Fcastドラマ視聴率感想

PC、スマホ、タブレットで国内ドラマ視聴率速報!独自感想も掲載。ジャニーズバラエティ視聴率も素早く更新。コメント大歓迎!検索『fcast』

【月21視聴率感想】5→9~私に恋したイケメンすぎるお坊さん~【2】 

5時から9時まで 1 (Cheeseフラワーコミックス)
相原 実貴
小学館
売り上げランキング: 8,705


「5→9~私に恋したイケメンすぎるお坊さん~」
人生最大のモテ期が来る英会話講師とイケメン僧侶のラブコメディー。
10月スタート! 毎週(月)21時~21時54分
【キャスト】
桜庭潤子 石原さとみ 28歳独身の英会話学校教師。
星川高嶺 山下智久 高学歴・高身長・高収入のイケメン僧侶。
【スタッフ】
【原作】『5時から9時まで』相原実貴(小学館「Cheese!」)
【脚本】 小山正太
【プロデュース】 後藤博幸 金城綾香
【監督】平野眞 
【制作】フジテレビドラマ制作センター
【視聴率】
01 10/12【12.6】ありえないプロポーズ!?
【監督】平野眞 【脚本】小山正太
02 10/19【12.1】あなたじゃないとダメなんです!私は絶対に離れない
【監督】平野眞 【脚本】小山正太
03 10/26【10.7】あなたを好きになることは一生絶対にありません!
【監督】平野眞【脚本】小山正太
04 11/02【11.6】大波乱!!一触即発の四角関係!!禁断の秘密、バレる
【監督】【脚本】小山正太
05 11/09【11.7】
【監督】相原実貴【脚本】小山正太、根本ノンジ
06 11/16【10.6】
【監督】平野眞【脚本】小山正太、根本ノンジ




05
 桜庭潤子(石原さとみ)とデートがしたい星川高嶺(山下智久)は、潤子の家族や一橋寺の住職たちに意見を求め、潤子が喜ぶデートプラン作りにまい進する。  一方の潤子は、ビジネス英語のクラスの兼任が決まり、一層仕事にやる気が出る。さらに清宮真言(田中圭)から一緒にニューヨークに行ってほしい、と告白され、浮足立つ。そんな潤子を見て、山渕百絵(高梨臨)は良いことがあったのか、とツッコミを入れる。潤子が早速、ビジネス英語のクラスに入ると、そこに高嶺と三嶋聡(古川雄輝)がいた。潤子の脳裏に、三嶋とのキスの記憶がよみがえるが、それを振り払い授業を始めた。すると、高嶺と三嶋の、潤子を巡る英語でのトークバトルが勃発。それぞれがいかに潤子と親しいかをアピールするバトルに、潤子はへきえきとなる。 潤子がレッスンを終えてロビーに戻ると、そこに里中由希がいた。よく来たね、と頭をなでると由希は、先日、潤子に告白した件を謝った。そんな由希の側には、蜂屋蓮司(長妻怜央)がいた。  高嶺が着々とデートの準備を進める一方、潤子は清宮との距離を縮めていた。ニューヨーク行きが現実味を帯びる中、潤子は高嶺との交際を正式に断ろうと決めた。ところが、タイミングが合わず話を切り出せない。そんな折、ELAに足利香織(吉本実憂)がやってくる。香織は潤子に、高嶺と結婚する気がないのなら思わせぶりな態度を取らないでくれ、と忠告する。
【感想】
今週は、きっちりラブストーリーで、楽しい。なんとも、切なく、そして、優しさに溢れているストーリーだった。偶然見つけた、清宮の女性との写真に、彼の本心が確かめられず、逃げ出した先は、もう時間的には会うことはないとしか思えない高嶺とのデートの待ち合わせの場所。彼女自身もいるはずもないと思える高嶺の姿があった。そして、潤子のことだけをまっすぐに思って前だけ向いた姿に、彼女が心動かされないわけがないよな~。僕も待つのは6時間が限界だったな~なんて思い出しながら、彼がかけた潤子への言葉は、愛に満ち溢れていた。そして二人は、これからどうなってしまうのか?流れはベタだがそれだけに、ワクワクさせられるかもしれない。先週はどうにも、今ひとつ、ドラマの流れに乗ることができなかったが、今週は、心地よく展開を楽しめた。潤子の妹が来て、あの場面で高嶺との会話していたら、勝手に妹まで好きになってしまうだろうという一途な思いが、伝わってくるシーンも良かったかな。ただ待つことで自分に与えられた愛の試練を乗り越えようとする彼の思いが、見ていて、心動かされたし、劇的でもあった。他の恋する人々のシーンも、キレが良く描かれていたし、演出が良かったのかななんて思いながら見た。来週も楽しみだ。
06
 英会話学校ELAの外国人講師同士が結婚することになり、桜庭潤子(石原さとみ)がパーティーの司会に任命される。潤子が引き受けたと知った木村アーサー(速水もこみち)は、もうひとりの司会者である清宮真言(田中圭)に声をかける。目を合わせた潤子と清宮の間に、気まずい空気が漂う。そんな中、アーサーと山渕百絵(高梨臨)は、新郎新婦のなれそめVTR作りを担当することが決まった。 一方、星川高嶺(山下智久)は、潤子の祖母・幸江の十七回忌の法事を取り仕切ることに。そのために、幸江の人柄を知りたいという高嶺は、潤子の家を訪ねて、幼い潤子と幸江が映るホームビデオの映像を食い入るように見る。すると、映像に触発されたのか、高嶺は桜庭満(上島竜兵)のビデオカメラを手にし、これからは自分が潤子の成長記録を残すと言って、潤子を撮り始める。翌日、ELAでも撮り続け、潤子はうんざりするが、そんな様子を清宮が見ていた。そんなところへ、メガネを外しイメージチェンジをした三嶋聡(古川雄輝)がやってくる。三嶋の変化にすぐに気付いた毛利まさこ(紗栄子)が声をかけるが、三嶋は潤子のもとへ行ってしまう。  終業後、清宮は潤子に、自分が女性と写っていた写真を見たのか、と聞く。その話はもういいんです、と返す潤子に、お前にはちゃんと話したいんだ、と引き留める清宮。しかし、潤子は・・・。
【感想】
ただ一人の女性を見つめ続ける高嶺。彼が追い続けるのは、潤子以外に誰もいない!そして、その愛する思いは、ひたすら、かのyぞを追うカメラに見事に収められていた。そんな彼女も周りには多くの人々が、映像に収まっているとは!自然にな気持ちで高嶺が収めた映像に自分の魅力が一杯詰まってるのは、彼が彼女を愛していたからに相違ないし、故に、彼の手を取り彼女は、心を交わした。全ては、清宮と並んだ女性の写真を見たからだが、そんな少し自暴自棄になった時の彼女を、高嶺は敢えて抱くことを避けた。彼の真摯な思いは、彼女の心を抱いては、つまらない関係にしかならないと悟ったのかも知れない。ただ、ひたすら彼女を愛し続けることで、やわらかな、そして愛が伝わる手のひらを感じた高嶺は、二人の関係がより深化したように思えた喜びを感じていたのかも。けど、そんな二人の間に、新たなる刺客が登場しそうだけど、二人の関係がどう変わっていくのか期待したい。
関連記事


