Fcastドラマ視聴率まとめ

国内ドラマ視聴率·キャスト情報·感想·ネタバレなど。個別スポーツ、バラエティ視聴率も速報更新。コメント大歓迎!検索は『fcast』
視聴率記事更新日:放送日時 番組タイトル

【月21視聴率感想】ラヴソング 7、8話 

【タイトル】『ラヴソング』最新回無料配信あり
福山雅治がフジテレビ系4月期スタートの月曜21時枠の連続ドラマ『ラヴソング』の主演を務めることが決定した。
連続ドラマ主演は2013年4月期『ガリレオ』以来3年ぶりとなる。
【放送日時】4月スタート!毎週(月)21時~21時54分
【出演者】
神代広平 ・・福山 雅治 元プロミュージシャン。
佐野さくら・・藤原 さくら 広島の児童養護施設で育ち、孤独に生きてきた女性
菅田将暉 天野空一 さくらの児童養護施設時代からの幼なじみ。両
中村真美 ・・夏帆 さくらの姉代わりともいうべき存在
増村泰造 ・・田中 哲司 神代の大学時代のバンドメンバー仲間、今は医師。
笹裕司 ・・・宇崎 竜童 ライブハウス「S」の経営者。
宍戸夏希 ・・・水野 美紀 神代のかつてのバンド仲間。
【スタッフ】
【脚本】 倉光泰子
【プロデュース】 鈴木吉弘  草ヶ谷大輔
【演出】 西谷弘 平野眞)
【視聴率】
01 4/11【10.6】あなたにこの声を届けたい!!たった一つの恋と歌が人生を変えていく!
【脚本】 倉光泰子【演出】 西谷弘
02 4/18【*9.1】7秒の勇気で世界が変わる
【脚本】 倉光泰子【演出】 西谷弘
03 4/25【*9.4】あなたを想って歌います!
【脚本】 倉光泰子【演出】西谷弘
04 5/02【*8.5】物語は新展開へ!涙のキス
【脚本】 倉光泰子【演出】平野眞
05 5/09【*8.4】私とあなたの終わらない歌
【脚本】 倉光泰子【演出】平野眞
06 5/16【*6.8】届け…こんな歌ができたの
【脚本】 倉光泰子【演出】相沢秀幸
07 5/23【*6.8】溢れ出す想い…涙の告白
【脚本】 倉光泰子【演出】平野眞
08 5/30【*7.4】
【脚本】 倉光泰子【演出】相沢秀幸
09 6/06【】
【脚本】 倉光泰子【演出】
10 6/13【】
【脚本】 倉光泰子【演出】

07
 神代(福山雅治)がさくら(藤原さくら)のデモテープ用に作った楽曲を聴いた夏希(水野美紀)は、それが20年前のある曲をアレンジしたものと気付き、複雑な思いを抱く。だが、他の友人らは高く評価し、神代の才能を再認識。弦巻(大谷亮平)は、自身のレコード会社所属の看板アーティストからの楽曲提供の依頼をほのめかす。一方、作詞をしたさくらは、詞に神代への恋心を込めたが、それが本人に伝わっていないことがもどかしい。
【感想】
先週は、曲のできる過程を延々とドラマの中に組み込んだ話だった。さすがに、そこにドラマを感じれるとは思えなかったが、新しいカタチに挑戦したいという気持ちは汲み取れた。今回は、本来の物語に戻ったが、20年前の神代が宍戸春乃のために作曲したものをアレンジして、再びさくらに歌わせることによって、彼の評価が上がり、彼自身の物語が動き出す反面、さくらはレコード会社に、彼に優先して看板アーティストの曲を作るように頼まれ、その上、神代からはフラれてしまうという辛い展開。彼は、僕から見ても、音楽をさくらとしたいとという思いだけで、動いていたのは伝わってきていたし、それを押し通した姿は、気持よかったが、さくらは、ただひたすら、作詞した曲に、彼に対する真っ直ぐな愛の気持ちを、包んで届けたけど、受け取ってはもらえた。しかし、その先に、愛はなかったし、更に追い打ちをかけるように、まさかの喉の病を抱える展開というのは、かなりベタだが、ドラマチックにはなってはきた。けど、どこか隙間のできた二人の間に、この病は、そんな影響を与えるのか?さくらの運命は歌で変わるのか?期待は持ちたい流れになってきた気がした。
08
 トップアーティスト・シェリル(Leola)の楽曲を制作することになった神代(福山雅治)だが、楽曲の方向性に関する指定が曖昧で拍子抜けする。そのころ、さくら(藤原さくら)は増村(田中哲司)に言われ、喉の精密検査を受けていた。一方、真美(夏帆)がさくらと暮らす部屋を出る日が近づき、空一(菅田将暉)はその引っ越し作業を手伝いながら、これからは自分がさくらを守ると心に誓う。そんな中、さくらの喉の検査結果が出る。
【感想】
今回、さくらの喉ががんに侵されてることが検査で確定した。なんとも取ってつけたような設定で、よりドラマを盛り上げようとしてるつもりなのかもしれないが、なんだかな~という気はした。それに今回は、話の中心が主人公の神代ではなく、さくら中心で話が進んでいるし、年齢が近い空一とさくらのラブストーリーになっている。神代は、話の中では、さくらのデビュー要求してるだけ、この物語は、さくらと神代がともに音楽を作っていくような話だったのに、大きく変わったかな。シェリルもついに話に加わってきたが、さほど魅力的じゃない描かれ方だった。彼女が歌ってるところが出ないし、神代にただ攻撃的なだけなのが気になる。神代が、彼女の歌を聞いて、彼女のために歌を作りたいという思いを抱かせるところも、重要だと思うけど。ただ売れる曲を作れって、現実的だけどそれじゃ~なドラマが描けない。何しろ、設定が邪魔してるのか?面白いストーリーにならないこのドラマ。なにか、先も見えていて、ワクワク感がほしい!

Soup (初回限定盤)
Soup (初回限定盤)
posted with amazlet at 16.05.24
藤原さくら
ビクターエンタテインメント (2016-06-08)
売り上げランキング: 28
関連記事

>
2016/05/31 11:00 :Category:【福山雅治】ラブソング コメント(0)
みなさんの感想や情報





名前の複数利用不可。コメントの掲載が制限されます。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
最近のコメント★歓迎!
データ取得中...
アクセスサイトランキング
人気記事ランキング30
【全アクセス順位】
スマホ、タブレット QR
QR
カテゴリ Category
アクセス
アクセスランキング アクセスランキングブログパーツ アクセスランキング