Fcastドラマ視聴率まとめ

国内ドラマ視聴率·キャスト情報·感想·ネタバレなど。個別スポーツ、バラエティ視聴率も速報更新。コメント大歓迎!検索は『fcast』
視聴率記事更新日:放送日時 番組タイトル

【水22視聴率感想】リスクの神様【3】見逃し配信 最終回UP 

リスクの神様 上 (小学館文庫 も)
百瀬 しのぶ 橋本 裕志
小学館 (2015-07-07)
売り上げランキング: 10,715

リスクの神様 最新話動画あり
フジテレビ系 毎週水曜22:00~22:54
堤真一が16年ぶりのドラマ主演!危機こそはチャンス!?現れた謎の救世主とは?企業に巻き起こる様々な危機と巻き込まれた社員とその家族を救う!
【キャスト】
堤真一/西行寺智役 日本最大の商社「サンライズ物産」危機対策室長。
戸田恵梨香/神狩かおり役「サンライズ物産」の女性総合職。東大卒
森田剛/結城実役「サンライズ物産」危機対策室の危機管理コンサルティング助手。
吉田鋼太郎/坂手光輝役「サンライズ物産」社長。
小日向文世/白川誠一郎役「サンライズ物産」の専務。
【スタッフ】
【脚本】橋本裕志
【企画】成河広明 加藤達也
【プロデュース】高丸雅隆
【演出】石川淳一 城宝秀則
【音楽】林ゆうき
【視聴率】全話平均5.0%
01 7/08【7.0】危機こそチャンス…現れた謎の救世主!
【演出】石川淳一
02 7/15【6.0】食品に異物が混入…倒産の危機を救え!
【演出】石川淳一 
03 7/22【5.7】トップアイドル&次期首相に起きた2つのスキャンダル
【演出】城宝秀則
04 8/06【5.0】【美しき海を救え!爆発事故と海洋汚染…隠された罪とは?】
【演出】城宝秀則 
05 8/13【4.8】【誘拐事件を解決せよ、命を懸けた究極の選択】 
【演出】石川淳一 
06 8/20【4.9】会社の機密が盗まれた!産業スパイは誰だ
【演出】菊川誠
07 8/27【3.9】【お家騒動に潜む罠!会社乗っ取りを救え】
【演出】城宝秀則 
08 9/02【4.7】【カリスマ女社長の嘘を暴け】
【演出】石川淳一 
09 9/09【3.7】【絶体絶命に陥った女と暴かれた過去と復讐】 
【演出】城宝秀則 
10 9/16【4.7】【危機こそチャンス…救世主の真の狙いとは?】
【演出】石川淳一 

