Fcastドラマ視聴率感想

PC、スマホ、タブレットで国内ドラマ視聴率速報!独自感想も掲載。ジャニーズバラエティ視聴率も素早く更新。コメント大歓迎!検索『fcast』

【木21視聴率】エイジハラスメント【最終章】 

第1話
(2015-07-13)
売り上げランキング: 5,796

公式サイト
セクハラ、パワハラ、モラハラ…そしてエイジハラスメント。あらゆるハラスメントに立ち向かう反逆のヒロインが登場!脚本・内館牧子が描く痛快エンターテインメント!
◇スタッフ
◇原作・脚本 内館牧子『エイジハラスメント』(幻冬舎文庫)
◇演出 田村直己(テレビ朝日)
◇音楽 沢田完
◇主題歌 花岡なつみ『夏の罪』(ビクターエンタテインメント)
【ゼネラルプロデューサー】内山聖子(テレビ朝日)
【プロデューサー】中川慎子(テレビ朝日)、浅井千瑞(MMJ)、神通勉(MMJ)
◇出演者
武井咲/吉井英美里役 一流商社「帝都物産」に駆け込みで就職した新入社員。
稲森いずみ/大沢百合子役 「帝都物産」初の女性総務課長。
瀬戸康史/井川優役 入社3年目の総務課員で、通称“総務の王子様”。
杉本哲太/伊倉正雄役 総務課主任。
竹中直人/高山徹太郎役 総務部長。出世第一主義
風間杜夫/権藤進役 総務担当役員。次期社長の座をほぼ手中に収めている。
小泉孝太郎/保科晶彦役 百合子を差し置いて繊維二課の課長に抜てきされたやり手。
【視聴率】
01 7/09【9.7】五寸釘ぶちこむぞ!!パワハラ上司VS総務の女王
◇演出 田村直己 
02 7/16【9.1】OL大奥の洗礼!やられたらやり返す!!
◇演出 小松隆志【ゲスト】浅野和之
03 7/23【9.2】横領パワハラ上司に五寸釘ぶちこむぞ!!
◇演出 藤田明二 【ゲスト】高杉亘 鈴木勝大
04 7/30【8.0】お局vsキャリア!!女たちの仁義なき戦い
◇演出 田村直己 【ゲスト】森口瑤子、櫻井淳子
05 8/06【9.0】左遷人事と闘うOL 私、会社訴えます!!
◇演出 小松隆志 【ゲスト】大東駿介、光石研
06 8/20【7.7】お局は見た!略奪愛リベンジが始まる!!
◇演出 藤田明二
07 8/27【8.4】男を賭けて最強パワハラ女上司と戦う!!
◇演出 田村直己 
08 9/03【9.0】三百万セクハラ疑惑最後の敵は18歳…!!
◇演出 小松隆志
09 9/10【9.4】
◇演出 田村直己


