Fcastドラマ視聴率まとめ

国内ドラマ視聴率·キャスト情報·感想·ネタバレなど。個別スポーツ、バラエティ視聴率も速報更新。コメント大歓迎!検索は『fcast』
視聴率記事更新日:放送日時 番組タイトル

【木22視聴率感想】探偵の探偵 見逃し配信【3】  

探偵の探偵4 (講談社文庫)
松岡 圭祐
講談社 (2015-07-15)
売り上げランキング: 228

探偵の探偵 見逃し配信あり
フジテレビ系毎週木曜22:00~22:54
衝撃の問題作が今夜解禁!復讐に生きる美しき異形の女探偵。最愛の妹を死に追いやった悪徳探偵とは誰なのか。人気の本格アクションサスペンス小説を映像化!
【スタッフ】
【原作】松岡圭祐「探偵の探偵」「探偵の探偵II」「探偵の探偵III」(講談社文庫刊)
【脚本】徳永友一
【プロデュース】渡辺恒也 草ヶ谷大輔
【演出】石井祐介 品田俊介 森脇智延
【音楽】Nima Fakhrara
【キャスト】
北川景子/紗崎玲奈役 中堅調査会社「スマ・リサーチ社」で、対探偵課に所属する調査員。
川口春奈/峰森琴葉役 玲奈の相棒。就職活動に失敗し、軽い気持ちで「スマ・リサーチ社」に入社。
三浦貴大/窪塚悠馬役 警視庁捜査一課の刑事。ノンキャリア出身。
DEAN FUJIOKA/桐嶋颯太役 「スマ・リサーチ社」の探偵課調査員で、現場のまとめ役的存在。
ユースケ・サンタマリア/阿比留佳則役 「阿比留総合探偵社」社長。
井浦新/須磨康臣役 「スマ・リサーチ社」社長。現役時代は優秀な探偵だった。
【視聴率】
01 7/09【11.9】衝撃の問題作が今夜解禁!復讐に生きる女探偵
【脚本】徳永友一【演出】石井祐介
02 7/16【*7.5】狙われる命、暴かれる秘密
【脚本】徳永友一【演出】石井祐介
03 7/23【*8.7】真犯人現る!闇夜の決闘!!
【脚本】徳永友一【演出】品田俊介
04 7/30【*8.7】【第1章完結!】 
【脚本】徳永友一【演出】石井祐介
05 8/06【*7.4】
【脚本】徳永友一【演出】森脇智延
06 8/13【*6.5】
【脚本】徳永友一【演出】品田俊介
07 8/20【*8.2】前代未聞のラスト15分!失踪事件の真相解明
【脚本】徳永友一【演出】森脇智延
08 8/27【*5.4】最終章突入!反撃の幕開け
【脚本】徳永友一【演出】森脇智延
09 9/03【】
【脚本】徳永友一【演出】石井祐介
10 9/10【】
【脚本】徳永友一【演出】
11 9/17【】最終回
【脚本】徳永友一【演出】

