Fcastドラマ視聴率まとめ

国内ドラマ視聴率·キャスト情報·感想·ネタバレなど。個別スポーツ、バラエティ視聴率も速報更新。コメント大歓迎!検索は『fcast』
視聴率記事更新日:放送日時 番組タイトル

【土21視聴率感想】怪盗 山猫 亀梨和也  

UNLOCK【初回限定盤1】(DVD付)
KAT-TUN
ジェイ・ストーム (2016-03-02)
売り上げランキング: 6

怪盗 山猫
2016年1月期 土曜ドラマ
【スタッフ】
【原作】神永学「怪盗探偵 山猫」(角川文庫)
【脚本】武藤将吾
【チーフプロデューサー】伊藤響
【プロデューサー】福井雄太 下山淳
【演出】猪俣隆一
【キャスト】
亀梨和也 山猫 痕跡を残さず盗みを働き、同時にターゲットの悪事も暴く謎の人物。
成宮寛貴 勝村英男 雑誌記者。山猫が起こした事件の特集を担当する。
広瀬すず 高杉真央 「魔王」の名で世間を騒がせる天才ハッカー。普段は普通の女子高生。
菜々緒 霧島さくら 警視庁の刑事で勝村の大学の後輩。
大塚寧々 宝生里佳子 山猫と行動を共にする謎のドライバー。
北村有起哉 藤堂健一郎 お茶の間から絶大な支持を集めるニュースキャスター。
佐々木蔵之介 関本修吾 警視庁の刑事。本庁でも優秀な刑事。
【視聴率】
01 1/16【14.3】義賊か悪党か!?天才怪盗、山猫参上
演出 猪股隆一
02 1/23【13.6】仲間を殺した山猫!?驚愕の真実
【演出】猪俣隆一
03 1/30【11.1】盗め10億!見えた山猫の本性
【演出】 西村了
04 2/06【10.0】仲間の死の真相。盗む母の涙…
【演出】 猪股隆一
05

01
 善人を装う悪党の罪を暴き、彼らから大金を盗み出す怪盗・山猫(亀梨和也)は、ある夜、裏で振り込め詐欺を働いている政治団体に侵入。しかし、仲間の細田(塚地武雅)が解除したセキュリティーを何者かが復旧させ、あわや逮捕の危機に。細田を妨害できるのは‘魔王’と呼ばれる天才ハッカーしか考えられない。雑誌記者の勝村(成宮寛貴)から魔王の正体が、女子高生の真央(広瀬すず)だと聞き出した山猫は、早速、彼女に会いに行く。
【感想】
正直、なんで、主人公のキャラは、見た感じあまり魅力的ではない。。山猫って、もっと軽くてしなやかな方がいいかないいと思う。軽やかで、説教なんかいらないでしょ。それに怪盗がするのも、なんか違うって思ってしまうが、真央にもガッツリと、その生き方に注文つけまくりで、自分のやってることを、自覚しながらもやり切ってるが、お前は違いうとか説教の嵐。それに、山猫が、わざと変に歌を歌ったりとやり過ぎに見えてしまうので見づらい。何しろ演出がかなり、このドラマを見づらくしてるとは思う。細田の死もまだ謎な感じで描かれてるけど、怪盗が人殺しやると、つまらないかな。何しろ、次回を見ていまいとわからないドラマかな。今のところは演出が、空回りしすぎて、物語を見づらくしてる感じかな。
もっと柔らかにしなるような山猫を見たい。
02
山猫(亀梨和也)の仲間だった細田(塚地武雅)の遺体が発見された。殺したのは山猫か…。その芸能事務所は、所属タレントを暴力団が経営する違法な店で働かせていた。所属タレントの一人には、真央(広瀬すず)の同級生・結菜(伊藤沙莉)の名が。真央は、結菜からひどいいじめを受けていたのだが、危機を迎える同級生の姿を見て、山猫に助けを求める。「おれは高ぇぞ…」と不敵に笑う山猫は、真央の願いを受け止め、飛び出し…。
【感想】
初回は、ちゃがちゃしていたし、説教もしつこさを感じたりもしたが、今週は随分すっきりした感じの内容で、山猫のアクションもスピーディになっていたし、何しろ神出鬼没で、しなやかに現れ消える!あの山猫のお面を勝村英男にかぶせて、あの場に行かせるとは!そしてタイミングよく、関本修吾が登場と仕組くんでる感満載だったが、キッチリ、彼の正体も披露して、山猫一味が揃った!しかし、1億の金をなんで山猫は、残して消えてしまったのかな?と思わせておいて、関本がきっちり回収してくるんだもんな~。山猫一味が明確になって仕事もしなやかになった。暴力団から金を巻き上げるのは、痛快だったというのも良かった。今回の話は、怪盗モノとして、単純に楽しいと思えるドラマだった。
03
関本警部(佐々木蔵之介)がまさかの山猫(亀梨和也)チームの仲間だった。新たな展開を見せる山猫らの前に現れたのは人を探してほしいと依頼する滝川(浅利陽介)という人物。彼が探していたのは赤松杏里(中村静香)という女性だった。関本の指示で探偵事務所のフリをする山猫らは杏里の消息を追うが、なんと杏里は戸籍すら持たない架空の人物であることが分かり……
【感想】
達郎は死んじゃうのか!なんとも、山猫一に見入ると楽しそうな和みキャラだったのに、まさかの愛する女性をシシリアを救うために、彼女のみ代わりになるとは、思いもしなかった。もう一人、シシリア=赤松杏里を探す男滝川は、恋人に見せかけた小悪党で、山猫と関本がきっちり形をつける展開は、痛快だった。毎度、トンだ山猫のお願いに、危ないことばかりに遭遇してしまう勝村も可愛いし、かなりこのドラマのシステムに馴染んできた。しかし、たしかに関本がいないと成り立たない山猫の活躍だったがそれの解説までしてくれる親切なドラマだとは思ったが、これでちょっとした不可解な警察の動きもなんとなく納得できそうだが、そんな中に、犬井という怪しげな刑事が登場hしたがどんな活躍をするのか?
04
仲間に銃を放った山猫(亀梨和也)。その真相が明らかに!細田(塚地武雅)が死の直前に調べていたのは、家族で暮らしていた家ある、「山」であった。山猫らはその情報を探るために細田の実家を訪れる。しかし、生前に聞いていた細田のいう通り、細田の母・芳子(市毛良枝)は認知症で肝心な情報は掴めず。そしてそこには先回りしていた犬井刑事(池内博之)の手が回っていて……。
【感想】
細田の死の事実をここまでひっぱらないでもいいんじゃないの?という気はしたが、今回も話は人間の汚い部分にも深く切り込むにも、正面から挑んだ山猫の活躍は、興味深かった。どんな母親でも、無償愛で包み込んでもらいたいと思うけど、そんなの多分げんそうなんだよな~それをズバリ描くとは、意外と大胆だったな。いろんな親子関係はあるし、高杉真央が抱いていた幻想に、山猫は知らないほうがいいこともあると、きっちり言い放つが、敢えて、真央は細田親子の世界に足を踏み入れ、幻想ではないと、果敢に挑んだが、彼女が見た現実の細田母の息子に対する思いは、無情だった。こんな親子のドラマも描きながら、山猫は神出鬼没に、新たなる猟犬のような刑事犬井の包囲網やさくらの張り込みも、すり抜ける。安定してアクションも楽しめるし、ドラマもあって、思っていたよりも楽しい怪盗作品かもしれない。
関連記事

