Fcastドラマ視聴率まとめ

PC、スマホ、タブレットで国内ドラマ視聴率速報!独自感想も掲載。ジャニーズバラエティ視聴率も素早く更新。コメント大歓迎!検索『fcast』
視聴率記事更新日:放送日時 番組タイトル

【水22視聴率感想】フラジャイル【03】 

水曜ドラマ『フラジャイル』
【CAST】
長瀬智也・・・ 岸京 一郎 (主人公の病理医)
武井咲・ ・・宮崎 智尋 (病理診断科 新米病理医)
野村周平・・・ 森井 久志 (病理診断科 臨床検査技師)
小雪・・・・・細木 まどか(外科医) 
北大路欣也・・中熊 薫  (病理医界の重鎮)
【STAFF】
【原作】「フラジャイル」草水敏・恵三朗(講談社「アフタヌーン」連載)
【脚本】橋部敦子
【企画】成河広明、池田拓也
【プロデュース】小林宙
【演出】石川淳一  城宝秀則 
【視聴率】
01 1/13【*9.6】僕の言葉は絶対だ!!正義と信念を貫く男が命を救う!!
脚本 橋部敦子【演出】:石川淳一
02 1/20【10.0】天才病理医が救う命、その時救命救急で何が起こったのか?空白の時間に潜む驚きの病
脚本 橋部敦子【演出】:石川淳一
03 1/27【10.0】病名がわからない!?原因不明の病いから、夫婦の絆と命を守れ
脚本 橋部敦子【演出】:城宝秀則
04 2/03【*9.7】最も診断が出せない病気…託された母娘の命と未来!!
脚本 橋部敦子【演出】:城宝秀則
05 2/10【*9.5】余命1年の宣告通知 難病の青年の夢よ叶え 命を諦めない診断!!
脚本:橋部敦子 演出:石川淳一
06 2/17【*9.2】患者からのSOS!!主治医を変えたい母親 二転三転する診断から赤ん坊の命を救え
脚本 橋部敦子【演出】:池辺安智 
07 2/24【*9.8】迫るタイムリミット 明かされる医師の過去 花嫁の命を救え!!
脚本 橋部敦子【演出】:城宝秀則
08 3/01【*8.8】天才病理医のピンチ 女性患者に取り違えが発覚!?真実を暴け!!
脚本:橋部敦子 演出:石川淳一
09 3/08【10.6】余命半年の幼なじみ 未来を託した夢の新薬 それは希望か悪魔か
脚本 橋部敦子【演出】:城宝秀則
10 3/15【10.5】最終回 !医療の巨悪に挑む!大逆転の幕が開く!
脚本 橋部敦子【演出】:石川淳一
フラジャイル Blu-ray BOX
TCエンタテインメント (2016-07-27)




