Fcastドラマ視聴率まとめ

国内ドラマ視聴率·キャスト情報·感想·ネタバレなど。個別スポーツ、バラエティ視聴率も速報更新。コメント大歓迎!検索は『fcast』
視聴率記事更新日:放送日時 番組タイトル

【世界一難しい恋視聴率】9話 再浮上 

世界一難しい恋 オリジナル・サウンドトラック
ワンミュージック
バップ (2016-06-08)
売り上げランキング: 27

【世界一難しい恋 見逃し最新回無料配信 】
「客を満足させる才能は天才的だが女性を喜ばせる才能は1ミリもない」という役どころで、見た目も一応格好良く、仕事もバリバリこなすのに恋愛は不器用。そんな“恋愛弱者”零治の恋を描く。
【チーフプロデューサー】 松岡至
【プロデューサー】 櫨山裕子 秋元孝之
【脚本】 金子茂樹
【演出】中島悟 菅原伸太郎
【出演者】 
鮫島零治 大野智 34歳独身のホテル経営者である。高収入のイケメンながら、性格に問題のある変わり者。中途入社の社員柴山美咲に一目惚れし、初恋成就のため悪戦苦闘する。
柴山美咲 波瑠 初恋の謎のKY女 ヒロイン
村沖舞子 小池栄子 有能な秘書で零治を母のように支える“鉄壁の仕事女
和田英雄 北村一輝 5年連続で世界一の栄誉に輝くステイゴールドホテルの社長、。
石神 剋則 - 杉本哲太零治のハイヤー運転手。零治の成長を父親のように見守っている。
堀 まひろ - 清水富美加 美咲と同期入社の新人社員。噂話が大好きで、おばちゃん体質。
白浜 吾郎 - 丸山智己 部長。
【視聴率】
01 04/13【12.8】関西【15.7】恋愛偏差値最低のセレブ社長が一目惚れ!優しい嘘で彼女にプロポーズ
【脚本】 金子茂樹【演出】中島悟
02 04/20【12.9】関西【15.0】ひねくれ社長の初恋は難関続出…目指せ器の大きい男!犬の散歩で求愛
【脚本】 金子茂樹【演出】中島悟
03 04/27【13.1】関西【14.0】ひねくれ社長が新人に恥ずかしすぎる告白 恋愛スイッチオンの秘策とは
【脚本】 金子茂樹【演出】中島悟
04 05/04【12.2】関西【13.4】恋愛師匠の必勝指令で一泊旅行 遂に愛の告白でアタマ真っ白
【脚本】 金子茂樹【演出】菅原伸太郎
05 05/11【11.5】関西【14.2】遂にカップルへ!?恋愛スキル総動員で待ちわびる最終回答
【脚本】 金子茂樹【演出】中島悟
06 05/18【11.7】関西【13.5】初恋成就でバカップル誕生!悲劇のダンスパーティ…真夜中に通じる心
【脚本】 金子茂樹【演出】丸谷俊平
07 05/25【13.0】関西【14.3】お泊まりデート最高のキス!?純情オトコ心で破局の大ピンチ
【脚本】 金子茂樹【演出】中島悟
08 06/01【12.1】関西【】
【脚本】 金子茂樹【演出】中島悟
09 06/08【13.0】関西【】
【脚本】 金子茂樹【演出】菅原伸太郎
10 06/15【】関西【】最終回
【脚本】 金子茂樹【演出】】中島悟

09
 美咲(波瑠)に会えず、電話もできない状況下、零治(大野智)は自転車通勤の三浦(小瀧望)が毎朝、美咲と擦れ違うことを知る。そこで、通勤を自転車に切り替えるが会えずじまい。さらに、美咲の勤務先近くで風船を配る‘ゆるキャラ’の着ぐるみに目を付け、中に入っている藤田(上島竜兵)の特訓を受ける。一方、和田(北村一輝)が突然思いも寄らぬ行動を。零治は和田と話し、美咲についてまだ知らないことが多いと気付く。
【感想】
そういえば、中学生の時に、好きな女の子とスレ違いたいとか、偶然出会いたいとか少し考えたことあるな~。さすがに、高校生の時には、忙しくて、考えもしなかったが、自転車の件は、まさに、少年期には考えそうかもしれない。それにしても、ゆるキャラの中に入ってでも、彼女に近づきたいなんて、発想は・・・だが、なんとなく、恋愛能力皆無の男には、アレが限界で、ああいう発想をしてしまうほど不可思議な脳だったりもするかな。それがまた笑えるんだけど。
彼の少年時代は、父親が語ったように、人に助けてもらって、何かするというより、何事も物を作り出す時に、自分でやり切るという考えは育成されていたのかも知れない。そんな感じで、仕事や勉強には打ち込んできたのは、美咲に贈った本からも読み取れたが、恋愛のこととなると、全く力を注がなかったのかもね。本当に思考が、中学生。前回、少し進化したと思ったけど、全くの見当違いだった。けど、美咲に贈った自分のホテルを作るための第一歩となる応援本が、彼女に小さな疑問を芽生えさせた。「もしかして、自分は、零治のことを何も知らない?」という思いが、彼女の心を動かし、本当の彼の姿を知ることを決意させたのかな。そういえば、彼女も零治に対して特別に知ることもなく、交わした話といえば、あのお伽話みたいなことだけだったのかも。零治も似たようなレベルだったけどね。二人は、美咲から近づくことで、体を寄せ合った。ここからどうなるのか?まともに恋愛してこなかった男の晴れ姿が、見れる結末であってほしいとは思うのだが...。
【最終回】
美咲(波瑠)の夢が、祖父の残した土地にホテルを建てることだと知った零治(大野智)は、現地に案内してくれた美咲に、応援したいと告げる。そんな中、和田(北村一輝)がリリコ(中村アン)を伴って現れ、零治の会社が来年オープンさせるホテルで一組目として挙式したいと言う。零治は和田への対抗心から、とっさに一組目は自分だと言ってしまい、舞子(小池栄子)から本気で結婚を望むなら、同棲してみてはと提案される。
関連記事

