Fcastドラマ視聴率まとめ

国内ドラマ視聴率·キャスト情報·感想·ネタバレなど。個別スポーツ、バラエティ視聴率も速報更新。コメント大歓迎!検索は『fcast』
視聴率記事更新日:放送日時 番組タイトル

【木22視聴率】早子先生、結婚するって本当ですか?7/8/9話  

公式サイト
松下奈緒が三枚目キャラ熱演で新たな魅力全開!実家暮らし34歳独身女が幸せ探して1歩踏み出す。木曜夜の新習慣!今までにない笑って泣けて元気が出るドラマ!
【スタッフ】
原作:立木早子「早子先生、婚活の時間です」ほか(イースト・プレス)
脚本:水橋文美江
演出:中江功:佐藤源太:山内大典
プロデューサー:橋本芙美:柳川由起子
主題歌:それでしあわせ/chay
挿入歌:Let It Be Me/山下達郎&竹内まりや
【キャスト】
松下奈緒 立木早子 平和町小学校の1年1組担任教諭。独身の34歳。実家暮らしで、料理や家事は何もできない。
貫地谷しほり 久我山ミカ 早子の同僚教師で、28歳独身。女子力が高く気が強いが、表裏のないさっぱりした性格。
佐藤仁美 成増梅子 早子の同僚の音楽教師。37歳独身。考え方はいつもネガティブ。穏やかで争いを好まないタイプ。
八嶋智人 千駄木廉太郎 早子の同僚の教師。43歳独身。結婚願望が強い。
尾藤イサオ 立木辰志 豆腐店を営む早子の父。真面目な性格だがどこかおちゃめ。
松坂慶子 立木尚子 早子の母。楽天家で発言がストレートだが、嫌味はない。
【視聴率】
01 4/21【6.8】実家暮らし34歳独身女が幸せ探す物語! 笑って泣いて元気が出るドラマ
脚本:水橋文美江 演出:中江功
02 4/28【6.1】初めてお見合い!?優しい嘘と哀しい現実
脚本:水橋文美江 演出:中江功
03 5/05【4.9】吉岡秀隆登場!衝撃の出会い!?忘れられない女!
脚本:水橋文美江 演出:佐藤源太
04 5/12【5.0】死んだぬか床と運命の出逢いと年下の美少年!?
脚本:阿相クミコ 演出:山内大典
05 5/19【5.4】早子が初めて家に連れてきた男!?
脚本:水橋文美江 演出:中江功
06 5/26【5.2】本性見せた!?男の奪い合いと女の友情
脚本:水橋文美江 演出:佐藤源太
07 6/02【5.7】年下美少年から初めてのプロポーズ!?
脚本:水橋文美江 阿相クミコ 演出:山内大典 
平岡祐太 吉沢亮 川村ゆきえ
08 6/09【5.9】 また1人婚活同盟卒業!残された独身女
脚本:水橋文美江 演出:中江功
09 6/16【5.2】最終回
脚本:水橋文美江 演出:中江功

