Fcastドラマ視聴率まとめ

国内ドラマ視聴率·キャスト情報·感想·ネタバレなど。個別スポーツ、バラエティ視聴率も速報更新。コメント大歓迎!検索は『fcast』
視聴率記事更新日:放送日時 番組タイトル

【月21視聴率感想】ラヴソング 第二章  

【タイトル】『ラヴソング』最新回無料配信あり
福山雅治がフジテレビ系4月期スタートの月曜21時枠の連続ドラマ『ラヴソング』の主演を務めることが決定した。
連続ドラマ主演は2013年4月期『ガリレオ』以来3年ぶりとなる。
【放送日時】4月スタート!毎週(月)21時~21時54分
【出演者】
神代広平 ・・福山 雅治 元プロミュージシャン。
佐野さくら・・藤原 さくら 広島の児童養護施設で育ち、孤独に生きてきた女性
菅田将暉 天野空一 さくらの児童養護施設時代からの幼なじみ。両
中村真美 ・・夏帆 さくらの姉代わりともいうべき存在
増村泰造 ・・田中 哲司 神代の大学時代のバンドメンバー仲間、今は医師。
笹裕司 ・・・宇崎 竜童 ライブハウス「S」の経営者。
宍戸夏希 ・・・水野 美紀 神代のかつてのバンド仲間。
【スタッフ】
【脚本】 倉光泰子
【プロデュース】 鈴木吉弘  草ヶ谷大輔
【演出】 西谷弘 平野眞)
【視聴率】
01 4/11【10.6】あなたにこの声を届けたい!!たった一つの恋と歌が人生を変えていく!
【脚本】 倉光泰子【演出】 西谷弘
02 4/18【*9.1】7秒の勇気で世界が変わる
【脚本】 倉光泰子【演出】 西谷弘
03 4/25【*9.4】あなたを想って歌います!
【脚本】 倉光泰子【演出】西谷弘
04 5/02【*8.5】物語は新展開へ!涙のキス
【脚本】 倉光泰子【演出】平野眞
05 5/09【*8.4】私とあなたの終わらない歌
【脚本】 倉光泰子【演出】平野眞
06 5/16【*6.8】
【脚本】 倉光泰子【演出】相沢秀幸