>
2016/02/08 16:49 :Category:【亀梨和也】ボク、運命の人です。 コメント(7)
おもしろい
と思うんだけど、視聴率何であがんないんだろ?
録画多いのかな?土曜日だしね。
周りの子は、みんな見てるし、すごいはまっているのに。
数字だけで判断されるわけじゃないけど、残念だな。
投稿者: [ 2016/02/12 16:56 ]
おもしろい。
全く飽きさせないドラマ。
カメレオンって誰?もしかしてあの人?
今週も楽しみにしてます。
投稿者: [ 2016/02/10 12:44 ]
伏線いっぱい。
おもしろい展開で、すごくスピーディー。
あっという間に時間が経ってしまいます。
ストーリーの中にも、結構伏線があって、見逃せない感じです。
亀梨君たちも、あんまりアドリブいれると、あとで辻褄が合わなくなるから困る・・・って言ってるほど、考えられてるみたい。
3話も楽しみです♪
投稿者: [ 2016/01/28 09:53 ]
おしっこ?
原作を読んでないので、純粋にこのドラマにはまってます。 第2話面白かったです。1話よりもっと山猫がかっこよくて、勝村さんとの絡みも楽しくなってきました。謎が多いし、アクションもかっこいい。ただ…おしっこもらすのはいらないのでは…。それだけが気になりましたが、これからも見続けたいドラマになりそうです。
投稿者: [ 2016/01/24 01:45 ]
気楽に見れる
前日に重たいけど見甲斐のあるドラマを見たのでこちらは気楽に見れました。
亀ちゃんの演じる山猫が軽妙で可愛らしい。音を外して歌うカラオケも一層可愛さが増していく感じ。
土曜の夜に楽しく見るにはちょうど良いドラマですね。
ただ怪盗には殺人はやってほしくないのは管理人さんに同意です。犯人は誰なのかな。
投稿者: [ 2016/01/20 09:10 ]
亀梨くん、楽しそう!
原作も知りませんが、ちょと格好つけてみたり、おどけたりキャラ?をとても楽しんで演じられてるみたい。
思い切りジャニーズ感、いい意味で安心しての役柄かも。私的にはベム好み(笑)
気楽に観ていますが、喧嘩シーンのすずちゃんの怒鳴り声、普通ヒステリックになるとありありそう、でもちょと聞いていて、今で言う、うざい!?
もう少し控えて(笑)。
美人さんでこれからも伸びるお嬢さんですね。
投稿者: [ 2016/01/19 16:40 ]
えっ?
管理人さん自ら嵐寄り??
私は「山猫」、おもしろかったけど??
投稿者: [ 2016/01/19 12:12 ]
みなさんの感想や情報





名前の複数利用不可。コメントの掲載が制限されます。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
最近のコメント★歓迎!
データ取得中...
アクセスサイトランキング
人気記事ランキング30
【全アクセス順位】
スマホ、タブレット QR
QR
カテゴリ Category
アクセス
アクセスランキング アクセスランキングブログパーツ アクセスランキング