Fcastドラマ視聴率感想

PC、スマホ、タブレットで国内ドラマ視聴率速報!独自感想も掲載。ジャニーズバラエティ視聴率も素早く更新。コメント大歓迎!検索『fcast』
視聴率記事更新日:放送日時 番組タイトル

【火22視聴率感想】重版出来!4、5、6話 

重版出来! 見逃し無料配信
TBS系毎週火曜 22:00~22:54
夢を描いて感動を売れ!涙と勇気がわきだす新人編集者奮闘記!汗を流して本気で働くってカッコイイ!魂の仕事にかける熱い人たちがここにいます!
◇原作 「重版出来!」 松田奈緒子 (小学館 月刊!スピリッツ連載)
◇脚本 野木亜紀子
◇演出 土井裕泰 福田亮介 塚原あゆ子
◇プロデューサー 那須田淳 東仲恵吾 八尾香澄
【キャスト】
黒木華 黒沢心 週刊コミック誌「バイブス」の新人編集者。
オダギリジョー 五百旗頭敬 「バイブス」の編集者。次期編集長候補。
坂口健太郎 小泉純 興都館のコミック営業部員。希望する部署ではなく、3年間異動願いを出している。
荒川良々 壬生平太 「バイブス」の編集者。陽気で威勢がよく、ラーメンが主食の大食漢。
安田顕 安井昇 「バイブス」の編集者。“新人ツブシ”の悪名。
松重豊 和田靖樹 「バイブス」の編集長。熱烈な阪神ファンで、喜怒哀楽が激しい。
【視聴率】
01 4/12【9.2】夢を描いて感動を売れ!涙と勇気がわきだす新人編集者奮闘記!
◇脚本 野木亜紀子 ◇演出 土井裕泰
02 4/19【7.1】これが僕の仕事だ!幽霊社員の本気の営業!
◇脚本 野木亜紀子 ◇演出 土井裕泰
03 4/26【7.9】天才VSド新人編集!先生の信頼を守りたい
◇脚本 野木亜紀子 ◇演出 福田亮介
04 5/03【9.1】目指せ金の卵発掘!新人ツブシに宣戦布告
◇脚本 野木亜紀子 ◇演出 福田亮介
05 5/10【7.3】運を使いこなせ!なるかド下手新人デビュー
◇脚本 野木亜紀子 ◇演出 土井裕泰
06 5/17【7.0】
◇脚本 野木亜紀子 ◇演出 塚原あゆ子


