Fcastドラマ視聴率感想

PC、スマホ、タブレットで国内ドラマ視聴率速報!独自感想も掲載。ジャニーズバラエティ視聴率も素早く更新。コメント大歓迎!検索『fcast』
視聴率記事更新日:放送日時 番組タイトル

【水21視聴率感想】相棒 season14 【1】高視聴率継続 

相棒 season 1 ブルーレイBOX (4枚組) [Blu-ray]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2014-07-23)
売り上げランキング: 30,677

相棒14公式
【キャスト】
杉下右京(水谷 豊)
冠城亘……反町隆史
月本幸子(鈴木杏樹)
元親警察庁次長 (石坂浩二)
伊丹憲一(川原 和久)/三浦信輔(大谷 亮介)/芹沢慶二(山中 崇史)
米沢守(六角 精児)/角田六郎(山西 惇)
内村完爾(片桐 竜次)/中園照生(小野 了)
大河内 春樹(神保 悟志)/大木 長十郎(志水 正義)/小松 真琴(久保田 龍吉)他
【スタッフ】
【エグゼクティブプロデューサー】桑田潔(テレビ朝日)
【ゼネラルプロデューサー】佐藤凉一(テレビ朝日)
【プロデューサー】伊東仁(テレビ朝日)、西平敦郎(東映)、土田真通(東映)
【音楽】 池頼広
【相棒14視聴率2015】
01 10/14【18.4】「フランケンシュタインの告白」
【脚本】輿水泰弘【監督】和泉聖治【ゲスト】大和田獏、榎木孝明
02 10/21【17.6】「或る相棒の死」
【脚本】真野勝成 【監督】橋本一【ゲスト】宅間孝行
03 10/28【14.8】「死に神」
【脚本】金井寛 【監督】橋本一【ゲスト】近藤公園、葛山信吾
04 11/04【15.9】「ファンタスマゴリ」
【脚本】真野勝成【監督】和泉聖治【ゲスト】岩松了、織本順吉
05 11/18【14.9】「2045」
川原和久、山中崇史、山西惇、六角精児、片桐竜次、小野了
【脚本】徳永富彦【監督】橋本一【ゲスト】平岩紙
06


