Fcastドラマ視聴率まとめ

PC、スマホ、タブレットで国内ドラマ視聴率速報!独自感想も掲載。ジャニーズバラエティ視聴率も素早く更新。コメント大歓迎!検索『fcast』
視聴率記事更新日:放送日時 番組タイトル

【火22視聴率感想】重版出来! GWにアップ 

重版出来!
TBS系毎週火曜 22:00~22:54
夢を描いて感動を売れ!涙と勇気がわきだす新人編集者奮闘記!汗を流して本気で働くってカッコイイ!魂の仕事にかける熱い人たちがここにいます!
◇原作 「重版出来!」 松田奈緒子 (小学館 月刊!スピリッツ連載)
◇脚本 野木亜紀子
◇演出 土井裕泰 福田亮介 塚原あゆ子
◇プロデューサー 那須田淳 東仲恵吾 八尾香澄
【キャスト】
黒木華 黒沢心 週刊コミック誌「バイブス」の新人編集者。
オダギリジョー 五百旗頭敬 「バイブス」の編集者。次期編集長候補。
坂口健太郎 小泉純 興都館のコミック営業部員。希望する部署ではなく、3年間異動願いを出している。
荒川良々 壬生平太 「バイブス」の編集者。陽気で威勢がよく、ラーメンが主食の大食漢。
安田顕 安井昇 「バイブス」の編集者。“新人ツブシ”の悪名。
松重豊 和田靖樹 「バイブス」の編集長。熱烈な阪神ファンで、喜怒哀楽が激しい。
【視聴率】
01 4/12【9.2】夢を描いて感動を売れ!涙と勇気がわきだす新人編集者奮闘記!
◇脚本 野木亜紀子 ◇演出 土井裕泰
02 4/19【7.1】これが僕の仕事だ!幽霊社員の本気の営業!
◇脚本 野木亜紀子 ◇演出 土井裕泰
03 4/26【7.9】天才VSド新人編集!先生の信頼を守りたい
◇脚本 野木亜紀子 ◇演出 福田亮介
04 5/03【9.1】
◇脚本 野木亜紀子 ◇演出 福田亮介


