Fcastドラマ視聴率まとめ

国内ドラマ視聴率·キャスト情報·感想·ネタバレなど。個別スポーツ、バラエティ視聴率も速報更新。コメント大歓迎!検索は『fcast』
視聴率記事更新日:放送日時 番組タイトル

【木22視聴率感想】オトナ女子【1】見逃し配信 

花束(初回生産限定盤)(DVD付)
中島 美嘉
SMAR (2015-10-28)
売り上げランキング: 149

<木曜劇場>オトナ女子
【スタッフ】
脚本:尾崎将也
プロデューサー:中野利幸
演出:田中亮 関野宗紀
主題歌:花束/中島美嘉
【 キャスト】
篠原涼子 中原亜紀 40歳独身の会社員。アゲマン気質
吉瀬美智子大崎萠子 亜紀の親友。40歳独身で、フラワーアレンジメント。
鈴木砂羽 坂田みどり 亜紀の親友。バツイチで3人の子持ちの40歳。
谷原章介 栗田純一  亜紀の会社の社長。
江口洋介 高山文夫 脚本家。亜紀から「恋愛アプリ」の監修を頼まれる。
【視聴率】
01 10/15【9.9】「幸せを掴みたい!!私は女子を諦めない」
演出:田中亮
02 10/22【9.2】「恋と人生の大逆転」
演出:田中亮
03 10/29【7.2】「不器用すぎる私達」
演出:田中亮
04 11/05【9.0】「這いあがる40歳!!」
演出:


