Fcastドラマ視聴率まとめ

国内ドラマ視聴率·キャスト情報·感想·ネタバレなど。個別スポーツ、バラエティ視聴率も速報更新。コメント大歓迎!検索は『視聴率』

【月21視聴率】好きな人がいること 4話はUP 

好きな人がいること - フジテレビ
フジテレビ7月スタートの月9ドラマは、海辺のレストランを舞台に、ケーキ作りに人生を捧げてきたパティシエのヒロインがイケメン三兄弟とシェアハウスしながら恋愛模様を繰り広げるロマンチック・ラブ・コメディー。
放送日時 2016年7月スタート 毎週(月)21時~21時54分
【キャスト】
桐谷美玲 櫻井美咲 27歳のパティシエ。海辺のレストランで住み込みで働くことに。
山崎賢人 柴崎夏向 柴崎家の次男。レストランを支えるクールな天才シェフ。
三浦翔平 柴崎千秋 柴崎家の長男で、レストランの経営者。
野村周平 柴崎冬真 柴崎家の三男。おしゃべりでお調子者のプレーボーイ。
菜々緒 高月楓 ボストン帰りのピアニストで、千秋の大学時代の同級生。
吉田鋼太郎 東村了 飲食業界のカリスマ的存在。全国展開の巨大外食チェーン企業を経営している。
【スタッフ】
脚本 桑村さや香
音楽 世武裕子
プロデュース 藤野良太
演出 金井紘 田中亮 森脇智延
制作 フジテレビドラマ制作センター
【視聴率】
01 07/11【10.1】最高の再会、最低の出会い
演出 金井紘
02 07/18【10.4】最高のご褒美
演出 金井紘
03 07/25【*8.7】好きです
演出 田中亮
04 08/01【*9.5】つのる想い
演出

