Fcastドラマ視聴率

PC、スマホ、タブレットで国内ドラマ視聴率速報!独自感想も掲載。ジャニーズバラエティ視聴率も素早く更新。コメント大歓迎!検索『fcast』
視聴率記事更新日:放送日時 番組タイトル

【日22視聴率感想】臨床犯罪学者 火村英生の推理  

臨床犯罪学者・火村英生の推理 I    46番目の密室 (角川ビーンズ文庫)
有栖川 有栖
角川書店(角川グループパブリッシング) (2012-09-29)
売り上げランキング: 4,398

臨床犯罪学者 火村英生の推理
映像化を待望された人気ミステリー作家・有栖川有栖の代表作が遂に連ドラ化!「この犯罪は美しいか?」と、究極の犯罪を追い求めるアブナイ犯罪学者が難事件に挑む!
【スタッフ】
原作:有栖川有栖「火村英生シリーズ」
脚本:マギー 佐藤友治
演出:佐久間紀佳 明石広人 浅見真史
プロデューサー:松岡至 戸田一也 小泉守 松山雅則
主題歌:Selfy Trick/EDGE of LIFE
【 キャスト】
斎藤工 火村英生 英都大学社会学部で犯罪社会学を担当している准教授。
窪田正孝 有栖川有栖 推理作家で火村の学生時代からの親友。火村の“保護者役”
優香 小野希 京都府警捜査一課の刑事。愛称はコマチ。
山本美月 貴島朱美 英都大学社会学部の学生。火村のゼミを履修。
長谷川京子 諸星沙奈江 世間を震撼させる過激派集団「シャングリラ十字軍」の指導者。
生瀬勝久 鍋島久志 京都府警捜査一課の刑事。火村と有栖の推理に厚い信頼を寄せている。
夏木マリ 篠宮時絵 火村が暮らす下宿の大家。火村を息子のようにかわいがる。
【視聴率】
01 1/17【11.1】絶叫城殺人事件
第1話ゲスト 戸次重幸、音尾琢真、入山法子、高杉真宙、松尾諭
演出 佐久間紀佳 脚本 マギー
02 1/24【*9.9】異形の客【斎藤工&窪田正孝 怪奇!謎の透明人間?】
第二話ゲスト 吉沢亮、佐野岳
演出 佐久間紀佳 脚本 マギー
03 1/31【*9.5】准教授の身代金【死人が誘拐された?人気俳優の死の謎!】
第三話ゲスト 西田尚美、児嶋一哉、飯田基祐、猫背椿
演出 明石広人 脚本 マギー
04 2/07【9.7】ダリの繭【容疑者に恋したアリス!青春の落し物!?】
#4ゲスト 忍成修吾 鷺尾優子/内田理央 吉住則夫/渋谷謙人 堂上秀二/合田雅吏 堂上秀一/岩城滉一
演出 浅見真史 脚本 佐藤友治
05 2/14【8.8】【殺人鬼に罠を仕掛けろ!火村&アリス華麗なコンビプレー】
第五話ゲスト 宅麻伸、小島梨里杏
演出 佐久間紀佳 脚本 マギー
06 2/21【*7.5】朱色の研究
第六話ゲスト 山本裕典、高橋ひとみ、鈴之助、上野なつひ、大高洋夫ほか
演出 明石広人 脚本 マギー


