Fcastドラマ視聴率感想

PC、スマホ、タブレットで国内ドラマ視聴率速報!独自感想も掲載。ジャニーズバラエティ視聴率も素早く更新。コメント大歓迎!検索『fcast』

【日21視聴率感想】家族ノカタチ 二桁 

日曜劇場 家族ノカタチ
2016年1月期日曜よる9時放送
「39歳独身、結婚できない男」と「32歳バツイチ、結婚しない女」。息子の父親と娘の母親のお節介陣も加わって、家族や結婚を問いかける笑いと感動のホームドラマ
【出演者】
香取慎吾:永里大介 文具メーカーに勤める39歳。独身生活を謳歌する“結婚できない男”。
上野樹里:熊谷葉菜子 大手商社勤務の32歳。大介のマンションの上の部屋に住む。
風吹ジュン:熊谷律子 葉菜子の母。元ピアノ教師の良妻賢母だったが
西田敏行:永里陽三 大介の父。元漁師。息子と年の変わらない女性と再婚し、逃げられてしまう。
水原希子:田中莉奈 荒川良々:佐々木彰一 水野美紀:永里恵 
千葉雄大:入江春人 柳原可奈子:山根さとり 中村アン:梢あや
【スタッフ】
脚本:後藤法子
監督:平野俊一ほか
プロデューサー:韓哲 佐藤敦司
製作:ドリマックス・テレビジョン TBSテレビ
【視聴率】
01 1/17【*9.3】
演出:平野俊一 ゲスト 観月ありさ
02 1/24【*9.0】
演出:平野俊一
03 1/31【10.3】
演出:酒井聖博


