Fcastドラマ視聴率まとめ

国内ドラマ視聴率·キャスト情報·感想·評価・評判など。個別スポーツ、バラエティ視聴率も速報更新。コメント大歓迎!検索は『fcast』

【土21視聴率感想】ドS刑事 【2】 

ドS刑事 朱に交われば赤くなる殺人事件 (幻冬舎文庫)
七尾 与史
幻冬舎 (2013-08-01)
売り上げランキング: 6,243

ドS刑事 毎週土曜 後9:00 
【公式サイト 最新無料動画配信】
ルール無用で悪人を懲らしめるマヤと、マヤに振り回される代官山による迷コンビが、難事件を解決する痛快ポリスコメディー。
【キャスト】
黒井マヤ 多部未華子 究極に“ドS”な女刑事
代官山修介 大倉忠義 彼女とバディを組むことになる、お人好しの巡査
白金 不二子 - 吉田羊
浜田 宗一郎 - 八乙女光
中根 昌信 - 中村靖日
有栖川 恒夫 - 勝村政信
由良 文男 - 石井正則 乾 研三郎 - ミッツ・マングローブ
代官山 かおり - 瀬戸さおり 中華屋ケンちゃん - 菅裕輔
近藤 徳二 - 伊武雅刀
代官山 啓子 - 岸本加世子
【スタッフ】
【演出】中島悟、川村泰祐、松永洋一
【原作】七尾与史「ドS刑事」シリーズ(幻冬舎)
【脚本】川崎いづみ
【音楽】Audio Highs
【主題歌】関ジャニ∞
【制作協力】光和インターナショナル
【視聴率】
01 4/11【12.7】関西【13.4】「攻撃系女子とピュア巡査バディの痛快ポリス・コメディー!潜入捜査で女装しなさい」
【演出】中島悟
02 4/18【*8.0】「連続放火殺人!だけど合コンに潜入しなさい!?爆走ポリス・コメディ!」
【演出】中島悟【2話ゲスト】小峠英二(バイきんぐ)ダンカン
03 4/25【11.0】
【演出】中島悟
04 5/02【*9.0】
【演出】川村泰祐【4話ゲスト】鈴木梨央、近藤公園、岡山天音
05 5/09【11.1】 
【脚本】山岡真介 川崎いづみ【演出】松永洋一
【5話ゲスト】ダイアモンド☆ユカイ、入山法子、赤間麻里子、柏原収史
06 5/16【10.1】
【脚本】川崎いづみ【演出】川村泰祐
07 5/23【*7.2】
【演出】中島悟【脚本】徳尾浩司 川崎いづみ
【7話ゲスト】手塚とおる
08 5/30【7.2】
【脚本】川崎いづみ【演出】松永洋一
【8話ゲスト】遠山俊也、矢野聖人
09 6/06【*8.8】
【脚本】川崎いづみ【演出】中島悟
【9話ゲスト】金児憲史 寉岡萌希 北浦愛 ざわちん
10 6/13【*8.4】
【演出】山田信義 【脚本】川崎いづみ
10話ゲスト 佐戸井けん太、小林且弥、久保田悠来、青山倫子
11 6/20【*8.8】