01
刑務所で受刑者が刑務官を殺害する事件が発生!法務事務次官の日下部(榎木孝明)は、法務省から警視庁に出向しているキャリア官僚・冠城亘(反町隆史)に捜査に加わるよう指示。そのころ、杉下右京(水谷豊)はというと、無期限の停職処分中につき、ある国で意外な捜査をしていた…。
【感想】
法務省から警視庁に出向しているキャリア官僚・冠城亘は、日下部法務事務次官次第と言いながら、自分の能力を揚げるためなのか?楽しんでいるのかわからないが、杉下の相棒、それも形態として、チームのようでチームじゃなく、独立した意志のもとに、特命課に住み着く感じで、居を共にしてる。絶妙に、連携し、敵を混乱させ、一つの目標に向け、以心伝心でつながっているというよりも、相手の出方を読み合いながら、絶妙に攻め立てる感じが、今回の物語の中で描かれているような気がした。冠城亘が自由にできるのは日下部法務事務次官任期中ということなので、彼がいくら優秀でも、1年から2年が限界なんだろうけど、今までとかなり違う相棒の形が見えた気がした。今まで、モンスター杉下をいじるような人は見たことないが、そうできるような人間である可能性があるのかもしれない。これから、相棒の脚本を書く人は大変そうだなと思いながら、今回の話を見ていた。
物語は、ひとりの男の死は、誰の意思だったのか?というところまで突き進む。梅津という男が、刑務官にとってモンスターになり、受刑者にとっては、信者を獲得する強烈な個性になった時、そこには一人に意思が働いていた。そして、うまずはその意志のために死んだが、それを巧に利用しようとする男が現れ、それがまた一つの犯罪になっていく。自分の作り上げたものに、神仏に使えるものとして責任を取らずに、放棄したところに、事件の全ては行き着くところまで責め続けるコンビネーションが、痛快という言葉でもない、徹底ぶりが興味深い作品だった。
02
「或る相棒の死」 首席監察官の大河内(神保悟志)が、峯秋(石坂浩二)を通じて、右京(水谷豊)に亘(反町隆史)の様子を問い合わせてきた。秘密裏に不穏な動きを見せる亘に興味をひかれた右京は、周辺を調べ始める。するとそこには、元刑事の謎の自殺と、ある巨大組織の闇が潜んでいた…。
【感想】
話は、埼玉県警にあるかしれない裏金問題に、冠城亘の元相棒の死を彼の娘の依頼で、深く切り込むという話だったが、それに絡んで、殺意があったとは確かに思えないが、元警官がなくなり、その娘を威圧したり、亘を襲撃したりとやりたい放題。いくら何でもな話で、一歩引いてみていたが、自分のプライドのために、右京や亘を動かし、政敵を潰したりと峯秋の動きが興味深い。権力をもがれたがゆえに、峯秋と右京の関係がより強くなったところは、嫌いじゃない。それにしても、一日のカフェインの摂取量を守るって、峯秋のお茶を点てたものを断るところが、二人の共通点とか好きだったな。しかし話の内容自体は、それほど、面白いものでもなかったかな。見ていて、殺された元警官の素行とかその元相棒の本音とか、わかりやすすぎる。もう、来週ぐらいは普通に事件解決を新コンビでやってほしいかな。
03
IT関連企業の社長・雨宮(葛山信吾)の別荘で、交際相手の遺体が発見された。偶然通りかかった右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、さっそく捜査に横槍を入れる。遺留品から別の場所で死亡した可能性が浮上し、殺人事件として捜査が進みだす。その後、亡くなった女性はネットの掲示板で悩み相談をしていたことが判明…。彼女を死に至らしめた“死神"の正体とは!?
【感想】
今回は、雨宮の別荘で発見された遺体と彼女を死に至らしめた死神を追求する話だった。今回の事件は、ある意味人の心を弄び、人の運命を左右した男が介在していたが、その男を追求する右京の怒りは、激しかったのは納得だった。もしかしたら、彼に救いを求めている人なのに、市のレールを引いてるとは、立派な犯罪行為であるし、それは自分のかつて犯した罪を償うどころか、自分が楽になるためだけに、犯しているだけとは...人間の醜さを描いていた。その真実を。、相棒のような相棒でない同居人とともに解いていくが、3話にして、右京が「花の里」に冠城亘を案内するというのは意外だった。口では同居人と言いながら、心のなかでは頼りになる相棒と思っているのかな。今回の話で、冠城亘というキャラを使いこなしている感じは弱かった。けど、今シリーズの脚本の質は、どっしりとした右京に対し、冠城亘のどう使うのかだな。このキャラの動かし方によってはかなり面白くなるんだろうから、今回の話しのような感じでは物足りないかも。二人の動きに注目しながら、見ていきたい。
04
右京(水谷豊)は捜査2課時代の元上司で現在は金融コンサルタントの片野坂(岩松了)に偶然再会。二人は20年前、日本の黒幕と呼ばれた譜久村(織本順吉)を逮捕しようとしたが、証人の自殺で真実は闇に消えていた。片野坂は自殺した証人の娘が最近行方不明になったので右京に捜査を頼む。右京が譜久村邸を訪ねると、すぐさま法務省の日下部(榎木孝明)の耳にも届き、亘(反町隆史)に意味深な指示を出す…。
【感想】
今回の話は、かなり人間臭いドラマだった。最強のフィックサーと言われ、周りから恐れられた男が、最後は自分が殺した男の娘を強引に、16歳の時に自分の女にして、色ボケになってしまう。愛という女を愛してしまったがゆえに、あの青いバラに、自らと彼女の名前の青いバラまで生み出したのに、その心は相手にま全く届くことはなく、女は、その男の子供を身籠ったが、殺してしまう。そこで起こった悲劇を、右京は謎解いていく。そのために、片野坂という、自らの危険を犯してまで、彼の逮捕に執念を燃やす男の協力は不可欠だったが、右京は敢えて、彼を否定するが、冠城亘がどこか共感するところに、それぞれの人間性が見えるところがまたいい。片野坂は最後死んでしまうが、明日も来てくださいという右京の彼に対する言葉が、どこか別れのような言葉にも聞こえていた。譜久村について、その人物評も老いという人間の運命が、人間を平凡なものに変えてのを描いたのも、すきだったな。あの戦国武将の最後ようにも感じれた。
05
法務省エリート官僚が毒物死を遂げる事件が発生。右京(水谷豊)と亘(反町隆史)も捜査に乗り出すと、警視庁に試験導入されていた犯罪捜査用の人工知能『ジェームズ』も捜査をサポートすることになる。興味津々の右京は研究員の菜美子(平岩紙)に承諾を得て、特別にチェスの対戦を楽しませてもらう。そんな右京とジェームズは事件についても見解が一致し、捜査一課が追っている愛人や妻の犯人説を否定する。
【感想】
シリーズに、一度あるかないかで、人工知能とかロボット絡みのことをネタにした話が、相棒には登場するが、これといって、面白い話はない。今回の話は、その上に、研究員の菜美子が犯人とみえみえで、疑いようもなく、彼女が生み出した犯罪捜査用の人工知能『ジェームズ』に予算が削られる話で、思い余って、犯罪を犯したというものだったが、彼女が予算を獲得するのに働きかけるところは、違うだろうとしか思わないし、全く色気を感じないロボットのような菜美子というキャラに、男が何を感じろというのだろうか?あの殺された男にも、選ぶ権利はあると思ってしまった。まあ、相棒で、こういう話があると、ダメなんだろうな~誰が書いても。実体があるようでないジェームスという”擬似生命体”を逃がしたものも、リアルに感じられないし、だから何という気がして、ぽpカーンとするしかなかった話だった。
関連記事