>
2016/06/09 09:42 :Category:【大野智】魔王  世界一難しい恋 コメント(55)
沁みます
まわりの人間が躍起になって消そうと思ってもヤケになった自分が本気で消しにかかってもそれでも消えずに残ってしまうもの。
社長の良いところは人には伝わりにくい。それが美咲さんに伝わった瞬間ストーリーが大きく動き出しましたね。
明確な描写がないために、社長が美咲さんのどんなところに惹かれ、どんなところが好きなのか分りませんが、
そんな理屈が気にならなくなる程の社長のまっすぐな純愛に心満たされました。人が人を好きになる幸せと苦しさが鮮やかに蘇ってくる素敵なドラマです。

『会いたくありません』という美咲さんの気持ちをきちんと汲み取って、待つことを受け入れた社長。恋をして、自分の気持ちを抑えることも覚えましたね。いさなみやすおとして返信したメール。微かな期待も空しく温度のない返事。以前なら怒りを顕わにしていましたが、好きな気持ちが勝っているので肩を落とす社長。
美咲さんの心を失ってしまい、それでも一目会いたい気持ちが社長を突き動かします。自転車通勤、新オフィスの購入検討、気ぐるみバイト志願。相変わらずの突飛な発想には呆れますが、根底にある美咲さんへの想いに胸が締め付けられます。
居てもたってもいられなかった、想いを募らせる社長の気持ちがヒシヒシと伝わってきて切なさが込み上げました。

最後のシーンは見応えありました。
美咲さんが描く大人の余裕とは程遠い自分を曝け出し、ありのままの姿で思いの丈をぶつける社長の姿にグッときました。
離れてしまった美咲さんの気持ちを取り戻すための必死な告白。
階段を一段降りる度に美咲さんの様子を伺う社長。社長の不安な気持ちを払拭するかのような美咲さんの柔らかい表情。
美咲さんの瞳には「大丈夫。早く来て」という気持ちが滲んでいて、最後に踏み出した大きな一歩に涙腺崩壊です。

8話では、意気地がない自分の欠点を受け入れてくれと主張していた社長。社長自身が自ら欠点に立ち向かい勇気を振り絞ったからこそ、美咲はそれを受け入れることができたのだと思います。求めるだけではだめですからね。


美咲さんが社長を見直すきっかけになった「夢」
ふたりの夢が重なってどんな時間が紡がれていくのか楽しみです。
投稿者: [ 2016/06/17 08:19 ]
いよいよ今夜最終回
「しばらく会いたくない」と言われ、なんとかすれ違おうと奮闘する社長。本当にこういう事する男性は本来ならドン引きですが、大野君演じる鮫島社長だと許せてしまいます。

とにかく零治の思いが伝わって良かったです。最後、思わずとったスウィンギーポーズで着ぐるみの中に入っていたのがばれてしまいましたが、キツイ言い方でなく、優しい言い方だったのがとても良かった!最後に勇気を出してハグ出来たのも良かった!

最終回、どんな終わり方をするのか、これから見守りたいと思います。

9回のツボは「メッセンジャー三浦です」でした。
それから、桃さんと同じ様に白浜部長、和田社長の事が好きなんじゃないかと思ってます。まひろが以前言っていた、「社長は(男の人が好きな)オーラがないですけど」が白浜部長にもあてはまるけど実は、、、と思ってます。まひろが「何かに驚いていましたが、何に驚いているんだろう、、、

とにかく、楽しみです!!

投稿者: [ 2016/06/15 22:00 ]
抱擁
零治目線のドラマでとても楽しめていますが、もう少し美咲さんの心の中も表してほしいなとまだ思っています。
波留さんのやわらかい雰囲気はとても素敵。なので、あれほど頑なになってしまった心の扉をれいさんが開けた、その開けられた側の内ももう少し見たかった。

最後の抱擁シーンは何度見てもこちらに幸せを送ってくれる。単純に見返していた時は腕時計がガッツリ映り込むことに腕の角度でそうなるのか程度しか思っていなかったのですが、seaさんのコメントで「えっ」とびっくり。ご投稿に感謝です。
一時間?あのように抱きしめて抱きしめられていたなんて!設定だよとツッコマレようがあの二人なら有り得る。
うまく言葉を紡げない自分が残念でなりませんが、あたたかいものをもらったような気がします。

最終回がさびしくもあり、そして最後の展開が超楽しみです。
投稿者: [ 2016/06/15 17:46 ]
原動力
「夢を原動力に生きてきた」
そう話した美咲ちゃん。鮫島社長も同じですよね。旅館を立て直し、起業して8年であそこまで上り詰めることができたのは、ひたむきに努力してきたからです。
夢への想いが似ている2人。こんな風に惹かれ合う恋って素敵だなぁと感動しています。

管理人さん。
昨日投稿したものが反映されていなかったので再投稿させていただきました。
投稿者: [ 2016/06/15 14:36 ]
♡♡ピュアなlove♡♡
 本当にどこまでピュアなんだろう零治社長。普通には考えられない行動・・・ 偶然会えるようにオフィス借りようとしたり、スウインギーの中に入って近ずこうとしたり。
 そんな時でも舞子秘書や石上運転手は、味方で対応してくれる。
 バカげた事でもしっかりとした演技力と演出があって、面白くなっている。練習しているところがツボです。

 鮫島旅館での舞子秘書のわだかまりも、お父さんとの距離もなくなった演出・・・ 数秒の演技なのに解決してしまった。スゴイです。
 最後の夢を語る場面は、まさに鮫島オリジナル。階段を一歩ずつ降りて、少しずつ美咲ちゃんに近づいて・・・  やっとの抱擁。
 これで終わってもいいと思ったくらい。

 終わってほしくないけれど、期待を裏切らないセカムズ。最終話楽しみにしています。 舞子さんにも幸せになってほしいな。
 
投稿者: [ 2016/06/14 22:18 ]
ZERO 出演の意味
3話で せっかくZEROの取材依頼が来たのに、音無さん達が「うちの社長には無理」という理由で断ってしまった経緯があります。

