Fcastドラマ視聴率まとめ

国内ドラマ視聴率·キャスト情報·感想·ネタバレなど。個別スポーツ、バラエティ視聴率も速報更新。コメント大歓迎!検索は『fcast』
視聴率記事更新日:放送日時 番組タイトル

【視聴率】ドクターカー 安定 

ドクターカー日本テレビ系
ドクターカーにスポットを当てた医療ドラマで、剛力彩芽が医師と母親役に初挑戦!
毎週木曜 23:59~24:54
【スタッフ】
脚本:深沢正樹
演出:橋本一
プロデューサー:中村泰規 西川義嗣 山田大作
主題歌:Front Line/SKY-HI
【キャスト】
剛力彩芽 天童一花 朝城総合病院の新人ドクター。病院が導入したばかりのドクターカーの担当
中村俊介 朝城勇介 朝城総合病院理事長・涼子の1人息子。救命救急センター長兼ドクターカー責任者。
笛木優子 安住紗那 朝城総合病院救命救急センタードクター。美貌と天才的な医療技術を併せ持つ。
木下ほうか 田所行雄 朝城総合病院院長。医療技術は一流だが、出世や金にしか興味がない。
かたせ梨乃 朝城涼子 朝城総合病院理事長。過労により他界した夫から理事長の座を引き継いだ。
【視聴率】
01 4/07【4.5】
脚本:深沢正樹 演出:橋本一
02 4/21【3.2】
脚本:深沢正樹 演出:橋本一
03 4/28【3.6】横暴な市会議員と対決 虐げられる部下を救え
脚本:深沢正樹 演出:村松弘之
04 5/05【3.2】子供か仕事か…どっちが大事!?シングルマザーに迫る緊急事態とは?
脚本:関えり香 演出:村松弘之
05 5/12 【3.6】有名教授vs天童一花 拍動の謎は解けるのか!?子供に夢託す父を救え
脚本:武井彩 演出:橋本一
06 5/19 【3.6】銃で脅され極秘の出動!愛する子の嘘と罪と涙…チーム終焉の危機か!?
脚本:深沢正樹
07 5/26【2.7】二人の命…究極の選択!
関えり香
08 6/02【2.1】 親子の絆を取り戻し、治療を拒む絶対絶命の患者を救え!!
脚本:武井彩、深沢正樹 演出:本田隆一
09 6/09【4.3】美しき先輩女医の謎
脚本:関えり香 演出:村松弘之
10 6/16【3.7】最愛の人と衝撃の再会
脚本:深沢正樹 演出:船谷純矢
11 6/24【3.7】元恋人と捨て身の救命
脚本:深沢正樹 演出:村松弘之
12 6/31【4正樹 演出:村松弘之