【第1話あらすじ】
39歳独身・永里大介(香取慎吾)は念願のマンションを購入。引越し中、空から女性用のガードルが降ってくる。見上げると、ベランダから覗き込む女性が。部屋まで届けに行くが、乱暴にガードルをひったくられ、ドアが閉ざされる。これが大介と32歳独身・熊谷葉菜子(上野樹里)との出会いであった。翌日、事件が発生。マンションに帰ると周囲は消防車で封鎖、野次馬の人だかりが。その中に葉菜子の姿を発見。「私の部屋かも」と心配する葉菜子に、大介は説教めいた対応をするが、実は出火原因は大介の住む407号室だった。そして消防士に囲まれて出てきた犯人は、大介の父親・永里陽三(西田敏行)だった。部屋に入りこみベランダで燻製作りを楽しんでいた。しかも陽三は大介の知らぬ間に再婚した挙句、その相手に逃げられ、新しく出来た13歳の義理の息子まで連れてきていた。こうして突然、大介の平穏は崩れ去り、男3人マンション共同生活が始まった!
【感想】
永里大介的な男性は都会にいそうだけど、どうなんだろうな~。それと真逆で、再婚して、その相手の連れ子を面倒見ている永里陽三的な男性も、色んな所にいたりするのかも。そんな間逆な二人が、東京で出会ってしまったという物語に、32歳独身・熊谷葉菜子の一人の女が関わってくる。そして、葉菜子は、大介の会社に、クレームをつけまくる女性だった。この何とも言えない二人の関係は、意外と面白い。あまり期待度が高くないドラマだったが、意外と、二人の会話も反発しあっているけど、二人は家族の患わしさから逃れて、一人で生きていこうと決心してる部分では通じている。それにしても、あんなマンションでカラオケなんかできないでしょ!とはツッコみたくなるけど、平気で田舎感覚で、歌いまくるけど、次から次へと雨あられのようにクレームが来るはずがこないのはなんだかな~とか思ってしまうが、陽三と大介の親子の葛藤は、なかなかドラマチックで、家族ドラマの匂いがプンプンしてくる。連れ子の少年が語った陽三の大介への思いが、彼に家族のあたたかみを少しだけ思い出させて、二人があの部屋で住むことを許してしまうが、まさかの結婚相手が登場!こりゃ、すごい場外戦が、いたるところで、起こりそう予感をさせる。葉菜子を演じる上野樹里も、かなりいい感じだし、こちらの家族の展開も気になるドラマになりそうだ。
02
39歳独身・永里大介(香取慎吾)。念願のマンションを購入し、悠々自適な生活に期待を膨らませていたが、父親の陽三(西田敏行)と、陽三の再婚相手の連れ子・浩太(高田彪我)が、転がり込んできた。家を飛び出した再婚相手・恵(水野美紀)が東京にいるらしく、探すため上京。仕方なしに、恵が見つかるまで同居を認める。一方、上の階に住む葉菜子(上野樹里)も、父親との別居を決めた母親の律子(風吹ジュン)が頻繁にやってくる。ある日、恵の兄・岩淵(戸田昌宏)から、浩太を引き取りたいと言ってきた。陽三は浩太を手放さないと息巻くが、大介は「変な家族ごっこはおしまいだ」と言い放つ。その数日後、大介の会社の同僚・佐々木(荒川良々)が、引越しパーティをしようと大介に提案するが、大介はまったく聞く耳を持たない。すると佐々木は、大介が留守の間に部屋へと上がり込み、陽三とパーティの話を進めてしまう。呆れた大介は……。
【感想】
39歳独身永里大介は、一人暮らしを楽しむはずだったが、ひょんなことからオヤジとその再婚相手の息子と暮らすことになってるけど、その再婚相手の女性は、今のところ、家族のこと、特に自分の息子のことを考えないで、再婚相手に任せて、フーテンな生活を送る女性らしい。故に、息子が一番信じているのは、いつもそばに居てくれる陽三であり、兄弟とは思われて無くても、居場所を提供してくれる兄大介だったりするところからも、彼女の事が少しわかる。この恵と結婚したというよりも、息子である浩太を守るために結婚したのかなとさえ思ってしまった。そんな二人にいろいろと巻き込まれながらも、大介は自分のスタイルを維持しようとするが、それを二人が突き崩していく過程に、クレーマ葉菜子が絶妙に絡んでくるかと思ったが、それにプラスして、母律子も絡んで、物語が複雑に、けど大家族ドラマになってきたかのようにさえ思えた。なにしろ、ホームパーティーもでかくなっていく!その環になじめない大介となんとなく居場所をそこに求めた葉菜子はたしかに大きく違う。それが、あのホームパーティーでわかりやすく見えて気がした。大介と葉菜子の化学反応は、浩太を施設域から救ったが、次はどんな化学反応が起きるのか気になる二人だ。これから、どうなるのかわからないが、葉菜子と元旦那の話も興味深そうだし、意外とドラマもきっちり描かれて面白い作品にナリそうだ。
03
 大介(香取慎吾)は浩太(高田彪我)の中学校への編入手続きを進める。だが、陽三(西田敏行)は浩太が学校になじめるか不安だ。一方、葉菜子(上野樹里)は律子(風吹ジュン)が自分のマンションで暮らすと言い出したことに頭を抱えていた。そんな折、大介は佐々木(荒川良々)から、葉菜子を呼んで合コンを開いてほしいと頼まれる。部下の莉奈(水原希子)から同じような頼み事をされた葉菜子が快諾する中、葉菜子の別れた夫・和弥(田中圭)が現れる。
【感想】
おいおい!まだ、陽三は都会のど真ん中のマンションで、肥料の牛糞を使って、野菜を育てようとしたり、ボヤ騒ぎにしかならない魚を炭でやこうとしたりといいかげんにしろよと思うけど、意外と一番の悪党は、陽三の友達シゲさんが首謀者だったりする。悪い悪いと言いながら、次から次へと、都会ぐらしの憂さ晴らしかと思えるほどの田舎生活を持ち込んでるもんね。けど、今回の話は、ついいに、母律子を使い、元夫和弥が葉菜子に復縁を迫るという話と大介と浩太の間に、仮初の兄弟関係が生まれだしたこと、そして、浩太の母と陽三の間に、密約がある?それがまだどんなものか?分かりはしないが、再婚してるもの怪しいし、交換条件で、浩太を預かってる感じさえしてきた。それはやはり、陽三の大介の母であり、陽三の妻である永里美佐代に対する深い愛情かな。アレだけの愛が、陽三の中にあって、男が再婚するとは思えない。目的のためだけに結びついた二人なのかも。それとは別に葉菜子は、和弥との関係を断ち切れない感じもした。二人は、どうなっていくのか?も気になってきた。意外と、面白い作品になりそうな感じはしてきたけど、来週は田中莉奈も大介をターゲットに!こじれにこじれそうなドラマだ!
関連記事


>
2016/02/01 22:52 :Category:【香取慎吾】 コメント(9)
家族ノカタチ素敵です
毎週 楽しみに、見てます
ほんわかとても温かい ホームドラマです
こんな慎吾君見たことありません
大人になつたドラマ 見てください
最後には ホロリと 涙します
温かいですよ。目がはなせません
よろしくお願いします
投稿者: [ 2016/02/08 19:50 ]
ハートウォーミングなホームドラマ
「結婚が人として一番の幸せ」というような押しつけもなく、ドタバタラブコメディでもない。まさに「ホームドラマ」でした。
回を重ねるにつれ、隠されていた不器用な優しさが解き明かされてきて、心が温まります。
陽三さん、「昭和の不器用な父親」そのものですね。奥さんを亡くして、初めてその存在の大切さに気付いて、変わる事が出来た。「変わる」って事は、結構パワーのいる事なんだけど、周りの人達にも恵まれたんだろうな。
大介も、そもそも陽三の事は嫌いじゃなかったんだ。ちょっとずつ受け入れていく感じが心地いい。
してもらっていた事は、『当たり前』じゃなかった。その気づきは大きいです。
初めて準備してもらった学用品。自分の名前が書かれたノートを持つ、うれしそうな浩太の顔に、泣けてきました。
葉菜ちゃん親子も、いい感じ。お母さん、最初は自分本位な人だなって思たんだけど、葉菜ちゃんが隠している和弥への想いを見抜いてるのかな。でも一番気になるのは、田舎にひとり残されているお父さんですが(笑)
投稿者: [ 2016/02/01 22:43 ]
好評~視聴率もUP!⇒ 観たい!見たい!
こち亀の香取くんで懲りて
避けてましたが…