07
 岸(長瀬智也)は、カンファレンスに宮崎(武井咲)を一人で出席させ、そこで放射線診断科のベテラン医師・高柴(志賀廣太郎)に会うよう仕向ける。宮崎は、岸とは対照的に穏便に自分の意見を通す高柴に、尊敬の念を抱く。一方、細木(小雪)は下腹部痛を訴える奈央(ハマカワフミエ)を初期の胃がんと診断。だが、消化器外科で奈央の担当医となった副院長・岡崎(中丸新将)は肝臓に見つかった影を転移だと決めつけ、検査すべきだとする高柴の意見を却下する。
【感想】
「老兵は死なず、ただ消え行くのみ」
放射線診断科のベテラン医師・高柴がそんな言葉を漏らして、病院をさろうとする現実の中で、彼と深く関わってきた岸は、どんな別れを告げるのか?どんな舞台を用意するのか?けど、この病院を含めて、ココに描かれてる世界は、本当に中熊 薫が支配しているんだね。彼の存在があればこそ、岸が
「あなたが医者であるかぎり、僕の言葉は絶対だ」と言い切れる話でもなると再認識させられた。
ルールの中で生きろと、誰からも自分の超絶的なやり方を後輩に強いてきた高柴だが、それは、上にし、下にも、決して、受け入れなれないやり方であった。誰も彼みたいになれるわけではない。その答えが出た時、彼の中の思いは、一つの希望を失いかけ、ただ存在するのみという自分の評価へとなったのかもしれないが、岸は、宮崎を使い彼の前言を撤回させるように、導いていく。
そこには、岸の高梨という存在への尊敬の念がありありと見えた。深いその思いが、あればそこ、彼は宮崎という存在を利用したんだよな。高梨に消えることを許さないその姿勢は、傲慢な態度のように見える中に隠れる思い。それがドラマを産んだ気がした。このドラマは派手派手しさはないが、一見、患者の目からは見えない診断医の世界を活き活きと描いている。しかし、患者を死に陥れる医者のプライドほど、この世から無くなればいいものかもしれないが、僕も変なプライドだけは、そぎ落として生きていかなければと再びおmわせてくれる貴重な作品かもしれにあ。
08
 岸(長瀬智也)や宮崎(武井咲)らは、学生を対象にした泊まりがけの病理の勉強会に指導者として参加。同じころ、森井(野村周平)の元には、女性外科の近田(渋谷謙人)から5人分の検体が持ち込まれた。後日、勉強会に参加した女子学生・カナ(恒松祐里)が、病理診断科の見学に訪れる。一方、岸が浸潤性乳がんと診断し、女性外科部長・亮子(森口瑤子)が執刀中の患者が、がんではないと判明。岸は検体の取り違えを指摘するが、病理の診断ミスの噂は広まって…。
【感想】
見事なほどの岸の逆転劇だった。100%の診断を下す!そう言い切る彼が、まさかの誤診という展開だったが、それの中には、確実に、我々病理に、ミスは全く無いと自信があったからこそ、女性外科部長・亮子に頭を下げて、その原因を究明しようとしたのか。全く何をいわれようが、ブレが一ミリも生じない岸は、いろいろ言われながらも、ただ真実を追求する。そして、見えてきたアクシデントは、思いがけないところにあった。堂々と女性外科に乗り込んでいく、岸はキッチリと原因を提示するが、女性部外科部長は、部下をかばう。その時、森井 久志は、どう感じたんだろうか?その後、岸は森井に言い切る。彼の中の本当のブレの原因はどこにあるのかを。厳しく、」強すぎるほどの男を目の前にして、彼は、本当に病院を辞めていくのか?緊迫した中に、微妙に岸に憧れる研修医がいたのは、ちょっと楽しかったけど、やっぱり病理からは離れていくんだね。
09
