Fcastドラマ視聴率まとめ

PC、スマホ、タブレットで国内ドラマ視聴率速報!独自感想も掲載。ジャニーズバラエティ視聴率も素早く更新。コメント大歓迎!検索『fcast』
視聴率記事更新日:放送日時 番組タイトル

【土21視聴率感想】掟上今日子の備忘録【2】最終回二桁 

掟上今日子の備忘録 Blu-ray BOX
バップ (2016-05-25)
売り上げランキング: 47

掟上今日子の備忘録
新垣結衣主演で西尾維新のミステリー小説を実写化! “忘却探偵”の活躍を描く
日本テレビ系 毎週土曜 21:00~21:54
【スタッフ】
原作:西尾維新「掟上今日子の備忘録」「掟上今日子の推薦文」(講談社)
脚本:野木亜紀子
演出:佐藤東弥
プロデューサー:松岡至 松本京子 森雅弘
【キャスト】
新垣結衣 掟上今日子  置手紙探偵事務所の所長。
岡田将生 隠館厄介  体は大きいが気は小さく、心優しい青年。
及川光博 絆井法郎  今日子が住む「アパルトマン sandglass」のオーナー兼探偵斡旋所の所長。
有岡大貴 也川塗 役 探偵斡旋所の住み込み従業員。
内田理央 幕間まくる 探偵斡旋所の住込みの従業員。
【視聴率】
01 10/10【12.9】僕が恋した白髪の美女探偵…寝たら記憶を無くすので難事件も1日で解決致します
【脚本】野木亜紀子【演出】佐藤東弥
02 10/17【10.3】忘却探偵に恋の罠…水泳選手殺しの犯人は今日子さんの恋人!?
【脚本】野木亜紀子【演出】佐藤東弥 ゲスト 堀井新太 篤海
03 10/24【10.9】2億円の名画が破られた!?忘却探偵が黒髪コスプレで潜入調査
【脚本】野木亜紀子【演出】茂山佳則
04 10/31【10.2】忘却探偵vs天才37人命がけの名推理…気絶させて推理を奪え!
【脚本】野木亜紀子【演出】茂山佳 ゲスト 山田明郷
05 11/07【*8.8】忘却探偵が秋の絶景小旅行…軽井沢でライバル刑事と推理合戦
【脚本】野木亜紀子【演出】佐藤東弥
06 11/14【*7.6】名門女子校で美少女が殺人!?セーラー服の忘却探偵に恋の予感
【脚本】野木亜紀子【演出】小室直子 スペシャルゲスト 吉田沙保里
07 11/21【*9.3】私を寝かせないで!忘却探偵が秘密の同棲天国と地獄の5日間
【脚本】野木亜紀子【演出】佐藤東弥
08 11/28【7.2】忘却探偵の正体は!?過去知る謎の男…密室不可能殺人
【脚本】野木亜紀子【演出】茂山佳則
09 12/05【9.2】迎えに来たよ…忘却探偵の婚約者が現れた あなたは誰
【脚本】野木亜紀子【演出】小室直子
10 12/12【10.5】愛してるから永遠にさよなら…涙の結末忘却探偵の最後の恋
【演出】佐藤東弥【脚本】野木亜紀子



