Fcastドラマ視聴率感想

PC、スマホ、タブレットで国内ドラマ視聴率速報!独自感想も掲載。ジャニーズバラエティ視聴率も素早く更新。コメント大歓迎!検索『fcast』

【金22視聴率】神の舌を持つ男 見逃し配信 1-3話 

神の舌を持つ男 無料見逃し配信
堤幸彦 が構想20年を費やした湯煙り人情コミカルロードムービー的のサスペンスドラマ。
TBS系毎週金曜 22:00~22:54
脚本:櫻井武晴
演出:堤幸彦 伊藤雄介 加藤 新
プロデューサー:伊藤雄介 加藤新 植田博樹 楠千亜紀
主題歌:女は抱かれて鮎になる/坂本冬美
【キャスト】
向井理 朝永蘭丸 舌に乗せたものをガスクロマトグラフィーばりに分析する能力を持つ男。
木村文乃 甕棺墓光 蘭丸、寛治と共に行動する古物商。
佐藤二朗 宮沢寛治 ひょんなことから知り合った蘭丸、光と行動を共にする男。
火野正平 朝永平助 蘭丸の祖父
宅麻 伸 朝永竜助 蘭丸の父
【視聴率】
7/08【6.4】殺しは蛍が見ていた
脚本:櫻井武晴 演出:堤幸彦
7/15【6.2】間欠泉は見た!親子の愛は語らず語り
脚本:櫻井武晴 演出:堤幸彦
7/22【57】天空の密室温泉殺人事件
脚本:櫻井武晴 演出:堤幸彦
7/29【】「刃無しの村呪い伝説」
脚本:櫻井武晴 演出:堤幸彦
8/05
脚本:櫻井武晴 演出:堤幸彦
広末涼子:向井理主演ドラマの“ヒ・ミ・ツ”の温泉芸者だった