日曜
絶対に観ま~~す!
投稿者: [ 2016/02/01 21:00 ]
笑いとちょっぴり涙、凄い面白い!!
香取君と樹里ちゃんの独身主義ぷりもはまってるし家族や同僚に振り回されるところもとても面白い。それに終盤に必ず涙がでます。二人以外の出演者もいいです。一週間が待ち遠しです。今季のドラマで一番面白いです
投稿者: [ 2016/02/01 19:20 ]
第3話
だんだんハナコが気になりだした事に気づいていない不器用な感じがいいですね~
まわりを取り巻く?恋愛模様がどう動きだしていくのか楽しみです♪
それにしても、ラストの「あんたに何が分かるのよ」って言われた時の香取くんの顔、超絶男前!!麗しい~(笑)
今後どうこじらせていくのか、期待しています。
投稿者: [ 2016/02/01 14:48 ]
もっと絞ってもいいかも!
意外にも?田中莉奈が楽しい(笑)彼女がやらかしたり、不意に投げかける質問が、何気に葉菜子に刺さってるし(笑)ヒロインの内面を掘り下げてくれる存在かも。だからこそ、大介にとっての莉奈みたいな存在がいれば、もっと主人公の魅力が間接的に表現されるんじゃないかな~と思ってしまう。佐々木じゃ弱いし、陽三さんだと、なんか違う…葉菜子の元旦とか…?



とにかく今のままだと、自分の城(プライベート)ばかり大切な小さい奴みたいな部分ばかりが誇張されてて、応援し辛い(笑)仕事では頑張ってるけど…な葛藤も見たい。「夢とか理想とか、そういう青臭いもんなんて捨てたの!」って大介には言われそうだけど(笑)小さくて良いから、“公”でのそういう部分も見てみたいな。クレーマー対策大変なのは分かったから(笑)そういうキャラなんだろけど39で枯れすぎ(苦笑)



とりあえず、群像劇みたいになるよりかは、大介と葉菜子の成長(というより、まっさらな元の自分を取り戻す的な?)部分をしっかり描いたほうが、も少しスッキリ見られそう!次回も期待♪
投稿者: [ 2016/01/31 13:37 ]
気持ちよく分かります!
家族のカタチってなんなんだろうね
私も自分のテリトリーに入って来られるのが凄く嫌なので気持ちよくわかります
妹が凄く構ってくるというか、お節介を焼いてくるので「人のことはともかく自分のことしろー」とイライラしたものです。
気持ち分かるが、彼氏旦那にはしたくない男(笑)
独身貴族を貫きたかったろうに、ハートフルな気持ちに巻き込まれちゃって…

これからも楽しみにしてます♪
投稿者: [ 2016/01/29 23:24 ]
澄んだ心を大切にね。
面白かったです♪冒頭のテレビ位置とか出社時のペンの向きとか細かいシーンだけで、大介の鬱陶しさが伝わるのも良かった(笑)これが父ちゃん達に揉まれてどう変わっていくのかが楽しみでしょうがないです♪



このドラマって、一見変わり者だらけなドタバタコメディ風なのですが、それだけじゃない。特にメイン二人は奥底の澄んだ心を鎧で必死に護ってるみたいで、なんだか愛おしいんです。一番共感出来るのは大介の元カノですが、お気に入りは陽三さんかな♪鉛筆や花を大事にして、似たもの親子やね~♪



まるで浪速の夫婦漫才師みたいな名前の主人公達ですが(笑)それぞれが自分らしい“朝日を見に行け”ることを願って、最後まで見届けたいと思います♪
投稿者: [ 2016/01/20 09:53 ]
家族ノカタチ面白かったです
テンポも良くて面白かったです。
久しぶりに見た樹里ちゃんもいい味出してるし。
音楽も良かった。
オリジナルの脚本のドラマをもっと皆に見てもらい、応援してほしいなと思いました。
投稿者: [ 2016/01/18 12:57 ]
みなさんの感想や情報





名前の複数利用不可。コメントの掲載が制限されます。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
人気記事ランキング30
【全アクセス順位】
Amazon

スマホ、タブレット QR
QR
アクセス
アクセスランキング アクセスランキングブログパーツ アクセスランキング