06
女子校の管理作業員として働き始めた厄介(岡田将生)は、ガス自殺をはかろうとしている生徒を助け出すが、またもや殺人犯として疑いをかけられる。証言してもらいたくても少女は目覚めないまま。厄介は今日子(新垣結衣)に真相の究明を依頼し、2人は女子校に潜入。そんな中、厄介は事件当時に別の少女を現場で見かけた事を思い出す。果たして少女は自殺?それとも他の少女による殺人未遂?今日子は少女たちの心に迫っていく。
【感想】
いつも、厄介を抱え込む男隠館厄介だが、彼の優しさが思わぬ悲劇的な展開になるとは、驚かされる。人は、他人のことを見てるようで、あんまり気にしていないんだよね。けど、その逆もあるけど。自分だけがヘアスタイルがおかしく、恥かしいと思っていても、他の人はそれほど気にしていないし、なんとも思ってない時がほとんどで、厄介も別に少女のことを認識してたようで、ワンポイントの目印を見ていただけだった。しかし、少女は、自分の心の中を覗かれたように思ってしまうことは、あるのかもしれない。しかし、彼の救いは、彼の行動を、彼の職場の人は見ていてくれたことだった。厄介なことに巻き込まれる男だけど、彼の真摯な仕事の仕方は認められていた。それだけで彼には大きな救いのようなに感じたのではないか?事件は、そんな厄介を巻き込んだ殺人事件だったが、その謎を強固はセーラー服姿になりながらも、見えなかった目撃者が見えたことで、時間の本質を掴んで、一気に解決させた。厄介が少女に語りかけた優しい思いは、彼女を少しは買えることができたと思いたい。
07
今日子(新垣結衣)と厄介(岡田将生)に、先日亡くなった推理作家・須永昼兵衛に自殺の可能性が出てきたため、真実を調べてほしいという依頼が来る。今日子は、調査のため須永の全著作99冊を読破すると言い出し、自分が眠らないよう厄介に見張ってくれと頼む。部屋に閉じこもり読書をするうちに、距離も縮まっていく2人・・・しかし、数日が過ぎるうちに心も体も限界をむかえ、遂に今日子はシャワー室で倒れてしまう…
【感想】
今回の話は、意外に、男のプラトニックな愛のものたがりで貫かれていたんだね。今日子に先日亡くなった推理作家・須永昼兵衛の死の真実をしらべてほしい!そこに自殺という二文字は存在するんか?どうなのか?死の真相を彼の著作から探るという物語だったが、それに付き合った厄介を今日子が試すかのように、日々ともにするなかで、献身的に彼女に尽くす厄介。2日目までは、楽しい二人の生活ではあったが、そこから今日子は不機嫌になったりもする。それでも献身的に支える厄介は、彼女が倒れた中でも、ひたすら、看病する姿を、気づきながらもその場では何も言わないが、彼女は忘れないように、その時の思いを体に書きとめた。
「厄介は信用できる」と
この一言は、二人の関係を劇的に変えそうだが、本題は、須永昼兵衛の謎だったが、彼女が導き出した答えは、箸休めにしか過ぎないと思われていた単発作品に描かれていた女性の存在。彼のほのかな恋心は、いることのない年齢を重ねた女性の姿を描き党したところに、愛の物語を感じさせた。誰にも知られることもない愛の姿は、その事実を知るものの心にだけ書き留められ、描かれてる気がしたところはドラマが感じれた。
08
厄介(岡田将生)への信頼を深めた今日子(新垣結衣)は体に「厄介さん信頼できる」と書いて眠るが、目を覚ますと“厄介さん”が誰か覚えていない。そんな中、今日子は捜査一課長の妻(石田ひかり)に頼まれ殺人事件の調査を行う。第一発見者はバイトとして働いていた厄介。厄介は無実を訴えるが、今日子はなぜ「昨日の自分」が厄介を信頼できると書いたのか分からない。今日子は殺人の謎を解きながら厄介とは何者かを探っていく。
【感想】
今回は、謎の美女 掟上今日子の一日が、彼女が彼女であると認識するまでの朝の風景を含めて、見ることができた。しかし、あの煩わしい手続きを踏みながら、忘却探偵掟上今日子は、再起動していくんだ。その中で気づいた昨日の彼女が今日の彼女に宛てた思いは、「厄介さん信頼できる」という一言は、信用できるのか?それが今回、事件に絡んで、再検証されていくが、どこか見た目で信用できそうもない厄介だったけど、行動をともにする中で彼の真摯な姿勢に、心が記憶していた彼に対する積思いが見えたのは、ドラマがあった。次の日になったら、すべてを忘れてしまう今日子だが、起きた物事を忘れてしまう今日子の中に、とどまられた思いは、記憶の忘れることがない基本的な行動の一つになりつつあるところは、興味深かった。
キオクを失っても、残ってしまう不思議な記憶は、もう彼女の一つのパーツになり始めた厄介を、脳のどこかにとどめたのか?しかし、オッカムの剃刀まで、厄介が勉強してしまうとは!ワトソンになることが、今回の事件を見る限りで来たみたいなのかも。
09
今日子(新垣結衣)は誰かに利用されているのではないかと心配な厄介(岡田将生)は、法郎(及川光博)がカギを握る人物と考え調査を開始。一方、今日子は会社社長の結納坂(要潤)から、ある暗号を解き明かしてほしいと依頼をうける。謎を解きながら、結納坂という男とこの依頼には何か裏があると感じはじめる今日子…。その頃、厄介は初めてOKしてもらった今日子とのデートのため、映画館の前で待ち続けるが…。
【感想】
来週が、最終回ということで、掟上今日子の謎を解明していく、話になっている。今日子に来た依頼は、まさか以前の今日子が、解き明かした事件の再現というものだったが、その依頼をした男結納坂という男は、彼女の元カレだったというのは予想がつかなかった。彼の仕掛けは、彼女の過去をどう解き明かすものになるのかわからないが、今の時点で、今日子の覚えていることが、一日経過するうちに、過去の一日も消えていってるという可能性も出てきた。そして、厄介は、一人の老人の死が、法郎に硬い口を開かせ、今日子の部屋とこのサンドグラスの真実を、語らせることに、成功したが、今日子は、その日依頼帰ってこないという現実が!彼女はどこに行ったのか?深まる謎を、ワトソン厄介は、どう解き明かすのか?何しろ来週の最終回を見ないと、感想はかけないかな。
10
今日子(新垣結衣)が消えて10日。厄介(岡田将生)は街で黒髪の今日子を見つける。しかし今日子は“掟上今日子”という名前も忘れていた。そんな厄介の前に澤野(要潤)が。澤野によると今日子は自分の妻であり、ある日突然いなくなったため何年も探しやっと見つけたのだという。厄介は今日子の幸せを壊したくないと彼女に別れを告げる。一方「サンドグラス」は閉鎖の危機に。今日子が探偵として生きた痕跡は次々と消えていく…
【感想】
なかなか、いい最終回だった。この話は、実のところ、気づかないうちに恋愛ドラマになっていっていたんだな。眠ると記憶がリセットしてしまう今日子の一日の記憶の中では、彼女を救い、そして愛を語り合うところまで、今日子との関係は進化した。その記憶が厄介にある限り、彼女の口説き続けると言い切った気持ちが輝いていた。3日も寝ずに、自分で何者であるか考え続けて、出てきた答えは、厄介を頼るしかないとう言う思い。そのために、ひたすらチャンスを伺い、あの場所を逃げ出した。ただ頼れるのは、彼がしていた名札からくる情報のみ。そしてやっと、彼とつながった時に、なんとも言えない安堵感もあったが、迫り来る恐怖に、自分の能力のすべてを掛けて、必死に彼と出会うことだけを願った。その時、溢れでた今日子の言葉は、嘘偽りもない言葉だったかも。しかし、狙われていたのは、まくるというのは意外だった。どこかでちゃんと裏切ってくれるのも、このドラマのいいところかな。今日子の部屋の天井の言葉がなんなのか?その謎だけは続いてたけど、スペシャルとかで、謎は解かれないのかな?数字的に厳しかったから、あったらいいな~という感じかな。
関連記事