01
パティシエの櫻井美咲(桐谷美玲)は、日々仕事にまい進してきたため、すっかり恋愛はご無沙汰。ところが、仕事をクビになり、転職活動もうまくいかないという大ピンチに陥る。そんな時に再会した、高校時代の初恋の相手・柴崎千秋(三浦翔平)に誘われ、彼が経営する海辺のレストランで住み込みで働くことになる。
憧れの千秋と一緒に暮らすことになった美咲だが、そこには千秋の兄弟たちもいた。三男の冬真(野村周平)は、面食らうほどお調子者のプレーボーイ。そして、レストランを支える天才シェフで次男の夏向(山崎賢人)は、美咲をパシリ扱いする最低最悪の超ムカつく男だった。
感想
夏の月9で、夏、海、料理といえば、『SUMMER NUDE』を思い出したが、男性山下智久さんが主人公で、香里奈さんがシェフだったけど、料理のことが話の中に大きく関わるわけじゃなかったし、今回の美咲は、パティシエなんだな。それが天才シェフである次男の夏向とぶつかりながら、3人お兄弟の中で揺れ動くという少女漫画見たいな舞台で、どんなドラマが繰り広げられるのか?それにしても、こういう時はやっぱり同居なんだな。けど、僕が次男として、美咲みたいな子が、同居することになったら、初めは、話することもできないだろうけど、夏向はドS全開で、美咲に言いたい放題。男目当ての女に見られたり、その彼の評価を跳ね返すように、夏向が作る料理に合わせたデザートを健気に作るなんて、きちんとした大人の仕事をする女性なんだな。
それ以外のところは、27才ながら、すこし子供っぽいが、その仕事に対する真摯な姿勢は、夏向に認められていくというのは、なんとも気持ちいいほどのわかりやすい展開だが、夏の月9は、こういう感じがいいかも!これぞ、若手のラブストーリと思える、ガチなドラマを作って、がっちり女性の心をつかんで欲しい。しかし、悪辣そうな経営者東村了の存在や美咲の心を穏やかざるものにしそうな高月楓の存在は、これでもかとベタな存在だが、かなり気になる。楓は菜々緒さんがやってるだけに、悪女だったらいいのにとも思うが、そんな感じじゃないだろうな。
02
 美咲(桐谷美玲)は、千秋(三浦翔平)と彼の友人・楓(菜々緒)から頼まれ、2日後に行われる同級生カップルの結婚パーティー用にウエディングケーキを作ることに。一方、50人分の料理を任された夏向(山崎賢人)は冬真(野村周平)に手伝いを断られてしまう。冬真には何か悩みがあるようだ。翌日、美咲はケーキ作りのため結婚する2人から話を聞き、楓が千秋の元恋人だと知る。ピアニストで美女の楓と自分を比べ、美咲は落ち込む。
感想
楓って、どう変わるのかな?彼女が恐るべき悪女とまではいかないかもしれないが、千秋との仲をぼかしながらも、仕掛けるように、美咲が見てる前で、単なる友達と言い張る千秋とキスしてみせたり、中々意味深な行動に出たり、二人を迷わせる。そんな中で、千秋との仲よりも、夏向との関係が、どんどん深まっていく美咲だったが、千秋への思いは深まっている感じはする。まだ本格的に動き出さない冬真は、学校を辞めたいと言い出すし、謎の愛海も登場して、まだまだ、話自体は助走かな。けど、夏向が美咲が気になる存在であると思える気はしてきた。この3兄弟を巡って、女性たちは振り回されるのか?振り回していくのか?どちらもありそうな流れになってきたけど、そんな中で、美咲だけは、純粋に千秋を愛してる感じだ。けどこの夏の海のような熱い恋のバトルの参加メンバーは、今回で出そ揃ったので、同各々が動き出してから、やっと、ドラマの感想が書ける気がするかな。それにしても、”タクミ”って何者?今のところ、いろんな謎を含みながらも、気楽に彼らの恋の行方を見守ってる感じかな。
03
 千秋(三浦翔平)と楓(菜々緒)の関係が気になる美咲(桐谷美玲)。一方、夏向(山崎賢人)は店の人気メニューに使う食材が値上がりしたため、店が赤字になっていることを知る。父親から受け継いだ味を変えることはできないものの心配する夏向は、千秋から経営は俺の仕事だと言われ、いつも兄に頼る自分を情けなく思う。そんな中、休みに出掛けようと千秋に誘われた美咲はデートだと喜ぶが、楓から千秋が好きだとけん制され、悩む。
感想
このドラマは、千秋、楓、美咲、夏向という4人で、話が進行しているが、所々に、風花や冬真、愛海なんかが、顔を出してる感じかな。さすがに、楓はドラマの雰囲気からも、驚くほどの悪女という感じではなく、自分の友だちにして、自分の男に近づけることをためらわせるという、わかりやすい心理戦を挑んでくる女性だったりもしたが、やっぱり、ブレークスルーさせちゃうのは、夏向の一言なんだな。若者らしくて気持ちいい展開だった。そんな夏向に、彼が悩む、オムバーグの異様に高い原価の問題を、一刀両断で、気にするなと言い放つ美咲の一言がも、炸裂したが、これはこれでいいんだろうな~。けど、実際のこと考えると、なんの問題も解決してないんじゃないの?と問いただしたくはなったかな。まあ、いい話のようで、値段あげるかどうか?原材料を工夫しろとか思ったりもしたが、ドラマには、そんな現実的な話いいのかも。けど、冬真には、シャフトしてのセンスの欠片もないのだけは、わかりやすい場面だった。しっかり、楓に宣戦布告した美咲が、千秋と真夜中の水族館デートとか楽しそうでいいな~。二人の関係はどう進むのか?20代に戻った感じで、恋模様を感じていきたい。
04
 千秋(三浦翔平)が美咲(桐谷美玲)のことを真剣に考えていると話すのを聞き、驚く夏向(山崎賢人)。その様子に、冬真(野村周)は夏向が美咲のことを好きになったのではと思う。一方、楓(菜々緒)から千秋を渡さないと宣言された美咲は、花火大会に彼を誘おうと決意。その千秋は、偶然にも楓のうそを知りショックを受けていた。そんな折、3兄弟らとバーベキューをすることになり、誘うチャンスと意気込む美咲は夏向に相談する。
感想
いま、話は夏向、千秋、美咲、楓の4角関係というよりも、みんな片思い状態?と言った感じかな。ちょっと驚いたのは、夏向がほとんど喋らないキャラに、なってるということだ。彼は、美咲のことが好きになりかけてるのにその気持ちを表せずに、どうしたらいいのかわからない感覚は、なんだか味わったことがあるような気になってみていた。とりあえず、あんな美女美咲に片思いされてる千秋のようなことなんて、一度も味わったことがないので、お前何考えてるんだよとは聞きたくなるんだよな~。まあ今の流れは、月9的なありがちな流れとは思いながらも、嫌いじゃないんだよね。しかし、楓はワケありで、水商売をしていたらしいが、それ云々ではなく、千秋にとっては、嘘を使えたことが嫌なんだろうな~。楓としては、自分でという重いかもしれないが、千秋にとっては、なんで、本当のことを言ってくれないんだよ?という感じかな。色んな感情が混ざり合いながら、物語は進むが、あれだけ喋れなくなった夏向が、どう感情を表現していくのかが、気になるところかな。他にも、謎の女性愛海の目的ははっきりしたし、3兄弟の出生が、彼女と関係してるらしい。先は読めちゃいそうな気もするのだが、あえて気楽に夏の恋を見守りたい。

好きな人がいること(完全生産限定盤)(DVD付)
JY
ソニー・ミュージックレコーズ (2016-08-31)
売り上げランキング: 972
関連記事

>
2016/08/02 09:56 :Category:【桐谷美玲】 好きな人がいること コメント(1)
初回の感想はずばり「美鈴ちゃんかわいい!」と「こんな違った方向にモデルそのものの3兄弟がいるわけないだろう」って感じですw

兎に角、美鈴ちゃんがかわいくって3兄弟がかっこいいから、ま、いっかぁ~って感じでしたw気軽に見れるという点ではいいけれどもう少しだけ乙女ゲームの逆ハーレム度を下げた方が個人的には面白いんじゃないかと思います。
投稿者: [ 2016/07/13 21:03 ]
みなさんの感想や情報





名前の複数利用不可。コメントの掲載が制限されます。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
最近のコメント★歓迎!
データ取得中...
人気記事ランキング30
【全アクセス順位】
スマホ、タブレット QR
QR
カテゴリ Category
アクセス
アクセスランキング アクセスランキングブログパーツ アクセスランキング