たどり着いた感じもしないし、厚田班の捜査でのバラバラ感も気になる。しかし、まだ宮原の事件は、解決の糸口さえも感じさせないし、どうなるか興味はある。ドラマに雰囲気は、僕的にはいい塩梅なので、気楽に見ていきたい。
7月19日放送分(第2話)
冷凍された男性の遺体2体が見つかり、比奈子(波瑠)たちは捜査に乗り出す。犯人は盗んだ冷凍車で遺体を輸送中、パトカーに追跡され、遺体と車を空き地に放置して逃走していた。検視した妙子(原田美枝子)によると、2人は兄弟の可能性が高く、刺殺後に冷凍されたという。冷凍車の足取りから、犯人の潜伏先らしき建物が判明。比奈子らが急行すると、廃業した商店の庭にある冷凍庫の中から凍った男女の遺体が見つかる。
【感想】
前回は、よく考えてなくても、犯人を間接的のようにも思えるが、比奈子に教えたのは中島保だったが、今回もメールという形で、彼が出したプロファイリングの答えは、見事すぎるほどの犯人像と合致。どうも、主人公の推理で、班員を捕まえるというタイプの話でもないらしい。東海林泰久も犯人の潜伏先を特定するけど、全て情報屋のネタだし、若いのに自らが動いて、探し当てるというものじゃないのは、なんだか、ちょっと不満に思える。何しろこの二人、ある意味自分の意志で動いてるつもりのようで、他人にコントロールされているかのように思えてしまう。それにしても、妙子が気付いた意外な不審死の人間の共通点というのは、身体的なものらしいが、なんなんだろ?気になる。それにしても、今回は、意外とわかりやすい事件で、視聴者である僕は、始めから、父親が娘に生ませたという子供の存在がわかってるので、事件の全容は、すぐに分かった。今までのことを考えると、推理モノという楽しみ方は、どうもこのドラマには、当たらないらしい。
7月26日放送分(第3話
 廃虚の洋館で女性4人の遺体が見つかる。遺体はそれぞれ違う部位が犯人に持ち去られていた。付近を聞き込み中、小学生の遥香(住田萌乃)に声を掛けた倉島(要潤)が、通り掛かった女性・都夜に不審者と間違えられる。都夜の案内で遥香を母親・佐和(中島亜梨沙)の職場に送った比奈子(波瑠)は、遥香から雨がっぱを着たお化けを見たと聞き、事件との関係を疑う。遥香は事件現場の廃虚でもそのお化けを見たと言い…。
感想
今回は、演出なのかもしれないが、都夜が犯人ですよ~と言いたげな不敵な雰囲気を醸し出していたことと、やけにストーカーの被害者である佐和に近い存在から、視聴している僕には、犯人バレバレの展開でわかりやすすぎるのが気にかかった。主人公が事件を暴く推理ものじゃないので、そういう感じもいいのかもしれないが、けど、こちらとしては推理したいんだよな~という気はしてしょうがない。それに今回は、問答無用の無双キャラ中島保に、犯人特定のすべてを丸投げ!警察が捜査してるんだかどうだかもわからない雰囲気さえ感じさせて、こちらもどうなんだろうと思ってしまうが、更に、一話完結でもない。もう、4話で、比奈子の隠された部分を都夜との攻防の中で、事件の恩になった瞬間がどこにあるのか?どう表現していくのか?それに期待して、4話を見ようかな。どう考えても、そちらがメインテーマかな。何しろ感想は、次回に。
8月2日放送分(第4話)
比奈子(波瑠)は、クリーニング店を営む都夜(佐々木希)が犯人と知らずに接触。睡眠薬で眠らされ、意識を取り戻した時には佐和(中島亜梨沙)と共に拘束されていた。都夜は被害者の体の美しい部位を奪い、その皮膚を集めているという。一方、プロファイリングにより都夜にたどり着いた中島(林遣都)は、比奈子との電話が急に切れたことを心配して、東海林(横山裕)に連絡。合流した2人は、クリーニング店に駆け付ける。
感想
4話、比奈子と都夜の攻防は、意外とあっけなく終わった。そこには、比奈子が隠し持っていたナイフの存在があったのだが、その現場に落としたナイフも中島の手によって、持ち去られる。警察でもない彼が、なぜに危険な現場に、東海林泰久に同行したのかとは思ったが、それにも、比奈子が秘めている危なげな心理を、ひた隠しにする必要性が物語の序盤にはあったのだろう。けど、見終わって考えると、後半の中島と比奈子の展開は、これだけで物語にするのは、難しく。苦肉の策として、比奈子と都夜の事件を今回まで引っ張ったんだというのは理解できた。比奈子の父が言い放った自分の娘が、殺人鬼になるかもしれないという予見や彼女自身が意識している自分の凶暴性とどう折り合っているのかという物語は、興味深いが、一話としての物語としては届けづらいのはわかったが、この下りは必要なのか?という気もする。どんどん、つまらなくなってる感じもするし、もっと事件解決に注視してほしいし、無双中島が答えを出すのではなく、比奈子や警視庁刑事部捜査第一課で事件を解決しないと、面白みにかけるドラマでしかないという判断になりそうだ。
8月9日放送分(第5話)
 5年前の女子中学生殺人事件と全く同じ状況で殺された女子高生の遺体が見つかる。比奈子(波瑠)は、今回も中島(林遣都)に協力を依頼する方針に賛同した東海林(横山裕)に戸惑う。東海林は「猟奇自殺」と中島の勤務先「ハヤサカメンタルクリニック」の関係を疑っていたからだ。おまけに中島は5年前の事件の第一発見者でもあった。同じ頃、中島は早坂(光石研)を訪ねてきた患者の久保(中林大樹)を見掛け、ある疑念を抱く。