07
 “半グレ"集団「野放図」に連れ去られた紗崎玲奈(北川景子)は、目覚めると薄暗いスナックのようなところにいた。周囲には、升瀬淳史(中野裕太)らDV男たちが、身を寄せ合うように立っている。そこへ淀野瑛斗(丸山智己)が現れて、玲奈を見下ろすと、お前は誰だ、と聞く。玲奈はそれに答えずに、DV被害者の女性たちが保護されていた場所を突き止めるために探偵を使っただろうと聞き、その探偵に用があると言った。すると、淀野が1人の女に視線を向け、その女・宇佐美秋子(今村美乃)は、自分がその探偵とのパイプ役になっていると明かす。その探偵こそが「死神」だと疑う玲奈は、探偵を連れて来てくれと頼むが、淀野はそれを遮ると、玲奈を処分すると言う。  その頃、峰森琴葉(川口春奈)は、社員寮のリビングで玲奈からの電話を待ちわびていた。  一方、スマ・リサーチ社では、探偵課の伊根涼子(高山侑子)が、病院で殺害された檜池(尾上寛之)の事件以来、会社に姿を見せない玲奈に対して不満を爆発させていた。そこへ須磨康臣(井浦新)がやってくると、涼子は須磨に食ってかかる。さらに、佐伯祐司(六角慎司)が同調するのを桐嶋颯太(DEAN FUJIOKA)が制す。探偵たちの怒りを受け止めた須磨は、玲奈が何をしているのか調べてみるといいと言い放つ。  その頃、琴葉から連絡を受けた窪塚悠馬(三浦貴大)は、玲奈を救出すべく車を走らせて…。
【感想】
紗崎玲奈の目的は、死神の正体を突き止めることであるはず。けど、話を大きくするために、必要もないことで傷つき、彼女と心でつながった窪塚悠馬に致命傷という話の展開は、どうもわけがわからない。“半グレ"集団「野放図」の中で、死神とのパイプ役は分かったわけだし、DV被害者の女性たちが連れされれた時のトリックの解明する展開もなかなか興味深く、窪塚と玲奈の連携展開もかなり興味をそそる友情とも同士ともとれる関係には、期待を抱かせたが、窪塚のよく分けの分からない警察と連携しない”言い訳”で、二人で救出しようと考えてしまう展開はなんとも言えない。玲奈は、あの女だけ捕まえて、他の奴らの始末は、警察に任せればいいのに、盛り上げるためののか?大立ち回り。探偵の探偵って、どこか見えるようで見えない玲奈の行動から”忍び”のイメージがあったが、空撮されてる表舞台で戦ったらダメでしょう!窪塚がやられるところにも、切れ者の淀野瑛斗が、彼を殺害しようとナイフで襲いかかるというのもよくわからないし、パイプ役の宇佐美が恐怖におののき、死神の正体を伝えるのも、どこ見てるんだか?よくわからない。探偵の探偵という不可思議な設定に、今更、文句は言わないが、それにしても、その設定で、無駄な行動が多すぎる。もっと、玲奈には影の存在感を出して欲しいし、あまりにも敵に捕まり過ぎ!
08
 DV被害女性救出劇における惨劇の末、瀕死の重傷を負った窪塚悠馬(三浦貴大)は病院へと運ばれた。紗崎玲奈(北川景子)は、迎えに来た峰森琴葉(川口春奈)の車に乗り込むと、飛行場へ行くよう指示。玲奈は、窪塚に「傷害罪」という不名誉を残さないため、県警が上空から撮っていた映像を消去しようと考えたのだ。  同じ頃、窪塚の容態を心配して東京から駆け付けた坂東志郎(相島一之)、長谷部憲保(渋谷謙人)、船瀬卓(阪田マサノブ)は、窪塚を巻き込んだことを許さない、と玲奈への怒りを新たにする。  数日後、玲奈は取り調べを受けるために警察にいた。担当した船瀬と長谷部は、事件について知っていることをすべて話せと迫るが、玲奈は答えない。  一方の琴葉は、探偵として単独で仕事をこなしていた。琴葉は、自由に動けない玲奈の分まで「対探偵」の仕事に取り組んでいたが、須磨康臣(井浦新)の指示で桐嶋颯太(DEAN FUJIOKA)と組んで潜入捜査を行うことに。精神科の医師と看護師に扮(ふん)したふたりがやってきたのは、野放図の中心メンバーである宇佐美秋子(今村美乃)の自宅だった。本名を「さわやなぎなな」という「死神」についての情報を得るべく潜入したが…。
【感想】
「さわやなぎなな」とは何者なのか?ついにたどり着いた「死神」の正体を知る代わりに、玲奈にとって、重要な協力者となってくれた窪塚悠馬が、なくなってしまうとは、なんだか惜しい。この物語にとって、かなり魅力的なキャラに思えてきた矢先に亡くなるとは、もったいなさすぎる気がして、残念。その代わり、峰森琴葉が成長し、対探偵科の仕事に桐嶋颯太が加わるという展開になった。大きなDV被害女性救出劇という出来事が前回、起きたために、今回の話は、次の展開への橋渡しの回だったので、そう大きな出来事が起こらないままなのかと思ったが、須磨康臣の過去と玲奈が阿比留佳則と再会することで、「澤柳奈々」という「死神」がどんな奴なのかが見えてきた。24歳の女!この女を玲奈たちは、どう追い詰めていくのか?最終章は面白くなるのかな?
関連記事

>
2015/08/28 14:06 :Category:【北川景子】家売るオンナ コメント(0)
みなさんの感想や情報





名前の複数利用不可。コメントの掲載が制限されます。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
最近のコメント★歓迎!
データ取得中...
アクセスサイトランキング
人気記事ランキング30
【全アクセス順位】
スマホ、タブレット QR
QR
カテゴリ Category
アクセス
アクセスランキング アクセスランキングブログパーツ アクセスランキング