08
西行寺(堤真一)は、サンライズ物産専務の白川(小日向文世)から、かおり(戸田恵梨香)を希望する部署に戻してやりたいとの提案を受ける。白川は、LIFE事業失敗の責任をかおりだけに負わせたやり方に納得していないらしい。続けて白川は、社長の坂手(吉田鋼太郎)が進めるメタンハイドレート開発プロジェクトなどの資料を提示し、坂手の独断的な経営がこれ以上続けば会社にとって大きな危機になるかもしれない、と西行寺に告げる。  そんな折、グループ企業の社員を名乗る人物から内部告発のメールが届く。サンライズ物産創設期から取引がある総合衣料メーカーのトウセンが、不正会計を行って黒字を計上しているという告発だった。西行寺は、かおりや結城(森田剛)らに内密で調査をするよう指示する。財務諸表からは問題は見つからなかったが、トウセンがこの5年間、常に同じ割合で業績を伸ばしていることに不審を抱いたかおりは、繊維事業部を統括する白川に相談を持ちかけ、調査に協力してくれそうな取引先企業をあたってもらうことにする。  ほどなく、調査した結果、帳簿上では仕入れているはずの商品在庫が倉庫にないことが判明する。するとそこに、危機対策室の動きを察知したトウセン側から抗議が入った。秘密裏に動けなくなった西行寺たちは、トウセンの高中桐子社長(高橋ひとみ)と小松史郎経理部長(阿南健治)に会い、不正会計疑惑の真偽を探ろうとするが…。
【感想】
総合衣料メーカーのトウセンの不正会計疑惑に対する調査とともに、坂手社長の収益が上がらないメタンハイドレート開発プロジェクトも明らかになってきた。そのことは西行寺智の父を貶めたかのエネルギー事業から、大きな繋がりも見えて、物語も大詰めに。一通告発メールから始まったトーセンの不正会計疑惑の追求だが、変幻自在に、トウセンの今経営状況を探り、財務諸表からけして見えることがない、数字のトリックを見破ろうとする西行寺。その隠密行動がバレて、直接行動で、そのメールの真偽を探ろうとしても、なかなか、本当のことを言わない経営者の高中桐子社長を追求しても、知らぬ存ぜぬという感じ。なかなか手ごわい相手に、調べたことで小松史郎経理部長を見せつけても、自分がやったという彼に、高中社長の本性を見せて。落とすという手法が炸裂したところから、西行寺の見せ場だった。その後、トウセンがどうなったのか?はわかりづらかった。あの会社の結末は、分かる人には、見ないでも見えるかもかも知れないが、キッチリ、その顛末も見せた欲しかったかな。
そんなことよりも、ドラマで見せたかったのは、天道と西行寺のやりとりとそれに聞き耳を立てるかおりの存在かな。
09
 西行寺(堤真一)は、メタンハイドレート開発事業の会計資料を調べていた。そこに、シャツや手を血に染めた坂手社長(吉田鋼太郎)が現れ、一緒にいた相手が吐血して倒れたと言ってホテルのルームキーを取り出す。西行寺は、別件の調査報告で連絡をしてきた結城(森田剛)に、坂手の件も対処するよう指示する。  同じころ、かおり(戸田恵梨香)は、サンエナジーに出向中の由香(山口紗弥加)と会っていた。由香が、危機対策室からの聞き取り調査で帰国したことを知らなかったかおりは、戸惑いを隠せない。  深夜、対策室に呼び戻されたかおりは、サンライズ物産が100%出資した事業会社サンエアーズが、工業用硫化水素除去装置の認可を通すために検査数値を改ざんしていたことを告げられる。調査を開始した西行寺らは、環境事業部長の峰岸(伊藤正之)が、サンエアーズ開発部主任ののぞみ(黒坂真美)に「どんな工夫をしても成功させろ」と強く要求していたことを知る。  そんな中、坂手の還暦を祝うパーティーが開かれ、民自党総務会長の薮谷(名高達男)らそうそうたるメンバーが顔をそろえる。会場を訪れた西行寺は、坂手にサンエアーズの件を報告した後、密かに薮谷にも接触する。  あくる日、西行寺は、坂手や環境事業担当常務の永嶋(羽場裕一)らと話し合い、株価下落を最小限に抑えられる週末の東京市場終了後に、サンエアーズの件を公表することにするが…。
【感想】
西行寺を呼び寄せたのは、坂手社長だったが、彼を使うように助言したのは、天童顧問だったし、彼だけが、すべての裏事情を知っていて、坂手のやり方に不信感を持っていたし、西行寺も、あの30年前の事件の真実を知りたかったというのが、このドラマの今のところの見えてくる現実なのか?坂手の信頼を得ていて、彼のすべてのリスクまでも握られていた西行寺に、社長といえど、抵抗するすべさえもなかった。裏で、西行寺は、坂手の会社にとってのリスクぶりを、白川専務に漏らしていれば、あの見事なまでの社長解任劇も、造作のなく、取締役たちを納得させる事ができたのであろうと推測できるものだった。しかし、表面的には復讐劇のようにしか見えない今回の一連の流れを少し離れたところで、眺めるだけしかなかったかおりには、彼の真意が推測の域でしか無く、視聴者とともに、彼の思いを推し量ってるところが、興味深い。
何しろ一番の謎は、新体制を作り上げた西行寺の真意だ。彼は何をしようとしているのか?
その全てが、次回、社長室長となった西行寺の口から語られるとは思うが、かなり期待して、次回を待ちたい。
10
 サンライズ物産の役員会で坂手社長(吉田鋼太郎)解任の緊急動議が賛成多数で可決され、新社長には専務の白川(小日向文世)が就任した。西行寺(堤真一)は、白川の指示を受け、組織再編に伴い危機対策室が解散になることをかおり(戸田恵梨香)たちに報告する。今後は、各部署に危機対策担当を配置することになったという。かおりは、西行寺が坂手を裏切って白川社長を誕生させた真意がわからず、ますます疑念を深めていた。 あくる朝、かおりは、由香(山口紗弥加)から、西行寺が社長室長に就任したことを聞かされる。すでに西行寺は、白川が掲げた積極的な経営戦略の一環として3社の買収を提案し、役員会で承認されていた。西行寺が父親を見捨てたサンライズ物産に復讐をしようとしていると考えたかおりは、それを阻止すべく彼の行動をマーク。西行寺が、アジアグローバル証券代表のフォー(木下ほうか)と会っているのを目撃する。だが、ふたりを追おうとすると、突然現れた結城(森田剛)に止められてしまう。  危機対策室に戻ったかおりは、西行寺のデスクに残されていた資料を調べ、18社もの系列企業で実態の伴わない取引が行われていることを知る。去年1年で100億円近い資金が流出しており、そのほとんどはケイマン諸島にある3つの会社に集中していた。かおりは、坂手の自宅に押しかけ、資金流出の件を切り出すが…。
【感想】
花咲も会社トップの犯罪を、解明するパターンだったが、こちらも新社長となった白川の闇を暴く物語だった。しかし、この物語の質は、誰にでも理解できる話ではないんだろうな。ケイマン諸島はどんなところかって、わかってないと、なんか雲をつかむような話にしか感じれないような気がする。30年前のエネルギーにまつわる犯罪がすべての起点で、規模も壮大で、話もややっこしい。その上、それがすごいスピードで、解明されていく。西行寺は、ワザと自分お手の内をかおりに見せているのは、彼女にもこの事件の謎を調べろと言ってるのは、察しがついたが、まさか自分がダメだった時の保険に、利用していたとは、思いもしなかった。それが、思わぬ30年前の武器輸出に転用できる機械の不正輸出に絡んでると言う真相にたどり着くという流れも、見事。ダイナミックに躍動するかおりが活き活きとして、不正の謎を解いていきながらも、全ては、西行寺の手の内であった。
彼は、何をしようとしてるのか?彼女にとって最大の謎だったが、自分の名誉を投げ捨て、会社を救おうとした父の思いを、受け継ぎながら、自分の本分である危機管理の観点から、サンライズを救おうとして、奮闘した彼の影の活躍が、眩しかった。特に、彼の真意を知ったかおりとともに、白川を叩きつぶしに行くシーンは、爽快だった。けど、やっぱり、この物語はわかりにくいよね。もっと、見てる人に演出で配慮してもいいとは思うけど、最終回は、この作りを貫き通したかったのかな。
関連記事