第1話
吉井英美里(武井咲)は総合商社・帝都物産の新入社員。しかし、希望していた現場の繊維部門ではなく『総務部』に配属される。課長職以下の事務系社員は制服着用を義務付けられ、電球の交換から名刺発注まで、社内の“何でも屋"扱いに英美里は愕然。さらに、コンプライアンスの元締めであるはずの総務部だったが、実態は“女性活用"は口先だけの旧体質。そこにはあらゆるハラスメントが横行していた…。
第2話
総務部主導の社内イベント「社員家族夏祭り」の担当になった英美里(武井咲)。イベント当日、繊維二課の増田(高橋光臣)と会話をしているところを、浮気を疑う増田の妻に目撃され、夫妻の不倫騒動に巻き込まれてしまう…!一方で、総務部内では「痛い女」をめぐって、総務課の美魔女・桂子(麻生祐未)と派遣社員の真理亜(宮地雅子)が対立。2人の激しい言い争いは英美里VS百合子(稲森いずみ)にも飛び火する!
第3話
体育会駅伝部出身で周囲からは「筋肉入社」と揶揄されている総務部の平本(大倉孝二)。そんな平本は、駅伝部のOBでもある繊維一課長・山川(高杉亘)に呼び出されては、「繊維一課に引っ張るから」と、異動を餌に朝まで飲み会に強制参加させられていた。英美里は山川の行動を注視し始め、山川と平本には大学の先輩・後輩を越えた不正伝票処理にまつわる利害関係があると気づく。自らその真相に近づこうとする英美里は…。
第4話
新しく繊維一課長に着任した小田みどり(森口瑤子)は海外勤務も長く、成果主義のやり手女性。着任早々に「総合職も一般職も給料分、しっかりと働いてもらう」と宣言したみどりは、残業や出張がイヤで一般職を選んだ菊池あけみ(櫻井淳子)らの反感を買ってしまう。“総合職vs一般職"の闘いは過熱の一途をたどり、遂には“警察沙汰にもなりかねない事件"が勃発する…!
第5話
鉄鋼材料課の若手社員・上田(大東駿介)が、直属の上司・小森(光石研)のことを相談しに、英美里(武井咲)のいる総務課へやって来た。小森は人と人とのつながりを大切にする昭和気質の男。現代っ子にとっては“古い価値観"を部下に押し付けてくるという。その矢先、メールに頼ったばかりに、致命的なミスを犯した上田に小森は激怒。この一件が社内全体を巻き込む大騒動へと発展し…!?
第6話
 総務課長代理の佐田航一(要潤)にロンドン赴任の話しが持ち上がる。権藤常務(風間杜夫)の強い推薦とあって、部下が認められることは上司の手柄にもなると、高山総務部長(竹中直人)や大沢百合子(稲森いずみ)は大喜び。佐田本人も前向きなのだが、気がかりは家庭のこと。佐田は、子どものために会社を休むことも少なくないイクメンなのだ。同期で出世街道をひた走る保科晶彦(小泉孝太郎)は、自分のライバルになれと佐田を後押しするが…。
 その保科から吉井英美里(武井咲)は一泊旅行に誘われる。そんな英美里の前に思わぬ人物があらわれる…。
第7話
百合子(稲森いずみ)は不倫相手である保科(小泉孝太郎)が、英美里(武井咲)と付き合っていると疑惑を深めていく…。 そんな中、常務取締役の権藤(風間杜夫)が女性登用プロジェクトを立ち上げると宣言。井川(瀬戸康史)は、雑談の中で「女性登用プロジェクトだけでなく、だらしない男性を叩き直すプロジェクトも併用すべき」と発案。その案をあろうことか、浅野(吹越満)が自分のアイデアだと偽って上司に提出し…!?
第8話
桂子(麻生祐未)が総務課全員の前で、英美里が百合子の不倫相手・保科を横取りしたと暴露!この噂はたちまち社内に広まり、真偽をめぐって憶測が飛び交うことに…。当然、百合子と保科の関係を知らなかった英美里も動揺を隠せない。そんな中、ミカ(原幹恵)が来年の春に心臓外科医として働く男性と結婚することを宣言。しかしミカの結婚に“ある疑惑"が持ち上がる…!
第9話
権藤常務(風間杜夫)肝いりの『女性登用プロジェクト』が専門の部として発足することになり、権藤は百合子(稲森いずみ)に白羽の矢を立てる。能力や実績ではなく「女だから」選ばれたと気づく百合子だが、腹をくくってさっそく部員候補のリストアップを進める。そんな中、百合子が作成した個人情報満載のリストが流出し大騒動に…。流出の起因に疑問を感じた英美里(武井咲)は、建前を全面に押し出す組織に向かい立ち上がる!
関連記事


>
2015/09/11 10:08 :Category:【武井咲】忠臣蔵の恋 コメント(2)
ハッキリ意見をいうことは、大事。 
でも、人の輪を大切にすることも、大事。

これはことによっては二律背反になる
いやらしい表現だな
はっきり意見を言って通るすごみ、人間力を持ちたい
まかり間違うといじめの加害者側になるぞ
 それから上司は理不尽なことを言うというところ
言いたいこととはfor the companyの視点にもとるかどうかで判断して行動しろ、上司も一目おく
自分の未熟をダメ出しされて今にみてろではダメなんだよ
投稿者: [ 2015/07/13 21:05 ]
なんだよ、お前もか!
女性が、誰であろうとタンカを切る。
いつからだ?この風潮。
ドクターXでも見たし、花咲舞でもあったし、古くは斎藤さんだっけ?

今回は、入社4ヶ月の新入社員。
途中まで、この子の気持ちも、わかるな~と、五寸釘ぶちこんっやるか。の、決め台詞にも、クスッと笑えていたけど。

働く社会人からしてみたら、「お前、10年早いよ」と、言いたいね。
苦虫つぶすような屈辱や、やってもやっても報われない挫折、一人前になるまでは、さまざまな、イヤなこと、辛抱したもんだよ。

上司は、理不尽なこと言うもの。
はいはいと、聞いといて、でも、心の中では、今に見てろよ!と、頑張ったものだけどね。

こんな風に
思ったこと、ズバリ、ハッキリ、言えたら、会社なんて成り立たないよ。

ハッキリ意見をいうことは、大事。 
でも、人の輪を大切にすることも、大事。

そんなことを、教えてくれる展開に期待します。
投稿者: [ 2015/07/09 22:29 ]
みなさんの感想や情報





名前の複数利用不可。コメントの掲載が制限されます。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
人気記事ランキング30
【全アクセス順位】
Amazon

スマホ、タブレット QR
QR
アクセス
アクセスランキング アクセスランキングブログパーツ アクセスランキング