あらすじ 
7月8日放送分(第1話)
ひょんなことから知り合った朝永蘭丸(向井理)、甕棺墓光(木村文乃)、宮沢寛治(佐藤二朗)の3人は、謎の温泉芸者・ミヤビを探すため、1台のボロ車に乗って、全国の温泉地を巡ることに。ミヤビの噂を聞きつけた3人は栃木県のとある秘湯を目指すが、わずかな差でミヤビと行き違ってしまう。追いかけようとする3人だったが、車がガス欠となり、立ち往生。光のせいでお金がない3人は、蘭丸が銭湯で働くことで宿に泊めてもらうが、そこで殺人事件が発生。さらに、2時間サスペンスドラママニアの光が捜査に首を突っ込んだせいで、事件に巻き込まれることになる。
感想
蘭丸という主人公は、謎の温泉芸者・ミヤビを探すためという設定はあっての湯煙り人情コミカルロードムービー的のサスペンスドラマというものらしい。それで、蘭丸は生きるすべとして、三助さんとして、祖父から学んだ技術とガスクロマトグラフィーにも似た分析能力を持ち合わせているらしいが、それは気化しやすい化合物の同定・定量に用いられる機器分析の手法らしい。そんなこんなで、とんでもなく特殊な謎解きドラマだが、そこ2時間ドラマの要素とキャストをぶち込んでいる。はっきりって、こんな設定で、よく脚本家もドラマを書けるもんだとは思うが、それにしても殺人の動機が金絡みと言うのは、初回にしては味気ない。それに、舌の上に、乗せると何でも解析してしまうって、よくも考えた特集能力で、事件をどうやって解くのか初めは、よくわからんかったなが、なるほど、事件現場を特定して、その痕跡から導くんだ。けど、びわの種で人が死ぬというのは知らなかったが、その殺人の成分を警察が解析すると、すぐに今回は、犯人が分かりそうなもんだろうけど、違うのかな。正直、一話はなんとも言えないけど、どうなるんかな。宮沢寛治のツッコミキュラと甕棺墓光の2時間ドラママニアは大げさだがなれてくるかも、けど、主人公の蘭丸の特殊能力をどこまで物語に活かせるのかが、問題になりそうだ。
7月15日放送分(第2話)
 蘭丸(向井理)一行はミヤビがいるという寂れた温泉街の宿を訪れるが、入れ違いに。そこで、宿の女将・順子(山村紅葉)にただで泊めてほしいと交渉していると、順子の息子・天童(中尾明慶)が10年ぶりに帰省する。一行は天童の口添えで、従業員として1泊世話になることが決定。喜んだのもつかの間、天童と宿の主人で父親・重吉(徳井優)とのいさかいに巻き込まれる。そんな中、山の麓から女性の悲鳴が響いてくる。
感想
しかし、今回は事故死した人を、息子の仕事の不始末と思い、遺体を移動させただけの事件かよ!それにしても、。この設定の条件下だと、こういう感じの話になってしまうのかな。父親の思いというのはわからないでもないが、殺人でもないのに、死体を現場から移すって、どう考えてもやり過ぎだとは思うし、警察もきっちり遺体を調べろよ。大体、死因を考えただけで、解決しそうなもんだとはおもうが、主人公が解決しないといけないので、警察は何もやらないのが基本だからな。こういうことを全く考えず、お気楽に見なくては、イケないのだが、なんか絶妙に、父親重吉の思いだけが暴走してるので、物語にも乗りづらい。
こうなると見どころは温泉と食べ物とか風情になるけど、そんなのもお構いなしに、蘭丸は色んな液体や物体を舐めまくって、彼なりに事件を解決していく過程は、面白くないわけではないかな。甕棺墓光 のコスプレも可愛いし、宮沢寛治の全く役にないつぶやきやツッコミも気楽に楽しめてきたので、このままなんとなく見続けようとは思うかな。それにしても、宿の女将・順子のやりたい放題の芝居は面白かった。あれくらいふざけてくれたほうが、楽しいし、蘭丸の研究室のあの割烹着すがた女性は....。まあそんなコネタ見もつけながら見ていこうとは思った。
7月22日放送分(第3話)
 蘭丸(向井理)一行は、ミヤビを追って静岡・伊豆のホテルを訪れるが、またしても擦れ違いになる。無一文の一行は、いつものように1日だけ雇ってもらおうと交渉を開始。蘭丸が伝説の‘三助’である平助(火野正平)の弟子だと知った女将・裕子(森脇英理子)は、翌日1日三助を務める条件で、宿泊を許可する。翌日の早朝、一番風呂を楽しもうと温泉へ向かった蘭丸たちは、湯船の中で、宿泊客・石破(谷田歩)の遺体を見つける。
【感想】
今回が一番2サステーストが一番しっくりして、面白く感じてみることができた話だった。今回は明確の殺意のあった女将が、きっちり完全犯罪をやり遂げようとするのを、蘭丸たちの活躍で、謎をとくという納得の内容。なるほど、途中まではトリックがわからなかったが、全自動洗浄の温泉風呂というシステムが有るということで、なるほどの展開。お風呂に吸い込まれてしまうかもと思わせる彼の行動も、それを阻止しようとする女将と甕棺墓光の攻防も、楽しかった!何しろ、メリケンサックを常備して、戦いに備えている女将のキャラが、まさにこんな事件を起こしそうだし、大胆な破壊シーンも見所あり。蘭丸のお湯の鮮度から推理も良かったし、3人がそれぞれ活躍して面白すぎた!この話を1話に持ってくればいいのに。それに、山村紅葉さんによる2サス劇場も、いい味出してたな~。
[2CS] キリン アルカリイオンの水 PET (2L×6本)×2箱
キリンビバレッジ
売り上げランキング: 4

関連記事


>
2016/07/25 11:19 :Category:【向井理】 コメント(8)
新しいジャンルwですね
サスペンス番組は重すぎて見れませんが
湯煙・・・サスペンス・・でありながらコミカルなので
普段お目にかからない(かかれない)役者さんの演技
と温泉巡り 堪能中です♪

1話では片平なぎささん「スチュワーデス物語」
のパロデイでしたよね?w

毎回ゲストさんも豪華ですね~。

3人のバランスも全体的な(殺人事件込み)を
考えるといいバランスだと思います♪

なんだか水戸黄門を思い出しますね(笑)





投稿者: [ 2016/07/25 22:08 ]
今週は面白かったです!

