Fcastドラマ視聴率まとめ

PC、スマホ、タブレットで国内ドラマ視聴率速報!独自感想も掲載。ジャニーズバラエティ視聴率も素早く更新。コメント大歓迎!検索『fcast』

【水21視聴率】警視庁捜査一課9係2016 最終回UP 

警視庁捜査一課9係
テレビ朝日系 毎週水曜 21:00~21:54
シリーズ11年目!超個性的な6人の刑事(渡瀬恒彦、井ノ原快彦、羽田美智子、吹越満、田口浩正、津田寛治)が、複雑な人間模様が絡み合う難事件を追う。重厚かつ濃密な群像刑事ドラマ!また、野際陽子が、渡瀬恒彦の天敵として今シリーズ登場!
【スタッフ】
脚本:深沢正樹 岡崎由紀子 真部千晶:瀧川晃代:大川俊道
監督:杉村六郎:新村良二
ゼネラルプロデューサー:松本基弘 
プロヂューサー:峰島あゆみ 金丸哲也
【キャスト】
渡瀬恒彦 加納倫太郎 警視庁捜査一課9係係長。警部。
井ノ原快彦 浅輪直樹 警視庁捜査一課9係刑事。倫太郎とコンビを組む巡査部長。
羽田美智子 小宮山志保 警視庁捜査一課9係刑事。階級は警部補で9係では主任を務める。
津田寛治 村瀬健吾 役 警視庁捜査一課9係刑事。警部補。
吹越満 青柳靖 警視庁捜査一課9係刑事。警部補。富裕層を毛嫌いしている皮肉屋。
田口浩正 矢沢英明 警視庁捜査一課9係刑事。巡査部長。青柳の捜査上の相棒。
原沙知絵 早瀬川真澄 監察医。志保とは仲が良い。
中越典子 石川倫子 倫太郎の一人娘。パティシエ。
【視聴率】
01 4/06【13.9】
脚本 深沢正樹、岡崎由紀子◇監督 杉村六郎
ゲスト 山本圭、森下哲夫、西尾まり、坪倉由幸、堀内正美
02 4/13【12.5】殺人整体
◇脚本 瀧川晃代◇監督 新村良二
ゲスト 白石美帆、川岡大次郎、川村ゆきえ
03 4/20【12.7】カラフルな殺人
◇脚本 ハセベバクシンオー 監督 新村良二
斉木しげる、大村彩子、青山勝
04 4/27【12.0】時間差殺人
◇脚本 長谷川康 監督 大川俊道
篠田麻里子、須田邦裕、金子昇
05 5/04【13.1】殺人ヨガ
ゲスト 伊東四朗、白羽ゆり、佐藤康恵
◇脚本 深沢正樹◇監督 長谷川康
06 5/11【12.1】花の殺人
ゲスト 青山倫子、渡邉紘平、不破万作
◇脚本 保正和之◇監督 吉田啓一郎
07 5/18【10.7】殺人カメラ
【ゲスト】松澤一之、山下容莉枝、原田佳奈
◇脚本 真部千晶◇監督吉田啓一郎
08 5/25【13.6】3つの大追跡
【ゲスト】葛山信吾、上原多香子
◇脚本 徳永富彦◇監督 田村孝蔵
09 6/01【10.2】コスプレ殺人
【ゲスト】山下裕子、真瀬樹里、まいど豊
◇脚本 岡崎由紀子◇監督 田村孝蔵
10 6/08【10.9】追憶の殺人
【ゲスト】 小野武彦、多岐川裕美
◇脚本 徳永富彦◇監督 細川光信
11 6/15【11.8】殺人メッセージ
ゲスト 里見浩太朗、北村総一朗、田岡美也子
◇脚本 深沢正樹◇監督 杉村六郎