>
2015/09/17 10:03 :Category:【堤真一】スーパーサラリーマン左江内氏 コメント(9)
録画 
本日見た ネットのニュースで
あるところの今期ドラマ録画数調査
対象者3千人で4位だったので
意外と観られていたかもしれませんね

ちなみに1~3位が 花咲・・ 
探偵の・・ナポレオン

リスクは初回と最終回が面白くて
後は どこかで聞いたような話が
多かったような気がしましたが
最後まで観ました 
投稿者: [ 2015/09/21 19:16 ]
男と男の磨き合い。
切り口が面白く、役者さんも充実していただけに、もったいなく感じた作品でした。今まで散々引っ張ってきた西行寺の父・関口の抱えた秘密案件が尻切れトンボというか、今後予想される会社最大の危機を乗り切る部分をきっちり描いてほしかったかな。



国際石油カルテルに触れるなら、太平洋(大東亜)戦争の間接的原因の一つになったとも言えるアクナキャリー協定なども扱ったら意欲的だと思うし、そこまでの斬り込みが出来ないのなら、“民間リスク回避事務所・西行寺の事件簿”的な一話完結の娯楽性重視の内容にして、より多くの視聴者を獲得出来そうな企画にした方が良かったんでないかい?と思います(苦笑)



ただ、オジサマ達の熱演は本当に素晴らしく、見応えありました~。男の仕事とは…なんて考えさせられましたし。関口父を始め、過ちを犯さない人間はいない。きちんと責任を受け止め、淡々と目の前の仕事に打ち込むしかない。そんな孤独な男の背中には痺れました。男は50代からですなぁ~!男と男の磨き合いを感じるドラマが、これからもたくさん観られたら嬉しいな。
投稿者: [ 2015/09/21 16:49 ]
男の世界から転落した!
白川さん、新社長の座も、あっと言う間で転落で、前回の坂手社長さんとのあの闘い良かったのに、残念でした。
裏番組も頭取転落、あちら此方で偉い方大変です(笑)
動くお金の金額も、何百億の話で私には縁のない額ですが、観てる分は楽しいです。
不透明な取引の書類を見てる恵梨香ちゃん美しかった!
エリート女性であった最初の姿も私的に好き。
本当に難しいドラマでしたが、すべてシックで良かったです。
次のドラマも暗そう~。
投稿者: [ 2015/09/17 20:26 ]
最終話
いや、むつかしい~~っっ。
ケイマン諸島って、何々?どうしてですか?

