Fcastドラマ視聴率まとめ

PC、スマホ、タブレットで国内ドラマ視聴率速報!独自感想も掲載。ジャニーズバラエティ視聴率も素早く更新。コメント大歓迎!検索『fcast』

【月21視聴率感想】恋仲【3】見逃し配信! 全話平均二桁確保 

恋仲 Blu-ray BOX
恋仲 Blu-ray BOX
posted with amazlet at 15.09.15
ポニーキャニオン (2016-01-20)
売り上げランキング: 124


『恋仲』 毎週(月)夜9時~
公式サイト
福士蒼汰が演じるのは恋に真っ直ぐだが不器用な青年・葵。彼には忘れられぬ初恋の相手がいた。そんな葵は7年ぶりに再会した親友から思わぬ情報をもたらされる…
【脚本】桑村さや香
【演出】金井紘 宮木正悟
【音楽】世武裕子
【プロデュース】藤野良太
【キャスト】
福士蒼汰/三浦葵役 東京の小さな建築事務所で働く設計士見習い。富山生まれ富山育ち。
本田翼/芹沢あかり役 葵の幼なじみで初恋の相手。。
野村周平/蒼井翔太役 葵のクラスメートで元親友
吉田羊/丹羽万里子役 建築事務所を経営する敏腕社長。建築士。
小林薫/芹沢寛利役 男手一つであかりを育ててきたシングルファーザー。
【視聴率】全話平均10.8%
01 7/20【*9.8】君がいた夏
【脚本】桑村さや香【演出】金井紘
02 7/27【*9.9】戻れない距離
【脚本】桑村さや香【演出】金井紘
03 8/03【11.9】7年目の真実
【脚本】桑村さや香【演出】宮木正悟
04 8/10【10.8】裏切り
【脚本】桑村さや香【演出】宮木正悟
05 8/17【11.8】【翔太に裏切られたあかり…ついに葵が動き出す】
【脚本】桑村さや香【演出】金井紘
06 8/24【*9.5】【3人の運命を変えた一冊の本…】 
【脚本】桑村さや香【演出】宮木正悟
07 8/31【10.6】【すれ違う葵とあかりの運命が変わるー】
【脚本】桑村さや香【演出】金井紘
08 9/07【10.9】 【7年前のあの場所から再び始まる…】
【脚本】桑村さや香【演出】宮木正悟
09 9/14【11.5】【あかりが選ぶのはどちらの“アオイ"かー】
【脚本】桑村さや香【演出】金井紘