04
 夏希(水野美紀)の部屋を出た神代(福山雅治)は、一人暮らしの部屋を借りる。増村(田中哲司)らと共に引っ越しを手伝った空一(菅田将暉)は、その後、「S」で開かれた慰労会に参加。そこで、神代と夏希が恋人同士ではないと知る。そんな中、ある女性が神代を訪ねてくる。一方、さくら(藤原さくら)はギターの練習に打ち込んでいた。神代への未練ではとからかう真美(夏帆)に、さくらは「一人でも歌えるようになりたい」と吐露する。
【感想】
今回から、第2章で、神代の音楽デビューした過去が、以前所属していたレコード会社関係者から語られる。その言葉は、辛辣で、一つの才能に、彼が寄生して、ダメにしたかのようにしか聞こえなかった。夏希の姉宍戸春乃は、事故で帰らぬ人となってしまったみたいだが、二人の間にはどんなドラマが、あったのか?二人だけしか知らない物語とその真実は、決して、他の人間にはわからない世界なのだろうが、そのことが神代のさくらへの関わり方に、大きく影響してるのははっきりした。ココからは、二人がどう音楽と向き合っていくのか?神代は、もう一度、チャレンジしていくのか?が問題になりそうだけど、さくらの一度目の音楽の世界へのチャレンジは、空一の暴走によって、陽の目を見なくなった。そのことが、神代とさくらの関係をより近づける起点にもなりそうだが、これからどんな音楽を奏でるのか?この物語は、ここから本当に、僕は始まったのかもしれないと思えた4話だった。
05
 神代(福山雅治)はさくら(藤原さくら)をギターの練習に誘う。喜んで応じたものの、練習曲がつまらないさくらは「ちゃんとした曲」がいいと訴える。だが、神代から弾きたい曲を尋ねられると、答えに詰まってしまう。一方、その練習に顔を出した空一(菅田将暉)は、さくらの演奏動画を配信することを思い付く。空一は動画のURLを載せたチラシを大量に作り、各所で配り始める。そんな中、神代は旧知の弦巻(大谷亮平)を訪ねて…。
【感想】
それにしても、さくらの神輿に乗りっぱなし感が半端ない。空一にしろ、神代にしろ、彼女のために、動きすぎでしょ。肝心要のさくらは練習曲がつまらないとか言って、ちゃんとした曲を弾きたいと駄々をこねた挙句、弾きたい曲がわからないというのは、後々、その理由がさくらにとって、最愛の女性中村真美のためとわかりとしても、彼女が歌を歌いたいがために、何かするという要素が少ない。それ故に、男たちばかり動いて、いろいろ策をしてもらってる感だけが残る。さくら!歌ってるだけじゃなく、君が動かないとドラマは、動かないと面白さにはかけると言いたくなる。それじゃなくても、佐野さくらの藤原 さくらを盛り上げるために仕掛けられたドラマなにのに、それがありありと見えすぎる。なにしろ、さくらが目一杯努力して、その周りの男達がサポートするという感じじゃないと、盛り上がらないしドラマも生まれないような気がするんだけどな~。それに、神代は、もっと、さくらとぶつかってほしい。何か見どころは毎回欲しいと思ってしまうドラマだと、今週は、心の底から思った。
06
 神代(福山雅治)は、レコード会社の重役となった自身の元マネジャー・弦巻(大谷亮平)から、さくら(藤原さくら)の歌のデモテープを提出するようにと言われる。指定はラブソングだ。神代から作詞をするよう促されたさくらは、浮かぶ言葉を次々とメールして迷惑がられる。神代もギターを手に作曲に励んでいたが、いいメロディーが生まれない。煮詰まる神代に夏希(水野美紀)は、きちんと音楽と向き合っていないからだと指摘する。
【感想】
話の進展が何しろ遅く、今回は、ただ単に、レコード会社に向けて、曲を作るという過程を描いだけの話だったが、さくらが持ってきたラブソングの詩を元に、曲を作る神代に浮かんだ曲のイメージは、夏希の姉とともに作った楽曲だった。これはかなり、奈津美にとっては衝撃的だったし、さくらと神代の関係も疑う彼女にとってはかなりの動揺のように見えた。この曲は、誰のものなのかを巡って、来週のほうが面白い展開何機な波留話しだったが、たいして、話に動きがないのは、ちょっと、間延び感はあったかも。今回は、さくらが自分の思いを、作ったラブソングの中に注ぎ込んでいたが、神代は今のところ彼女の才能しか見てないような気はする。空一も言っていたが、本当に神代の中の思いは、やはり、彼の口からさくらに語られた、ただ一人の女性に今もあるのか?その思いを思い出して、あの楽曲を、過去から引きずりだしたのかな。どうにもか分からない神代の思いは、来週語られるのだろうか?そこ期待で見るしか今のところ、このドラマを見続ける意味はなさそうな感じしかしない。
07
 神代(福山雅治)がさくら(藤原さくら)のデモテープ用に作った楽曲を聴いた夏希(水野美紀)は、それが20年前のある曲をアレンジしたものと気付き、複雑な思いを抱く。だが、他の友人らは高く評価し、神代の才能を再認識。弦巻(大谷亮平)は、自身のレコード会社所属の看板アーティストからの楽曲提供の依頼をほのめかす。一方、作詞をしたさくらは、詞に神代への恋心を込めたが、それが本人に伝わっていないことがもどかしい。
関連記事

>
2016/05/17 06:01 :Category:【福山雅治】ラブソング コメント(2)
さくらの歌声が聞きたい
3話で脱落し、久々にながら見をしていたらどんな曲が出来るのか興味があり、食い入るように見ていました。
さくらの歌声は相変わらずいい声で、いい曲が出来て良かったな~なんて思っていたら、裏がありそうですね。
次回予告が興味深かったので見てみようと思いました。
個人的には、さくらと神代の歳の差があり過ぎて少し抵抗があります。
投稿者: [ 2016/05/17 23:15 ]
最後まで見るけど
龍馬伝の時の福山さんは、すごくよかったけど
このドラマは良さが半減してるように思う。
脇役も中途半端。
ストーリーに無理があって、展開もなんだかな。
ワクワクしない。
期待していただけに残念です。
投稿者: [ 2016/05/17 17:34 ]
みなさんの感想や情報





名前の複数利用不可。コメントの掲載が制限されます。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
最近のコメント★歓迎!
データ取得中...
アクセスサイトランキング
人気記事ランキング30
【全アクセス順位】
スマホ、タブレット QR
QR
カテゴリ Category
アクセス
アクセスランキング アクセスランキングブログパーツ アクセスランキング