>
2015/11/19 11:02 :Category:【水谷豊 】相棒 劇場版 コメント(10)
第5話感想
あまり興味が無かったので感想はないですね。
最初から犯人も怪しかったし人工知能の研究者が開発維持のため殺人もなんだか。
哀れな研究者と結論したかったのか。2045年に人工知能に支配されるなんてあり得ないし。
うーん。

次回に切り替えて期待します。
投稿者: [ 2015/11/18 22:10 ]
第4話感想
個人的にはあまり好きになれない話でした。
経済中心で元捜査2課の右京らしさはありましたが、犯人は救いようの無い悪。
たしかに老人としての惨めさや愚かさを皮肉として描いていましたが、あそこまで欲深いと興醒めしてしまいます。
特捜を動かして殺人を暴く展開は好きですし真実を知る者が死んでしまう結末も相棒らしいですが、あまりにも犯人が巨大過ぎに描き、小さな人間だったというオチにするには醜さが愛とかにせず、権力を誇示する方向が良かったと感じました。
いつまでもトップであり続けたい、そのために手段を選ばす闇社会で君臨している感じが個人的には共感出来ましたね。
投稿者: [ 2015/11/05 11:57 ]
第3話感想
今シーズン初の右京さん激昂に痺れました。
身勝手な自分本意の犯人の動機でしたね。けど、そこに行き着くまで捻り過ぎかな?
登場人物が多くて関係者が怪しく見えてドキドキ感もありましたけど。
医者でも無い家族の許可も得ない安楽死なんてあってはならないことなので自殺願望、自殺ほう助に警鐘を鳴らした感じがしました。

それにしても同居人には笑えた。
米沢さんや芹沢さんとのやりとりにも。
花の里で幸子さんに見惚れてる姿も。

捜査中の事件との温度差も見所の一つかもしれませんね。
果たして同居人から相棒になれるのか?
投稿者: [ 2015/10/28 22:03 ]
第2話感想
警察を辞めた理由や殺害の動機があまりに単純で殺意無く殺害してしまうパターンがあまりに多いかな?
警察の闇を暴くのもストレート過ぎるし脚本がもう少し練られていれば良かったかも。