01
 心(黒木華)は柔道の元日本代表候補。選手時代、漫画に助けられた経験を持つ心はけがで引退後、もう一度熱くなれる場所を求めて大手出版社「興都館」の入社試験に挑戦。無事採用が決定し、編集長・和田(松重豊)率いる週刊コミック誌「バイブス」編集部に配属される。心はまず、副編集長・五百旗頭(オダギリジョー)の元で編集者としての基礎を学ぶ。そして、バイブスの看板漫画家・三蔵山(小日向文世)らと顔を合わせる。
【感想】
この原作は全く知らないので、どんなもんかなという感じで見た。主人公が大手出版社「興都館」に入社するまでが長いような気もするし、日本代表候補なり、筆記試験も満点をとる才女なのに、他の会社もよく彼女を採用しないというのはどうもおかしいとは思う。それに、社長を投げ飛ばしたりしながらも、無事合格!というのもなんだかな~という気になったが、配属された先が週刊コミック誌「バイブス」編集部でははつらつと働き、研修中の本屋での評判の抜群とできる女すぎるキャラ設定には、多少の違和感は感じたが、何事にも突き進むパワーは感じさせるキャラは、現在ではなかなか見ない感じのキャラで、かなり魅力的だった。どうしても初回なので、いろいろと編集部の仕事の説明は多くなった初回だが、バイブスの看板漫画家・三蔵山に反感を持つ腐ったアシスタントの反乱に、自信を喪失した彼を復活させる展開は、痛快で、お仕事ドラマとしては、なかなかのドラマを感じた。この中で語られていたが、一人の才能に頼り切りになった五百旗も反省していたが、やはり仕事はみんなでやるもんだね。いつも、僕もテレビを見ながら、文章を書いてるけど、みなさんのコメントの力も借りながら、このブログも成り立ってるだよな~などと思いながらみていた。
見終わった後は、次週も、気持よくスカッとする心の活躍に単純に期待したいと思える作品だった。
02
望まない部署に配属された営業マン・小泉。仕事のやる気もなく書店員たちからは陰でユーレイと呼ばれていた。 営業部長の岡からも叱られる日々。 あるとき、小泉が担当するタンポポ鉄道の3巻の発売が決まり、営業一丸となって集中的に売り込むことが決まる。 心も、助っ人で手伝いにくる。ポジティブに突き進む心を見た小泉の心境に変化が!?
【感想】
幽霊から、一生懸命な営業マンに!
このドラマ、もしかして、毎回、心の声をナレーションする人が変わるのかな?漫画を読んだことがないので、どんな作りなのかわからないが今回の主役は、営業マン小泉だった。幽霊体質で、存在感なしのイケメン営業マンは、自分に自信がなく、今をのんべんだらりとして、自分が仕事を出来無いこと、仕事や人のせいにして過ごしている青年だったが、まだ新人の心のやる気に、導かれるように、心のなかの蟠りを粉砕して、自分の殻をぶち破り、仕事に対して前向きになっていく姿が気持ちよかった。世の中仕事をしていても、足を引っ張ろうとしている奴ばかりじゃ無く、一緒にいるといい方に変われる話っていうのも清々しくていいね。たんぽぽ鉄道が少しずつ売れ始めたことに気づいた営業が仕掛けた小さな試みが、どんどん大きな実を結んでいく。小さかった実が、大きな果実となった行くのも、人がどう手を加えていくのか?それ次第というのが、幽霊を大きく変え、自分から会議で意見を言える前向きに仕事に取り組む営業マンに成長させた。面白い漫画は、たくさんあるけど、それが売れるかどうか?読者に気づいてもらえるかどうかは、営業マン次第というのが、手に取るように感じれた2話だった。
03
 心(黒木華)は「週刊バイブス」で一、二を争う人気漫画「ツノひめさま」の作者・高畑(滝藤賢一)の担当を任される。元々この作品のファンだったこともあり、張り切る心だが、作品の扉や最後のページに入れる‘アオリ’の文章をうまく作れず、五百旗頭(オダギリジョー)から何度もボツを食らう。一方、心の先輩・壬生(荒川良々)は、人気アンケート最下位で打ち切りが決まった担当の漫画家・成田(要潤)のフォローに回る。
【感想】
今回は、心の活躍がメインで、漫画家成田の担当で、心の先輩・壬生が、心情を吐露していくという内容だった。漫画家高畑の担当となった心は、隣の席の先輩壬生に相談するが、そんな彼のほうがアンケートランキング最下位になった成田を抱え悩みまくっていた。私的に、成田が付き合っていた女性が行方をくらまし、彼女に依存しきっていた成田はボロボロになる中で、ネームも最悪の出来の中で、心が高畑を本気にさせようとするのを横で見ながら、自分が成田とどう向き合うべきか?心に盈虚を受けながら、前に踏み出していこうとする物語は、編集者と漫画家の関係をうまく描いていたように感じる。しかし、漫画を買うとき、10年以上も単行本しか買っていなかったので、その存在を忘れていたアオリ!あれが、アオリというもので、担当編集者が書いてるというのも知らなかったが、それを高畑のやる気を開放する鍵に見立て、挑戦的なアオリが漫画家としての高畑をエンジンに火をつけ、彼の恋人のご帰宅が、ガソリンになって、新たなる物語を生み出した展開は、スカッとさせた貰った。その二人を横目に、壬生も自分の読者に対して、分かるやつだけ分かってくれればいいという態度を改め、成田に対する接し方を変えようと一皮むけた。編集者は誰から、給料は出ているのか? 五百旗頭敬は心に問うたが、その答えをふたりとも出した展開は、気持よかったかも。