01
40歳独身の中原亜紀(篠原涼子)は、恋愛アプリを手がける会社のキャリアウーマン。デビューを目指す年下のミュージシャン・伸治、愛猫のちくわと暮らしている。しっかり者だが恋愛では相手に尽くしすぎてしまい、なかなか幸せをつかめないでいた亜紀は、伸治の前では本音を出せない。心を許せるのは、同い年で独身の女友達――ホレっぽくさまざまな男性にアプローチしているフラワーショップオーナーの大崎萠子(吉瀬美智子)と、バツイチで3人の男の子を女手ひとつで育てている坂田みどり(鈴木砂羽)だけ。亜紀たちは、何かにつけて女子会を開き、気兼ねなく愚痴を言い合っている。
モバイルコンテンツ部に所属する亜紀は、工藤美和(市川実和子)、立花沙織(平山あや)、前川亮介(吉沢亮)ら年下の部下とともに、アラフォー向けの恋愛アプリに取り組んでいる。この企画には、プレイボーイとして有名な社長の栗田純一(谷原章介)も期待を寄せていた。あるとき亜紀は、10年以上前に何本もの恋愛ドラマをヒットさせた脚本家・高山文夫(江口洋介)にゲームの監修を依頼しようと思いつく。高山の居場所を調べ、彼が入り浸っているカフェを訪れる亜紀。しかし高山は、企画書を見るなり「いい年して胸キュンもない」「40歳は女子とは言わない」と言って取り合わない。そんな高山の態度にカチンときた亜紀は「あなたこそ思春期丸出しの偏屈男だ」と言ってしまい…。
【感想】
よく考えうると、メインの5人の方々は、全て既婚者とおもいきや、鈴木砂羽さんは、キャスティングされた頃には離婚してたのか!調べてよかった。なるほどそれで、バツイチ役なのかと納得。それに、今はヒットがないけど、昔有名だった高山文夫というキャラが登場してるけど、意外とかつてのフジドラマ的な雰囲気をふんだんに盛り込んで、そういうセルフ昔、よく書いたな~と、彼に言わせてるところがチョト自虐的だったり、亜紀に、ワザと抜かしよく演出されていたような、髪かきあげたりとネタ化させてるのかよ!という演出をしたりと、視聴者にツッコませたいんだろうか。いろいろと楽しませてくれるドラマだが、しかし、この女性3人に、40代とはいえど悲壮感はないだろうと言うほどの美人を集めてるところも、狙いなのかな。今回の話は亜紀と高山の最悪の出会いと彼女のヒモ男との別れで、高山が彼女に興味を持ち出すところで終わったが、このドラマに興味は持たるかな。いろいろ文句を言わせて、ツッコませて、ついつい見たくなりそうな内容な感じはした。しかし、斎藤工さんも友情出演なのに、ここまで最低の男を演じるとは、一話だけの出演だとはいえど、爪あとは残した!この序章とも言える、亜紀と高山の出会いから、どう展開するのか?来週からが、このドラマの本場かな。
02
亜紀(篠原涼子)は、脚本家の高山(江口洋介)にアラフォー向け恋愛アプリの監修を引き受けてもらうことに成功する。が、年下の恋人・伸治(斎藤工)に振られたショックからは立ち直れないでいた。萠子(吉瀬美智子)とみどり(鈴木砂羽)は、失恋の特効薬は新しい恋だと亜紀を励ますが…。
別の日、亜紀の会社『フルテージ』に高山が打ち合わせにやってくる。その席で高山は、独自の恋愛論を展開し、白馬に乗った王子様などいない、夢を見るのはいいがそれにつけ込んで儲けようとするビジネスが発生する、などと主張する。
萠子は、フラワーショップに客としてやってきた栗田(谷原章介)から食事に誘われる。栗田がフルテージの社長だと知らない萠子は、優良物件を引き当てた、と嬉しそうに亜紀に報告する。そのころフルテージ内では、栗田に関する怪しい噂が広まっており…。
一方、みどりは、進路相談で三男・陵(浦上晟周)が通う中学校を訪れる。そこでみどりは、陵の担任・沢田健太(千葉雄大)に出会う。沢田は、真面目そうでさわやかな印象の青年だった。
そんな中、亜紀は、社内プレゼン用に高山のコメントをもらいに行く。そこで亜紀は、注文しておいた品物を受け取ってきてほしい、と高山から頼まれる。仕方なく受け取りに行った亜紀は、その帰り道、編集者の池田優(平山浩行)と出会う。それぞれの新しい出会いの行方は!?
【感想】
先週は、亜紀は完全に、髪をかきあげる感じが、誰かのオマージュかよと思えるほどの頻度で、連発されていたが、今週は全く無しみたいな感じだったかな。個人的にはチョット残念。今更感はありありだが、美人なら許されてしまう。それに。江口さん演じる高山の偏屈ぶりも大好き。こういうドラマにはかかせないし、恋愛からチョット離れたあの喫茶店に居座って、時として、亜紀の会社に行き、あの恋愛アプリに茶々入れたりと、僕もやってみたいけど、できないことを言ってくれるところがたまらない。個人的には愛すべきキャラだね。恋愛が終わった亜紀は、次の恋に向けて、始動するけど、その相手が、白馬の王子的な感じもする池田だったり、萠子にとっては栗田だったりするのね。わかりやすい展開で、楽しいけど、きっちりこの二人は、女性の香りプンプンで、これからどうつながっていくのか期待かな。みどりは、息子の陵の担任教師に、ほのかな思いを描いたりと、それぞれの恋の領域に踏み込もうとしてる。どんな幸せを見つけるのかわからないけど、脚本家高山目線で、気楽に見ていきたいかな。