それが今度は断らなかったという事は、鮫島社長が TV取材を受けても大丈夫なくらい成長した、と企画戦略部の皆さんに判断されたということではないかと。

大人になった?鮫島社長のインタビューの受け答えは果たして どんな風になるのか?(笑)
大きな見所の1つになるのではと期待しています♬
投稿者: [ 2016/06/14 15:35 ]
脚本の妙
世界一のホテルを目指す為に多くの社員をクビにしてきた社長が、着ぐるみバイトをクビになる展開が面白い。初めて言われる立場になって社員の気持ちが分かったであろうか?男としてだけではなく経営者としても確実に成長している筈。
こうした流れにもリアリティを感じさせてくれる演者の力量も大したもの。説得力のある演技がなければ脚本は生きない。

和田との馴れ合いは少し日和った感があり残念。最後までビジネス上の良きライバルとしての立ち位置を貫いて欲しかった。
投稿者: [ 2016/06/14 14:53 ]
宝石よりも
管理人さんお久しぶりです。
「重版出来!」と「世界一難しい恋」ははずせない名作です。
地位もお金もある男性が指輪や靴をプレゼントするのはたやすいことだとおもいます。でもそんな効果なものよりもみささんにとって価値のあるホテル経営の本をプレゼントする社長。かっこいいっす。俺の夢に手を出すな。かっこいい。ちっちゃいおっさんが格好良く見える演出が最高です。最後はみささんも素敵に描いてもらえるといいな。最終回たのしみですね。
投稿者: [ 2016/06/14 00:11 ]
疑惑・・・
セカムズ面白です。家族でハマっています。
社長の恋も気になりますが、白浜部長に対して疑惑が浮上しています。それは白浜部長が和田社長を好きなのではないかと言うことです!あれだけのハイスペックでありながら独身であり、まひろちゃんからのアプローチにも動じないし、何よりも和田社長が辞任した際の動揺っぷりが半端なかったので、妹ともしやと勘繰っています。冷静沈着な白浜部長が見せたらしくない態度に疑惑は深まるばかりです。予告でも結婚を発表した和田社長に対するリアクションが・・・。先が読めない展開に今まで翻弄され続けてきたので、そんな話で家族や友だちと盛り上がっています。
投稿者: [ 2016/06/13 14:57 ]
感動しました
たくさん好きな場面がありますが、私は鮫島社長が社長室で語った言葉に感銘を受けました。大好きな美咲さんとはいえ、安易に夢の手助けはしないと言い切る姿に心掴まれました。カッコ良すぎて痺れます。社訓の背景も見え、貫く信念にただただ感動しています。旅館の中に足を踏み入れた舞子さんへ向けた温かい眼差しも、スウィンギーの動きをマスターしようと練習に励む姿にもキュンキュンです。鮫島社長が大好きで苦しいです。終わりが見えてきて、早くも鮫島ロスに怯えています。。ずっと見ていたいです!
投稿者: [ 2016/06/13 14:31 ]
零さんとみささん
やっといさなみ夫妻の2人に会えました。心からホッとしましたし、幸せな気持ちになれました。
紆余曲折ありながらも、消えない想いを必死に伝えた零さん。夢と例えたみささんのことを、周りがヤケになって消そうとしても消えないものと言った零さん。周りとはもしかしたら私たち視聴者の事も含まれているのかも知れませんね。7話8話でみささんの株は急降下となり、あらゆる場所で『零治&舞子派』が急上昇してましたから。そんな私もみささんには不信感募らせていましたが(苦笑)
言葉以上に伝わる愛情表現にグッときました。ハグシーンが印象深く心に残っています。とてもとても素敵なシーンでした。
投稿者: [ 2016/06/13 14:22 ]
コラボ共演
zero取材の伏線回収もかねてか最終回に櫻井さんが櫻井さんで出るとか。。。どうなんだろう。あ、zeroと櫻井さんは何も悪くないですよ!

せっかく素敵なラブコメがただその(コラボという名の)お遊びひとつのせいで、ここへ来てアイドルドラマに成り下がらないかと心配なんです。そうなるとドラマにケチがついて大野さんも櫻井さんも被害者になっちゃいますからね。(これまでのこの形の共演が悪いというわけではありません。まだ嵐もグループとして若かったですから)
コラボならzeroに大野さんが出るだけで十分なんじゃないのと今は思っています。

楽しみにしていて不快に思われた方がおられたらすみません。杞憂に終わること、私も切に祈っています。必要かつ素敵なシーンになった暁には謝罪しますし、絶対そうなりますように。
投稿者: [ 2016/06/13 13:06 ]
ずっと見ていたい
毎回毎回、どの場面も宝石のように輝いて私の胸に残ります。こんなにも素晴らしいドラマ、脚本家の方はどういう気持ちで書きすすめられたのでしょう?オリジナルだから、大野くん始め全キャストのお芝居を見て、刺激され、感化され、さらに筆が乗ってきたなんてこともあるのかな?

零治の小柄いじり。自転車のくだり。今や日本一のトップアイドルにこんなことさせちゃって!でもきっとプロデューサーも演出家も、脚本家も、やって欲しい、やってくれるだろう、ほらやっぱり面白くなった!って思ってる?寡黙で目立とうとしないけど、彼の懐の深さ、愛される人柄にみんなハマっていくのかな?世間一般の話題沸騰ぶり、大野智を知らなかった、興味なかった多くの人たちからのセカムズと鮫島零治の愛されぶりを見ると、そんなふうにも思ってしまいます。

最後に本当にしたかった抱擁ができた零治、良かった。心から幸せな気持ちになりました。
そしてその前に、舞子さんがパパに促されて鮫島旅館に入ってきた時の零治の視線!それからパパを見て少し微笑んで、また宿帳に目を落とすところ!実はここも大好きで、心奪われたシーンです。

和田社長、恋に右往左往する零治を見るのが面白かったのね。そう、きっと脚本家さんもそれが面白くて、それが見たくて、ここまで振り切った、コメディとしてもラブストーリーとしても秀逸な本を書いてくださったんでしょうね。いや、このドラマ見て、感情ジェットコースターで右往左往している視聴者を見るのが面白くて、書いたのかも!?