07
 休日、早子(松下奈緒)の家を訪れた銀行マンは、居合わせたミカ(貫地谷しほり)の学生時代のサークルの先輩・香川(平岡祐太)だった。久々の再会に2人の会話は弾み、香川も独身だと分かる。一方、運動会の準備に追われる放課後、本郷(山内圭哉)の妻・ゆきえ(川村ゆきえ)が、いとこの隼人(吉沢亮)を伴い差し入れにやって来た。偶然にも、以前の合コンの参加者だった隼人は、早子がまだ婚活中だと知ると、突如、結婚しようと言い出す。
【感想】
今回の話は、早子にとって、どんな話だったのだろう。合コンした男子隼人が再登場し、早子に対して、いきなり結婚しようと言ったりしていたが、心のなかでは、三田凪太郎の存在が、更にクローズアップされたりと、物語の最終段階に向かう前段階なのかな。それとはいえど、恋の行方で描かれていたのは、ミカと彼女の先輩の香川の行方。香川との過去の恋の行方を語るミカは、付き合う気まんまんかと思っていたら、最終的には、彼の転勤もあり、二人にあの時の情熱がないと再確認しただけだった。それにしても、香川の元カノに、何も関係のない早子が殴られるだけならまだしも、二人の関係を、売り言葉に買い言葉友思える勢いで、元カノにぶつけるとは、早子の空回りはすごかったが、その光景を見たミカは、彼女のことをさらに友人として大切には思えた。けど、大きなことは、ココに来ても何もない!その上、婚活同盟のメンバーは、いつの間に舞も婚約してるし、彼女の話は、端折られたのかな。けど、今回描かれた女性同士の友情がどんなもんか?僕には実際はわからないけど、このドラマで見ると悪くないかもしれない。けど、早く三田は、この街に帰ってきてもらいたいし、そうしないと話が進まないような気はする。何しろ、ミカと早子に何か起きてほしい。
08
 風子(川栄李奈)の夫の同僚で、名古屋から東京本社に異動してきた亜衣子が‘婚活同盟’に参加することに。一緒にカラオケをして仲良くなった千駄木(八嶋智人)は、かわいく気さくな亜衣子に心ひかれる。後日、早子(松下奈緒)たちに促され、千駄木は亜衣子に電話するが、電話に出た若い男に絡まれる。一方、携帯電話のメールに困惑する辰志(尾藤イサオ)の様子に気付いた尚子(松坂慶子)は、何か隠しているとにらむ。
【感想】
千駄木廉太郎43歳の教師に、あんな若くて美人の恋人ができるなんて、いくらなんでも、夢また夢のお伽話だが、そんな現実がないところが、このドラマかな。成増梅子37歳に、勝手に相手が勝ってに自分のことを見つめていて、勝手に好きになって、告白されるなんて言うのも、夢また夢だもん。それでなぜか、婚活同盟で残ったのは、現実世界で、こんな二人が職場にいたら、とんでもない戦いが繰り広げるであろう早子とミカが残るんだもん!とか思いながらも、女性の愚痴を5時間も聞き続けることができる千駄木は、たしかに凄い。けど、あの亜衣子ならそれも楽しく感じてしまうのかというキャスティングだもんな~。それにしてもカラオケで盛り上がった祭りの後が、あのチンピラみたいな後輩連中。引きかな~。それを乗り越えての5時間愚痴聞きまくりなら、世の中いいことが起きないと、やる気なくすかも。けど、あの早子のメールは、まさか、辰志に送ってるとは、なるほどね~。最後ははやこの恋の行方が気になると事だったが、未だに恋の香りもしないミカはどうなるのだろうか?最終回も見てしまうかな。
【最終回】
凪太郎(吉岡秀隆)からメールの返信はなく、その意外な理由が分かった直後、本人が突然実家の店にやって来る。予期せぬ再会に戸惑う早子(松下奈緒)は「会いたかった」とついに思いを伝える。そんな中、破水して病院に運ばれた風子(川栄李奈)の様子を伝える電話がかかってくる。一方、早子と同じく‘婚活同盟’で結果の出ないミカ(貫地谷しほり)は、高校時代の友人と参加した合コンで飾り気のない好青年・十条と出会う。
【感想】
‘婚活同盟’で結果の出ないミカで、絶対一話できてるはずなのに、かなり苦肉の策で、早子と凪太郎の恋愛事情と混ぜながら、なんとか、終わるを迎えたな~という感じ。普通なら、あと二話くらいで、華々しく、美人女優たちの共演で、合同結婚式で、終りを迎えてもおかしくないのに、みんなで試着でお終いって、なんとも寂しすぎる。地震がぶつかったので、一話削減されてるというのはわかりやすいが、それ以上に、削減された感じしかしない最終回だった。個人的には凪太郎と早子が、きっちり、結ばれて欲しかったが、凪太郎が早子の店を訪れると言う結末で終わってしまうんだな。それにしても、2番手のミカの話があそこまでカットされてしまうとは、非常に残念。けど、こういう結果になってしまったのは、主人公早子の設定が、松下さんの魅力を削ぎ落として、成立させようとしたところから始まったのが問題かな。他のキャラは、そんなことしてないのに、彼女だけ、髪を切らせて、しゃべり方も女子力が乏しくさせてるところからどうかとは思った。けど、凪太郎と早子の関係は嫌いじゃなかったんだな。吉岡さんの魅力が十分に発揮されていたし、それゆえに、二人でいる時早子も輝いていた。いろいろと残念なドラマだったかなという結論かな。
早子先生、結婚するって本当ですか? DVD-BOX
ポニーキャニオン (2016-10-05)
売り上げランキング: 752
関連記事

>
2016/06/17 13:21 :Category:【松下奈緒】 コメント(0)
みなさんの感想や情報





名前の複数利用不可。コメントの掲載が制限されます。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
最近のコメント★歓迎!
データ取得中...
アクセスサイトランキング
人気記事ランキング30
【全アクセス順位】
スマホ、タブレット QR
QR
カテゴリ Category
アクセス
アクセスランキング アクセスランキングブログパーツ アクセスランキング