Fcastドラマ視聴率感想

PC、スマホ、タブレットで国内ドラマ視聴率速報!独自感想も掲載。ジャニーズバラエティ視聴率も素早く更新。コメント大歓迎!検索『fcast』

【水21視聴率】刑事7人 8話  

刑事7人
第2シリーズでは「機動捜査隊」へ異動した天樹が北大路欣也演じる法医学者・堂本俊太郎らおなじみのメンバーと手を組み、警視庁最強の「別動捜査隊」を編成! 数々の超凶悪犯罪に立ち向かいます――
◇スタッフ
脚本  真野勝成 大石哲也 八津弘幸 森下 直 
監督:及川拓郎 新村良二 長谷川康
音楽 吉川清之
【ゼネラルプロデューサー】黒田徹也(テレビ朝日)、三輪祐見子(テレビ朝日)
【プロデューサー】山川秀樹(テレビ朝日)、和佐野健一(東映)
◇出演者
東山紀之/天樹悠役 「機動捜査隊」に異動!
高嶋政宏/沙村康介役 警視庁捜査一課12係の刑係長。正義感の強い熱血漢。
片岡愛之助/山下巧役 謎の部署「未来犯罪予測センター」へ異動。情報分析
鈴木浩介/永沢圭太役 天樹の相棒となる警視庁捜査一課12係の刑事。銀行マンから転職
倉科カナ/水田環役 警視庁捜査一課12係の刑事。情熱家の帰国子女。
吉田鋼太郎/片桐正敏役 管理畑出身という異色の経歴を持つ、刑事総務課長。
北大路欣也/堂本俊太郎役 殺人事件が発生した際の司法解剖を受け持つ、東都大学医学部の法医学教室教授。
【視聴率】
01 7/13【10.8】スペシャリスト再結集!! 未解決事件に空欄50の罠…!! 模倣犯からの挑戦状
脚本 真野勝成 監督 長谷川康
02 7/20【*9.8】秘書が転落死!! 疑惑の8000万円!! 密告する女のバトル
脚本 大石哲也 監督 長谷川康
03 7/27【11.8】地上145メートル密室からの脱出!! 爆弾に繋がれた命の期限
脚本  八津弘幸 監督 及川拓郎
04 8/03【11.1】 刑事死す!! 最期の謎のメッセージ食い違う7つの証言
脚本 真野勝成 監督 及川拓郎
05 8/10【*9.8】なぜ仲間は死んだ?刑事たちの弔い合戦、完結編!
脚本 真野勝成 監督 及川拓郎
06 8/24【10.5】「人間のクズ」は不必要?正義の殺人者“水曜日のHUNTER"
脚本 森下直 監督:新村良二
07 8/31【*9.8】国ぐるみのリコール隠しで殺人!?鍵を握る“海外からの使者"
脚本 大石哲也 監督:新村良二 
08 9/07【*9.0】死体が語る不完全な交換殺人…!? 100%アリバイの女
脚本 伊藤洋子 監督 長谷川康
09 9/14【10.0】最終回