ON 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子 (角川ホラー文庫)
内藤 了
KADOKAWA/角川書店 (2014-10-25)
売り上げランキング: 91
関連記事


>
2016/08/06 00:32 :Category:【波瑠】あなたのことはそれほど コメント(13)
サイコ系は特に好きではないけど、テレビでギリのこれ位のストーリーならわりと気楽に見れます。
波瑠がゾクッとするほど美しい瞬間がある。
主人公に感情移入、というより魂のない人形のような美しいモノトーンの波瑠がどうやって自分の闇を暴き出し突き抜けるか。
そこに興味がそそられる。
脇が皆さん美しい方々でうれしい。
投稿者: [ 2016/08/03 15:33 ]
主人公は、何処かで潜在的に自分に恐怖を抱く事はないのかな?

憎み葬り去りたいような相手がいたとして、実際それを実行するかもしれない?なんて想像したら、自分の思考に身震いします。

比奈子にその感情は抜け落ちてるって事?

物語的に東海林先輩や中島先生に視点がいってしまいます。
相変わらず、主人公に感情移入が出来ないから。

この先、後半は主人公に変化が起きる事期待ですね。
それには、もっとヤバイ事件が絡むのでしょうね。
投稿者: [ 2016/08/03 10:42 ]
メインは腫瘍の事件?
好きなテイストのドラマで比奈子の氷の様な表情にも引き込まれます。

しかし、事件自体は異常ですが事件解決の過程が毎回甘い印象です。自分も毎回の事件はサブなのでは?と思いました。CUTの事件よりも、予告で「神の裁き」と言われていた、頭に腫瘍のあった一連の事件がメインかなと感じます。

もしかしたら、都夜にも腫瘍があるかもと考えてしまいます。スイッチがONになり自分の身体の一部を切り取り自殺するという展開が次回に続く理由かな?と。でないと、あまりにも犯人が分かりやすすぎます。

とはいえ、回ごとの事件も楽しみたいのが正直な気持ちです。毎回不完全燃焼が否めないです。ドラマが終わったら原作を読んでみたいですね。
投稿者: [ 2016/07/27 10:32 ]
味気なさを感じてしまったのは私だけでしょうか?
もう少し猟奇的な話を期待していたのですが主役の両人のキャラ設定も甘すぎる気がするし、何より脚本にひねりが足らなすぎる気がします(何様でごめんなさい)
投稿者: [ 2016/07/21 06:46 ]
今回は
比奈子さんの特殊能力も特に活かされず、相変わらず東海林先輩も自分の足で調べない。
中島先生ありきみたいな回に。

ただの推理ものとか、バディものではないし、主人公の内面を事件と並行して焦点にしていってるのだろうけど。

主人公の謎めいてる部分は私も興味深いけど、全然感情移入が出来ない。
家族(父親)の犠牲になった憐れな犯人の方にやりきれなさを感じます。

過去に比奈子に何があったのかな。感情暴発する場面とかあるのかな?
難しい役柄ですね。

しかし、映画ならR指定ありそうな内容だな。つくづく。
頑張って来週もリアタイします!
投稿者: [ 2016/07/20 10:58 ]
みーんなあやしい?なんて
思ってしまいます。
少し今までと違った刑事サスペンスドラマです。
波瑠さん、横山くんの新たな役柄応援して最後まで観ます。
しかし、終わったばかりのセカムズなのに、犯人サメジマだって!他の名前にしてほしかったです。メールのやり取りもシーンも中身は違っても被る。
波瑠主演だからこそ考えてほしい!
反響あったドラマに何となく似ている企画をやる局は何時もの事だけど、裏番組も社長と社員の恋愛もの。続くなぁ~~?
投稿者: [ 2016/07/20 09:45 ]
時間間違ってる
深夜の独りの人に見てもらえば薬なのに…この時間には見ないよ…明日も仕事だから落ち込みたくないよ
投稿者: [ 2016/07/20 03:27 ]
はるちゃん
癖のある演者達も贅沢。来週も楽しみだけど一つだけ横山くん?もう少し力抜いてほしいかな!?一人子供ヤンキーみたいです。
投稿者: [ 2016/07/14 03:17 ]
犯人にたどり着く過程だけは私も「?」だらけでしたが、そのほかは初回2時間だれることなく見れました。