重版出来! 7 (ビッグコミックス)
松田 奈緒子
小学館 (2016-03-30)
売り上げランキング: 267
関連記事


>
2016/05/06 11:06 :Category:【黒木華】みをつくし料理帖  コメント(19)
これはいいドラマ
偶然チャンネルがあったので見始めましたがこれは良作!ドラマのお手本のような作品です。主人公の成長ものという王道に脇役の良さ、そして4話で初めて次週に繋がりましたがそれまでの3話で漫画家サイドの重要人物の整理ができていて話に広がりと深みが増す感じ。漫画原作のようですが、よく練られた脚本だと思います。特に4話で出てきた新人二人、それぞれ別方向に才能はあるが悩みもがく若者を誠実に書いてあり見ていて応援したくなります。主人公の成長と共に彼らの行く末も楽しみです。
投稿者: [ 2016/05/07 17:30 ]
いい展開
東江の進路の葛藤
黒沢と安井の対立構造
漫画家としての才能を散りばめなどが随所に見られ
安直に流されないドラマになってきたぞ
 東江がこの先つぶされるのかが自分としては注目点
絵が得意だけなのか、安井の仕事を受けるのもわからなくはない
ネ-ムの打ち合わせで指摘されたことは改善しているようだが
黒沢の一言で覚醒しないのは東江の才能がないからか
黒沢に編集としての経験が少ないからその一言がアドバイスできないのか
そこらへんを次回明らかにしてほしい
投稿者: [ 2016/05/05 11:24 ]
心の失恋
作家と編集者との出会いは相性、タイミング、運命。「恋バナですね?」に笑った。「失恋だ~」の心可愛い(*´ω`*)

次々とストーリーが思い浮かんで書くことが追い付かない中田の話しに焦る東江。自分に無いものを言われた時の不安、焦りったらないよね。「才能があるかないかなんて分からない。とにかくやりたい」と母に言った東江。やってみて学ぶことのほうが多いけど、潰されないか心配...

来週も引き続き、3人の新人作家さんの話しがありそうなので楽しみです!
投稿者: [ 2016/05/05 10:50 ]
元気が出るドラマ
華ちゃんが好きなので初回から見てますが、今までの華ちゃんのイメージを一変させられたうえに、心の魅力に激嵌まり!
心の一生懸命さ、率直さ、そして元気さに毎回前に進む勇気を貰っています。

漫画は好きだけど、週刊や月刊雑誌は買った覚えがなく、読者感想やアオリなど初めて知る事も多く、併せて出版業界を勉強させてもらっている気分。
「給料は読者に貰っている」
この一言で、心も壬生も大事にすべきは作家先生では無く読者である事に気づく。そして、読者に満足してもらうことは、結果作家先生を守る事である、だから見過ごすわけにはいかない、という心の言葉に胸が熱くなった。

私もこんな情熱を持って働きたいといつも思わせてくれるドラマです。
今後も小熊ちゃんの活躍が楽しみです!
投稿者: [ 2016/04/29 02:52 ]
元気になれます♪
大河で華さんの演技にハマり
そのまま、こちらのドラマへ。

大河で、突然居なくなったのは
そういうことかと・・笑



出版業界ってどんな感じ?
漫画の編集者はどんな仕事?
作家さんはどんな生活?