01
 早朝、団地の敷地内で熊の着ぐるみ姿の男が刺殺され、倫太郎(渡瀬恒彦)率いる警視庁捜査一課9係が臨場する。被害者は、1年ほど前に彗星(すいせい)のごとく現れた青年実業家の浜中(坪倉由幸)と判明。団地の自治会長は倫太郎の亡妻のいとこ・静香(野際陽子)だった。やがて、浜中が数年前に世間を騒がせ、こつぜんと姿を消した投資詐欺グループの主犯だった可能性が高まる。1年半前、倫太郎は海外在住だった静香から、その投資詐欺の被害に遭った知人のことで相談を持ち掛けられていた。
02
 妻の律子(白石美帆)と整体サロンを営む荒木田(川岡大次郎)が殺された。捜査に着手した倫太郎(渡瀬恒彦)は現場の施術室に置かれた熱帯魚の水槽が気になる。人気整体師の荒木田だが、事件前に施術を受けた客の理沙(川村ゆきえ)からはセクハラの被害届が出されていた。カルテと現場の状況を照合した青柳(吹越満)は、客の美波(渋谷飛鳥)に注目。やがて、美波と荒木田の意外な関係が明らかになる。
03
 9係は、テレビショッピング専門番組にレギュラー出演中のアクセサリー会社の広報部長・由香利(中原果南)が殺された事件を捜査。スタジオ近くの岸壁で発見された遺体の顔には、赤と青のアクリル絵の具がかけられていた。倫太郎(渡瀬恒彦)は、由香利の会社の商品に使われていた石で、光によって色が変わるという「アレキサンドライト」に興味を抱く。捜査を進めると、関係者から由香利の黒い噂が続々と出てくる。
04
 ベンチャー企業社長の高見沢(金子昇)が、妻の美咲(篠田麻里子)とレストランで食事の後、駐車場で射殺された。青柳(吹越満)らは、最近、高見沢の周辺を付きまとっていた土橋(須田邦裕)を取り調べる。土橋の話から、高見沢が10年前に振り込め詐欺の首謀者だったことが判明。一方、倫太郎(渡瀬恒彦)らが現場近くで停車していたタクシーの車載カメラを調べると、犯人の姿は写っていなかったが、銃声が記録されていた。
05
 ヨガスタジオを主宰するマヤ(白羽ゆり)が服毒死。遺体はヨガのポーズをしていた。自殺かと思われたが、鑑識の猪狩(伊東四朗)の調べにより他殺の可能性が濃厚に。やがて、遺体のポーズは半年前に辞めたインストラクターの蘭子(佐藤康恵)が考案したことが分かる。2人は、このポーズをめぐりトラブルになっていたという。一方、倫太郎(渡瀬恒彦)は、スタジオに飾られた受賞メダルが一つなくなっていると気付く。
06
 フラワーアーティストの沙耶(青山倫子)が変死体で見つかる。遺体は彼女の作品のように植物や花に囲まれていた。沙耶の自宅を調べた倫太郎(渡瀬恒彦)は、静香(野際陽子)と沙耶が一緒に写っている写真を見つける。静香に話を聞くと、7年前、沙耶がニューヨークまで会いに来たのだという。一方、志保(羽田美智子)と村瀬(津田寛治)は、アシスタントの美紀(中丸シオン)の話から、沙耶に恨みを持つ人物がいたことを知る。
07
新人カメラマンの松浦(神谷リク)が個展会場で毒殺された。しかし、松浦が直前までいた控室からも、会場にいた写真仲間の藤尾(松澤一之)や公子(棟里佳)、仲間で元恋人でもある百々(原田佳奈)らの持ち物からも毒物は見つからない。倫太郎(渡瀬恒彦)は、松浦の二眼レフカメラの裏ぶたが開いたままで、フィルムがないことに疑問を抱く。やがて、事件後に会場から姿を消した写真仲間の寺崎(土屋佑壱)が捜査線上に浮かぶ。
08
 妙子(遠藤久美子)が出演したショッピングセンターのイベント会場で発砲事件が発生。青柳(吹越満)らは直前に見掛けた不審な女(上原多香子)の行方を捜していた。同時刻、倫太郎(渡瀬恒彦)ら9係の面々もそれぞれ別件で同じ場所に。志保(羽田美智子)らは拳銃を所持していると思われる国際マフィアの男(葛山信吾)を尾行してきた。一方、倫太郎と直樹(井ノ原快彦)は、かばんに拳銃らしきものを入れた少年(小林颯)を追っていて…。
09
 人気漫画家の秋絵(山下裕子)が自作のアニメ映画のヒットを祝うパーティー会場で転落死。倫太郎(渡瀬恒彦)はアニメの登場人物のコスプレをした秋絵の手袋が片方ないことに不審を抱く。遺体にはスタンガンの傷痕があり、他殺と断定される。捜査が進む中、秋絵の年下の夫・類(古原靖久)と声優・玲奈(森高愛)の不倫が判明。秋絵は、雑誌記者・武田(まいど豊)が偶然撮影した類と玲奈の不倫の証拠写真をもみ消していた。
10
 2015年3月、一人暮らしの登志子(多岐川裕美)が殺され、程なく、刑務所を出所したばかりの渡部(小野武彦)が逮捕された。倫太郎(渡瀬恒彦)は、その時に渡部が見せた何かを成し遂げたような晴れやかな微笑が忘れられない。渡部は犯行を否定したが、捜査が進めば進むほど犯人は渡部としか考えられなかった。9係の面々は倫太郎の捜査方針に疑念を抱く。それでも引っ掛かる倫太郎は、渡部と登志子の接点を調べるが…。
【最終回】
倫太郎(渡瀬恒彦)は警視総監の神田川(里見浩太朗)から入手したばかりの古本を渡される。本の内容と裏表紙に添えられた献辞から、富豪夫人・千寿子(田岡美也子)殺害容疑でおい・寺田(福崎峻介)が逮捕された一件が冤罪だと告発しているようだ。だが、事件は倫太郎ら9係の担当外だ。そんな中、ゴシップ誌ライター・田野倉(奈良坂篤)の転落死の捜査を始めた倫太郎は、この件が千寿子の事件と関係があることに気付く。
関連記事


>
2016/06/16 10:10 :Category:【テレ朝ドラマ】 コメント(0)
みなさんの感想や情報





名前の複数利用不可。コメントの掲載が制限されます。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
最近のコメント★歓迎!
データ取得中...
Amazon

スマホ、タブレット QR
QR
アクセス
アクセスランキング アクセスランキングブログパーツ アクセスランキング