01
 機動捜査隊に異動した天樹(東山紀之)はほぼ24時間態勢で管内をパトロール。ある日、外に置かれた箱から血が流れているとの通報で駆け付けると、中に頭部と胸部から切り離された首だけが入っていた。同地域では3年前にもバラバラ殺人事件があり、未解決のまま。その後も、遺体の一部が入った箱が次々と見つかり、天樹が以前所属していた「捜査一課12係」の沙村(高嶋政宏)らも捜査に加わる。捜査本部が置かれた所轄署の副署長・赤石(菅原大吉)は部下の青山(塚本高史)に12係周辺の動きを見張らせる。
02
 東京都知事・岡田(山田明郷)の特設秘書・和久井(児玉貴志)が転落遺体で見つかる。第一発見者のテレビキャスター・雅美(MEGUMI)が、番組で岡田の収賄疑惑をスクープ。和久井が岡田と贈賄側とのパイプ役だと報じる。所轄署は状況から和久井の死は自殺と断定。しかし、検視した堂本(北大路欣也)から和久井が死ぬ前に拘束されていた可能性があると聞いた天樹(東山紀之)は、12係の沙村(高嶋政宏)らと独自に捜査を始める。
03
 医師・若杉(菊池均也)の他殺体が患者・高坂(モロ師岡)の部屋で見つかり、高坂は犯人に連れ去られる。補助人工心臓で生きる高坂のバッテリー残存時間は最大12時間だ。犯人からの映像により監禁場所のビルが特定され、沙村(高嶋政宏)らが急行するが、天樹(東山紀之)は簡単過ぎるといぶかしむ。高坂の発見直後、ビルで爆発が起き、そのフロアは孤立し外へ出られなくなる。さらに高坂のバッテリーには爆弾が仕掛けられ…
04
 パトロール中の天樹(東山紀之)は、団地で遺体が見つかったという無線を聞き、現場に急行。その少し前、永沢(鈴木浩介)も同じ団地に来ていた。終業後に沙村(高嶋政宏)らの誘いを断り、ある人物の指示で団地を訪れたのだ。住人のあずさ(吉井怜)の悲鳴を聞き、部屋に駆け付けた永沢は、彼女を襲うことに失敗して逃げ出した男(みのすけ)を追う。他の住人たちの証言から作った似顔絵を基に、天樹らもその男の行方を追う。
05
 天樹(東山紀之)らは、永沢(鈴木浩介)が何者かのわなにより殺されたと気付く。改めて捜査を始めると、警官だった永沢の父親(岩渕敏司)が殉職前に息子に残したカセットテープが見つかる。その内容から、永沢は父親が死の直前まで捜査していた事件を再調査していたようだ。天樹は永沢が遺品のトランプに込めた暗号を解読。「ミクボゲン」という言葉が浮かぶ。調べると、それは30年前の殺人事件の犯人の名前だった。
06
 不良集団の元幹部が立て続けに射殺される。被害者は袋小路に追い詰められ、壁にはペンキで「HUNTER」と書かれていた。連続殺人事件として捜査する沙村(高嶋政宏)らは、抗争で息子の体が不自由になった景子(舟木幸)をマーク。一方、天樹(東山紀之)は事件前に両現場を清掃したボランティアクラブに潜入。経営コンサルタントのかずさ(高橋ひとみ)が立ち上げた同クラブの一員・工藤(春田純一)が犯人だと確信するが…。
07
 天樹(東山紀之)らは大手電機メーカーの研究員・あおい(小野真弓)が殺された事件を捜査。上司の赤松(羽場裕一)の話から、途上国のセラビアからルーク(ムハンマド・ナズミ)という男性があおいを頼って来日中だと分かり、天樹らはルークの行方を追う。一方、赤松とあおいが口論する姿も目撃されており、沙村(高嶋政宏)らは赤松の身辺も捜査。検視の結果、あおいは別の場所で殺された後、自宅まで運ばれていたと分かる。
08
 画家の伊吹(山中雄輔)が変死。所轄署は服毒自殺と断定するが、伊吹が死の間際に「人を殺した」とつぶやいたと耳にした天樹(東山紀之)は、独自に捜査を開始する。その2日前、12係は高級ホテル社長・柳(草野康太)が殺された事件を捜査。柳は2カ月前に急逝した創業者の父親に代わって社長に就任したばかりだった。やがて、天樹の捜査で伊吹が柳を殺した可能性が浮上。しかし、調べても2人の接点は見つからない。
【最終回】
現場で男(山本裕典)が天樹(東山紀之)の覆面パトカーをのぞき込んでいた。無線が聞きたいという男の頼みを断ると、男は無線のものまねをしながら去っていく。車に乗り込んだ天樹は、男がものまねで口にしたのと同じ住所で殺人事件が起きたことを知る。天樹は男の身元を突き止めるが、山崎という名のその男は、適当に口走っただけだと主張する。そんな中、新たな殺人事件が発生。状況から、天樹は連続殺人を疑うが…。
関連記事


>
2016/09/15 10:09 :Category:【東山紀之】7人の刑事 コメント(0)
みなさんの感想や情報





名前の複数利用不可。コメントの掲載が制限されます。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
人気記事ランキング30
【全アクセス順位】
Amazon

スマホ、タブレット QR
QR
アクセス
アクセスランキング アクセスランキングブログパーツ アクセスランキング