最後はどうなるのか、楽しみですが、本当にどうなっても私は幸せな気持ちで見終わると思います。ただ水曜10時の楽しみが終わることはとっても悲しい。10分拡大じゃなく、1クール拡大してほしいです!
投稿者: [ 2016/06/12 21:32 ]
満たされました
鮫島社長が夢を大事にしていることを美咲ちゃんに真っ直ぐに伝わって良かったです。
夢に関しては男女関係なく恋の駆け引きにも利用しない。同じ志しをもつ者として想いを尊重した鮫島社長の本質にはグッときますね。

終盤の展開にはドキドキが止まらなくて手に汗が…。呼び止められて振り向いた先には恋い焦がれた美咲ちゃんの姿。反射的にスウィンギーポーズを取った鮫島社長にヒヤッとしました。 でも問い詰めてはいても、声が、美咲ちゃんの声が優しくて、鮫島社長に甘えていましたよね。そして貴方から来てくださいと言うように目で引き寄せているようにも感じて心が震えました。
しっかり抱き締めた鮫島社長の笑みに満たされています。
投稿者: [ 2016/06/12 19:56 ]
ホッとした\(>_<)/
美咲ちゃんは夢を叶えることが、第一優先の生き方をしてるのかな。
たぶん恋愛も仕事も夢の実現のために。仕事はともかく恋愛は、相手があっての事なので。
零治クンが、美咲ちゃんのために貸してあげた本や夢は自分で叶えるもの 等… きっと共感を感じたのだと思います。
指輪のsizeや誕生日も大事だけど、相手が何を求めているのか 何を目指しているのか…
まずは相手の気持ちに向き合う事が、大事ですね。
零治クン 今回は ドストライクでした。
最後の抱擁。夢はゆっくりでいいって、まさに一歩ずつでした。
本当に夢は大事にしてもらいたい。
なので、先を急がずに セカンドシリーズ期待します。
投稿者: [ 2016/06/12 19:46 ]
想いを語る瞳と手
本当に不思議なドラマです。

すれ違うためだけに自転車通勤を決めた社長の自転車にまたがる姿。一目見たいがために弟子入りし、
スウィンギー君の動きのレクチャーを受ける姿。
ご本人、至って真剣なだけに観てるこちらは大笑いです。
ところが、想い叶って、会えたばかりか見事ツーショット迄ゲット出来たのに、かえって会うことを拒まれている自分の立場を思い知ることとなった鮫島社長の表情に、一転こちらも苦しくなる。

僅かな時間のなかで目まぐるしく動く感情、本当に翻弄されていますね。

いつものことですが、今回も私にとっての名場面がたくさんあります。

和田さんとの山小屋でのやりとり。(突然のビンタに吹っ飛ばされた間合いはお二人とも秀逸!)
鮫島旅館で、鮫島父のお陰で足を踏み入れること―過去に区切りをつけることが出来た舞子さんと鮫島社長と父との瞳の会話……

そしてラストシーン。……今度は逃げない。というれいさんの強い意思を映した瞳。一歩踏み出す度、みささんを見つめる瞳。目の前に来たみささんにゆっくり伸ばす震える指。静かに肩を抱いたれいさんの顔……ごく僅かなみささんの動きで、自らを受け入れてくれたことを感じ取ったれいさんの瞳。

言葉以上に伝わりました。

そして、個人的にですが、やはり菅原さん演出は、とにかく美しく、繊細な心情を鮮明に映し出してくれているように思います。
投稿者: [ 2016/06/12 19:41 ]
短針の意味
巷で話題沸騰ですが、最後のハグのシーンで零治社長の腕時計が映し出されます。その短針に注目すると抱き寄せてから零治社長が安堵の笑みを浮かべるまで約一時間の経過が見て取れるのです。
細部にまで拘った丁寧なドラマ作りに定評のあるチームセカムズ。
あの2人なら一時間抱き合ってても不思議ではないように感じます。すれ違っていた分を埋めるように互いの体温に身を委ねていたのだと思っています。
投稿者: [ 2016/06/12 14:27 ]
優しい時間
零さん、とってもカッコよくて痺れました。下手な小細工よりも自分の経験から導き出した言葉はシンプルながら核心を突いていて心動かされます。零さんの本質に触れてみささんも素直になれましたね。BGMの音楽も優しくて2人を包み込む街灯も綺麗で見惚れました。
投稿者: [ 2016/06/12 14:22 ]
幸せな余韻
鮫島さんが幸せならそれだけでもういいかなとそう素直に思えるラストシーンでした。自分を受け入れてもらえた幸せを噛み締めているような鮫島さんの笑顔が見れて感無量です。
美咲ちゃんも柔らかい表情に戻っていましたよね。いさなみしほさんとして、また鮫島さんの元に戻ってきたことが嬉しくて涙が溢れました。
本当に良かったです。久しぶりに幸せな余韻に浸れています。

和田社長の目論見を不安視していたので、呆気ない幕引きに拍子抜けしています。でも、鮫島さんとの同志のような関係性にほっこりします。捻くれていますが、鮫島さんの恋を応援してくれていますよね。愛のムチ、笑わせてもらいました!

投稿者: [ 2016/06/12 11:27 ]
鮫島零治
鮫島さんの想いがやっと伝わりホッと胸を撫で下ろしました。美咲ちゃん、抱き締め返すことはありませんでしたが、胸に顔を埋めて静かに受け入れていましたよね。凄く優しくて綺麗な抱擁に心が満たされました。

夢を叶える為に夢中で勉強していた鮫島さんの昔に想いを馳せると胸がキューンと締め付けられます。ただひたすらに夢を追い求めて最後まで諦めずに貫いた熱い想い。池造成エピにも感動しましたが、鮫島零治という男の真骨頂を目の当りにして心が震えました。
零(0)からスタートして成功を治める男の生き様に惚れ直しています。
投稿者: [ 2016/06/12 10:49 ]
好きな気持ちは止められない
好きな人に一目会いたいと願う気持ち痛い程わかります。すれ違えたらと一目会えたらと用もなく何度も近くを通ったり、わざわざ遠回りしたりした学生時代を思い出しました。
でも、そこはさすが社長!スケールが違い過ぎます。高級ロードバイクに兄は大興奮!おまけにフロアを借りようと物件を探しに行ったり、挙げ句の果てには着ぐるみですか!やることがおバカで笑いっぱなしでした。とことん付き合ってくれる舞子さんと石神さん。メッセンジャー三浦も大活躍でしたね〜。社長に対する揺るがない気持ちも清々しくて好感もてます。
実は私たち視聴者と同じ気持ちだった和田社長の本音。社長が右往左往する姿が面白いからちょっかい出してたんですね〜。