07
 三浦葵(福士蒼汰)は、教員採用試験に合格した芹沢あかり(本田翼)を祝うため、三浦家特製カレーを作って待っていた。しかし、あかりからは蒼井翔太(野村周平)に会ってから行くと連絡が入ったきり、全く連絡がないまま夜が明けてしまっていた。急いで病院から葵のマンションへ向かったあかりだったが、葵は理由を聞く気にならずあかりを帰す。モヤモヤする気持ちは、葵の仕事に現れる。富永美玲(山本美月)に頼まれた模型作りや図面描きでミスを連発し、葵の大失敗を建築事務所のみんながカバーすることになってしまう。集中力に欠けている様子を磯原新一(永井大)にとがめられ、プロジェクトから抜けろと言われてしまう。そんな葵の様子を見ていた丹羽万里子(吉田羊)には、このまま続けていても建築家にはなれないと言い放ち、転職を勧められてしまう…。仕事もあかりとも上手くいかず、自暴自棄になる葵。  一方、心音(大友花恋)は恋心を抱く星野悠真(萩原利久)への想いが実らないまま、病院を転院することが決まってしまう。おそらく今年の花火大会が最後になる心音と悠真に残された時間は少ない。翔太は心音の相談に乗って欲しいとあかりに頼む。  葵がマンションに戻ると、あかりが待ち伏せをしていた。誤解を解こうとわびるあかりに葵は心を許さないままだった…。
【感想】
前回の連絡がないままの展開は引っかかった中で、どう展開を見せるのかなと思ったが、葵が仕事でミスを連発して、仕事をやめろと言われるところまで発展。それに、万里子には、転職を勧められてしまうところまで行ったけど、そこから、美鈴が青いの家に乗り込んできて、しっかりやるように、叱咤したり、あかりの手助けもあって、何とか建築家としての思いを、復活。がむしゃらに、目的に向かっていこうとして仕事をやり遂げる熱意を、あの病院での縁日で取り戻して、葵が進化したのは良かった。けど、そこから、あまりにも強引な脚本家の物語の進め方には違和感が...。なんで、蒼井翔太が、あんな行動をとれるのか?本当に理解ができないかも。あかりがどうしても好きだという思いが、翔太にあまり見えないままに、またもあかりにプロポーズ展開には違和感アリアリ。あかりもはっきりと断らないと、やばい人になりそうな予感さえする展開だった。花火大会が、3人にとっての大切な舞台なのに、あのしょぱい作り物の花火光景も今ひとつ。二人は病気してるんじゃないしね。なんか最後、次の話への繋がりが残念なんだよね。
08
 あかり(本田翼)を抱き締め、結婚してくれないかとプロポーズする翔太(野村周平)。翔太はあかりに、手紙のことを言いだせず5年間うそをついてしまったがあかりを想う気持ちにうそはなかったと言い、今度は葵(福士蒼汰)ではなく俺に会いに来て欲しい、8月31日、7年前あかりが葵に宛てたメモに残したあの場所で待っていると。葵は、そんな光景を目にして、あまりの衝撃に動くことが出来ず…。 あかりの将来を支え続けるとプロポーズする翔太を見たことで、自分にそんな覚悟はまだないと自信を失った葵。仕事から帰宅すると公平(太賀)が、七海(大原櫻子)の就職祝いのために、パーティーの準備をしていた。そこへ七海が、あかりの教員採用試験合格も一緒に祝おうと言って、あかりと一緒に帰ってくる。葵はあかりを前にすると翔太のことがあって、気まずさを感じてしまい…。葵と2人きりになったあかりは葵に、翔太からプロポーズされていることを相談する。そんなあかりを葵は引き留めることができず…。
【感想】
翔太は、あかりと別れて、彼女しかいないと決断したが、葵があかりに対する思いを決めきれない気持ちは、分かる。久々に、再会して付き合うという感じではあるが、あかりの気持ちもよくわからない。彼女からしたら、私の気持ちをしっかり受けてめてという思いもありながらの富山行きだったのかもしれないが、相手の気持なんて、分からないし、自分も自身が持てない時に、相手に先手を打たれても、どうにもできない年頃ではないのか?それに、本気であかりが富山に行くとは、彼も考えてなかったのかも知れない。あのプレゼンの壇上で、彼が語った100年もつ家のコンセプトには、あかりという女性が隣にいるから、設計できたということは確かだが、それまで、何の実績もない中だもん。それが、今回の受賞で、少し変われた時に、彼女がいないのは痛い。
もしかしたら、受賞の後なら、葵も思いを伝えられたのかもというか、あの受賞時のコメントがすべてのあかりに対するプロポーズのコメントのようだった。必要なときに彼女は、富山に旅立ったが、どんな結論を出したのか?もっと、劇的にできる気もするが、どんなフィナーレを飾るのかは確認しないと!けど、それがもっと、愛に包まれた結末だといいけど。
09
 新人建築設計コンクールで審査員賞を受賞した三浦葵(福士蒼汰)は、自分の作品説明をするうちに、芹沢あかり(本田翼)がどれだけ自分にとって大切な存在だったのか気付く。そして受賞式のさなかに飛び出し、蒼井翔太(野村周平)のもとへ向かったあかりを追いかける。しかし、あかりが乗った新幹線には間に合いそうもなく…。  7年ぶりに富山に降り立ったあかりが見た風景は、すっかり変わっていた。葵や翔太、金沢公平(太賀)と無邪気に笑い合っていた高校時代。通学に使っていた駅。いつもみんなが一緒にいた“あの頃"は永遠に続くのだと思っていたが…。  あかりが翔太との待ち合わせ場所に着くと、そこには葵の姿が…。あかりは、葵から今の思いを打ち明けられる。不器用だが正直で素直な気持ちを告白した葵は、もしあかりも同じ気持ちなら約束の場所で待っていると伝える。葵と翔太、あかりが選んだのは…。
【感想】
最終回は、ごくありふれたラブストーリ-の終わり方だったけど、物語的には、これしか終わり方はないだろうな。全体的に、もっと、高校時代を、3話位は描いて欲しかった気はしたかな。微妙な3人の高校時代の関係は、後々の話を考えると、もっと微妙な方がいいし、その感じを出すのには、高校時代に3人の物語がもっと必要な気がした。
明らかに、子供の頃から、繋がりが深く、三浦葵と芹沢あかりの関係性には引き離すことができない強い結びつきがあって、蒼井翔太が最終回に、入るこむ僅かな隙間さえ感じさせなかった。それ故に、どちらを選ぶと言われても、大きな物語は生み出せない感じがした。あの関係に入り込むなら、蒼井翔太には、もっと強烈な個性を植え付けて欲しいのもあった。それに加えて、3人の間に、物語を盛り上げるような意地でも引かないような強烈な女性キャラも欲しかったかな。みんな優しすぎる。それに、あれだけ、職場に美女がいて、何もドラマが作れないのにはイラっとしたかも。
同居している金沢公平や葵の妹七海も一見キャラが強そうだったが、なんのために青いと同居してるのか?わかりづらい活躍しかいないんだよね。けど、この時間帯は、やはり、若手俳優のラブストーリーだし、もっと若い頃から、大きくブレークしてほしい。漫画の原作でも、オリジンあるでも、どんどん作って行けば、名作も生まれていくのではないか。何しろ期待!
関連記事


>
2015/09/15 23:20 :Category:【福士蒼汰】お迎えデス。 コメント(0)
みなさんの感想や情報





名前の複数利用不可。コメントの掲載が制限されます。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
最近のコメント★歓迎!
データ取得中...
Amazon

スマホ、タブレット QR
QR
アクセス
アクセスランキング アクセスランキングブログパーツ アクセスランキング