05
40歳の誕生日を迎えた不二子(吉田羊)がイライラMAX状態の中、マヤ(多部未華子)と代官山(大倉忠義)はサプライズ祝いを企画。一方、IT企業のサプライズパーティで主賓の大隣(ダイアモンド☆ユカイ)がショック死した。死因がアレルギーだったため、彼の恋人で当日のシェフだった有美香(入山法子)への疑いが深まる中、死亡寸前の行動に疑問を抱いたマヤは、パーティを仕掛けた部下の脇本(柏原収史)に話を聞く。
【感想】
話はまあこんなものかと思うものだし、見どころはマヤの活躍しかない感じの作品ではあるけど、本当に、なんも考えず、かと言って、そこそこバカバカしく作られているので、これでいいんだろうな。まあ、このドラマに推理モノの面白さをを期待しているということはないし、完全に鞭アクション期待。多少の言葉責め、代官山をいじり倒していれば、このドラマは丸く収まりそうだ。けど、脇本に対するサプライズ返しで、大隣が仕掛けていた瓶を裏の言葉は、ありがちな結末だけど、嫌いじゃなかったし、その事実を言い放つマヤのSな言動は魅力があった。マヤの魅力で成り立つドラマというのは、逃れようのない事実なので、それがうまく描かれていればいいのかもしれない。
06
名門女子校に通う学生・めぐみ(恒松祐里)の遺体が河川敷で発見される。不二子(吉田羊)に見た目がそっくりな女子校の担任に代官山(大倉忠義)はビックリ!めぐみは頻繁に痴漢にあっていたが、彼女には様々な裏の顔があることが判明。そんな中、最近学校を休んでいる友人・香奈(森川葵)に着目したマヤ(多部未華子)は浜田(八乙女光)を女装させて代官山とある実験をする。そして、マヤは痴漢裁判にドS弁護士として登場し…
【感想】
今回は、話はいつもと同じでわかりやすいが、どこにも、黒井のドSな感じがふんだんに散りばめられてるシーンが用意されて楽しかったかも。それ故、代官様ファイトからの鞭プレーの流れも心地よかったかも。
07
連続連れ去り事件が発生し、現場にミステリーサークルが残っていたことから、被害者たちはUFOに連れ去られたのではと騒ぎに。マヤ(多部未華子)と代官山(大倉忠義)はUFO研究家の田宮ユウホウ(手塚とおる)の元へ。宇宙人の声を耳にした代官山はUFOを呼び出そうとするが、行方不明になってしまう…1人になったマヤに浜田(八乙女光)がコンビを組みたいと申し出る。マヤは代官山を救出できるのか?事件の真相とは?
08
飲食店を狙った連続爆破事件が発生!評判のパンケーキ店まで被害に遭い、食べに行くつもりだった代官山(大倉忠義)は大ショック!そんな中、徳二(伊武雅刀)は犯行声明文に書かれた顔文字に注目、ある男のことを思い出す。一方、マヤ(多部未華子)は被害にあった店のある共通点に気付づき、犯人をおびき出すためとんでもない作戦を決行する。そして、マヤの父と代官山の母・啓子(岸本加世子)との関係がついに明らかに!
【感想】
前回は、あまりの捻りのなさに、感想も忘れてしまったが、今回は、徳二が目星をつけた、昔彼が疑って、無罪でありながら、犯人に仕立て上げることになってしまった人を、顔文字から、また疑ってしまうが、マヤは襲われて店の共通点から、あ本当の犯人に目星をつけるという展開は、まだいいかな。けど、マヤが一度、目をつけると、もうどんでん返しも何もないので、後の見せ場は。、おなじみの目が回りそうになる回転遊具ときっちり決まった逮捕劇だもんね。けど、今回は思いっきり、マヤが犯人をいたぶりきったSな言葉攻めと迫り来る時限爆弾の恐怖におもらししてしまいそうな代官山のコラボが見事にマッチしたのは楽しめた。最終的な鞭アクションによる導火線切れも、決まり!見せ場満載だったかも。
09
コスプレ界では有名な女性が殺された。代官山(大倉忠義)はマヤ(多部未華子)から命じられたわけでもないのに率先してコスプレをしてイベントに潜入する一方、マヤは犯人が女性の部屋から何かを持ち去った可能性を直感する。そして、伝説のメイクアーティスト“ざわちん”の力を借り、ある作戦を思いつく。そんな中、不二子(吉田羊)と有栖川(勝村政信)が○○のコスプレで登場し…マヤと不二子のコラボドS攻撃が炸裂する!
