Fcastドラマ視聴率まとめ

PC、スマホ、タブレットで国内ドラマ視聴率速報!独自感想も掲載。ジャニーズバラエティ視聴率も素早く更新。コメント大歓迎!検索『fcast』
視聴率記事更新日:放送日時 番組タイトル

【火22視聴率】愛おしくて 最終回 

愛おしくて
NHK総合 毎週火曜 22:00~22:50
田中麗奈が“愛をなくした”孤独な絞り染め作家を演じる大人のラブストーリー
【スタッフ】
作:黒土三男
演出:福井充広 佐藤譲 桑野智宏
制作統括:青木信也 櫻井壮一
主題歌:心のままに/島谷ひとみ
【キャスト】
田中麗奈 藤沢小夏 絞り染め作家。愛人をつくった父に捨てられ、母を亡くし、1人で生きてきた。
吉田栄作 中原光太郎 獣医師。小夏の師匠・怜子と男女の関係にある。
秋吉久美子 深浦怜子 小夏の師匠。絞り染め作家としてだけでなく幅広いビジネスを展開。
平田満 山崎吉夫 建築会社会長で、岐阜県の財界のリーダー。町の再開発計画の中心人物で、怜子とは古い付き合い。
南果歩 水上紙音 辰造の愛人。美容室を営み、辰造と一緒に暮らしている。
小林稔侍 藤沢辰造 小夏の父。腕のいい船大工だったが、小夏と妻を捨て、愛人の紙音のもとに走った。。
【視聴率】
01 01/12【6.2】「めぐりあい」
02 01/19【5.3】「逢いたくて」
03 01/26【5.1】「抱きしめて」
04 02/02【5.3】「満月の願い」
05 02/09【5.2】「二人の決意」
06 02/16【6.0】あふれる心
07 02/23【5.6】聖夜の告白
08 03/01【6.4】最終回「ふたりの舟」
心のままに~心のままに & sessions~(CD+DVD)
島谷ひとみ
avex trax (2016-02-03)
売り上げランキング: 1,423



01
有松絞りの師匠に弟子入りするために、藤沢小夏(田中麗奈)が岐阜県の山間の工房にやってくる。師匠の怜子(秋吉久美子)からの弟子入りの条件は、なんと一匹の保護犬の面倒をみることだった。犬嫌いだった小夏は獣医師の光太郎(吉田栄作)から犬の飼育について指導を受けることになる。しかし、実は光太郎は怜子の愛人だった。そんなとき、かつて愛人をつくって家族を捨てた父、辰造(小林稔侍)が小夏の前に突然現れる。
02
小夏(田中麗奈)の部屋から、保護犬が脱走した。小夏は必死に探すが見つからず、光太郎(吉田栄作)に協力を頼む。小夏と光太郎が一緒に行動することに対し、怜子(秋吉久美子)は二人の仲を疑い、嫉妬を覚える。ある夜、父の辰造(小林稔侍)がオヤジ狩りにあい、血だらけになって小夏の部屋に飛び込んでくる。小夏が複雑な思いで辰造を介抱する中、引き取りにやって来たのが辰造の愛人、紙音(南果歩)だった。
03
脱走した保護犬がようやく発見される。小夏(田中麗奈)はその犬を小春と名付け、大事に世話をしようと誓う。その後、怜子(秋吉久美子)は小夏が作った有松絞りの照明スタンドを自分の作品としてメディアに発表する。問い詰める小夏に対して、怜子は女王然とした振る舞いで全く取り合わない。そして、怜子は光太郎(吉田栄作)に結婚の申し込みの返事を執ように迫る。しかし、その夜、光太郎が向かった先は小夏のアパートだった。
04
小夏(田中麗奈)のアパートを訪ねた光太郎(吉田栄作)は突然、小夏を抱きしめる。二人の接近を察した怜子(秋吉久美子)は小夏を食事に誘い、近いうちに光太郎と結婚すると宣言する。そんな時、父の辰造(小林稔侍)と偶然出会った小夏。逃げ出そうとする小夏を辰造が強引に誘い、満月の夜、二人は初めて酒をくみ交わすことになる。
05
有名デザイナー、ケンジオガワの代理人の立木(本上まなみ)が小夏(田中麗奈)のもとを訪れ、パリコレで一緒にコラボレーションしようと誘う。一方、父の辰造(小林稔侍)は小夏のために、長く中断していた舟作りを再開しようとしていた。そんな折り、小夏と光太郎(吉田栄作)の関係を心配する怜子(秋吉久美子)が探偵を雇い、二人の仲を探ろうとする。そんな怜子に、光太郎はついに結婚の申し込みを断ると宣言する。
06
 パリコレクションに挑むことをテレビで発表した小夏(田中麗奈)の元に、かつての恋人・佐橋(水橋研二)が現れる。佐橋は小夏を襲おうとするが、光太郎(吉田栄作)が間一髪で救い出す。そこで、小夏は佐橋の子どもを宿した過去を告白する。一方、怜子(秋吉久美子)は光太郎を諦めきれず、最後の賭けに出る。しかしその夜、小夏と光太郎は病気になった小夏の飼い犬・小春を懸命に治療することになり、2人はさらに心を寄せていく。
07
 小夏(田中麗奈)と光太郎(吉田栄作)は、アパートで一夜を共にする。そのことを知った怜子(秋吉久美子)は小夏を問い詰める。そんな中、小夏は自分の才能を認めてくれたデザイナー代理人・立木(本上まなみ)の後押しもあり、怜子の元を去ることを決意。迎えたクリスマスイブ、光太郎は小夏にプロポーズする。さらに光太郎は、辰造(小林稔侍)に小夏との結婚の許しを得ようとするが、辰造は「自分には父親の資格がない」と返事を拒む。
【最終回】
小夏(田中麗奈)と光太郎(吉田栄作)に去られたショックで怜子(秋吉久美子)が倒れ、入院する。小夏と光太郎は病院に駆け付けるが、面会は断られる。小夏は作品制作に打ち込む一方、光太郎と暮らす幸せをかみしめていた。2人が結婚に向けて準備を進める中、辰造(小林稔侍)が小夏の元を訪れ、過去のことを謝罪する。小夏と光太郎は晴れて、辰造が造り上げた木舟に乗り、結婚式に向かう。そこでは、意外な人物が2人を待っていた。
関連記事


>
2016/03/02 17:14 :Category:【若手主演女優-35】 コメント(1)
あれ??
今まで観てきた相棒、はじめて意味分かりずらい!同じような場面と殺害した人が、生きて?私頭おかしくなったか(笑)なんてドキリ!でした。
黒猫は好きで生き物にサンキューも見たあと楽しみにしていましたが、空想と幻のファンタジーの世界でしたか?摩訶不思議な脚本でしたと思うのは私だけかなぁ~。
投稿者: [ 2016/02/24 22:22 ]
みなさんの感想や情報





名前の複数利用不可。コメントの掲載が制限されます。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
最近のコメント★歓迎!
データ取得中...
Amazon

スマホ、タブレット QR
QR
アクセス
アクセスランキング アクセスランキングブログパーツ アクセスランキング