Fcastドラマ視聴率感想

PC、スマホ、タブレットで国内ドラマ視聴率速報!独自感想も掲載。ジャニーズバラエティ視聴率も素早く更新。コメント大歓迎!検索『fcast』

【木22視聴率感想】早子先生、結婚するって本当ですか? 1,2,3話 

公式サイト
松下奈緒が三枚目キャラ熱演で新たな魅力全開!実家暮らし34歳独身女が幸せ探して1歩踏み出す。木曜夜の新習慣!今までにない笑って泣けて元気が出るドラマ!
【スタッフ】
原作:立木早子「早子先生、婚活の時間です」ほか(イースト・プレス)
脚本:水橋文美江
演出:中江功:佐藤源太:山内大典
プロデューサー:橋本芙美:柳川由起子
主題歌:それでしあわせ/chay
挿入歌:Let It Be Me/山下達郎&竹内まりや
【キャスト】
松下奈緒 立木早子 平和町小学校の1年1組担任教諭。独身の34歳。実家暮らしで、料理や家事は何もできない。
貫地谷しほり 久我山ミカ 早子の同僚教師で、28歳独身。女子力が高く気が強いが、表裏のないさっぱりした性格。
佐藤仁美 成増梅子 早子の同僚の音楽教師。37歳独身。考え方はいつもネガティブ。穏やかで争いを好まないタイプ。
八嶋智人 千駄木廉太郎 早子の同僚の教師。43歳独身。結婚願望が強い。
尾藤イサオ 立木辰志 豆腐店を営む早子の父。真面目な性格だがどこかおちゃめ。
松坂慶子 立木尚子 早子の母。楽天家で発言がストレートだが、嫌味はない。
【視聴率】
01 4/21【6.8】
脚本:水橋文美江 演出:中江功
02 4/28【6.1】
脚本:水橋文美江 演出:中江功
03 5/05【4.9】
脚本:水橋文美江 演出:佐藤源太