 アミノ製薬が開発した抗がん剤の治験に向けて、間瀬(高嶋政宏)の指揮の下、火箱(松井玲奈)たちは協力医探しに奔走。中熊(北大路欣也)に断られた火箱は、ターゲットを岸(長瀬智也)に絞る。一方、森井(野村周平)が辞めた病理診断科には、臨時の検査技師1人が配属されたものの、仕事量が多すぎて作業は滞り、各科から問い合わせが殺到する。そんな中、宮崎(武井咲)にとって兄のような存在の幼なじみ・松田(小出恵介)が、背中の痛みを訴えて検査入院する。
【感想】
最終回につながる9話は、まだ物語が終わってないので、なんとも言えない部分があるけど、森井は戻ってくるのかな?そして、何故に、宮崎の幼なじみである松田を助けるとはいえど、あの治験をあっさり受け入れたのか?よくわからないが、物語の進行を見ると、裏では、間瀬に治験を失敗がしていたことが隠されている。しかし、なんで、森井が他の病院に移ることになったかと思ったら、来週のあらすじを見ると、森井が勤めている病院に、AM105の治験患者がいたからなのか。暴かれていくアミノ製薬のAM105の治験の闇!それに、岸はどう対処していくのか?松田の運命とともに、感情的な宮崎は、今回のことでどう成長を遂げるのかまで、かなり劇的な展開が用意されてるであろう最終回に期待したい。
10
 アミノ製薬の火箱直美(松井玲奈)から新薬AM105の治験への協力を頼まれた岸京一郎(長瀬智也)は、意外にもあっさりと承諾。早速、火箱はAM105を直接使用することになる患者、松田幸司(小出恵介)の病室に持ち込む。松田の担当医、稲垣大道(平山祐介)と宮崎智尋(武井咲)もいた。その時、火箱と話の合う松田の様子を見て、宮崎は2人を友人にさせようとする。  一方、岸は火箱から預かったAM105の症例報告書を精査していた。すると、気になる箇所が見つかり、それは新東京医療センターでの症例だった。患者は薬によって腫瘍が消えたことになっていたが、退院後は受診していない。岸は細木まどか(小雪)から森井久志(野村周平)がこの病院で働いていることを聞いていた。森井の帰りを待った岸は、患者の情報を教えて欲しいと頼む。  中熊薫(北大路欣也)は、アミノ製薬が怪しいと岸に忠告。岸は火箱を呼んで、症例報告書が改ざんされているのではと問いただす。しかし火箱は否定。岸は森井に調べてもらった患者の件を火箱に伝える。新東京医療センターで治験を受けて退院した患者は、2日後に多臓器不全で亡くなっていた。傍らで話を耳にした宮崎は、AM105の副作用を疑う。信じがたい火箱だが、治験情報のすべてを把握してはいない。真相を知っているのは部長の間瀬辰人(高嶋政宏)だけ。火箱は患者が本当に亡くなったのか確かめると飛び出し…。
【感想】
最終回は気持ちよく、治験データ改ざんという悪事に悪事を重ね、会社の利益を優先し、亡くなられた治験患者を闇に葬る間瀬VS岸というドラマが展開された。わかりやすい構図の最終回だっただけに、あの場で、岸がおもいっきり、アミノ製薬新薬AM105の危険性やデータの改竄などの悪事を、堂々とバラしてくれたのは痛快だった。このドラマは、外科医のドラマではなく、顕微鏡を覗きこみ病気を診断することに特化しているドラマだけに、大きな動きがないので、ドラマ自体はかなり地味だったが、大きな病の診断がどうやって行われているのかということが、かなり理解できるドラマだった。そして、100%の診断を追い求めるところに大きなドラマも感じさせてくれた。病理医という存在は知ってはいたが、そこにどんなドラマが描けるのか?未知の領域だったがだけに、興味深かった。しかし、外科医と病理医を組み合わせると、もっと躍動感があるドラマを作れそうだけど、どうなんだろうか。最終的には、森井もチームに復帰!その流れで、できれば第2弾か、スペシャルドラマはやってほしいけど、数字が微妙かな。続編があるとこのドラマのテーマに対する理解が進んで、数字上がりそうな気がするけど、どうなるんだろうか?
関連記事