【感想】
今回の脚本....。今回一番描かれなきゃいけないのは、ちさとという女性の正義感、そして何故この女性の死という悲劇が起きたのか?という点をどう劇的に描くかということだけど、それがあとづけで、語られているだけなのでポカ~ン。事件を起こす原因となったリストバンドのことも、裏付け捜査も見えにくいし、うまく描けば、色々と面白くなりそうな話のに、不二子とマヤのコスプレ対決も描きたいのは分かるけど、そればかりが目立っても、話がしっかりしてないとつまらないんだよね。変顔やコスプレは、それはそれで見せ場とは思うけど、コスプレ大会を描いたドラマじゃなく、一人の女性がコスプレをすることでもらった勇気で、企業に立ち向かおうとした正義感をもっと真摯に描かないと、見ていて、面白くはないかな。
10
マヤ(多部未華子)がお見合いすることに。代官山(大倉忠義)が見守る中、無銭飲食の客・富樫が店から飛び出す!すると突然現れた5人の好青年が富樫を捕まえ、その場を穏便に収めてしまう。彼らは「川崎デイジーフラッグス」という自警団だった。翌日、富樫が遺体で発見される。彼は過去に無差別傷害事件を起こし、最近出所したばかりだった。そんな中、出所したての男がもう一人犠牲になり…代官山が慕っていた警官が撲殺される
【感想】
このドラマは、他の刑事物の焼き直しでしか無く、本当にわかりやすい話の連続で、これでもか!これでもか!と犯人は私ですというやつがはじめに出てくる。戦隊物でいうところの怪物のように、犯人という仮面をかぶった奴らが、登場してきて、何の工夫もなしに、ドS刑事マヤの前で、鞭の餌食にされていくところが、このドラマの見どころだとはわかるけど、今ひとつ工夫はあってもいんじゃないの?と聞きたくもなる。今回、無差別傷害事件犯を、吊し上げ私刑にする輩が登場!つまるところこいつら「川崎デイジーフラッグス」もモンスターとなってしまうが、それを生み出したの赤沢は、どうなってしまうんだろうね。情報屋由良の調査能力あってのドSデカマヤの活躍も、わかりやすく見えたのは良かったが、いきなり警視庁が出てきたり、ついに黒幕登場はいいが、それなりに、事前にその存在を描いてもらわないと、本当に雑な作りのドラマとしか思えない。
11
強行犯捜査係のメンバー浜田(八乙女光)と徳二(伊武雅刀)が次々と何者かに襲われる。危険を感じた不二子(吉田羊)は捜査係の単独行動を禁止する。そんな中、事件の黒幕にたどり着きかけたマヤ(多部未華子)だったが、突然姿を消してしまう…代官山(大倉忠義)は一人で回転遊具での臨時捜査会議に挑み、マヤの行方を懸命に捜す。絶体絶命のピンチに青空署メンバーが一丸となって立ち向かう!そして、最後のドS攻撃が炸裂!
【感想】
関連記事

>
2015/06/22 09:47 :Category:【多部未華子】ツバキ文具店 コメント(1)
デカワンコもそうだったけど多部さんには土9が似合いますね。
キャラ物で物凄く演技が活きる良い女優さんで、あのどエスの笑み
は見事にはまっていました。ほぼ内容は無いよう、なドラマだった
けどそれぞれのキャラがしっかり立っていてその絡みを見るだけ
でも楽しかったです。大倉さんは真面目な役より代官山の様な
コミカルで色んな表情を出せる役がとてもイキイキとして見えて
好きです。とても土9らしいドラマだったしたまのシリアスと
グルグル回る二人の会議のやり取りの温度差もよく出来てました。
でも、もうちょっと演出とか何とか出来ればなとも思ったドラマ
でしたね。
投稿者: [ 2015/06/21 19:54 ]
みなさんの感想や情報





名前の複数利用不可。コメントの掲載が制限されます。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
最近のコメント★歓迎!
データ取得中...
Amazon

スマホ、タブレット QR
QR
アクセス
アクセスランキング アクセスランキングブログパーツ アクセスランキング