Fcastドラマ視聴率

PC、スマホ、タブレットで国内ドラマ視聴率速報!独自感想も掲載。ジャニーズバラエティ視聴率も素早く更新。コメント大歓迎!検索『fcast』
視聴率記事更新日:放送日時 番組タイトル

【火22視聴率】せいせいするほど、愛してる 【見逃し配信】最終回の数字は! 

7月期火曜ドラマせいせいするほど、愛してる 見逃し配信
“せいせいするほど”ひたむきに、 限りなく純粋で禁断の、大人の恋愛ドラマに挑む!!
【スタッフ】
原作:北川みゆき「せいせいするほど、愛してる」(小学館)
脚本:李正美:渡邉真子:井上聖司
演出:石井康晴
プロデューサー:伊與田英徳 飯田和孝
主題歌:松田聖子「薔薇のように咲いて 桜のように散って」 
【キャスト】
武井咲 栗原未亜 仕事が生きがいの企業で働く広報部員。海里が既婚者と知りながらも惹かれてしまう。
滝沢秀明 三好海里 未亜が勤める会社の副社長。隠された過去がある。
中村蒼 宮沢綾 ライバル会社の広報マン。未亜に思いを寄せ、海里の恋敵となる。
水沢エレナ真咲あかり 未亜のルームシェア仲間。出版社に勤務している。恋愛には奥手。
トリンドル玲奈 美山千明 未亜のルームシェア仲間のモデル。恋愛に奔放で独占欲が強い。
中村隼人 久野淳志 新人賞を受賞する小説家。。千明と特別な関係に
高橋光臣 山下陽太 未亜の元彼氏。ストーカー化する。
【視聴率】
01 7/12【9.3】
脚本:李正美:渡邉真子 演出:石井康晴
02 7/19【7.4】
脚本:李正美:渡邉真子 演出:石井康晴
03 7/26【6.7】2人の夜…副社長の秘密が明らかに!
脚本:李正美:渡邉真子 演出:石井康晴 【ゲスト】 駿河太郎
04 8/02【6.9】第二幕スタート!副社長の妻覚醒!
脚本:李正美:渡邉真子 演出:池田克彦
05 8/09【6.7】妻、覚醒!!不倫の恋がバレるとき…
脚本:李正美:渡邉真子 演出:岡本伸吾
06 8/23【9.7】絶体絶命…妻が反撃開始!!
脚本:渡邉真子 井上聖司 演出:石井康晴
07 8/30【7.7】妻と地獄の晩餐会!副社長と涙の決別!?
脚本:李正美 演出:池田克彦 ゲスト 村川絵梨・好井まさお(井下好井)
08 9/06【7.4】宮沢、決意のプロポーズ…妻が不倫暴露!
脚本:渡邉真子 演出:岡本伸吾
09 9/13【7.9】2人で逃げよう…衝撃のセミファイナル!
脚本:李正美 演出:石井康晴
10 9/20【9.1】最終回
脚本:渡邉真子 演出:石井康晴