同僚や上司さん、心療内科医さんたちも嵌っていたと思います。
ただ藤堂さんが「にたり」と笑っているシーンはわかりやすいのですが、傷ついたりしているシーンはわかりずらかったかな?周りのひとの言葉で「あ、気にしてたんだ」と気づくくらい表情が読みにくかったです。それさえも役作りで、喜怒哀楽の真ん中の二文字がトラウマの役なのかな?とか深読みしてみたりw
投稿者: [ 2016/07/13 20:58 ]
はるちゃん
素材は面白いけど、2時間は長かったかなー。
エグいシーンもちょっと多すぎ。
要さんや渡部さんの群像息抜きシーンをもっと増やして、メリハリつけてほしい。
羊たちの沈黙っぽいのがねらい?
フジTVはBORDERの時のはるキャラをちょっとかぶせてる感じがする。
最後の犯人井上との対峙シーン、なかなか良かった。
はるちゃん、がんばった!
そして、林けんちゃんの役作り、いつも好きです。はるちゃんと、今回相性よさそう。互いの闇がまとわりつく感覚がぞくっとします。
「もう犯人はわかりました」…コレ決め台詞ですね〜。
来週から楽しみです。
投稿者: [ 2016/07/13 18:56 ]
ドキドキしました
期待していたよりもはるかに面白い。
明らかに心に闇をもつ主人公・比奈子。目を輝かせて犯人や犯罪と対峙し、嬉しそうに上がる口元が何より一番怖い。だった一人でネグレクトを受けていた殺人犯と会い、スイッチが入る瞬間を見るために犯罪が起こるであろう状況を作り出す。その比奈子の行動がなによりも闇に覆われていて目が離せませんでした。
予告で妹を失ったらしい東海林の闇と、回想の中で飴を口に詰め込まれた少女の遺体の包装紙のような物を大事に持っていた中島心療内科医。一話目から重い始まりですが引き込まれます。
来週も楽しみです。
投稿者: [ 2016/07/13 12:46 ]
心の闇
こちらの方がケイゾクみたいな印象でした。渡部さんといい抜群の記憶力といい。

こういうドラマは主人公も暗い過去を持ち異常者っぽい設定が多いですが、このドラマも比奈子が事件資料や殺人鬼を楽しそうに見ている場面が面白かったです。自分も猟奇殺人とか異常犯罪とかのドラマが好きで必ず見てしまうのですが、何か原因があるのかなと考えてしまいます。実際はごめんですが。
比奈子は、生まれ持ってのものなのか、何か原因があるのか。子供比奈子にかけた母親の言葉が気になります。「大丈夫よ」のあと。

東海林先輩もまた過去に闇がありそう。比奈子は最後、犯人を殴る東海林先輩を見て、先輩にも殺人のスイッチがあることを見つけたのではないでしょうか。東海林先輩のスイッチが入るところも見たくなってしまうのか。

それぞれの心の闇、殺人を犯すボーダーライン、自殺者の真相など、来週も楽しみです。
投稿者: [ 2016/07/13 10:24 ]
ひぃいいい~~~!
すっかり売れっ子女優さんの波瑠さん。あさから~の世界一ラブストヒロイン~刑事サスペンスものと、なかなか変化あるジャンルで来てますね。

いきなりグロな場面で、タイトル通り異常犯罪か…。わりと好きな刑事ものでも苦手ジャンルだなぁ、ともぅ怯みました(汗)
原作見てないけど、これ続きものなんですね。
そもそも、主人公の比奈子が一番ヤバそうじゃないですか。
犯人との対決で東海林先輩来る前に何をしようとしたのさ。ブルブル。熱を感じない瞳が怖い。

東海林先輩の気だるい排他的な雰囲気の中にも熱さがあるのと正反対。

どちらも過去に謎が有る?
異常犯罪に至る人間の心理を追求する事が、比奈子のスイッチをONにしていくようだけど、何が原因何だろう?

知りたいけど、やっぱり猟奇的は場面は苦手だなぁ。
他のキャストさんとの絡みは何気に楽しいやり取りもあるけど、(OFFの時ですね)
ガンさんこと渡部さんが今回わりと普通?の理解ある上司なのかな?
ちょっともの足りない。

一応来週も観ますが、脱落した場合は原作を読みます(泣笑)
投稿者: [ 2016/07/12 23:41 ]
みなさんの感想や情報





名前の複数利用不可。コメントの掲載が制限されます。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
最近のコメント★歓迎!
データ取得中...
Amazon

スマホ、タブレット QR
QR
アクセス
アクセスランキング アクセスランキングブログパーツ アクセスランキング