そんな疑問を全て払拭してくれて
じわっとして、元気を貰って
前向きになれるいいドラマです。

登場する漫画のクォリティーも素晴らしく
久しぶりに漫画読もうかな?って思いました。

他のキャストの皆さんの配役演技も素晴らしいし
今後の展開、とても楽しみです♪
投稿者: [ 2016/04/27 18:01 ]
このドラマ、好きです!
「作家さんの想い」を「読者に届ける」とでも言えばいいのでしょうか。
各々が抱えている問題は違っていても、掲げる目標は一緒で、それに向かって突き進んでいく。無意味な足の引っ張り合いが無く、思いがまっすぐだから見ていて気持ちがいいです。
心ちゃんを演じる黒木さんがいいですね。一歩間違えると暑苦しくなるところを、素直でまっすぐな思いが気持ちよく伝わってきます。
営業の小泉君のお話、「頑張れ!頑張れ!」って自然と応援していました。
『重版出来、おめでとうございます』(涙)
本屋さんに行く楽しみが増えました。
投稿者: [ 2016/04/21 22:29 ]
一話目も二話目も「こんなに上手くいくわけないじゃん」と思いつつも凄くスッキリした気持ちにさせてもらえる爽やかなドラマです。

今回のタンポポ鉄道、重版出来になった時の漫画家さんと一緒に涙が出そうでした。
あんな風に本屋さんで本を売る努力をしているなんて、次から本屋さんの滞在時間延びそうです。

やっぱり黒木華さん!
正直美人じゃないし、昭和以前の役の人という印象が強かったのですが、
元柔道部の歩き方や根性、新人編集者のキラキラさが全身から伝わってきて物凄くキュートに見えます。
主役として輝いている!この先どんな困難を乗り越えるのか凄く楽しみで見逃せません。
その他の役者さんもみなキャラクターが生きていてクセが強いのに、違和感がない。

今後の展開楽しみにしています。
投稿者: [ 2016/04/21 15:05 ]
じーんときます
前向きになれるいいドラマだと思います。しかも、嫌みがなく気持ちよく見られます。
「コウノドリ」もそうですが、いい作品は心の底からじーんと感動が湧き上がってきます。
投稿者: [ 2016/04/21 13:47 ]
わくわく
久しぶりにおじゃまします。

2話に号泣。
長年働いている身には新人時代の気持ちを思い出させてくれます。
いま頑張らないと…そういう時期って誰にでもありますよね。

こんな良い作品、観ているひとが少ないなんて残念。
でも自分はとっても得しているとほくそ笑んでいます。

頑張れ小熊ちゃん!
投稿者: [ 2016/04/21 11:21 ]
さらに良かった第2話
今日は朝も早よから1日研修だったので、早く寝なくちゃいけなかったのに、
昨日は寝る時も何だか胸が一杯で、寝付けませんでした。
笑いどころの多かった初回も本当に良かったけれど、
昨日の第2話もしみじみ良かったなぁ・・・。

あの編集部や書店の人たちが 全員実在の人物と錯覚するほどでした。それだけみんな「生きて」いるドラマだと思います。
小熊(心ちゃん)からのビデオ電話見ている、八丹先生と担当の編集さんが泣いているのが、本当の漫画家さんと編集さんのようでした。

擦り減った靴の踵を見ただけで、涙が出そうになったのなんて初めてです。その踵は勲章だね。
小泉くんが途中下車するシーン、大好きです。
実際のところ、みんなスマホをいじっていた車中が、いきなりマンガに変わるはずもなかろうけれど、でもそんな夢でも見せてくれた方が心が浄化する。

先週から、随分と広報活動をしてきました。残念ながら数字は下がってしまったけれど、負けずに「勝手に広報」を続けます。
投稿者: [ 2016/04/20 21:16 ]
気持ちいいベタさ
重たい話や複雑な話のドラマが溢れる昨今ですが、そんな中でも観た人に清々しく元気を与えられる貴重なドラマだと思います。
それこそ「タンポポ鉄道」のように良い作品には違いないので、TBSさんには観てもらえる切っ掛け作りを頑張ってほしいです。
投稿者: [ 2016/04/20 15:49 ]
すごくいいドラマ
二回しかやってませんが、毎回ないています。ストーリーとしては、単純なんだけど、分かりやすくて、社会人一年生の娘に見て欲しいとおもうほど、いつも、思うんですが、視聴率なんてイイカゲンナモンダ
と。と、いうよりは、そりゃいいにこしたことないけど、個人個人趣味嗜好がちがうので、BSも含めてチャンネルがふえてるということは、視聴率も、へりますよね。
でも、みんなにみてほしい。ドラマです。
本当に良いドラマです。
投稿者: [ 2016/04/20 15:25 ]
見た後の満足感がすごい
営業と書店員の力が大きい事がよくわかりました。
主人公の前向きでめっちゃ明るい所も全然ウザくなくてこの物語の要である事が伝わります。
靴の底がすり減った場面も感動しました。
こんなに面白いドラマは久しぶりです。
投稿者: [ 2016/04/20 10:53 ]
泣いてしまいました
なじみのない出版業界の事が少しわかって、興味津々で見始めましたが、直球の爽快感溢れるドラマですね。