04
火村(斎藤工)とアリス(窪田正孝)は、ダリに心酔する有名な宝石商・堂条秀一(岩城滉一)を見かける。その連れの女性・鷺尾優子(内田理央)を見た火村は、彼女がアリスの理想の女性に違いないと断言し、図星のアリスは困惑。数日後、秀一が殺害されるが、遺体の第一発見者は秘書の優子だった。事件を追う一方、優子のことが気にかかり、つい捜査に私情を挟んでしまうアリス。そんな中、決定的な証拠が見つかり…。
【感想】
脚本家も演出家も変わったが、話の出来はいつも通り大きな違いは感じられなかった。原作があまり凝った作りのものではなにのだろうか?やはり、今回も見どころは火村とアリスの二人のカラミぐらいという感じだった。二人が事件について、思いを巡らし、そこに篠宮時絵 が、事件のヒントをもたらすというのは、そう悪くないシーンだ。けど、事件自体は、こいつしか犯人いないだろうキャスティングで、そのまんま。しかし、あの女性をめぐる事件だとは、すぐに気づいたが、アリスを含む複数の男を虜にしてしまうほどの魅力があるとはいえない配役はマイナスかな。イメージ的に、岩城さん演じる堂条が、求めるほどの女性には見えない。せめて、優子には、もう少しの華やかさはほしい。誰にでも似ている平凡だが魅力的な女性というのはなかなか難しのは分かるのだが、なんかこだわりは感じれない。今回も登場人物は少なく、警察が調べればすぐ分かりそうな事件で、彼を現場に導いて、推理する必要性が、よくわからない事件だった。
05
芸能プロダクション社長の夕狩正比古(宅麻伸)は、恋人の愉良(小島梨里杏)を殺害。完全犯罪を目論むが、見抜いた火村(斎藤工)は、アリス(窪田正孝)とのコンビプレーで、正比古に罠を仕掛け、じわじわと追い詰める!殺人鬼VS火村の緊迫感あふれる心理戦!そして、明らかになる恐るべき殺害動機とは!?今回は、古畑任三郎や刑事コロンボでお馴染み、“真犯人を追い込む名探偵”の白熱する倒叙式ミステリーです!
【感想】
“真犯人を追い込む名探偵”の白熱する倒叙式ミステリーです!と書いていたが、こんな事件、火村でなくても、定石で解けるし、警察もすぐ気づいているだろう!と思うほどの単純な事件で、夕狩正比古が、火村との会話の中で追い込まれている感じは全く無い。犯罪の動機が物語を作るものだが、犯人が、サイコパスということで、なんとなく物語が終わるようにするために、それを印象づけるための作業を延々としている感じもしたかな。無駄なことを描きすぎている。けど、喫茶店での火村&アリス華麗なコンビプレーだけは見どころだったかな。まあ、火村の意図は、彼がした質問からまるわかりで、お札を手に入れようとしてるのは、犯人は少しは警戒しろよ!とツッコみたくもなったが、なんとなく、二人のやり取りに巻き込まれる夕狩の気持ちも、分からないではないと、思ってしまった。この二人の組み合わせの良さが、このドラマの救いだな~
06
 早朝、火村(斎藤工)は謎の電話であるマンションに呼び出される。そこは、火村が学生の朱美(山本美月)から捜査を頼まれた2年前の女性ピアノ講師殺害事件の関係者が住んでいるマンションだった。火村と有栖(窪田正孝)が指定された空き部屋を訪ねると、浴室で朱美の叔父・陽平(大高洋夫)が死んでいた。火村は、2年前の事件と朱美の両親が亡くなった6年前の放火事件、そして今回の事件は全てつながっていると感じる。
【感想】
浴室で朱美の叔父・陽平が死んでいた部屋と六人部がいた部屋のエレベータートリックは、まさかとは思ったが、僕でもすぐに思いついたほどの単純なものとは!そりゃ、坂下刑事でも、あの部屋のトリックは、簡単に解けてしまうわけだ。今回は初めての2話完結。いろんなヒントがあったり、朱美の夢に刻まれたあのオレンジの惨劇の正体は、なんなのか?気にかかる物語だ。今回ばかりは、あの3つの事件がどうつながってるのか?よくわからないので期待はしたいが、3つの事件をつなげると意外に、見えてくるものは単純なのかな。次週に期待
07
 火村(斎藤工)は、彼に事件の捜査を依頼した朱美(山本美月)を連れ、6年前の放火事件に端を発する三つの事件を全て解明するため、2年前にピアノ教師の夕雨子(上野なつひ)が殺害された現場である黄昏岬に関係者を呼び出す。集まったのは朱美のいとこ・正明(鈴之助)とその母親・真知(高橋ひとみ)、正明の後輩の六人部(山本裕典)で、この中に犯人がいるはずだった。火村は鍋島(生瀬勝久)らと夕雨子の事件を調べ直す。
関連記事


>
2016/02/22 17:07 :Category:【斎藤工】最上の命医 コメント(3)
話のチョイスがおかしい
なんで第5話にこれ選んだんだろう…。
単純な犯罪だけど、火村が淡々と謎を解いていくのを、
第三者の視点と語りで見ることで、読者が改めてこの火村の洞察と
異常性、2人のコンビネーションの絶妙さを再認識するっていう
他の話とは枠の違うお話だったはずなんだけどなあ、原作では。
2人が犯人の前で打ち合わせしてわざとらしく喫茶店にさそう
なんて…最悪のコンビネーションだよ。
もっとドラマに適した短編山ほどあるのになあ…。
視聴率下がっちゃったよ、このコンビ自体はいい感じなのに残念。
投稿者: [ 2016/02/15 22:15 ]
原作をもう少し・・・
有栖川有栖は本格推理が売りなので、時間の制約があるとはいえ
プロットをあまりに単純化してしまうと、視聴者が犯人に辿り着くまでの
道があまりにシンプルになってしまって魅力が半減してしまう。
もう少し視聴者が謎解きを楽しめるように脚本を作ってほしい。
今までの出来としては、元々短編だった3作目がまだましかな。
あの話は、普通の誘拐事件が二転三転するのがポイントで、
その一つの転である「実は奥さんがすでに殺していた」こと
を最初からバラすのは、かなりリスキー。筋は分かりやすくなった
けど、パンチがなくなってしまい、私はこれは失敗だったと思う。
まー、大半のファンは、残った魅力の「火村とアリスのやり取り」
のほうにしか期待してない様子だし、制作側もそこに重点を
置き始めているように見える。せめて、しつこく引っ張っている
朱色の研究だけは、もう少しプロセスを大事にしてほしい。
投稿者: [ 2016/02/11 12:44 ]
うううううう~ん…
火村先生の、あまりにも病んでいる演出に、4話目にしてギブアップしそうです(涙)

原作は長編で、解けそうで解けないパズルが楽しかったし、劇的なクライマックスは、ついウルっとくるものだったのですが…。「あれ」もスルー!?「これ」もスルー!!??
と、心の中で叫びっぱなしでした。

アリスが思いがけず魅力的で、そこに惹かれて観ています。

もうひとつ、どうしても譲れないのは…火村先生の講義は、学生が私語しているなんて、ありえないのに~~!!!!
投稿者: [ 2016/02/08 17:24 ]
みなさんの感想や情報





名前の複数利用不可。コメントの掲載が制限されます。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
人気記事ランキング30
【全アクセス順位】
Amazon

スマホ、タブレット QR
QR
アクセス
アクセスランキング アクセスランキングブログパーツ アクセスランキング