>
2015/12/14 10:24 :Category:【新垣結衣】 逃げるは恥だが役に立つ コメント(2)
また今日子さんの活躍が見たい!
毎回推理が楽しみでした。
最終回は10分でも時間を拡大していればもっと描けることがあったのではないかな。
視聴率が振るわなかったのが残念です。
どうせ忘れてしまうから、ではなく、今日子さんには幸せな一日を過ごして欲しいと願う厄介さんが優しすぎてもう・・。
幸せな一日を過ごした記憶は体が覚えてる。ホンワカと切なさがまざった最終回でした。
で、今日子さんが隠し子でお決まりの最期かと思いきや、まくるさんだったとは(笑)
サンドグラスの面々や刑事さん達とのやり取りも楽しかったです。
投稿者: [ 2015/12/14 17:50 ]
土9は概ねこの調子なのはわかってはいるけれど
中二病だなーと笑いながらも今回は面白い回でした。
最後は人情モノに落としたけれど結局は女の子の激しい思い込み
が未遂とはいえ殺人までに行ったのだから家庭環境などの情状酌量
はあってもいいけれど罪は罪ですよね。
KYも鈍感も確かにイライラはするけれど、逆恨みにあうのは勘弁
ですね。
投稿者: [ 2015/11/16 22:27 ]
みなさんの感想や情報





名前の複数利用不可。コメントの掲載が制限されます。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
最近のコメント★歓迎!
データ取得中...
Amazon

スマホ、タブレット QR
QR
アクセス
アクセスランキング アクセスランキングブログパーツ アクセスランキング