愛すべき鮫島ホテルズの皆さんが笑顔で終われる結末を望んでいます。
投稿者: [ 2016/06/12 10:39 ]
最高の贈り物
あれだけ拗れてしまった仲をどうやって修復するのか不安でしたが、雨が降って地が固まりましたね。解決の糸口が双方の夢への想いというのが素敵でしたし納得出来ました。

美咲さんに贈った最高の贈り物。かつて自分が夢を叶える為に活用した本を、同じ夢を追い掛ける美咲さんに渡すなんてニクいです。男の人に助けてもらってまで夢を叶えたくないという彼女の心を揺さぶるのに充分過ぎます。今の彼女には靴も指輪も要らないのでしょう。
打算的ではない鮫島さんの真の心に触れて心が傾き始めた美咲さん。その後の抱擁シーンまでの流れがドラマチックで魅入りました。
投稿者: [ 2016/06/12 10:30 ]
静寂の中での熱情
本筋である鮫島さんと美咲さんの恋愛模様を軸にストーリーに幅と奥行きをもたせる肉付けが絶妙です。
過去の後ろめたさに車で待機していた舞子さんをもう大丈夫だからと招き入れる鮫島父。そんな父の配慮に鮫島さんも嬉しそうで…親子の関係がまた一歩進んだことを示唆していてジーンときました。
過去に捕らわれていた舞子さん。敷居を跨いだことで過去を乗り越えられましたね。そんな舞子さんの姿を優しく見詰める鮫島さん。
やっぱり舞子さんも石神さんもずっと社長を慕ってるのはこういうところなんだろうなぁ~としみじみ感じました。
部屋一面に沢山の段ボール箱。
鮫島さんがトップになるまでの軌跡が詰まっていて感動しました。
そして一冊の本を美咲さんに贈る鮫島さん。
『今の俺には必要ない本だが、これからのみささんには必要な本だ。』
努力して自分の力で夢を叶えた鮫島さんならではの粋な計らいにグッときました。


会わない約束を破ってしまってひたすら謝る鮫島さん。
以前のような下手な嘘や言い訳をせずに、潔く認め謝る姿勢には誠実さを、その後の夢になぞらえての告白には熱い想いを感じました。
「絶対に消えないものだ。周りの人間が躍起になって消そうと思っても、やけになった自分が本気で消しにかかっても、それでも消えずに残ってしまうもの。それが俺にとっての夢だ。つまり、君にそっくりだ!」
この告白は私の涙腺を刺激し、心を捉えて離しません。
静寂な中での抱擁シーンに未だにドキドキしています。
投稿者: [ 2016/06/12 08:25 ]
オリジナル脚本
なかなか会えない美咲ちゃんをダイオウイカに例えた鮫島さん。あの突飛な発想に普通に順応している舞子さんと石神さんに笑えます。鮫島旅館にも姿を現したダイオウイカに戸惑いながらもどこか嬉しそうな鮫島さんが可愛い。単純な思考回路は和田さんとの会話でも見受けられ、和田さんの鉄拳で目を覚ます下りも笑えますよね。
和田さんはただの良い人確定でいいのでしょうか?白浜部長との繋がりが布石だと思っていたので、一波乱あると睨んでいたのですが。。。反響次第でストーリーを変えられるオリジナル脚本ならではですかね。
鮫島さんと美咲ちゃんが寄りを戻してハッピーエンドが定石でしょうが、このドラマはいつも斜め上をいくので、期待しかありません。
投稿者: [ 2016/06/11 14:03 ]
奥深い男です
鮫島社長の夢への向き合い方が素敵だなぁと感心しました。旦那さんが、この信念からも仕事が出来るって分かるなぁと唸っていました。そしてその事が美咲ちゃんの琴線に触れて、鮫島社長を意識していく展開も自然で良かったです。
鮫島パパによる幼少期の鮫島社長の話にはびっくり!池をつくるなんて…子どもの発想としてはあり得なくもありませんが、それを実行し叶えたことに鳥肌が立ちました。旅館の坊ちゃんが単身で海外に飛び、一からホテル経営について学び、世界一のホテルをつくろうと躍起になった。鮫島零治という男の奥深さに惚れ惚れです。
美咲ちゃんに、安心して懐ろに飛び込むように言いたいです!器が小さいどころか大きな男だと思いますよ。
舞子さんが恩義だけで付いてきている訳ではないことも、鮫島旅館での視線の交わし方から伝わってきて、ジーンとしました。
投稿者: [ 2016/06/11 13:54 ]
零さん、良かったね!!
最後のハグで涙腺崩壊。告白を受け入れたあの頃よりも、2人の気持ちがきちんと向き合っているように感じ嬉しさで胸が震えました。
零さんの優しさと想いの深さに溶けていく美咲ちゃんの心。綺麗なシーンに見惚れました。

和田さんとの戦友的な師弟関係も面白いし、三浦さんとの関係性も可笑しくて、零さんの周りに自然と集まる愛すべき社員の皆さんも大好きです。
そして一番大切な舞子さんの存在。舞子さんも絶対に恋をして幸せになって欲しいです。
最終回の事を考えると今から寂しくて堪りませんが、しっかりと見届けたいと思います。
投稿者: [ 2016/06/11 13:43 ]
珠玉の回
鮫島さんの仕事(夢)に懸ける情熱に触れ、頑なだった柴山さんの心が揺れ動きだした流れがとても良く、惹き込まれました。心の動きが見て取れるストーリー展開はこの監督さんの方が丁寧だなと感じました。

また、過去の過ちから鮫島旅館の敷居が高かった村沖秘書を鮫島さんのお父様が招き入れてくれたシーンも秀逸でした。振り返り優しく微笑むその眼差しからは、村沖さんに対する愛情の深さと共に、お父様に対する感謝も窺えました。村沖秘書が言っていた言葉では言い表せない鮫島さんの良い所はこうゆう所なのだろうなと。本当に愛情深い方、人間味溢れる方だと思います。だからこそ、ずっと鮫島さんの味方であり続け、幸せを願い応援するのだと思います。