01
企業の広報部に勤める栗原未亜(武井咲)は、交際中の山下陽太(高橋光臣)からプロポーズを受ける。しかし、「仕事を辞めてほしい」という一方的な提案が受け入れられず、もらったエンゲージリングを返そうとするが、出張先でなくしてしまう。その場に偶然居合わせた三好海里(滝沢秀明)の協力で無事に見つけ出すことができた未亜は、後日、海里が自社の副社長であることを知る。さらに、未亜が研修の教育係として海里と共に行動することに。次第に海里に惹かれ始めた未亜だったが、ある日、ストーカー化した陽太が社内に乗り込んでくる。再び海里に助けられた未亜だったが、なぜか突然、海里からキスをされてしまう。
感想
02
 未亜(武井咲)は海里(滝沢秀明)から突然キスをされる。うっとりする未亜に、海里は「陽太(高橋光臣)を諦めさせるための芝居だ」と言い残して立ち去る。混乱する未亜は、海里が女性(橋本マナミ)と2人で歩く姿を見て、さらに落ち込む。そんな中、後輩のミスをフォローするため、有名スタイリストの森に謝罪しに行った未亜は、森から「誠意が本当なら体で払え」と迫られる。そのことを知った海里は、未亜の元へ急ぐ。
03
 未亜(武井咲)は海里(滝沢秀明)に思いをぶつけるが断られ、吹っ切ろうとする。翌日、未亜ら広報部は、若者向けの低価格帯商品のPR企画を提案。だが、高級路線を押す上層部から却下されてしまう。そんな中、未亜と海里は店舗前で中をうかがう青年と知り合い、低価格帯商品の宣伝の必要性を痛感。その夜、海里は社長・嘉次(松平健)に新企画を提示する。一方、未亜は別ブランドの広報・宮沢(中村蒼)から食事に誘われる。
04
 未亜(武井咲)は陽太(高橋光臣)に連れられて行った病院で、以前海里(滝沢秀明)と一緒にいた女性・遥香(橋本マナミ)に会い、衝撃の事実を知る。さらに、浸水トラブルで自宅が使えなくなり、疲弊していく未亜。そんな中、未亜はあるベストセラー作家に限定ジュエリーのPR企画への参加を交渉するが断られる。途方に暮れる彼女の前に宮沢(中村蒼)が現れ、作家を紹介する代わりに、夏祭りでデートしようと持ち掛けてくる。
05
 階段から突き落とされた未亜(武井咲)は、薄れる意識の中、慌てて立ち去る人物を目撃する。未亜は病院に運び込まれ、宮沢(中村蒼)やあかり(水沢エレナ)らが駆け付ける。だが、海里(滝沢秀明)は意識が回復した妻・優香(木南晴夏)に付きっきりで、未亜は寂しい思いをする。退院した未亜は、向井(神野三鈴)と共に優香を見舞うことに。優香は事故当時の記憶を失っており、海里と離婚寸前だったことを思い出せないでいた。
06
 未亜(武井咲)と海里(滝沢秀明)は嘉次(松平健)に呼び出され、2人の関係を疑われる。だが、未亜のとっさのうそと宮沢(中村蒼)の機転でその場を取り繕う。海里は未亜に、仕事以外で会うのは控えようと提案。一方、嘉次は向井(神野三鈴)に、2人の動向の監視と、海里の義姉・遥香(橋本マナミ)の身辺調査を指示する。そんな中、未亜たちの暮らすマンションに、未亜の母・鈴子(小林幸子)がしばらく滞在すると言ってやって来る。
07
 宮沢(中村蒼)は、海里(滝沢秀明)との一件で傷ついた未亜(武井咲)を抱き締め、改めて思いを告白する。未亜は、宮沢の胸で泣き崩れる。翌日、海里の大阪転勤が決定。さらに、未亜は嘉次(松平健)から呼び出しを受け、海里と別れてほしいと忠告されてしまう。そんな折、未亜の大阪出張が決定。なんとか海里と会おうとするが、優香(木南晴夏)が海里の携帯電話に入る未亜からのメッセージを全て削除しており、連絡が取れない。
08
 未亜(武井咲)は退職願を提出し、海里(滝沢秀明)との恋を終えようとする。広報部では、未亜が宮沢(中村蒼)と結婚し、寿退社をするという噂が流れる。一方、優香(木南晴夏)は、未亜と海里が別れたことに満足しつつも、二度とこんなことが起きないよう嘉次(松平健)らに念を押す。その夜、優香は海里に、会社を辞めて建築家の仕事に戻るよう訴えるが、相手にされない。遥香(橋本マナミ)は混乱する優香にある秘密を明かす。
09
 未亜(武井咲)の送別会が開かれる。宮沢(中村蒼)も顔を出し、2人の婚約を広報部の面々が祝福する。その様子を外から見ていた海里(滝沢秀明)はそのまま帰宅。優香(木南晴夏)に不倫を謝罪し、未亜とは今後会わないと約束する。翌日、未亜は宮沢を両親に紹介するため、実家へ向かう。その道中、海里と過ごしてきた日々を思い出した未亜は複雑な心境に。一方、海里も未亜を忘れられず、優香とのデートに集中できない。
10【最終回】
逃避行を続ける未亜(武井咲)と海里(滝沢秀明)の前に優香(木南晴夏)が現れる。怒りでわれを忘れた優香は、海里の制止を振り切ろうとして激しく転倒。その後、ぼうぜんとした様子でなぜか涙を流し始める。嘉次(松平健)の元に呼び出された未亜と海里は、もう二度と会わないと宣言。嘉次も優香に、先のことは自分が責任を持つので騒ぎを収めてほしいと頭を下げる。そして、海里は会社に残り、未亜は実家に戻ることになる。
関連記事


>
2016/09/21 09:41 :Category:【武井咲】忠臣蔵の恋 コメント(5)
美しい~
ストーリー展開の早さ いろいろ突っ込みどころは満載とは
思いますが 主演のおふたりの着こなしや振る舞いの美しさに許してしまいます
今後の展開に期待します
投稿者: [ 2016/08/03 08:31 ]
on air 楽しみです☆
ドキドキしながら見てます。
タッキー&咲ちゃんの美しいふたりがこの先どんな展開になるのか?楽しみです‼
投稿者: [ 2016/07/22 16:06 ]
毎週見ます。
タッキーが好きなので、見ました。
展開が速かったけど、そこがいいのかも。
面白かったです。
投稿者: [ 2016/07/15 15:29 ]
ひたすら「武井さん綺麗!」と思っていた一時間でしたw

話の方は80年代風?なのかな大分古いテイスト(BGMの入れ方とかも)で第一話の見どころはやっぱりエアギターかなwww

ティファニーの王道もの、プリンセスカットやオープンハートなど色々な価格帯の商品をずらりと紹介されていたのも印象的でした。商売上手!っと思いながらもそれでドラマを見せて頂けるなら安いものです♪
投稿者: [ 2016/07/13 21:10 ]
何か久々。
滝沢くんの民放ドラマ。
ラブですか。若い時の滝沢くん主人公のラブストーリー見てました。
教師と生徒のやつとか。今観たら多分モヤッとするかも。
純粋な大人のとはいっても、不倫…はちょっと物議かもしだすんではないかと。
原作は、知らないので例え世間から後ろ指さされそうでも、二人をそっと応援したい丁寧な心情の話を希望ですね。

ただ美男美女がちょっとこういう場面をやれば盛り上がるだろうみたいのは嫌なので。
投稿者: [ 2016/05/25 20:16 ]
みなさんの感想や情報





名前の複数利用不可。コメントの掲載が制限されます。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
人気記事ランキング30
【全アクセス順位】
Amazon

スマホ、タブレット QR
QR
アクセス
アクセスランキング アクセスランキングブログパーツ アクセスランキング