04
同人誌即売会で出張編集部に向かう心。そこではデビューを目指す新人たちが原稿の持ち込みにくる。金の卵を見つけようと気合いをいれる心のもとに二人の新人が現れる。二人とデビューを目指す心だったが、その前にたちはだかったのは新人ツブシという異名を持つ編集者・安井だった。
安井に言い返す心だったが・・・
【感想】
今回の話は、漫画家のデビューの話。それも大塚シュート、東江絹、中田伯という3人を描いている。東江の話が中心で、物語自体は面白そうだが絵が今ひとつの中田を心が発掘し、五百旗頭敬が大塚と大きく関わり、早くもデビューをする話になっていた。しかし、東江と中田が漫画家・三蔵山の仕事場から帰る途中で、漫画の話になった時に、彼の頭のなかで、映像が流れていく。そしてそpのスピードに追いつけないと語っていたが、そういう話は聞いたことがあったが、それを漫画家として当たり前と思ってる中田。その時、東江は、どう感じたのかな。けど、その話よりも、東江は、家族からのプレッシャーが、安井昇のエサに食いつかせたのかな?明確な結果がほしい新人に、安井の“新人ツブシ”の悪名が、炸裂しそうだ。東江に失恋してしまった心は、彼女を取り戻すことができるのか?中田伯は、どう進化していくのか?彼が、ガラスに書いた丸は見事な真ん丸だったが、その目に見える進化は、彼の作品をどう変えたのか?心とともに感じてみたい。
05
 安井(安田顕)に絹(高月彩良)の担当を奪われてショックを受けた心(黒木華)は、その一方で、中田(永山絢斗)の新人賞応募用の原稿を完成させるべく試行錯誤していた。そんな中、心は五百旗頭(オダギリジョー)に言われ、新人漫画家・大塚(中川大志)の初単行本の編集を手伝う。五百旗頭の仕事ぶりを観察し続けた心は、彼が常にごみ拾いなどの善行を重ねていると気付く。そんな彼女に、五百旗頭は社長・久慈(高田純次)の話を聞かせる。
【感想】
大塚シュート、東江絹、中田伯という新人漫画家のことを中心に、今回も描くのかと思っていたが、あらすじを読んでみると、五百旗頭が語る社長・久慈という、一部番外編みたいな話だった。いきなり、昭和にタイムスリップしたかと思うと、でたらめな生活を送っていた久慈が、ある人間と出会い。運のため方、使い方を、享受され、生まれ変わる話になっていた。なるほどと思える面白い話ではあるが、俗物な僕には到底真似出来そうにもない生き方だった。その話が、やっぱり、俗物すぎる和田編集長の宝くじの行方とリンクしてるんだな~。しかし、心が持っていた宝くじと社長のとのすり替わり方はミラクルすぎる!確かにこれを描きたいという思いは伝わってくるけど、この話を挟むよりも、正直、3人の新人の話を、今回は見たかった。大塚の初単行本の話は時間を割かれていたし、一冊の本ができるまでのドラマも興味深かったが、東江と中田の話が、少なかったので、僕の中での今回の盛り上がりはいまいち。来週、二人のことはきっちり描かれるみたいだが、社長の話はその後でも良かったような気がしてならない5話だった。
06
 人気小説の漫画版の原稿を進める絹(高月彩良)に、安井(安田顕)から主人公の髪形を変更するよう指示が入る。実写映画の主演アイドルにイメージを近づけるよう芸能事務所からねじ込まれたのが理由で、絹は7話まで描いた原稿を全て描き直すよう指示されぼうぜん。心(黒木華)は、安井が新人を道具のように使い捨てる‘ツブシの安井’として有名だと知る。不安を感じた心が絹の様子を見にいくと、絹は泣き崩れる。
【感想】
和田靖樹は、最後に、‘ツブシの安井’に
ありがとう、お前が確実に利益を出してくれることで、他で冒険ができると
そして、心が顔なじみの店員、河舞子から聞いた安井が裏アカウントで書いていたSNSは、彼女の目に触れることなく、跡形もなく、アカウントごと消されていた。河はその内容を読むと、どこかあたたかみはあると言ってはいたが...。
人に歴史あり、彼が、以前と大きく変わったのは、2つの要素があった。彼が心血を注いで、土日なしに、仕事をしていた漫画誌が潰れて、その事実を担当漫画家が他人に聞いて、信用をなくしていたことと、家庭を顧みない彼に奥さんの反乱だった。正直加減を知らず、仕事にのめりこむことをヨシとしていたことと報告連絡相談を怠ったから自業自得と思うが、それゆえに、‘ツブシの安井’という人格に、変化したのは理解できた。そして、絹も彼の手を、離れ、もう一度、自分を見直し、再度、漫画家として、心と関わりたいという思いを聞き安心できた。
物語的には、和田の一言で、安井も救われ、東江絹も苦しんだことで、自分の道が見えた。正直、この話はいいように取れば、全てうまく行ったように思えるが、だからといって、‘ツブシの安井’のやり方は、なんかわだかまりを持たずに入られない。けど、安いもあのアカウント消したというのは、変化のきっかけの一歩なのかもしれないとは思えたのが、この物語の感想かな。
関連記事


>
2016/05/18 10:29 :Category:【黒木華】みをつくし料理帖  コメント(9)
勿体無い
後半のストーリーは見応えがあったのですが、冒頭から安井の過去に繋がるまでの流れには物足りなさを感じました。
5話もそうなんですが本筋に入るまでに少しダレてしまうのが勿体無いですね。
視聴者の関心は既に中田伯の才能に向いていると思うので、ここから終盤に向けて物語がどう動いて行くのか楽しみです。
投稿者: [ 2016/05/18 17:41 ]
理想と現実の狭間で
いいもの(作品)を作るとは、そもそもどういう事なんだろうと思えてきました。
いわゆる売れる売れないの数字、で決まるのでしょうか。

連載が終わった作家さんが後日、最後あの結果になったのはファンが喜ぶだろうから…。みたいな事を言ってて少しショックだった事を思い出しました。
求められるものに応えるのがプロなのだろうけど、しがらみを感じました。

安井さんみたいな熱心な人ほど反動がありますね。

この先、主人公にも壁にぶち当たる場面があるのかな。
作家さんと一緒に現実で出来る範囲の中の理想を探して成長していくとこが見たいな。
投稿者: [ 2016/05/18 10:23 ]
涙が止まらない
全然ツブシの安井じゃなかった。あれこそ縁の下の力持ち。最後編集長が安井にかけた言葉が全て。仕事の仕方は変わっても内に秘める情熱は消えていない。安井が安定した数字をたたき出しているから他の作家や新人も生き残れる。

東江も安井と組んだことは決して無駄ではなかったと思う。どんな方法にしろこの本が売れる事こそ、東江を守り、東江の未来を作る事だから。でもまだまだ熱い想いを出し足りない東江や心には、安井の方法は理解できなかった。