鮫島旅館の一部屋に山のように積まれたダンボール。沢山の本は、鮫島零治の軌跡。若い頃から努力を重ね、周囲に馬鹿にされながらも自分の夢を追い続けてきた鮫島さん。凄い方だなと、圧倒されました。
柴山さんの夢を知ったときの毅然とした態度と強い眼差しからも、彼の確固たる信念に心の奥底を掴まれました。柴山さんが惚れない訳はありませんよね。
柴山さんが自分との約束を守れなかった鮫島さんを口では責めていましたが、瞳から声音から恋をしているのが分かりました。

まだ少し迷いを含んで揺れている柴山さんの心が、完全に鮫島さんに寄り添うような最高のエンディングを期待しています。
投稿者: [ 2016/06/11 13:23 ]
グッときました
ふたりを結び付けたのは互いの夢に対する価値観が同じだった事。すごく素敵なエピソードだなぁと思いました。
中学生並みの恋愛観ですが、仕事に対する信念と、その揺らがない核たるものに美咲ちゃんが惹かれたのも必然だなぁと。まひろちゃんには不評でしたからね(笑)

想いが通い合った抱擁に胸が熱くなりました。着ぐるみ越しではなく、直に腕の中に夢である美咲ちゃんを抱き締める事が出来て良かったねと嬉しくて涙が出ました。
みんなが幸せになる結末を迎えて欲しいです。
投稿者: [ 2016/06/11 10:49 ]
スウィンギー零治♪
着ぐるみ作戦は美咲ちゃんに会えた喜びよりも切なさが上回る結果に終わってしまいましたね。
思えば9話にして初めて社長としての経済力を活用していました。私的な理由でフロアごと借りようとするなんて!
水族館や観覧車(これに至っては三浦から譲り受けてましたw)自宅デートなど、和田社長のようにもっと贅沢なデートが出来る筈なのに、セレブな感じが似合わないほんわかした二人がずっとステキだなぁと思っていました。

結局は作為的なことではなく、美咲ちゃんの心を動かしたのは真心であったということに感動しました。
恐る恐る近付く零治社長に美咲ちゃんが促すように軽くうなづいた時は心が震え涙が・・・(>_<)
ずっと待っていたんだなぁ〜と幸せな気持ちになれました。
最終回。と〜っても寂しいですが、セカムズファンとして最後まで見守ります!
投稿者: [ 2016/06/11 10:43 ]
ラブコメと言えども9話でやっとハグとはね。今時中学生でももっと大人なシーンを想像するだろう。でも妙に嵌まる。
和田の辞職は舞子に関係していると思われるのだが。鮫島に対する無償の愛にあの性悪女に逃げたように思った。
着地が楽しみだ。
投稿者: [ 2016/06/11 10:30 ]
戻ってこいよ
いさなみ夫妻のイラストを見つめながらそう呟いた言葉に胸を締め付けられました。愛おしげに指でなぞる仕草にもキュンとしました。戻ってきてくれた美咲ちゃんに涙が零れました。
着ぐるみ姿でも喜怒哀楽が見て取れました。終始この恋を大切にしている感じが伝わってきて、私も恋をしたくなりました。
どんな結末を迎えても、2人が選んだ道を応援したいです。
投稿者: [ 2016/06/10 14:50 ]
これが見たかった
やっと心満たされました。ずーっとモヤモヤが晴れなくて、今回見てダメだったら最終回を待たずに視聴を止めるつもりでいました。でも、見てよかったです。これぞラブコメ!満足感に浸っています。
この監督さんらしい丁寧な心情描写には惹き込まれました。しかし、気になったのは身体的弄りが過度だったこと。自転車のくだりはしつこい感じがしましたが、思いの外ファンの方々には好評なようで。人それぞれですね。

和田さんがホテル業界から撤退する展開は突拍子過ぎて違和感。恋敵が出ない分、ビジネスにおいてのライバルは必要な気がします。

それでも濃厚な1時間で見応え充分でした。
どんな着地点になるのか期待しています。
投稿者: [ 2016/06/10 14:44 ]
感動!!!!
良かった。本当に良かったです。
舞子派の旦那さんと息子も最後のシーンで目を潤ませていました。

会いたくないという美咲ちゃんの条件を受け入れたけれど、会いたい気持ちが増すばかりの零さん。またもやおバカ作戦で空回りしていましたね。声を出して笑ってしまいました。自転車の足が届かない場面も着ぐるみの中に入る為の自主トレも可笑しくて仕方ありません。
呆れながらも応援するスタンスを崩さない舞子さんの株も我が家では上がる一方です。

美咲ちゃんが「零さん」と呼び止めた時に、驚きの余りスウィンギーポーズをとってしまった零さんにヒヤっとしました。またケンカになってしまうかも。。。でも、美咲ちゃんの涙を湛えた表情と柔らかい声音に安心しました。もう心の中では零さんを許していたのですね。
その後のハグに繋がるシーンは涙が溢れて。確かめるように一歩一歩近づいていく零さんと、静かに待つ美咲ちゃん。

本当に感動しました。
投稿者: [ 2016/06/10 10:56 ]
ちょっと震えた
最後の抱擁シーンで震えながら肩に手を置いた鮫島に自分も震えた。緊張しながら食い入るように見たのは初めて。いつもは馬鹿だなぁと肩の力を抜いて愉しんでいたから。
何気にキーマンな三浦。何処までも鮫島贔屓な秘書と運転手。随所に散りばめられた遊び心に容赦なくツボを押される。此処まで嵌るとは思わなかった。
非モテな自分に希望をもたせてもらえるラストであって欲しい。
投稿者: [ 2016/06/10 10:41 ]
グッときました
最高のハグに心が満たされました。鮫島さんにとって夢は消えないもの。それは美咲ちゃんに似ているとか。それに対しての美咲ちゃんの返しも良かったです。いさなみ夫妻のお伽噺を彷彿させるウィットに富んだ会話で素敵でした。
鮫島オリジナルはいつだって心掴まれます。最後はぜひともハッピーエンドでお願いしますね。
投稿者: [ 2016/06/10 10:33 ]
お互い最初に受けた印象が間違いではなかったと確信したのでは。。。
何かひとつでも尊敬出来るところがあると女性は救われる気がします。
いよいよ最終話、果たしてこの恋の行方は
。。。?
最後 のシーン素敵でしたね。
こういう男性嫌いじゃないです。