キャストの皆さんが個性的で実力派の方々だし、元気過ぎるくらいの華ちゃん演じる主人公に嫌みがなく、たんぽぽ鉄道の売れていく様に感動して、思わず涙があふれてきました。
仕事に悩んでいる今の私の気持ちとリンクして、少し前向きにさせて頂いた気がします。
投稿者: [ 2016/04/20 10:35 ]
物凄くいい
バラエティ版に書きました

http://dmate.blog99.fc2.
com/blog-entry-2439.html#comment30607

第2話からの視聴で
冒頭3分は抜けてるのにドラマ中涙が止まらんのでした・・・
投稿者: [ 2016/04/19 23:48 ]
おもしろかったです。
黒木華ちゃん表情豊かでさすがでした。

女性の職業もののドラマが大好きな高校生の娘と一緒に視聴決定です。
投稿者: [ 2016/04/15 19:18 ]
毎週視聴決定!
昨日はリアルタイム(録画もしてますが)で「ニノさん大賞」を観て、
W録のこちらは必死に倍速で視聴(→後でゆっっっくりまた観ます)。「グッと!スポーツ」は外付けHDDに入れてあるので、そちらもまた後で観る・・・と、何とも忙しい3被りでしたが。
来週からはW録で済みそうです。

いやぁ、これ面白かった!!
マツコの流れでいけば、2桁行くかと思いましたけどねー。残念!
ニノさんと数字がほぼ一緒ということは、昨日は何に数字が流れたんでしょうか・・・。

日本一割烹着の似合う女優が、熱いけど暑苦しくならない、フレッシュだけど押しつけがましくない、かわいい体育会系女子を好演していて、自然とこちらも笑顔になれました。
さすが、日本アカデミー賞最優秀の演技力です。前の役どころなんて微塵も見られなかった。何より、この役を演じているのが心底楽しそうでいい。
頑張れ!と応援しながら自分が応援されているような気にもなるドラマです。

脇を固める方たちも本当に味のある方、上手い方たちばかり。
久しぶりに「純粋にいい人」役の小日向さんも堪能できました。
来週は数字が2桁に上がることを祈りつつ、自主的に布教活動でもします(笑)。はぁ、来週も楽しみだ~。


投稿者: [ 2016/04/13 12:55 ]
明るい気持ちになれそう
最近のドラマは、現実を反映させる以上は仕方無い、とは言え気持ちが落ちる作品が多かったので、久々にスッキリしそう。
脇の役者さんがいずれも好きな方達ですし、視聴決定です!

漫画創作の裏も少し覗けるかな、Eテレの『漫勉』と比べるとだいぶ“小ぎれい”な現場に描いていますが。
投稿者: [ 2016/04/13 09:01 ]
おもしろい!
たまたまマツコの続きで見たら、びっくりぽんの面白さ。あさロスが解消されそうです。最近TBSを見る事が増えてきました。
投稿者: [ 2016/04/12 23:26 ]
みなさんの感想や情報





名前の複数利用不可。コメントの掲載が制限されます。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
最近のコメント★歓迎!
データ取得中...
Amazon

スマホ、タブレット QR
QR
アクセス
アクセスランキング アクセスランキングブログパーツ アクセスランキング