Fcastドラマ視聴率まとめ

国内ドラマ視聴率·キャスト情報·感想·ネタバレなど。個別スポーツ、バラエティ視聴率も速報更新。コメント大歓迎!検索は『fcast』
視聴率記事更新日:放送日時 番組タイトル

【火22視聴率】わたしをみつけて 

ドラマ10 わたしをみつけて
【スタッフ】
原作:中脇初枝「わたしをみつけて」(ポプラ社)
脚本:森脇京子 坂口理子
演出:野田雄介
制作統括:三鬼一希
プロデューサー:山本晃久
主題歌:Kokoro/androp
【キャスト】
瀧本美織 山本弥生 星美ヶ丘病院の准看護師。数字の記憶力に優れている。
鈴木保奈美  藤堂優子 星美ヶ丘病院の看護師長。患者のために正しいと思ったことを貫くベテラン。
溝端淳平  後藤雅之 星美ヶ丘病院の事務長。院長・啓一郎の息子。
本田博太郎 後藤啓一郎 星美ヶ丘病院の院長。診断を誤って患者を死なせたことを弥生に口止めする。
古谷一行 菊地勇 星美ヶ丘病院の近所に住む老人。
【視聴率】
01 11/24【5.7】「ずっと、泣きたかった」
02 12/01【5.1】「もう嘘(うそ)はつかない」
03 12/08【5.1】「いい子じゃなくてもいい」
04 12/15【5.0】「わたしがいる場所」

01
 星美ヶ丘病院の准看護師・弥生(瀧本美織)は手際のいい仕事ぶりで高評価を得ているが、どこか影のある存在だ。ある日、新しい看護師長として藤堂(鈴木保奈美)が赴任する。藤堂は弥生が入院患者の数値データを完璧に記憶していることに驚き、それをきっかけに弥生に注目するように。そんな中、手術後の患者が亡くなる事件が起こる。執刀医は病院長の後藤(本田博太郎)で、後藤による誤診の可能性を感じた藤堂は、弥生を詰問する。
02
生後すぐ親に捨てられた孤独な看護師・弥生(瀧本美織)。患者のシメ(佐々木すみ江)が死去し、藤堂(鈴木保奈美)はのこされた娘(根岸季衣)のために「シメさんはあなたに感謝していた」と嘘(うそ)をつくが、弥生は藤堂に「人はそんなに簡単に救われない」と反論する。菊地(古谷一行)は子どもの泣き声と怒声が聞こえたアパートの見知らぬ住人を心配するが、弥生は彼の優しさが理解できない。その菊地が入院してきて…。
03
救急搬送された患者に対する後藤院長(本田博太郎)の診断に不安を抱いた弥生(瀧本美織)と藤堂(鈴木保奈美)は、院長に無断で別の病院に患者を転院させる。転院先で患者は助かり、弥生は自分の行動で人を救えた喜びを感じる。それを知った院長にふたりは呼び出され、激しい叱責を受けるが、藤堂は院長に対し「院長は誤診した」と言い放つ。それにより、藤堂の星美ヶ丘病院での立場は危ういものになって…。
04
アパートの住人の神田(初音映莉子)に弥生(瀧本美織)は親から捨てられた過去を打ち明け、母親として息子を守るよう訴える。数日後、弥生は菊地(古谷一行)にそれを報告し、菊地に心から感謝される。そんな中、藤堂(鈴木保奈美)は看護師としてあるべき在り方をナース全員に説き、それを最後に病院を去る。そして、弥生が入念に準備をしてきた、院長(本田博太郎)が執刀する菊地の手術当日がやってきて…。
関連記事

>
2015/12/16 14:35 :Category:【瀧本美織】 コメント(1)
幼い頃のトラウマにより、自分の殻に閉じこもっていた主人公が、
人との出会いによって変わっていく様が、丁寧に描かれていました。 
仕事との関わりで自分の役割を教えてくれた看護婦長、
人への思いやりで自分を見つめ、外へ目を開いてくれた菊池さん。
人の温もりを感じさせてくれるドラマでした。

瀧本美織さんは、「てっぱん」の次に「妻はくノー」を拝見した
時には、初めは誰だか分からない程に大人びて見えました。
そして今回、着実に成長されていて今後が楽しみな女優さんです。
投稿者: [ 2015/12/16 20:06 ]
みなさんの感想や情報





名前の複数利用不可。コメントの掲載が制限されます。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
最近のコメント★歓迎!
データ取得中...
アクセスサイトランキング
人気記事ランキング30
【全アクセス順位】
スマホ、タブレット QR
QR
カテゴリ Category
アクセス
アクセスランキング アクセスランキングブログパーツ アクセスランキング