01
 34歳の小学校教諭・早子(松下奈緒)は、豆腐店を営む父・辰志(尾藤イサオ)、母・尚子(松坂慶子)と実家暮らし。公私共にそれなりに幸せで、結婚に関しても焦りはない。一方、同僚のミカ(貫地谷しほり)は婚活に励み、音楽教師の梅子(佐藤仁美)を合コンに誘う。そんな中、辰志が倒れて入院した。命に別状はなかったが、早子の妹・風子(川栄李奈)も嫁ぎ先の名古屋から駆け付ける。早子は尚子に店を畳んではどうかと提案する。
【感想】
僕は、当然だが30代未婚女性というものを体験したこともない。けど、主人公早子が言っていたように、大人になったら、ぼやっとだが、結婚できるんだろうな~というあやふやな思いは、あったかもしれない。母子家庭で、父親はいなかったが、それなりに父親になって、平々凡々だが、暮らしたりしてるのかな?と思っていたら、それは夢また夢の世界だった。仕事辞めて、旅したたりしたもんね。僕なって婚活しようなんて、思いさえもない不安定極まりないふわふわ生活で、早子の方が現実を生きてる。そんな彼女の周りは、結婚に目を向ける女性が!ミカとか変わることで、婚活同盟結成というところまでが今回の話だった・学校という空間と家族との間、特に最愛の父が倒れたりしたこと、その父の本当の早子に対する思いを聞いたことや周りの女性達と関わることで、彼女の中に、結婚というものがより身近になっていく過程が、ゆるやかに表現されてるところを感じながら見ていくのは、なかなか興味深い。大きなドラマが展開されるわけではないが、身近に過ごしていく中で、生き方を変えようとする女性を、見守っていきたい気持ちになるドラマかも。
02
 早子(松下奈緒)は親戚の紹介で初のお見合いに臨み、相手の態度に好印象を抱く。ある日、早子は学校で千駄木(八嶋智人)あての電話を受けた。席を外していた千駄木は、早子からの伝言に舞い上がる。実は、千駄木は電話をしてきた年下の女性・目黒(足立梨花)と10年前、ある約束を交わしていた。一方、ピクニック形式の合コンをしていたミカ(貫地谷しほり)や梅子(佐藤仁美)らは急な雨に降られ、会場近くの早子の家に駆け込む。
【感想】
今回で、婚活同盟が更なる広がりに。今回、かなりベタなお見合いの話だったが、千駄木のエピソードも加わり、更にベタベタな教師の仕事やっててよかった的な話だったが、やけに、こういうのが心にしみる。僕は到底、千駄木先生みたいに、キッチリ仕事をしてきた人じゃないけど、彼があの3姉妹に馬鹿にされても、言い続けてきた「まじめにやってればいいことはある」って、そんな人生を送ってないながらも、そう思える時はあった。結婚がしてくても出来ないし、何一つ思い通りにいかないけど、僅かな救いに、勇気づけられ、未来が見えたから、千駄木先生も婚活同盟に参加することになったのかも。同性でオッサンなだけに、千駄木先生の気持ちにリンクしやすかったなのが大きかったのかもしれないが、僕も心地よかった。正直、千駄木先生は、婚活同盟のメンバーとでも結婚するのかなとは思うが。それにしても、早子の話から外れたが、あのお見合いはう○ちの話が、出てきた時から、月島遼一は断る気まんまんだなとは思ったが、よく早子は彼に好意を抱いたものだな~。そこのところに心理はよくわからないが、月島は彼なりの誠意を尽くして、断らせたということなのか?本当にこのドラマでは、出てくる男たちの心理だけは手に取るように分かるが、女性の心理は、よくわからないところを楽しみながら見ていこうかな。
03
 早子(松下奈緒)は、学校で使う手作り教材のチョンマゲかつらをかぶったまま店に出て、客の凪太郎を驚かせる。そんな中、先日のピクニック合コンの参加者だった佐賀(田中圭)が、一度デートした舞(舞羽美海)が、自分をどう思っているか気になると相談しに現れた。早子は一人で処理できず、ミカ(貫地谷しほり)と梅子(佐藤仁美)を呼び出す。早子たちは2人がうまくいくと思っていたが、2回目のデートで舞が交際を断ったと知る。
感想
まだまだ、主人公である早子は、周りの騒動に巻き込まれているだけで、彼女の恋は始まらないけど、あの豆腐を買いに来た男性は、最後は、ちょんまげカツラをかぶってきたが、これから何かあるのかな?赤い傘は残されたままだったし、意味ありげに見えたけど....。なぜか、相談ばかりうける早子は、今回は佐賀と舞のキューピット的な働きだった。彼女が、留守番電話しないと、二人の運命は開けなかったかもしれない。二人は惹かれ合っていたが、舞の思いと佐賀の気持ちは離れていたから、舞は別れを切り出したんだろうけど、その小さな亀裂を、早子は、埋めたやったんだな。ミカの学校が離れ離れになった生徒の気持ちを、見事に汲んで、二人の居場所のヒントを見つけ出したり、他人の思いを見事につなげることがデキる人って、最終的には、自分をどう導くんだろ?婚活同盟は、梅子のことを千駄木が彼氏のふりをして、互いを助けあい意外とうまくいってるように見えるけど、それが本当のことになったりするのか?気になる展開もありつつ、気楽に見れるし、少しずつ幸せが広がっていくドラマなので、穏やかな気持で見ていきたいドラマかも。

関連記事


>
2016/05/06 12:57 :Category:【松下奈緒】 コメント(1)
私の中では今期ベスト5に入るドラマです。
まったりした空気感の中で
なんとも言えない可笑しさ・せつなさ・あたたかさが存在して
全員がそれぞれの個性を持ちながら皆いい人達。
先生達も…だからうらやましい位の小学校。
でも押し付けがましさがなくすんなり入ってきます。
あ…チラっと出の、とにかく明るい安村サンが唯一のゲス野郎(笑)ですが、一種のスパイスなのかな?
昨日は吉岡秀隆サンの使い方が贅沢でした。
投稿者: [ 2016/05/06 07:18 ]
みなさんの感想や情報





名前の複数利用不可。コメントの掲載が制限されます。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
人気記事ランキング30
【全アクセス順位】
Amazon

スマホ、タブレット QR
QR
アクセス
アクセスランキング アクセスランキングブログパーツ アクセスランキング