Fcastドラマ視聴率まとめ

国内ドラマ視聴率·キャスト情報·感想·ネタバレなど。個別スポーツ、バラエティ視聴率も速報更新。コメント大歓迎!検索は『fcast』
視聴率記事更新日:放送日時 番組タイトル

【2016冬視聴率感想】松本清張ドラマスペシャル 黒い樹海 

公式サイト
北川景子×松本清張×旅情ミステリー!唯一の肉親である姉を事故で亡くした新聞記者・祥子。その事故に隠された姉の嘘と秘密とは…。松本清張の傑作が再び甦る!!
◇出演者
笠原祥子……… 北川景子 両親を早くに亡くし、信頼する姉と都内で2人暮らし。
吉井亮一……… 向井 理 祥子の姉・信子が勤務していた新聞社の文化部記者。
笠原信子……… 小池栄子 祥子の姉。新聞社の文化部記者。
妹尾郁夫……… 鈴木浩介 経済評論家。
小川カズ……… 室井 滋 祥子が姉・信子と暮らしていたマンションの管理人。。
倉野むら子……… 山本未來 デザイナー。
鶴巻完造……… 六平直政 信子が生前、担当していた画家。
安原國政……… 尾美としのり 刑事。
佐敷泊雲……… 古田新太 多くの弟子を抱える華道家元。
西脇亜佐美……… 麻生祐未 西脇の妻。夫が祥子のような若い女性と浮気をしないか、常に心配している。
西脇満太郎……… 沢村一樹 小児科医。新聞に連載コラムを執筆しており、信子が担当だった。
◇スタッフ
チーフプロデューサー 五十嵐文郎(テレビ朝日)
ゼネラルプロデューサー 内山聖子(テレビ朝日)
プロデューサー 中川慎子(テレビ朝日)、中沢晋(オフィスクレッシェンド)
◇原作 松本清張『黒い樹海』(講談社文庫刊)
◇脚本 寺田敏雄
◇音楽 井筒昭雄
◇演出 常廣丈太(テレビ朝日)
【視聴率】
03/13【11.0】
黒い樹海 (講談社文庫)
松本 清張
講談社
売り上げランキング: 3,395


両親を早くに亡くした笠原祥子(北川景子)は、たったひとりの姉・信子(小池栄子)と都内のマンションで2人暮らし。仕事を探しながら、新聞社に勤務する信子を信頼し、寄り添うように生きてきた。その日も東北旅行に出発する信子と別れ、祥子は何社目かの面接に出かけた。それはいつもと変わらぬ、仲のよい姉妹の光景のはずだった。 ところがその夜、信子が事故で亡くなったという知らせが入る。しかも、どういうわけか、祥子に告げていた旅先とは異なる場所で、命を落としてしまったのだ…!
 悲しみにくれる祥子の前に現れたのは、信子の同僚記者・吉井亮一(向井理)。何を考えているのか、信子の死の謎について祥子と共に調査に乗り出す吉井。その一方で、祥子は姉の後釜として新聞社の文化部で働きだし、生前、姉が担当していた文化人たちに会いに行く。彼らは皆、華やかな表の顔からは想像もつかないほどクセのある人物で、中でも小児科医・西脇満太郎(沢村一樹)はセレブ界きっての遊び人らしく、何度も祥子に誘いをかけてくる始末だった。
 ところが直後、姉の同僚だった町田知枝(酒井若菜)が自殺! 知枝は信子の死について「責任をとるべき人がいる」「有名人ならなおさらよ」と謎めいた言葉を祥子に残していた。姉の死に、信子が生前つき合っていた著名人の誰かが関わっていることを直感した祥子。だが、真相を知ろうとすればするほど、渦中の人物が次々と殺害されていく事態が発生! 祥子は図らずも “黒い樹海”のような深い闇に吸い込まれていく…!
関連記事

>
2016/03/14 10:38 :Category:【北川景子】家売るオンナ コメント(0)
みなさんの感想や情報





名前の複数利用不可。コメントの掲載が制限されます。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
最近のコメント★歓迎!
データ取得中...
アクセスサイトランキング
人気記事ランキング30
【全アクセス順位】
スマホ、タブレット QR
QR
カテゴリ Category
アクセス
アクセスランキング アクセスランキングブログパーツ アクセスランキング