>
2015/11/17 08:47 :Category:【石原さとみ】校閲ガール コメント(6)
続きが気になる
4話~5話の流れよかったです。
潤子を喜ばせる為の情報収集も大真面目なのに、高嶺がすると、笑えてしまう。
ラストシーンはドキドキの連続でいいとこで来週に続く。
気になって気になって仕方ない。
投稿者: [ 2015/11/11 10:22 ]
今週も良かった‼最高!
今週、管理人さんの感想に同感です!
まったく揺るぎなく自分の全てを受け入れて真っ直ぐ愛を注ぎ続けてくれる高嶺(しかも山Pデスヨ!)を好きにならないほうがどうかしてるってものです。
山下智久くん演じるお坊さん本当にいい味出してて、微妙な表情、声のトーンで物凄い感情が伝わってきます。変な人なんだけど応援せずにはいられないキャラクターになってます。今回思いが通じたみたいなので益々この後の展開が楽しみです。
投稿者: [ 2015/11/10 19:02 ]
今夜第5話です
楽しみです。4話も大爆笑。
非現実的な漫画の世界を実写化するのは何かと難しいですが、いい具合にはじけてて観ていてとても楽しいです。✌
なにより画的に綺麗な二人がお似合いです。
投稿者: [ 2015/11/09 13:26 ]
面白いです!
これ、設定から何からリアルとは程遠いから、動く美しいマンガをただただ楽しんでいます。山下智久と石原さとみのやりとりがとにかく絶妙で笑っちゃう。そして、切なさもあり、キュンキュンシーンあり。さとみちゃんのファッションのカタログ的楽しさもあります。憂鬱になりがちな月曜の夜にこんな楽しみがあると1週間頑張れます!!
投稿者: [ 2015/11/03 19:27 ]
胸きゅん
久々に好きな月9です。
私は4話が一番好きでした。3話はなかなか主人公がすれ違いで長く感じましたが、4話は笑えて胸きゅんしました。
潤子と高嶺が一緒のシーンが大好きです(^○^)
投稿者: [ 2015/11/03 19:23 ]
楽しいラブコメ
個人的には4話テンポよく笑えて1番面白かったです。
原作の登場人物が多くて、しかも皆恋愛が絡んでるので潤子高嶺中心にして正解だと思います。
ドラマでは中途半端になる女装高校生と渋谷男子は、いない設定でも良かったかも?
投稿者: [ 2015/11/03 19:13 ]
みなさんの感想や情報





名前の複数利用不可。コメントの掲載が制限されます。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
人気記事ランキング30
【全アクセス順位】
Amazon

スマホ、タブレット QR
QR
アクセス
アクセスランキング アクセスランキングブログパーツ アクセスランキング