Fcastドラマ視聴率まとめ

PC、スマホ、タブレットで国内ドラマ視聴率速報!独自感想も掲載。ジャニーズバラエティ視聴率も素早く更新。コメント大歓迎!検索『fcast』
視聴率記事更新日:放送日時 番組タイトル

【月25視聴率】マジすか学園4  

AKB48 マジすか学園3 DVD BOX(5枚組)
東宝 (2012-12-14)
売り上げランキング: 7,758

マジすか学園4|日本テレビ
AKB48、SKE48、NMB48、HKT48豪華競演ドラマ!ヤンキー高校・マジ女を舞台に、マジに生きるヤンキーたちの熱い闘いを、アクションシーン満載で描く!!
【キャスト】
さくら - 宮脇咲良謎の転校生。
ソルト - 島崎遥香ラッパッパ部長。3年生。制服のリボンが1人だけ黒い。
おたべ★ - 横山由依 強さは未知数で、得意技はキック。
バカモノ - 川栄李奈その名の通り「バカ」。
ヨガ - 入山杏奈ソルトの事が大好きで、ソルトに絶対的な忠誠を誓っている
マジック - 木﨑ゆりあ バカモノを小馬鹿にする。マジックを次々と繰り出し攻撃する。
ウオノメ - 高橋朱里 チーム火鍋のリーダー的存在。さくらにも優しいぐらい情に厚い。
ドドブス - 加藤玲奈得意技は相手を捕まえること。
クソガキ - 大島涼花 ケンポウに憲法を引き合いに出して、言いがかりをつける。
ジセダイ - 向井地美音性格はマイペース
ケンポウ - 内山奈月知的能力的要素はあるが、仲間に突っ込まれるとパニックに陥る。
カミソリ - 小嶋真子 「カミソリ」という仇名
ゾンビ - 大和田南那「ゾンビ」という仇名
アントニオ - 山本彩 総長。
こびー - 渡辺美優紀副総長
ツリシ - 須田亜香里中間管理職的な役割。権力がある人には良い顔をし、態度を変える。
KY - 谷真理佳 大好きな3年生に蹴られて喜び、あだ名通りに周りの空気が読めない。
ザコボス- 松村香織 衣装が一人だけ違い、スカートではなくズボンを着用。
みなみ - 高橋みなみ 店主。馬路須加女学園OG。
【スタッフ】
【演出】岩本仁志
【企画・原作】秋元康
【脚本】山岡潤平
【音楽】牧戸太郎
【主題歌】「マジすかFight」AKB48(キングレコード)
【エンディングテーマ】「ヤンキーロック」AKB48(キングレコード)
【ゼネラルプロデューサー】三枝孝臣
【プロデューサー】加藤正俊 植野浩之
【制作プロダクション】日テレ アックスオン
【制作協力】イメージフィールド
【視聴率】
01 1/19【5.2】
【演出】岩本仁志【脚本】山岡潤平【ゲスト】小嶋陽菜 指原莉乃
02 1/26【4.4】
【演出】岩本仁志【企画・原作】秋元康【脚本】山岡潤平
03 2/02【4.2】
【演出】岩本仁志【企画・原作】秋元康【脚本】徳永友一
04 2/09【4.6】
【演出】山下学美【企画・原作】秋元康【脚本】山岡潤平
05 2/16【3.6】
【演出】岩本仁志【企画・原作】秋元康【脚本】徳永友一
06 2/23【3.7】
【演出】後藤孝太郎【企画・原作】秋元康【脚本】山岡潤平
07 3/09【3.9】
【演出】岩本仁志【企画・原作】秋元康【脚本】徳永友一
08 3/16【4.7】
【演出】山下学美【企画・原作】秋元康【脚本】山岡潤平
09 3/23【3.1】
【演出】岩本仁志【企画・原作】秋元康【脚本】徳永友一
10 3/30【4.7】
【演出】岩本仁志【企画・原作】秋元康【脚本】山岡潤平