03
 亜紀(篠原涼子)は、高山(江口洋介)の担当編集者でもある池田(平山浩行)から地元の秋祭りに誘われる。だが、そこで亜紀が見たのは、子連れの女性と仲良さそうに話す池田の姿だった。亜紀は、萠子(吉瀬美智子)とみどり(鈴木砂羽)に、池田は妻子持ちみたいだと報告するが…。  一方、みどりの家には、三男の陵(浦上晟周)の担任・沢田(千葉雄大)が家庭訪問にやってくることに。母子家庭だからという偏見を持たれたくないと考えたみどりは、長男・昂(平埜生成)、次男・碧(矢部昌暉)にも協力してもらって対応マニュアルを作成し、沢田を迎える。  萠子は、「フルテージ」の社長・栗田(谷原章介)との交際を続けていた。彼の前では、物分かりの良いオトナの女性を演じる萠子。ある日、栗田とデートしていた萠子は、元カノらしい若い女性と鉢合わせしてしまう。萠子は、若い元カノからおばさん扱いされるが、真っ向から彼女とやり合って撃退し、栗田を感心させる。  そんな折、亜紀の前に、元恋人の伸治(斎藤工)が現れる。伸治は、メジャーデビューをきっかけに亜紀を捨て、若い女性のもとへと行ってしまった男だ。亜紀は、話があるといってマンションまでやってきた伸治を無視して部屋に戻るが…。
04
 亜紀(篠原涼子)は、高山(江口洋介)の担当編集者・池田(平山浩行)から、結婚を前提とした交際を申し込まれた。それを知った萠子(吉瀬美智子)やみどり(鈴木砂羽)は、体の相性が大事、時間をかけて愛を育む余裕はない、などと勝手なことを言い始める。そんなふたりに対して亜紀は、池田は誠実な人だからゆっくり考えたいと返す。  亜紀たちが制作を進めているアラフォー向け恋愛アプリのシナリオが上がった。それを読んだ高山は、波乱が足りないと助言する。風がなければヨットが進まないように、恋愛にも適度な波風はあった方が刺激になるというのだ。  萠子は、栗田(谷原章介)の自宅で開かれたパーティーに呼ばれる。が、そこで「お花屋さんの大崎さん」と紹介されたことに傷ついた萠子は、他に女性がいてもいいがせめて1番にしてと栗田に迫る。  みどりは、陵(浦上晟周)の担任・沢田(千葉雄大)から学校に呼び出される。陵が、階段を滑り落ちそうになった生徒を助けようとして軽いケガをしたという。その際、沢田は、またダンスの練習を見学に来てほしいとみどりに伝える。  池田とのデートのため、カフェで待ち合わせていた亜紀だが、大雨のために外に出られず高山と2人だけカフェに取り残されてしまい。
【感想】
あまり評判の良くないこのドラマだが、僕的には、なんだか楽しく見ている。3人のアラフォー女たちが、男たちと出会って、つらい思いだけしたり、意外な荒波に飲まれたり、まさかの若い男と体の関係になったりと悲喜こもごもな展開だ。前振りで、僕は、学生の頃、デートの現場を下見しに行くと言ってはいたので、もしやとは思ったが、携帯忘れて、当日にした見に行くのかよ!けど、それでなかなか会えないし、連絡も取れないことが、互いのことをひたすら思い続ける時間になって、思いを結びつける効果になってしまうとは!その前に、二人でラブストーリーの脚本を考えて、盛り上がった瞬間は、どうなってしまうのかな?とは思うが、二人の関係は盛り上がった。しかし大崎萠子は、栗田に振り回されっぱなしだし、どう考えても、また、彼のもとに戻るんだろうな~。それに対して、二人が相手と体の関係がないのに、坂田みどりだけは、若い男と...。これのちのち問題になってしまいそうだが、気になる所、そんな女性たちを眺めながら、チョット違うところにいる高山は、どういう立ち位置に行くのだろうか?完全に高山気分でこのドラマを楽しんでるかな。
関連記事

>
2015/11/06 10:45 :Category:【篠原涼子】 愛を乞うひと コメント(1)
辛口です
アラフォーなので、楽しみにしていました。
耳が痛かったな。
胸キュンも、女子会も、アラフォーという言葉も、痛いって、説教された気分。

ストーリーも、ベタすぎて、昔っぽい。 
留守に女を連れ込んで、浮気発覚とか、偶然な出会いとか、見飽きた。

俳優さんは良かったけど、主演の篠原涼子さんは、演技がいつも一緒だね。
髪をかき揚げるクセも、そろそろ不潔に、見えちゃう年頃です。
 
最終回みればいいや。
投稿者: [ 2015/10/15 23:51 ]
みなさんの感想や情報





名前の複数利用不可。コメントの掲載が制限されます。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
最近のコメント★歓迎!
データ取得中...
アクセスサイトランキング
人気記事ランキング30
【全アクセス順位】
スマホ、タブレット QR
QR
カテゴリ Category
アクセス
アクセスランキング アクセスランキングブログパーツ アクセスランキング