はっきり言って前回までは時間つぶしにする時間がもったいないような気もしなくもなかった(ごめんなさい)のですが、今週はすごく良くまとまったコメディーでした。
ちょこちょこ入る紅葉さんもよかったですw

今回、甕棺墓光さんをここぞという時にだけ前に持ってきてそれ以外は引かせたのが功を奏したのかな?とも思えました。
投稿者: [ 2016/07/25 01:44 ]
面白くなってきた?
1,2 話についてはなんとなく違和感を感じていました。3話で、はじめて楽しむことができました。ふざけ方も度を越さずトリックを見破る展開にも無理がなく良かったと思います。まさに、1話にすべき内容でした。
投稿者: [ 2016/07/24 21:31 ]
独特の世界観
2話目にして慣れたみたいです。お三方のキャラにストレスが無くなりました。
今回は蘭丸の幼少期が分かり、あの能力になるほどと納得。ひどい父親ですね(笑)相変わらず独特の世界観です。

軽く楽しむのにいいかもしれません。



投稿者: [ 2016/07/16 21:57 ]
向井理さんが出るから見たのだけど、んっ?トリックみたいだとおもったら、なんだ、監督が同じ人だった。

堤監督の「天空の蜂」良かったのに、原作か東野圭吾だから当然か。

余談が長くなりました。
さっそく本題。
舌を使って、推理をしていくアイデア悪くないのだけどなぁ~
でも、なんか、残念。
パロディにしたいのかもしれないけど、古いのか、見飽きたのか、先が読めるからなのか、今一つ。

自分が古い人間だから、古い話は、好きだけど、おもしろいのと、退屈なのが半分。

みやびさん、最終回まで、誰なのか引っ張るのかな?
こんな所も、古いよね。

賛否 分かれそうなドラマかな。

投稿者: [ 2016/07/16 09:37 ]
脚本が?設定が??なんじゃらほいなのはこの際おいておいて←

私も他の方がおっしゃっているようにヒロインにもう少し工夫がほしかったです。いや、木村さんは好きなんだけれど、トリックの仲間さんのような騒ぐ中にもクールビューティー的な何かがあればよかったなと思いました。

後、二郎さんの使い方が少しもったいなかったような気がしました。
投稿者: [ 2016/07/13 20:51 ]
闇が欲しい
堤監督ということでケイゾク、トリック、スペックみたいな感じなのかなと想像していましたが、意外と明るい内容でした。

木村文乃さん演じる甕棺墓光がただ騒ぐだけじゃなくメリハリが欲しかったのと、宮沢寛治役の佐藤二朗さんがただ突っ込むだけの役割なのが勿体なかった印象です。

主要のキャラに違和感がありあまり内容が入ってきませんでしたが、今までの作品も初回はそうでしたので、もう少し見てみようと思います。
投稿者: [ 2016/07/12 16:19 ]
キャストミス?
話は悪くないけど!?スペックほど重味もない。コメント0も寂しい~まぁ次回に期待!
投稿者: [ 2016/07/12 03:57 ]
みなさんの感想や情報





名前の複数利用不可。コメントの掲載が制限されます。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
人気記事ランキング30
【全アクセス順位】
Amazon

スマホ、タブレット QR
QR
アクセス
アクセスランキング アクセスランキングブログパーツ アクセスランキング