投稿者: [ 2016/06/09 22:37 ]
手を震せながらの鮫島社長の抱擁を美咲さんが受け入れてくれて良かったです。安堵した表情で少し涙ためてましたね。

舞子さんが、鮫島旅館に入った時の鮫島社長の口角が上がった表情、台詞がなくとも心情が伝わってきました。
毎回色々な表情を見せてくれるので何度も繰り返し観させてもらってます。

投稿者: [ 2016/06/09 20:43 ]
零治マジック
元々好印象でなかった美咲がすごく可愛らしく見えた。零治と対峙するとあまりのピュアさ単純さに心のトゲも無くなるのか?あの和田も本音を曝け出していたしね。和田の幸せ論から悟った零治。トンチンカンな発想にそうじゃないと突っ込んだ矢先の鉄拳。すげー笑った。腹筋崩壊っす。
美咲との復縁も、親父さんとの関係修復も見ていて気持ち良かった。
次週が最終回なんて寂しい。どうなるか期待しかない。
投稿者: [ 2016/06/09 14:54 ]
零さん呼びに戻った♪
美咲ちゃんからの歩み寄りが嬉しかったです。


美咲ちゃんの条件は『しばらくお会いしたくありません』でした。『もう二度とお会いしたくありません』ではなかったことに一縷の希望を託して見守りました。

相変わらずな零治社長の残念な恋愛テクニック。舞子さんや石神さんだけでなく戦略部の社員皆さんも巻き込まれていて可笑しかったです。

あんなにヤキモキしていたラブシーンも、見た瞬間は嬉しくてたまらない気持ちになりました。

こんなに幸せな気持ちに包まれるのかぁと、未だにふわふわしています。
投稿者: [ 2016/06/09 14:47 ]
不覚にも泣けました
この年で泣けるドラマに出会えるとは思っていなかった。しかも苦手なジャンルのラブコメで。
鮫島の想いがすごく伝わってくる。終盤の展開は驚く程見入ってしまった。階段を一段一段ゆっくり降りて美咲の元に歩み寄るシーン。これまでの突飛なアプローチを振り返ったようなスローテンポ。彼なりに距離を縮めてきたことを象徴しているようで堪らない。
最後意を決して美咲の肩に手を添えた瞬間。『行け!』思わず口に出していた。壊れ物を抱き締めるような綺麗な抱擁シーン。鮫島の笑みからは、拒否られなかった安堵と受け入れてもらえた喜びが滲み出ていた。こういった演技が実に巧い。

余談だが、やはり台詞にセンスが感じられない。ストーリー展開は秀逸なだけに残念。
鮫島の幼稚さが際立って醒めてしまうんだよな。
投稿者: [ 2016/06/09 14:38 ]
幸せな余韻
あの笑顔が見れて感無量です。
震える手で美咲ちゃんを優しく包み込む姿には心掴まれました。美咲ちゃんも刺々しさがなくなりいさなみしほさんに戻っていましたよね。冒頭の「早く戻っておいで」の言葉が効いていて上手いなぁと唸りました。
社長の夢にかける情熱を感じられたことも良かったです。そしてそのことに同調する美咲ちゃん。2人の縁の深さが垣間見れる素敵な場面でした。
投稿者: [ 2016/06/09 14:28 ]
第9話
古くて素敵な洋画を見ているような世界でした。
おかげで、ぐっすり眠れました。

美咲が「クビアカトラカミキリ」と言った瞬間に、いさなみ夫婦が帰ってきたように見えました。

零治がゆっくり美咲に歩み寄るシーンは良かったですね~。
セリフはなく、二人の瞳だけで見せる場面。本当に素敵でした。
夢は自分の力で叶えるもの。零治の夢は美咲。だから、歩み寄って行ったのは零治で美咲は待っていたのでしょうね。

楽しくていい場面が沢山すぎて(汗)
後からコメントする方にお任せします!

それにしても、男性目線の管理人さんからすると、零治は中学生に逆戻りですか。まあ、急には大人になれないですよね。
投稿者: [ 2016/06/09 10:43 ]
いさなみ夫妻になれなくともいいじゃない
本当の自分を本当に好きな人にさらけだすってことは難しい。
嫌われないだろうというレベルに達する域になれるだろうか?

ラストは不器用な二人の精一杯なとこがみれて良かった。
やっと向き合えた。今度はお互いちゃんと抱き締めあえる絆が作れるとこまでいけるといいな。

何だかいさなみ夫妻のロマンティックさよりケンカしてばっかりの二人の未来が浮かぶけど(笑)

ラブコメだけど深い。和田社長にもびっくりですよ(笑)
投稿者: [ 2016/06/09 09:54 ]
☀【脚本】金子茂樹【演出】菅原伸太郎☝凄いわ☀
✨【脚本】 金子茂樹【演出】菅原伸太郎✨
最高のタッグだった☝
大野智君の演技力には脱帽だった🙇
🐧着ぐるみの演技にまで引き込まれるとは
9話内容も流れも和田さんの👋ビンタも見所満載でした👍
観てない人残念でしたね
👀パクリではない💕新たなラブドラマに挑戦した日テレさんと大野智君の演技に乾杯🍻👌
これは凄いわ☀
日テレさんイチかバチかの社運を大野智君にかけたのですか👀☝
投稿者: [ 2016/06/09 09:53 ]
大野くんはハグが最高!
ラストのハグシーンは、久し振りに成瀬さんと被りました。
お二人とも素敵でした!
ドラマ終わってからのお二人さんの会話に多分ハッピーエンドはまだ先で仕事に頑張るカップルさんかな?と思いましたが未来は明るいようです♪
あの着ぐるみさえも魂が入っているように見えたのは流石です。
竜兵さんとの絡み涙出そうでした!
そしてキャストさん達の演技も素晴らしいです、北村さんも有り難う!とても優しい社長さんでした。
本当に優しさを忘れてはいけない事をあらためて教えてくれるドラマです。
あ~~あ来週最終回!寂しいけど、、生きられる♪
投稿者: [ 2016/06/08 23:51 ]
楽しみにしています
いよいよ第9話ですね。
大好きな回である第4話の監督さんなので楽しみにしています。
コメディに走り過ぎず心情変化を丁寧に切り取ってくださるので、見ていて自然とストーリーに入り込めます。