01
伝説のヤンキー高校・馬路須加女学園(通称・マジ女)は、“てっぺん”に君臨するソルト(島崎遥香)と、四天王のおたべ(横山由依)、バカモノ(川栄李奈)、ヨガ(入山杏奈)、マジック(木崎ゆりあ)からなる最強軍団ラッパッパが、絶対的な力で仕切っていた。ある日、一人の転校生・さくら(宮脇咲良)がやってくる。ヤンキーらしくない優等生風のさくら。だが彼女は“てっぺん”を獲るためにマジ女にやってきたのだった――
02
転校生のさくら(宮脇咲良)がチーム火鍋を倒したことが一気に広まり、校内は騒然となる。その噂は、ソルト(島崎遥香)率いる最強軍団・ラッパッパにも届いていた。そんな中、1年を制圧した凶悪コンビ、カミソリ(小嶋真子)とゾンビ(大和田南那)が現れる。怖いもの知らずの二人だったが、チーム火鍋たちから「お前らよりさくらのほうが強い」と挑発されて…。
03
チーム火鍋に続き一年生最強コンビも倒し、さくらの“てっぺん獲り”が本格的に始まろうとしていた。一方ラッパッパでは、戦いたくてウズウズしているバカモノ(川栄李奈)に対し、ソルト(島崎遥香)が「好きにしてこい」と言い放つ。喜んで部室を飛び出していくバカモノ。だが、ソルトに絶対的な忠誠を誓うヨガ(入山杏奈)もまた、勝手にさくらを捜し始める…。
04
ついに最強軍団「ラッパッパ」四天王の一人、ヨガ(入山杏奈)を倒したさくら(宮脇咲良)。おたべ(横山由衣)はソルト(島崎遥香)に、「あの転校生はあたしらが潰す」と宣言し、すでにバカモノ(川栄李奈)がさくらを倒すために動き始めたことを伝える。そのころバカモノは、さくらへタイマン勝負を挑む「果たし状」を持って2年B組の教室へ向かっていた……。
05
マジ女の“てっぺん”を目指すさくら(宮脇咲良)は、バカモノ(川栄李奈)との激闘にも勝利した。残る四天王はおたべ(横山由依)とマジック(木崎ゆりあ)。バカモノ戦の傷もまだ癒えていないさくらに、マジックが校内放送を使って宣戦布告をしてくる。美術室で始まったさくらとマジックの戦い。だが、そこにはマジックが仕掛けた罠が待ちかまえていた……。
06
四天王のマジック(木崎ゆりあ)を倒したさくら(宮脇咲良)。“てっぺん”のソルト(島崎遥香)に挑むために倒さなければならない四天王は、おたべ(横山由依)一人となった。一方激尾古高校では、マジ女に攻めこむ時期を待つアントニオ(山本彩)に対し、こびー(渡辺美優紀)が痺れを切らしていた。そして、「戦争の火種を作ったる」と、凶悪コンビ、シロギク(白間美瑠)とクロバラ(矢倉楓子)を使ってさくら潰しを仕掛ける。
08
四天王のおたべ(横山由依)、バカモノ(川栄李奈)、ヨガ(入山杏奈)、マジック(木崎ゆりあ)を、激闘の末に倒したさくら。ついにマジ女の“てっぺん”、ソルト(島崎遥香)との対決に臨むことになった。そのことを知った激尾古高校のアントニオ(山本彩)は、マジ女に攻め込む準備を整え始める。だが、野心を抱くこびー(渡辺美優紀)が、マジ女に奇襲を仕掛けるため、激尾古傘下のヤンキー高校の総長たちを集めていた……。
09
他校の総長たちを引き連れてきたこびー(渡辺美優紀)との戦いの中で、ソルト(島崎遥香)が大きなケガを負った。予期せぬ事態に静まり返るマジ女。“てっぺん”を獲るという目標を失ったさくら(宮脇咲良)も、呆然と立ち尽くす。そんな中、四天王のおたべ(横山由依)、バカモノ(川栄李奈)、ヨガ(入山杏奈)、マジック(木崎ゆりあ)が、ソルトの仇をとるために激尾古高校に乗り込み、アントニオ(山本彩)と対峙するが……。
10
ソルト(島崎遥香)が、入院していたはずの病院から姿を消して一か月。「ソルトを倒す」という目標を失ったさくら(宮脇咲良)は沈んだ表情を浮かべていた。そんな中、ソルトが突然、さくらの前に現れる。「ケリをつけよう」というソルトの言葉にさくらはうなずき、「胸を張っててっぺんに立ちたい」と覚悟を決める。そして、四天王、チーム火鍋、カミソリ&ゾンビが見つめる中、ついに、さくらとソルトの頂上決戦がはじまる……。
関連記事


>
2015/03/31 11:32 :Category:【AKB48 ドラマ】 コメント(2)
最後まで見れました。前シリーズからあった冒頭の注意書きで謳ってたように演技はいまいちですね。素人目にも川栄さんと木崎さんの芝居がいいのはわかりましたが。パート1を下敷きにした展開だったので視聴率の高さはそれにつぐパート2と同じくらいでしたね。
投稿者: [ 2017/04/24 18:28 ]
結局・・・
月曜から夜ふかしが無ければ、どうにもならんドラマだったか・・・。
投稿者: [ 2015/03/31 21:01 ]
みなさんの感想や情報





名前の複数利用不可。コメントの掲載が制限されます。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
最近のコメント★歓迎!
データ取得中...
Amazon

スマホ、タブレット QR
QR
アクセス
アクセスランキング アクセスランキングブログパーツ アクセスランキング