01
 朝城総合病院救命救急センターに採用された医師の一花(剛力彩芽)は、導入されたばかりの「ドクターカー」に配属される。最前線での活躍を希望する一花は、現場での手術も可能なドクターカーに胸が躍る。早速、事故現場への出動要請が入り、一花は張り切るが、想像以上の惨状に足がすくみ、動くことができない。そんな一花を前に、責任者の勇介(中村俊介)は、現場での治療を放棄して、患者を病院に搬送するよう指示する。
02
 一花(剛力彩芽)の携帯電話に無言電話が相次ぐ。保育園に通う息子の一太郎(横山歩)が各所に貼った絵の影響のようだ。そんな中、一花に「妹が病気みたい」という電話が入る。すぐに通話は切れるが、聞こえた言葉の断片から、かけてきたのは一太郎の友達・桃果(横山芽生)の兄(小林颯)と思われた。彼らの一家がキャンプに出掛けたことを知った一花は、紗那(笛木優子)に相談。紗那はドクターカーの出動を勇介(中村俊介)に要請する。
03
 勇介(中村俊介)の指示でドクターカーは地元海運会社の会長・田宮(久保晶)の屋敷に出動。一花(剛力彩芽)らは、事故現場からの出動要請を断り、二日酔いの田宮を病院へ搬送した勇介にあきれる。ドクターカーを金もうけの手段にしようとひらめいた勇介は、地元の名士を集めて車両の見学会を催し、寄付を募る。一花は参加者の市議会議員・神蔵(小宮孝泰)の運転手・一之瀬(朝倉伸二)が体の痛みに耐えていることに気付く。
5月5日放送分のあらすじ(第4話)
 夜、5歳の男児・祐希(盛永晶月)が呼吸困難で意識不明だとドクターカーに出動要請が入る。しかし、駆け付けた一花(剛力彩芽)らは、母親のレイナ(水沢エレナ)から、症状は落ち着いたので必要ないと追い返されてしまう。後日、再会したレイナにドクターカーを金もうけの道具のように言われた一花は、誤解を解くために発表会を開こうと企画。そんな中、再び発作を起こした祐希を連れ、レイナが病院に駆け込んでくる。
5月12日放送分のあらすじ(第5話)
 ドクターカーの導入を検討する大学病院の外科部長・小峰(徳井優)が朝城総合病院に協力を求めてきた。涼子(かたせ梨乃)は返事を保留するが、准教授の椅子を用意すると言われた勇介(中村俊介)はすっかりその気に。一方、ドクターカーで出動した一花(剛力彩芽)は自宅で倒れたトラック運転手・市村(山崎潤)を診察。市村は2週間前に小峰の執刀で、大腸がんの内視鏡手術を受けたという。一花は市村の心拍に違和感を抱くが…。
5月19日放送分のあらすじ(第6話)
 顔なじみのキャバクラ嬢・瑠依(武田梨奈)に頼まれた勇介(中村俊介)は、独断でドクターカーを出動させる。指定の場所に行くと、瑠依の恋人・太一(成田瑛基)がナイフで刺され倒れていた。勇介は通報しようとするが、拳銃を持って脅す瑠依に逆らえない。一花(剛力彩芽)は、応急処置を済ませた太一を病院に搬送するよう説得するが、瑠依はなぜか神奈川・厚木に向かうよう命じる
5月26日放送分のあらすじ(第7話)
 ジョギング中に倒れた男性を救うため、ドクターカーで公園に向かった一花(剛力彩芽)らに、海で溺れて心肺停止の男性がいるとの出動要請が入る。公園の男性は意識を取り戻したと連絡が。だが、頭蓋内出血の可能性もある。一花はどちらに向かうか悩むが、病院に残っていた勇介(中村俊介)の指示で海岸に急行。しかし、到着すると、溺れた男性は仲間の人工呼吸で蘇生しており、公園の男性の容体が急変したと知らせが入る。
6月2日放送分のあらすじ(第8話)
 一花(剛力彩芽)らは石段の下で頭から血を流して倒れていた漁師の悠木(綾田俊樹)を病院に搬送。しかし、悠木は検査を拒否して、娘の茉莉恵(野村麻純)の説得にも耳を貸さず、退院してしまう。茉莉恵と悠木の仲は冷え切っていた。悠木が右脚をかばって歩く姿が気になった一花は、漁協の診療所を訪ね、悠木の右脚が重度の動脈硬化で、脚を切断しなければならないと知る。
6月9日放送分のあらすじ(第9話)
 交通事故現場に出動した一花(剛力彩芽)は、意識不明の少女(安生悠璃菜)を搬送。だが直後、自転車で事故を起こした加害者の青年(千葉一磨)の容体が現場で急変する。一花の判断を問題視した勇介(中村俊介)は、ドクターカーを救急から外し、へき地の町での出張診療を担当させる。町の児童養護施設で診療を行った一花は、見覚えのある少年・海斗(中野魁星)に気付く。海斗は先日、紗那(笛木優子)を訪ねて病院に来ていたのだ。
6月16日放送分のあらすじ(第10話)
 一花(剛力彩芽)らは、釣り中に崖から海に転落した板倉(おかやまはじめ)を病院に搬送する。幸い、けがは右脚の骨折だけだった。勇介(中村俊介)と紗那(笛木優子)は、病室で明るく振る舞う板倉に違和感を抱くが、一花は何も気が付かない。妻・美智子(宮田早苗)や息子・智彦(佐野勇斗)の板倉に対する態度もなぜかよそよそしい。翌朝、検査結果を見た紗那は、板倉が肝臓がんだと気付く。そんな中、板倉が病室から消えてしまう。
11
 一花(剛力彩芽)の後任として涼子(かたせ梨乃)が招いたのは、一太郎(横山歩)の父親の矢崎(細田善彦)だった。一花は6年ぶりの再会に動揺する。そんな中、勇介(中村俊介)の指示でドクターカーが出動。所属する医療法人の会長・岩重(寺田農)の息子・康孝(辻本祐樹)から助けを求められたという。しかし、一花らが現場に到着すると、石段から転落したという康孝の連れの女性・杏奈(尾中琴美)は、もう大丈夫だと診察を拒む。
【最終回】
ドクターカーの廃止が決まり、一花(剛力彩芽)は解雇される。病院の存続のことしか眼中にない涼子(かたせ梨乃)と勇介(中村俊介)だが、ついに岩重(寺田農)から支援の打ち切りを通告されてしまう。仕事を失い途方に暮れる一花は、岩重の息子・康孝(辻本祐樹)から再就職先として東京の一流病院を紹介される。だが、病院側の嫌がらせを受けながら残って働いている弥生(久保田磨希)らのことを思うと素直に喜べない。そんな中、強盗犯によるバス乗っ取り事件に巻き込まれた勇介が、犯人に刺されてしまう。
関連記事

>
2016/07/01 10:39 :Category:【剛力彩芽】レンタルの恋 コメント(0)
みなさんの感想や情報





名前の複数利用不可。コメントの掲載が制限されます。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
最近のコメント★歓迎!
データ取得中...
アクセスサイトランキング
人気記事ランキング30
【全アクセス順位】
スマホ、タブレット QR
QR
カテゴリ Category
アクセス
アクセスランキング アクセスランキングブログパーツ アクセスランキング