ただ、相棒二人の探り合いは良かった。信頼している部分とそうでない部分があり、お互い一定の距離を保っている微妙な関係性は好きです。

甲斐元次長の虎視眈々と復帰を望む策略も興味深いな。
まっ小野田官房長ならもっとしたたかだろうけど(笑)

次回もどんな掛け合いになるか?
楽しみです。
投稿者: [ 2015/10/22 10:57 ]
新鮮!
管理人様 こんにちは。
お邪魔します。

毎年秋のお楽しみになっています!
今回は相棒の反町隆史に驚き、まさかの刑事では無いに驚きました!
役柄の右京さんと冠城の以前に、人懐っこい豊さんと取っつきにくそうな反町隆史じゃ性格的に合いそうに無い…と思ってました。
すみません…完全に視聴者発言なので呼び捨てになりました~(笑)

でもいざ見始めたら、ずっとクールキャラなのかと思った冠城が意外にも面白い!
刑事では無いので長期的な相棒ではなさそうですが、まずは新鮮味もあって半年間楽しみに観れそうです!
恒例のGW映画化はあるのかな~♪

大和田獏さんの最近の悪役率が高くてこちらも新鮮でした。
投稿者: [ 2015/10/17 16:14 ]
やっぱり相棒、楽しみ
相棒はドラマ始まりから観ています。
反町さん、いい相棒になりそうで楽しみです。
刑務所内の受刑者のテーマは時々ありますが、興味ありで観ています。
常社会も、子供さん、学生さん、職場、そして今はネット、確かでない報道の反響、色々な世界で虐めは見えない所にいっぱいの現実厳しいです。
まして昔からある牢獄の虐めも怖い、あの受刑者さん役の俳優さんの表情メッチャ恐くて上手いなぁ~
穏やかな先生?の心の中の自殺への誘導でした。
バタバタしたシーンと心の葛藤の入り交じったドラマでした。
投稿者: [ 2015/10/15 09:38 ]
初回感想
冠城亘、良いキャラですね。
出向期間は事務次官次第だけどなんか今シーズン限りのあと半年の気がします。
割り切って右京さんと接している感じがするし、まだお互い探り合い中だけど自分の役割を持って事件を解決しようとする信念はあるみたい。
ただ、それが右京さんとは違うようで異論あるから対立しそうな雰囲気もあるし。
停職解除されていよいよ本格的に捜査出来ますね。
今後が楽しみ。
事件は刑務所内の問題提起をしてましたね。
マインドコントロールだけで殺人を実行したり、邪魔なだけで殺意が芽生えたり、以前ならありえなかったけど今ならありえる社会に怖さを感じました。
簡単に実行させてしまう疑問はありますが、まぁ全体的に良かったと思いますね。
視聴率が気になりますねぇ。
投稿者: [ 2015/10/14 23:06 ]
先ずは反町隆史さんの役名が楽しみですね。果たして「か」で始まって「る」で終わる名前になるのでしょうか?
投稿者: [ 2015/07/30 14:10 ]
前シーズンのカイトさん、若さがあって良かったけどどうしても
右京さんの腰巾着感がハンパ無くてあまり好きではなかった。
歳を取って味のあるいい役者になった反町さんに期待大。
亀ちゃんタイプになりそうな感じもするけど、神戸くんタイプの
裏を抱えた反発心タイプも似合いそう。
出来れば小野田官房長の様な右京さんと敵味方利害含めて対等に
渡り合える人物も出て欲しいです。
投稿者: [ 2015/07/20 13:56 ]
新相棒
1シーズン限定なんですかね?
色々気になります。
楽しみに待ちますね。
投稿者: [ 2015/07/18 08:31 ]
みなさんの感想や情報





名前の複数利用不可。コメントの掲載が制限されます。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
人気記事ランキング30
【全アクセス順位】
Amazon

スマホ、タブレット QR
QR
アクセス
アクセスランキング アクセスランキングブログパーツ アクセスランキング