Fcastドラマ視聴率まとめ

PC、スマホ、タブレットで国内ドラマ視聴率速報!独自感想も掲載。ジャニーズバラエティ視聴率も素早く更新。コメント大歓迎!検索『fcast』

【水24視聴率】 おかしの家 オダギリジョー 

おかしの家
TBS系 毎週水曜 23:53~24:23
オダギリジョー主演でおくる、下町の駄菓子屋を舞台にした心温まる笑いと涙の物語
【スタッフ】
原作:山田タロウ「うちのネコが訴えられました!? -実録ネコ裁判-」
脚本:石井裕也 登米裕一
演出:石井裕也 池田克彦
プロデューサー:佐野亜裕美 河添太
主題歌:空がまた暗くなる/RCサクセション
【キャスト】
オダギリジョー 桜井太郎  祖母の明子と共に駄菓子屋「さくらや」を切り盛りする。
尾野真千子 木村礼子 太郎の幼なじみ。
勝地涼 三枝弘樹 太郎の同級生。
前野朋哉 金田剛 太郎と三枝の後輩。
嶋田久作 島崎明 銭湯「亀の湯」の経営者。離婚し、妻子は札幌にいる。
八千草薫 桜井明子 太郎の祖母。「さくらや」の店主。
【視聴率】
01 10/21【2.8】恋と恐怖
監督・脚本…石井裕也
02 10/28【2.2】意味
03 11/04【2.5】「後悔」
04 11/11【2.1】「痛み」
監督・脚本…石井裕也
05 11/18【1.8】「愛」
脚本…登米祐一 演出…池田克彦
06 11/25【1.6】「夢」
監督・脚本…石井裕也
07 12/2【1.5】「夢の続き」
監督・脚本…石井裕也
08 12/09【1.8】「覚悟」
監督・脚本…石井裕也
09 12/17【2.3】「戦い」
監督・脚本…石井裕也


01
主人公・太郎(オダギリジョー)は 両親を早くに亡くし 祖母・明子(八千草薫)が営む経営状態の苦しい駄菓子屋「さくらや」を守ろうと奮闘しているがなかなか上手くいかない。さくらやの裏口には 太郎の幼馴染で脚本家志望の三枝(勝地涼)たち常連客が入り浸っており、太郎も一緒に駄菓子を食べてはたわいもないお喋りをするという少年時代のような時間を過ごしていた。そこに幼馴染の礼子(尾野真千子)が出戻ってきて…!?
03
太郎(オダギリジョー)と礼子(尾野真千子)と三枝(勝地涼)は、小学生時代のクラスメイト・清美(黒川芽以)のことをふと思い出す。清美は、ボンドを食べる変わった少女だった。ある日、礼子は同級生のママ友から、その後の清美が、壮絶なイジメにあっていたことを知る。さらに、小学生時代にもっともからかっていたのは、太郎と三枝の2人であった事実を知らされる。
清美の幸せを願う太郎のもとに、ある知らせが届き…!?
04
太郎(オダギリジョー)は、三枝(勝地涼)と剛(前野朋哉)と世界の問題について研究を始めるが、剛の一言で腹を立てて殴ってしまう。「さくらや」同様に島崎(嶋田久作)の銭湯も経営状態が厳しいことを知った太郎は、本音を明かす。一方、レストランで働く礼子(尾野真千子)は、勤務中に倒れてしまい…。
05
徐々に距離を縮めていく太郎(オダギリジョー)と礼子(尾野真千子)。そんな二人の前に、太郎のことを知る謎の美女・麻理絵(成海璃子)が現れ…!?
06
いつも一緒に過ごしてきた脚本家志望の三枝(勝地涼)が、映画の脚本を書き上げたところ、 あるプロデューサーが会ってくれるという大チャンスが訪れる。久々に夢に向かって動き出した三枝を意識し、太郎(オダギリジョー)らはそれぞれの思いを巡らす。
ある日の夜、太郎と三枝は夜の小道で、羽の生えたおじさんを目撃してしまう。
“天使”なのか“変態”なのか?驚きを隠せない二人は、捕獲を試みるが…!?
07
川沿いの小道で偶然“天使”と出会った太郎(オダギリジョー)と三枝(勝地涼)は、捕獲を試みるものの、逆に噛み付かれ“天使の声”が出るようになってしまった。しかし二人は、このSFのような状況をむしろチャンスと考え、歌の練習を開始。そして最初にこの歌声を聴かせる相手に、礼子(尾野真千子)を選ぶ。
一方、島崎(嶋田久作)と剛(前野朋哉)は就職活動を始めるが、高齢の島崎は面接にすらこぎつけずに苦しむ…。
08
無情な交通事故により、命を落とした剛(前野朋哉)。かけがえのない友人の死に直面し、太郎(オダギリジョー)らは悲しみに暮れる。そんな折、さらに追い討ちをかけるように太郎の祖母の明子(八千草薫)が突然、太郎の名前を忘れてしまい…。
皆で大好きな駄菓子屋「さくらや」で過ごしてきた、たわいない“幸せな時間”は、何時までも続く事はなかった—。
09
ある日突然、太郎(オダギリジョー)と礼子(尾野真千子)の元に裁判所からの通知が届く。訴状には「この猫が自分の車のボンネットに傷をつけたから賠償しろ」という旨の内容とともに、白黒模様の猫の写真が同封されていた。太郎は三毛猫のみーちゃんしか飼っておらず、明らかに原告の勘違いだと思いつつも、法廷に臨む。
関連記事


>
2015/12/17 09:06 :Category:【オダギリジョー】 コメント(2)
楽しみ
心温まる東京の下町のお話
オダギリさん勝地さん、尾野さんも同い
年の設定なのも面白い

映画監督が撮るTVドラマって感じですが
毎週たのしみです
投稿者: [ 2015/11/26 19:47 ]
話題になってないようですが
こういうの、地味だけど好きです。
オダギリジョーもオノマチさんもあまり好きな俳優さんたちではありませんが、このドラマの空気すきです!
投稿者: [ 2015/10/25 19:28 ]
みなさんの感想や情報





名前の複数利用不可。コメントの掲載が制限されます。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
最近のコメント★歓迎!
データ取得中...
Amazon

スマホ、タブレット QR
QR
アクセス
アクセスランキング アクセスランキングブログパーツ アクセスランキング