>
2016/03/17 10:19 :Category:【長瀬智也】ごめん、愛してる コメント(6)
最終話
ホンマでっかからの流れで見ました。なんかもう、気分は伊藤さん大久保さんでしたね~。そういう年齢ですから。番組は涙が出るほど面白かったです。

本編。フラジャイル。
皆さん、地味だ地味だと言うのですが、病理医というちょっとないデーマで新しいことだらけだったので、私は地味さも感じずに十分楽しかったです。これって、ドラマ全般を見てないからでしょうか。

最終話は変わらずのスカッで良かったのですが、せっかくの設定なのだから、もっとガッツリ、ラスボス対決が見たかったですね~~。時間が足らなかった(汗)

森井くんも帰ってきたことだし、やはり、続編を期待してしまいます。(俳優の野村君は意外とはしゃぐキャラクターの人だったのですね。)

左脳が疲れ切るほど頑張った長瀬くんをはじめ、皆さま、お疲れさまでした~。

投稿者: [ 2016/03/17 10:56 ]
第9話
次回、ラスボス対決ですか~~~っ。楽しみにしてます!

「フラジャイル」では、間瀬役の高嶋政宏さん。
「真田丸」では北条氏政役の高嶋政伸さん。

双方が迫力のある役を怪演されていますが、この兄弟対決も見ものであったりします。どっちも怖いよ~~。

製薬会社のMR(というらしい)役の松井玲奈さん。気が付かなくて、ごめんなさい。どうやら本来はMRは治験に関わらないらしいのですが、ドラマですから、このことは一旦忘れますよ!
投稿者: [ 2016/03/13 21:11 ]
TOKIO兄さんでるからととりあえず見始めたこのドラマですが勧善懲悪な感じの初期から進みいよいよ終盤ですね…
個人的に好きな松井玲奈さん、好きだけどあのキャラ見ててイライラしますよね、最近は森井くん頑張れとそっちを応援したくなる身です(笑)
投稿者: [ 2016/03/06 03:15 ]
100%の診断と誤診!
人の命にかかわるミスが許されない、そんな仕事に携わってる方尊敬します。
いろいろな研究に開発もあり新薬できても命に運命もある、でも想像つかない頭の中、先生達の脳になってみたいです。私の仕事は2つとも臨機応変でその場をしのぐ事はできるから、助かります(笑)
今回、長瀬くんがよかった!
あの製薬会社?の女性さんにイライラ嫌いなタイプ、役柄なのにごめんなさい、森井先生にもちょとイラ、でも最終回まで楽しみです。
投稿者: [ 2016/03/03 13:43 ]
第8話
インシデントとアクシデント。
患者の側になるかもしれない身としては、アクシデントには遭遇したくないです~。それにしても、このドラマは真面目に見ていると、病院ってホントはこうなのか?と段々怖くなってくるのですが、マンガやドラマにしている段階でかなり脚色が入っているのでしょうね。

今話の岸先生の100%は、ん?どうかな?という思いがちょっと入りました。100%はやっぱり無理だと思うので、そこでどう100%に近づけるのかが大事になってきて、森口さん扮する外科部長の言い分が正しいような気がしました。あの場面で言われると、かなり頭に来ますけど。あれですね。実生活で「うちは絶対大丈夫です!」と言われるとかえって胡散臭く感じてしまう感覚に似ています。まあ、岸先生は実行できてしまうのですが。

森井君みたいな人には、ぜひ、お医者さんになってほしいけど、だけど、病理には森井君が必要ですし~~。悩ましいです。

製薬会社の営業の彼女が出てくるたびに「森君はほっというてあげて~。」と大騒ぎしている私ですが、それだけ好演されているというこのなのでしょうね。


投稿者: [ 2016/03/03 11:06 ]
第7話
管理人さんの感想にまた涙です。
最後の佐田部長がご挨拶にきた場面まで、感動しながら見ていたものの、どう感想を書いていいかわからず考えていました。全て管理人さんが言いきってくれた感じです。すっきり。

それにしても、レントゲン技師さんが一人一日2万枚もの画像を見ているという話は驚きでした。毎日、月火水木金2万枚ですから、そりゃ、若手の人たちが根を上げるのも無理ないなと。高柴先生の退職の日に、皆、早々に仕事に戻っていましたが、ただ冷たいだけじゃなく、それだけ、仕事に追い込まれているのかもしれないと思いました。それをわかった上での高柴先生のあきらめモードだったんでしょうね。

岸先生の高柴先生への言葉は、かなり容赦ないものでしたが、さらっと最後に「そう言えば・・・。」のセリフを言ってしまうところがニクイです。ここからの高柴先生の行動が一人の患者を苦痛から救ったのですからね!

来週も楽しみです。
投稿者: [ 2016/02/25 13:52 ]
みなさんの感想や情報





名前の複数利用不可。コメントの掲載が制限されます。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
最近のコメント★歓迎!
データ取得中...
Amazon

スマホ、タブレット QR
QR
アクセス
アクセスランキング アクセスランキングブログパーツ アクセスランキング