特に白川社長を叩きつぶしに行くシーンは、ちょっとずつ録画を行って戻して行って戻してを繰り返して、何となく分かったような気分にようやくなりました。これはNHK特集でじっくりゆっくり図解と映像を交えてやってくれないと分かりませんよ~。

最後はやっぱり時間拡大を狙っていたんでしょうか?

それでも、最終回が終わってみれば、全話のお話が白川社長の過去の大きな失敗からはじまる歪みが原因だったという見事なお話になっていました。

堤さん、カッコ良かったですよね^m^
楽しめました。
投稿者: [ 2015/09/17 14:39 ]
結果…楽しかった!
管理人様 こんにちは。
お邪魔します。

やっぱり見応えありましたねー!
確かに難しい内容もですが、私なんか似たような社名や個々の役名がとっ散らかりそうになりました!(内容以前の問題…)管理人様の仰る、爽快だけどややこしい‥でもすごいスピード、に頷きました!
視聴率が原因かはわかりませんが延長も無くドドドっと終わっちゃった感じがちょっと残念…。
やっぱり白川が曲者でしたねー!
西行寺の手中でまとまるかと思ったけど、かおりや各々の活躍有りきのゴールでした!
父と息子は本当の親子になれた?戻れた?のかな?録画もう1回観ます‥
壮大だけどややこしい‥なかなか大人なドラマでしたがとても楽しく1時間があっと言う間でした。堤さん、やっぱりカッコイイー♪
投稿者: [ 2015/09/17 12:39 ]
ホント、おじさま達?凄い!
今回は、おとこの世界!感でした。
流石でした、ベテラン俳優さんのおじさま?のみなさんの演技、冴えてましたね
特に吉田さん、台詞の声も良く表情も上手かったです。
容赦はどのドラマも余り変化は感じませんが(すみません)やっぱり演技は流石でした。
復讐?でしょうか、最終回楽しみです!
堤さんも、なで肩ですね♪
投稿者: [ 2015/09/10 21:37 ]
領収書デカ扮する橘さんが「うちの会社やばいんじゃない?」と
聞いていましたが、それもう、3話ぐらい~から
そう思ってましたよーっと心の中で
突っ込んでしまいました(x_x;)

粛々とすすめられる社長交代劇はおじさまたちの
心のスパーク音がきこえるんじゃないかと
思うほど、見応えのある場面でした(@_@)

西行寺はいったい何を考えているのか??
次週がきになります!


投稿者: [ 2015/09/10 11:40 ]
企業にとって現実的な話かも
実は赤字経営を黒字としての不正会計報告、今厳しい運営状況もたくさんあるかも。
生き延びるは並大抵ではないでしょうね。
追い詰められても強気の女社長さん凄い!
駅前のある大きなビルの中に有名な企業のはいっている、上階の食道街は以前家族ずれの方や若い方も多くてどのお店も繁盛でした。が、今はどのお店も無くなってた3日ほど前に、訪れたらビックリしました。ここも時の流れかと淋しい気持ちになりました。こんな女社長さんでも経営は難しかったのかも知れません。
投稿者: [ 2015/09/03 16:08 ]
第8話
私一人が視聴しても、視聴率が変わらないのは何とも
もどかしいですが(そうですよね。恥ずかしー。)
早めに支度を終わらせて、リアルタイムで見ました。

内部告発のメールは私にとっては「おおっ!彼が!」
という驚きだったのですが、もしかしたら、管理人さんには
「そうだと思っていたよ。」だったのかもしれないと
勝手に考えておりました。

確かに、どうやってトウセンを救ったのかは描かれて
いませんでしたね。あれ?ファストファッションに
ブランドを売る??みたいなことを言っていたような
いなかったような??


(以下、ネタバレ含みます↓)
テレビ誌を見たところ、Pさんが、今後、
スター・ウォーズのような師弟対決になる、と
語られていたので、ちゃんと最後まで見せてくれるのね、
と一安心しました。

投稿者: [ 2015/09/03 13:27 ]
みなさんの感想や情報





名前の複数利用不可。コメントの掲載が制限されます。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
最近のコメント★歓迎!
データ取得中...
アクセスサイトランキング
人気記事ランキング30
【全アクセス順位】
スマホ、タブレット QR
QR
カテゴリ Category
アクセス
アクセスランキング アクセスランキングブログパーツ アクセスランキング