今度こそ見終わった後は幸せな余韻に浸らせてもらえたら…そう願っています。
投稿者: [ 2016/06/08 18:09 ]
絶縁からの復縁!?
サブタイトルに心躍らせています。
2人の笑顔が早く見たいです。
毎週会える幸せに感謝しながら残り2話堪能したいと思います。
管理人さん、いつもありがとうございます。残り2話もよろしくお願いします。
投稿者: [ 2016/06/08 14:49 ]
永遠のテーマ
『愛する者の欠点を愛することができない者は、真に愛しているとは言えない』

このゲーテの言葉がドラマの大きなテーマなのかもしてません。
そして私たちにとっても永遠のテーマですよね。
でもこれって究極の愛ですよね。まだ付き合って2週間の鮫島さんと柴山さんに求めるのは酷なように思います。

「まだ愛は始まっていない」という鮫島さんの言葉に大きく頷きながら見ていました。
でも欠点を認めて受け入れることを無理強いするのは違うと思うのです。欠点というのは無理に受け入れる必要はないと思うのです。欠点を受け入れても余りある魅力を感じられるなら共に歩むことができるのだと思います。我慢しても上手くいきません。
ゲーテの理屈は少し強引過ぎる気がして白けてしまいました。けれども、その一生懸命な想いや諦めない情熱には胸を熱くさせられました。

今回も大野さんの細やかな味付けが光っていました。目には瞳の揺らぎまで感じられ、心情の変化が伝わってきます。わずかな視線の動きにも心揺さぶられます。視線を向ける先に想いの強さと熱を感じてたまらなく焦がれてしまうのです。

意気消沈した鮫島さんの悲哀さが表情だけでなくちょっとした仕草にも現れています。
社長室で椅子に腰掛ける姿。いつもより足首を捻って足の裏を内側に向けています。これだけでも彼の落ち込みようが伝わります。エレベーターでの姿勢もまた然り。虚無感や脱力感だけでなく可愛さも加わってより同情心を煽られます。

後2回。最後まで見届けます。
投稿者: [ 2016/06/08 10:31 ]
あぁ〜もう頭の中は零治社長でいっぱい
最近前にも増して頭の中は零治社長でいっぱいです。
回を追うごとに魅力的になる零治社長から目が離せません。
着ぐるみ社長にルンルンしていたら爆弾投下されてしまい動揺のあまり眠れませんでした。
あのバグの意味が知りたいです。妬いてしまうけど、やっぱり零治社長には好きな人と幸せになって欲しいです(*^^*)
投稿者: [ 2016/06/07 15:18 ]
どうなるのか不安です
セカムズの予告には毎回振り回されてしまうので、動揺しまいと平静を装っていましたが、やっぱり気になって気になって仕方ありません。まんまとチームセカムズの策略にハマっています。そして色々な意見を目にしても、やっぱり鮫島さん贔屓な私は鮫島さんに毒されているなぁ〜と感じでいます。
早く見たいような見たくないような複雑な気持ちで明日を待ち侘びています。
投稿者: [ 2016/06/07 14:24 ]
好きな気持ちが上回れば短所も長所になります
第3話で美咲さんが言っていた言葉。
「でも人とホテルは違うから。問題があってもその部分を我慢できたり、いつか好きになったりもするからね」
白浜部長が独身であることに疑問を抱くまひろに対して、どんなに立地がよくても人が入らないホテルがあると三浦くんが例えた際に放った言葉です。

美咲さんは意気地なしで器が小さいという鮫島さんの問題を我慢できなかったのです。
でもこの言葉を噛み砕くと、もしかしたら今後この問題を好きになる可能性もあるという希望ももてますよね。

短所と長所。
受け取り方で変わってきます。

予告で美咲さんの心に明るい兆しが見えてきたように感じました。

期待しています。
投稿者: [ 2016/06/06 19:48 ]
後、貴重な2話!
早いです、時の流れ!
ドラマが始まると聞いた新年、もうすぐ終わり、あっと言う間に多くの人の心をつかみハラハラドキドキさせてくれています。
珍しいラブコメです。
昨日このセカムズにはまりすぎた高校生男子のお母さまから、水曜日を楽しみにしていてドラマが始まるとかなりウルサク(笑)
気合い掛けたり笑ったりで賑やかに楽しんで観ていると話されてました♪
常はスポーツ、特に野球大好きだそうです。嬉しかったです!
明日は予告編でのハグで盛り上がっています♪いずれにしてもとても楽しみです!
投稿者: [ 2016/06/06 16:36 ]
予告が絶妙に上手いので、9話もどうなるのか全く予想がつきません。鮫島社長、美咲さんの笑顔が観られますように。でないと観るのが辛くなってくる。
波瑠さん、6月初めに7月期のドラマのクランクインをされたようです。
後2話、大野さんがラストはどちらでもかまわない。散ったとしても零治は成長したと思うよ。とコメントしてました。

投稿者: [ 2016/06/06 15:06 ]
3秒の破壊力
管理人さん、記事のアップありがとうございます。

土曜日に目にした3秒の予告に思考が停止しました。ドキドキとザワザワに心が迷子になっています。

投稿者: [ 2016/06/06 14:43 ]
和田さんの辞任
ストーリーの軸である鮫島さんと美咲さんの関係性がこじれている今、和田さんの辞任とかもう詰め込み過ぎです。サイドストーリーもこじれたら収集つかないのではと危惧しています。
脚本の妙に唸らせてもらえることを期待しています。
投稿者: [ 2016/06/06 14:35 ]
みなさんの感想や情報





名前の複数利用不可。コメントの掲載が制限されます。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
最近のコメント★歓迎!
データ取得中...
アクセスサイトランキング
人気記事ランキング30
【全アクセス順位】
スマホ、タブレット QR
QR
カテゴリ Category
アクセス
アクセスランキング アクセスランキングブログパーツ アクセスランキング