こういう情熱の表し方もある。夢だけじゃ夢を実現出来ない。中田と東江、心と安井、対照的な描き方で本当に分かりやすく効果的に胸に響いた。

冒頭の東江のシーンから涙が止まらなかった。このドラマ、初回から好きだったけどどんどん好きになる。

次回、また別のテーマが始まる。楽しみだ!
投稿者: [ 2016/05/18 07:58 ]
放送終了後も「安井」と「安田顕」のワードがツイッターで上位の言葉が躍っていましたね。

ただの嫌なヤツかと思いきや、実は廃刊という悲しい過去を持っていた安井さん。
そして闘い方をかえた、と話していた真実は昔の自分のように理想を持って仕事をしている編集者や漫画家を守るため、確実な売り上げをあげ嫌われながらも支え続ける役目だったとは!
お話自体が分かりやすく伝えてくれていたのもありますが、安田顕さんの巧さがないと成り立たない役だなあとも思いました。

東江さんや黒沢さんのキラキラさがあってこそさらに引き立っていた気もします。

東江さんが連載を断ったときの何とも言えないいつもと変わらないように見えて、静かにエールを送るような表情にドキッとしました。

やっぱり今期見逃せない作品No1です!
投稿者: [ 2016/05/18 07:15 ]
沁みました
新人作家の初めての単行本が書店に並ぶ。
「忘れません、この光景」

余剰在庫となった本が古紙再生センターで断裁される。
「忘れません、この光景」

生まれゆく本と死にゆく本。その対比のために、「本が私を人間にしてくれました」と言う社長の過去は やはりここで見て良かったと思います。
若かりし社長を演じる平埜さんの、雨ニモ負ケズの朗読が実に良くて、彼の目に宿った力もまた良くて、繰り返し観ています。

ふざけない高田純次さんがこんなに素敵だったとは知らなかった。

案外疲れる火曜の夜に、いつも勇気と元気をもらっています。
投稿者: [ 2016/05/13 13:08 ]
5話は私的には番外編のスピンオフでよかったんじゃないかと思えました。
このドラマのテイストにはあっているようで、少し足止めしたような気がしなくないでもなくはない←w
いやいいお話だったんだけれど「心の勇気をもらいにきた」視聴者(私)には少し物足りない回でした。
投稿者: [ 2016/05/12 20:07 ]
雨ニモマケズ
盛り上がりは?でしたね。
でも宮沢賢治さんの雨ニモマケズが大好きで学生の時買って全部この詩を暗記してました。今は後半忘れています。私にとっては朗読シーンうれしかったです。
高田さん、火野さん歳を重ねられ渋い役に味を感じます。
黒木さんは薄幸の女の役がはまりすぎて心配してましたが、明るくて清楚で元気な役も似合うのはやっぱり演技力でしょうか。
今季はいいドラマも視聴率はけして高くないのもありますが、こちらも録画ながら最後まで楽しみです。
投稿者: [ 2016/05/11 17:22 ]
面白いと聞いて。
初リアタイで視聴。
出版編集のお仕事、興味津々。
黒木さんの役、黒沢心好感もてる。
個性的な編集室ですが、話の内容はなかなかヘビー。
処分される本の墓場の場面は虚しさを感じました。
せめて1Pでも誰かの目に触れられてるなら浮かばれるのかな…。
売れる雑誌を創るって大変な事。
来週は、新人さん潰しの編集者の話になるのかな。
漫画家さんは自分が思ったような話は自由に描けないのが現実らしいですが…。
編集者次第で変わってくるんでしょうね。
来週も必ず観ます!
投稿者: [ 2016/05/11 11:10 ]
運、ためようかな
「雨ニモマケズ…」ってこんなに心に響く詩だったっけと思った。学生の頃に読むより、色々な困難にぶち当たって来た今の自分にこそ響いた。なんか運を溜めたくなってきたな。しかし3000万は勿体ない!まだまだ欲が捨てきれない悲しい性…

こんな春先に大掃除?と思ったら、年末の設定。年末には、多くの出版社が断裁作業に追われるのかな…。1話~4話で作家と出版社が苦労して本を作り出す過程を見てきただけに凄く寂しかった。
だからこそ、新人作家を潰さないように各部門が切磋琢磨している姿には胸が熱くなった。どちらかと言うと新人の作品は軽視されるのかと思っていたので余計に感動した。中田の作品も通って良かった!思わずTVの前でガッツポーズ!
そして毎回、心や小泉ら若手にいい感じに勉強させている五百旗頭がいい先輩だよな~と感心。五百旗頭は、心=視聴者に説明しているのかな。

次回、安田の新人ツブシが発揮!?東江「ボツ」の理由は?次週も気になる!
投稿者: [ 2016/05/11 09:28 ]
みなさんの感想や情報





名前の複数利用不可。コメントの掲載が制限されます。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
人気記事ランキング30
【全アクセス順位】
Amazon

スマホ、タブレット QR
QR
アクセス
アクセスランキング アクセスランキングブログパーツ アクセスランキング